でえバッタ さん プロフィール

  •  
でえバッタさん: オカメインコとモモイロインコがいる我が家
ハンドル名でえバッタ さん
ブログタイトルオカメインコとモモイロインコがいる我が家
ブログURLhttp://dee-grasshopper.com/
サイト紹介文オカメインコ、モモイロインコ、嫁との暮らしとオジサンの独り言を中心にご紹介します
自由文長男 オカメインコ ポーちゃん(他界)
次男 オカメインコ キィちゃん
三男 モモイロインコ モモちゃん
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/11/11 15:06

でえバッタ さんのブログ記事

  • オカメインコのキィちゃんが逝ってしまいました
  • 先日、我が家のオカメインコのキィちゃんが亡くなりました本当に突然の出来事でした朝いつものようにケージを開けるとキィちゃんが出てきません奥の方に丸まって動かないのですこれは病気だと思い、すぐに保温用の器具で温めたら、少し元気になったようで、弱弱しくですが、「ピィ」と鳴いてエサを食べようとしていたので、病院が開くのを待ってでかけました待合室で待っているとケージの中でバタバタと暴れる音がしてので、ケージ [続きを読む]
  • 熱中症対策に熱い飲み物はNG?意外と知らない暑さ対策
  • 先週1週間で熱中症で緊急搬送されたのは全国で2万2000人、死者65人になりました暑さから身を守るために どのような対策をとっていますか?「暑いときほど辛いラーメンを食べる」「熱いお茶を飲む」「2リットル以上水分をとる」などありますよねその暑さ対策は正しいのか、勘違いなのか解説します冷えピタはそれほど効果が無い外から身体を冷やす方法として、タオルを濡らして首の後ろを冷やす、保冷剤を 首に巻く、冷えピタでおで [続きを読む]
  • 夏バテは痩せないで夏太りになる!夏バテ対処法教えます
  • 連日、猛暑日続きですが、今年は9月まで暑い可能性が高く、体力が心配です夏バテすると痩せると思いがちですが、実は夏バテは太りやすくなり、秋に食欲が増すと夏バテしないよりも更に太りやすい体になっているのです7月なのにすでに「夏バテ」している人が増えていますが、この「夏バテ」の対策として夜の過ごし方をまとめました「夏バテ」って何?「夏バテ」って「夏」+「バテる」ですが、バテるって意味は大辞林によると、「動 [続きを読む]
  • 猛暑による突然死!熱中症と思っていると危険です
  • 「もう日本に人間は住めないのでは?」と思うほど暑い日が続いていますが、熱中症にはみんな気を付けていると思いますところが、熱中症より怖いのは夏血栓で、熱中症の初期症状と似ているため熱中症だと思って休んでいると突然死の恐れがあるというのです夏血栓が酷暑で急増 “突然死”も連日の酷暑のため、熱中症が心配されているが、熱中症よりも突然死のリスクが高いと言われているのが夏血栓です熱中症はめまい、頭痛、吐き気 [続きを読む]
  • インコの色がカラフルなワケ
  • インコの魅力の一つに身体の色がカラフルであることがあります動物の中で、ほ乳類の身体の色が地味なのに対して、鳥や爬虫類にはとてもカラフルな色の種類がいますこれには鳥や爬虫類の目が多くの色を見極めることができるのも一つの理由と言われていますインコの羽毛の色はメラニンやカロチンと言った色素の凸凹構造によってできており、この色素に色がついていない凸凹な構造色が重ね合わせられることで複雑な色を生み出している [続きを読む]
  • インコにはあなたに見えないものが見えている
  • インコにはあなたに見えないものが見えている!(@_@)と言っても霊が見えるとか そんなことではありません人間には赤外線や紫外線と言った光に含まれている色が見えませんところが、鳥は全ての色が見えているそうです学校で色の3原色(R赤・G緑・B青)を習ったかと思います人間が見えている色は3色の組み合わせですが、鳥はさらに4原色で光を見ていますテレビは自然の色と比べて、画面からこの3原色しか出ていませんテレビは3色あれ [続きを読む]
  • 猛暑で冷蔵庫が温暖化している?この時期やるべき整理法とは?
  • 毎日暑いですね暑い時期には食材も痛みやすいのですが、いつもと同じように保存していると腐りやすく危険だそうです冷蔵庫が温暖化猛暑で冷蔵庫が温暖化しています短時間でも扉を開け閉めすることで冷蔵庫内の温度が上昇します実は冷蔵庫のドアを10秒あけるだけで冷蔵庫内は1.6℃上昇するというのです更に元の温度に戻るまでは30分もかかりますその上、暑さのため買いだめして冷蔵庫がパンパンになりがちだが、冷蔵庫は密度が上が [続きを読む]
  • 快眠のためのエアコン設定とNG行動とは?
  • 熱帯夜が連続しています我が家の昼間はインコたちがお留守番しているためエアコンが必須で、ほぼ24時間フル稼働状態ですエアコンを朝まで入れていると寒くて目が覚めたり、切りタイマーでは熱くて目が覚めませんか?これらを防ぐ正しいエアコンの設定があるのですまた、快眠を得るために寝る前にやってはいけない”NG行動”もありますよ夜に「熱中症」も専門家は寝ている間に熱中症になる可能性があると言います太陽光の熱は昼間は [続きを読む]
  • 高校野球で死人が出ないか心配です
  • 西日本豪雨災害は未曽有の被害を出しましたが、連日35度を超える暑さで、ボランティアに行かれた方が、次々と熱中症になっているそうです過酷な環境の中で現地に行くだけでも大変なのに、復旧作業までお手伝いしようなんて、頭が下がりますね先日の週末はあまりに暑かったので、デパートでも行って涼もうかと思ったのですが、駅に着くころには暑さでヘロヘロになってしまい、途中で引き返してしまいました そんななか、ニュースで [続きを読む]
  • インコは恐竜とよく似ています
  • 鳥さんは恐竜がいたころから地球の空を飛び交っていました最初、恐竜は脇の下の皮を羽のように伸ばして、空を飛び始め、中生代には進化して完全に鳥さんになりますご存知のように恐竜は絶滅したのですが、鳥となって生き残り、現代にその姿を残しています鳥さんの先祖が恐竜であることを確認するために、恐竜の共通点を挙げてみましょう翼がある羽毛があり、体温が高いタマゴを抱いて暖め、ヒナをかえす鳥さんのクチバシに対して、 [続きを読む]
  • タオルかけの中が大好きなモモイロインコ
  • 最近 流行りの”ひょっこりはん”のようにタオルの中から顔を出しているのはモモイロインコのモモちゃんです多くの鳥さんは暗くて狭いところが好きですよくセキセイインコがトイレットペーパーの芯の中に潜っている写真をネットで見ますものねこういう場所は空から敵に襲われる心配が無いので安心できるようですよく鳥目と言いますが、鳥さんは暗い場所でもほとんど見えているそうで、むしろ視力が落ちてきたオッサンのほうがしん [続きを読む]
  • タイ洞窟に閉じ込められた少年たちをパニックから救った瞑想とは?
  • タイで13人の少年が洞窟に閉じ込められ、無事に全員が救出されたニュースは久しぶりに明るい気持ちにさせてくれました洞窟の暗闇の中、食料もなく、救出が来るかどうかもわからない中で、少年たちがパニックにならずに居られたのは、一緒に閉じ込められた大人のコーチが少年たちに瞑想を教えたことで、「2〜3日に感じた」と言わせました海外メディアでは瞑想によって彼らは生き残れたのではないかとも報じられています15日間の洞 [続きを読む]
  • インコのダイエット計画
  • 東京の気温はは毎日30度を超えており、うだるような暑い中、我が家のインコたちは昼間一日中エアコンざんまいです外出中にペットカメラで我が家を覗いてみると、インコたちは気持ちよさそうに居眠りしています暑くてぐったりしているよりは良いのでしょうが、ケージの中で動かないでいると太るのではないかと心配になります前回の記事で、インコのメタボチェックを書きましたが、メタボとなったインコはどのように痩せさせてあげれ [続きを読む]
  • お宅のインコはメタボでは?太り過ぎかチェックしましょう
  • 筆者は先日の健康診断で、中性脂肪の値がとんでもなく跳ね上がっており、病院通いをする羽目になってしまいましたメタボは怖いですが、人間だけではありませんインコも太っていると多くの病気の原因になってしまいますインコがメタボでかかりやすい病気・腫瘤ができる太り過ぎてしまうと体のあちこちに脂肪が固まった腫瘍ができやすくなりますお腹に腫瘍ができると床でひきずって切れてしまったり、クチバシで気づ付けたりで、出血 [続きを読む]
  • インコはやりたくないことはやりません
  • 人間の子供がオモチャで遊ぶ時、興味があるものには必死になって遊びますが、興味が無いものについては、どんなに呼んでも挑発しても無視しませんか?インコも一緒で面倒なことは何もやりたがりませんが、興味を覚えたものはあれこれとやってみたくなります疲れるとか、お腹が減ったとか考えることはなく、夢中になって興味のあるものを追いかけます放鳥の時に遊んでいるのが楽しすぎて、ご飯を食べることをすっかり忘れますが、突 [続きを読む]
  • 命を縮める第3の脂肪があなたの体内にも?
  • 誰もが落としたいと思っている「脂肪」ですが、知っているのは皮下脂肪と内臓脂肪ですよねところが、脂肪には第3の脂肪というのが存在しており、本来は蓄積されないところに貯まる厄介なもので、とても危険な脂肪なのですあり得ない場所につく“第3の脂肪”とは皮下脂肪は、皮膚の下につく脂肪で、内臓脂肪は腸の周りにつく脂肪ですね今回紹介する第3の脂肪は異所性脂肪と言い、ありえない場所につく脂肪なのですその”ありえない [続きを読む]
  • インコがオシャベリを覚える仕組みと口笛を教えてはいけないワケ
  • インコがオシャベリを覚えるとき、最初に人間の言葉を聞いて覚えるそうで、耳で聞いた言葉や文を脳に刻み込みますそして、脳の中でその音を繰り返し繰り返し思い出しながら、脳から気管支の付近にある鳴管(めいかん)という器官に脳の記憶に近付くような音を出すように、信号を送りますなお、鳴管は人間の声帯に相当するようなものですが、この鳴管は脳からの指示に合わせて音を出しますところが、口から出る音は実際の記憶の中の [続きを読む]
  • インコが大声になってしまうワケ
  • インコの声が大きくて困っていませんか?近所に声が漏れるかと心配ですものね我が家にはモモイロインコとオカメインコがおり、モモイロインコはもともと声が大きいので諦めていますが、比較的に大人しいと言われるオカメインコも「声が大きいな」と思っていますたまたまインコがいる部屋の向きの家が遠いため安心していますが、真向かいに家があったらクレームが来てもおかしくないと思っていますこれからインコを飼おうと思ってい [続きを読む]
  • インコが感じるストレスとは
  • 「インコがストレスを溜める」なんてことをよく聞いたりしますストレスを溜めてしまうと、毛引き症など色々な病気を引き起こすといいますでは、インコにとってストレスになりうるものとはどんなものがあるのでしょう環境によるストレスいつも部屋が明るい不快な音や大きな音がウルサイ空気が悪い家に怖いものがある 動物が増えたケージが狭い 汚いケージに嫌な仲間と同居しているエサが変わった寒い、暑い、風が当たるケージが揺れ [続きを読む]
  • 感染症は本当にキケン!夏は特に気を付けて
  • 嫌な梅雨も沖縄から徐々に梅雨明けされ、もうすぐ暑い夏がやってきます暑い時期に気を付けたいのが、感染症です感染症は意外にも恐ろしい病気で、予防や対策を知らないと死に至ることもあるのです人食いバクテリアの溶連菌例えば15歳以下に多い「人食いバクテリア」と呼ばれる溶連菌は昨年に1万人を超えており、ここ10年で最悪の患者数です発症すると皮膚が壊死してしまい、皮膚を切断することもあります手洗いうがいはもちろん、 [続きを読む]
  • 初めて見るものにインコは興味津々!
  • インコは全般的に憶病です捕食される立場なので、常に敵に襲われないかとヒヤヒヤしています安全と判り切っている人間と一緒に暮らしていても、本能からくる臆病は治らないものです一方で「怖いもの見たさ」で新しい刺激を求めています怖いけど・・・正体を知りたいという好奇心が旺盛なのですそのため、インコは物事をジッと観察してカジってみたりと、情報収集に精を出します裏を返せば、怖いものの正体を知ることで、「安心した [続きを読む]
  • あなたがお出かけするときインコは鳴いて(泣いて)いませんか?
  • インコを置いて外出しようとするとき、大騒ぎして鳴く時もあれば、知ら〜ん顔している時と両極端な態度ではありませんか?実はインコにもインコなりに外出して欲しくない「行かないで〜(;O;)」という時と、外出されても「ど〜でもよい」時があるんだそうで、出かけてほしくない時にはピィピィと大騒ぎします出かけてほしくない理由についてインコなりに根拠があるそうで、「行ってしまったら寂しい」「もう帰ってこないでしょ」と [続きを読む]
  • インコのヒナって人間の子供と似ていませんか?
  • 先日、埼玉県の実家に帰った時に気付いたのですが、意外とツバメが飛んでいる姿を見かけませんでした聞いたところ、ツバメは住宅が密集している都心を好むそうで、公園などが近くにあって人間が多く出入りする建物の軒先などに巣を作りやすいそうです人間が多く出入りする場所はカラスが近寄らなくて、人間は攻撃してこないことをツバメは知っているんだそうですツバメのヒナは巣立ってしまうと基本は一人で生きていきますが、ヒナ [続きを読む]
  • インコのシュレッダー
  • 先日紹介したツバメのライブ中継ではすべてのツバメが巣立ってしまいました町の中では今だにツバメが飛び交っており、まだどこかで子育ての真っ最中なのでしょうね先日、散歩中に見かけた光景ですが、壁にツバメがしがみついて、しばらく動かないでいました「何かな?」と思って、見ていましたしばらくして、そのツバメが飛び立った後、この写真のように壁にはツバメの巣らしき跡が残っていました明らかに巣は壊されています私が見 [続きを読む]
  • 梅雨便秘に要注意!タイプ別 便秘解消法
  • ここ数週間で便秘気味な人はいませんか?梅雨になると、気圧が低下することで便秘になる人が増えるそうで、この時期は便秘しやすいのです大腸は自律神経の乱れに敏感で、腸の動きが鈍ることで便秘になってしまいます便秘は大人だけではありません昨年、小学生約5000人に調査を行った結果、6人に1人は便秘だと判明しています便秘は悪化すると肌荒れや肥満など様々な不調をもたらし、さらに不規則な便秘は大腸がんにも繋がります人 [続きを読む]