Mei さん プロフィール

  •  
Meiさん: Pienene ピエネネ
ハンドル名Mei さん
ブログタイトルPienene ピエネネ
ブログURLhttp://www.cerinilog.com
サイト紹介文バルト三国のラトビア・リガで暮らしていました。ラトビア生活の様子や、趣味の編み物・雑貨などについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/11/11 19:02

Mei さんのブログ記事

  • ラトビアで一番のたいやき職人、アンドレイとオーリャ
  • いまラトビアで(おそらく)最もたいやきを上手に焼く2人をご紹介!左がオーリャ、右がアンドレイ。ラトビアでできた大切な友人です。アンドレイはグルジア系ロシア系ラトビア人(ややこしい)料理と、パソコンゲームと、射撃、そして妻をこよなく愛する男。オーリャはヴィンテージシネマファッションと猫が大好き。彼女の猫の大好物は、海苔。そんな2人の共通点は、大の日本びいきであること。自宅では起きている間中NHK Worldが流れ [続きを読む]
  • 20年ぶりの、モスクワ
  • 日本とは全く違う、ロシアの空気。 初めての海外出張から帰ってきた弟が私に、と買ってきてくれたモスクワ限定スタバのタンブラー。マトリョーシカ!これ、欲しかったんです?裏はこんな柄。ロシアの伝統的なプラトークをイメージしているのでしょう。ロシアのおばあちゃんが頭に巻いている、あの布です。私たち兄弟は、幼い頃の3年間をロシアのモスクワで過ごしました。あの時幼稚園児だった弟の、初めての海外出張先がモスクワ [続きを読む]
  • "アヌ&アヌの動物ニット"からエストニアのパペットを編みました
  • おひさしぶりです!!!!!!!ピエネネです!"アヌ&アヌの動物ニット"からエストニアのパペットを編みました出会いは6年くらい前?編みものを始めて、Ravelryに登録した頃。可愛いエストニアの羊のパペットの写真を見ました。心を射抜かれてしまって。アメリカの雑誌Interwave(2006 summer)からパターンをダウンロードしたまま、想いだけをあたためておりました。そしたらそしたら、2016年に充実した日本語のパペット本が発売。 [続きを読む]
  • ニットカフェ開催のお知らせ 2017年11月
  • こんにちは。ニットカフェのお知らせです。編みものは大体の場合自宅で静かにするもの…ですが、たまには外に出てお洒落なカフェ&レストランで、同じく編み物好きの方々と一緒に編んでみませんか?【第1回・第2回ニットカフェ】※予約制 お電話にて承ります2017年11月17日(金 )、18日(土) 14:00-16:00場所:Cafe & Restaurant Pecorella ペコレッラ内 ピエネネ参加費:1,000円(税込) フリードリンク付き、おやつもあるかも?持 [続きを読む]
  • お店を始めました!
  • お久しぶりです!こんなに長い間更新できなかったブログに多数アクセス頂き、ありがとうございます。日本に帰国した後、場所を探し、準備を進め、この度神奈川県大船駅から徒歩10分のところにイタリアンレストランを構えました。お店の名前は"Pecorella"(ペコレッラ)、イタリア語でこひつじという意味です。そして、レストラン内に小さなスペースをもらい…北欧の雑貨と編みものを扱う店"Pienene"(ピエネネ)を併設しました!自分 [続きを読む]
  • ラトビアで入院した時の話
  • 針葉樹の林の中にある病院に隔離されました。--------------------------------------------------------------------久しぶりに風邪をひきました。うー、だるい、とベッドの中でまどろんでいて、ふとラトビアで病院送りになった時の事を思い出しました。なかなかラトビアで入院した人も珍しいのではないかなーと記事にしてみます。2016年1月にリガに越してから、私は毎日飛ばしていました!氷の祭典を見に行ったり、タリン&ヘルシ [続きを読む]
  • お友達に。ベビー服 【Clean+Simple Baby Dress】編みました
  • 真夏に出産のお友達に、ベビードレスを編みました?------------------------------------------------- 「真夏に毛糸って暑苦しいよね…」とか、「手編みのものって断れないし重いかな…」とか、色々考えたのですが。私にできる一番得意な事が編み物なので、恐れずに編みました。笑NYの超オシャレ手芸店、Purl Sohoのフリーパターン"Clean+Simple Baby Dress" です。チクチクしない、お洗濯がしやすい、天然素材、色が可愛い…と [続きを読む]
  • リガで可愛い写真が撮れるおすすめスポット??
  • せっかくラトビア旅行に行くなら、可愛い写真が撮りたい!ですよね^^バリバリな観光地だけじゃなくて、街なかにあるちょっと可愛いスポットをましかく写真と共にご紹介します!---------------------------------------------------------------------【旧市街】リガの旧市街は古い街並みと褪せた色合いが素敵。世界遺産にも登録されています。"Hobby Wool"というニット専門店は排水管を編み込み模様で編み包んだり、可愛い仕掛け [続きを読む]
  • 【お知らせ】 ブログタイトルを変更しました!
  • お知らせです!ラトビアの編みものと雑貨を扱う小さなお店Pienene(ピエネネ)は実店舗オープンに向けて準備に入りました。(実店舗、といってもカフェレストランのほんの一角を間借りする形です)この機会に、【Ceriņi Lifelog ラトビアブログ】 は【Pienene】へとブログタイトルを変更する事になりました。Ceriņiはラトビア語でライラック、という意味でしたがPieneneはたんぽぽです。花つながりです。写真の黄色いミトンを編 [続きを読む]
  • 初夏のお洋服を縫っています
  • 一度凝りだすと止まらないタイプです。----------------------------------------------パターンがとても良いと人気の大川友美さん「いつもの服、きれいな服」からAフレアプルオーバーとWフレアドレスを4枚(!!!)縫いました。写真多いので重かったらごめんなさい!まずは基本の型紙通りSサイズで一枚。数年前HARUさんで購入した綿60ローン。リバティのタナローンみたいに透けにくくしわになりづらい素敵な生地でした。がちゃがちゃ [続きを読む]
  • ラトビア旅行では何語が通じるの?
  • このブログにはラトビア旅行へ出かけられる方から時折メッセージが来ます。嬉しいです(^v^)その中でも質問が多いのが、「何語が通じる?辞書は必要?」私はロシア語で日常生活を送っていたので、ロシア語を話す者の視点からお話します。 ラトビアの公用語はラトビア語で、法律により公共の場(看板、メニューなど)の表記はラトビア語を使う事が定められています。しかし首都リガにはロシア系ラトビア人がとても多く、街を歩いていて [続きを読む]
  • 首都リガに5月の雪と、さくらの花
  • ※LETA通信からお借りしました 5月10日、リガに雪が降りました。携帯が鳴って画面を見てみると、ラトビアの友達から「雪が積もった!」とメールが。冗談かと思いました。笑だって、今は5月。またまた〜、と返信すると「私だって信じられないよ!」 。知り合いのミトン屋さんからのメールにも、「想像できる?今朝、リガに雪が積もりました」と書いてありました。ラトビア人にとっても信じられないことのようです。ロシア語のニュー [続きを読む]
  • 【お知らせ】minneにラトビアの編みものショップをオープンしました
  • お久しぶりです。気づけばひと月もブログを更新していませんでした。その間に準備をすすめ、先日minne(ハンドメイドの販売サイト)にウェブショップをオープンしました。私はラトビアで暮らしていた時、細かく、多彩な柄を編みこむラトビアのミトンが大好きになり、古本屋やネットでミトンの図案を収集していました。世界最古と言われるミトンが発見された国ラトビアではずっと昔から編み続けられてきたミトンの柄を学者が集め、研 [続きを読む]
  • 編みたいものだらけの春夏ウェア、スワッチたくさん。
  • 試し編みにいそしんでいます。--------------------------------------------試し編みしたスワッチを水通しして、ブロッキングしました。本の通りに編んでも、自分にぴったりのサイズにはなりません。モデルさんよりずっと背も小さいし、手足も短い私はこの作業をきちんとしないと「編んでも着ない作品」ができあがってしまいます。…とは言え、製図も習った事がないし、難しい計算はこんがらがるので大体針の号数を小さくするか、 [続きを読む]
  • ラトビアあるある? 部屋が暗くて白い洗濯物に困る。
  • 白いシャツをまとめてお洗濯しました。------------------------------------------衣替えが好きなので、冬服のメンテナンスと春夏服の点検を始めました。そこでお気に入りの白シャツがくすんでいることを発見…!! うっすら汚れがあるものも。なんで気づかなかったんだー! 昔ラトビアから帰った知人に聞いた話を思い出しました。「船便で送った白い服が入った箱を日本で開梱したら、ぜんぶうっすら黄ばんでた。赤道の下を船が通っ [続きを読む]
  • マラブリゴレースで【すずらんのショール】☆2 編めました!!!
  • すずらんポコポコ並んだ様子は文句なく可愛いです。------------------------------マラブリゴのレースで編んでいたすずらんのショール。完成です?薄手だけどふわふわな、春にぴったりの1枚になりました。柔らかいのでドレープもきれいに出ています。糸とパターンがきれいにかみ合って大満足のショールです。マラブリゴレースを2かせ、計90gしか使っていません!薄い、軽い。編みあがりはこのように、くしゃくしゃな状態。ラトビ [続きを読む]
  • 毛糸だまNo.173はラトビアの伝統模様特集♪♪
  • ラトビア好きの皆さま、買いましたかっ????-----------------------------------年4回発行の編みもの雑誌「毛糸だま」。今月発売された春号(Vol.173)は巻頭特集が”ラトビア 奥深き伝統模様”。ラトビアのミトン日本語版の出版を記念して組まれたこの特集は在日本ラトビア大使館が全面バックアップ!そのため、なぜラトビアでは昔からミトンが特別な存在であったのかを知る事ができるコラムも掲載されていて読みごたえがあり [続きを読む]
  • ラトビアのおばあちゃん達と編む
  • ラトビアのミトン用の糸はカラーバリエーションが魅力です。----------------------リガで過ごした冬、ラトビアのおばあちゃん達に混じって編み物サークルに通いました。図書館の一室で隔週1回行われているサークル。図書館司書の方が先生になって教えてくれ、編みたい人は誰でも歓迎です。ただし、ラトビア語とロシア語しか通じません。説明も編み図もその二か国語です。初めて参加した時は少し遅れて到着したのですごく緊張しま [続きを読む]
  • ラトビアミトンの本からスワッチを編んでみました
  • 探していた本が手に入りました。------------------------------------"LATVIESU RAKSTAINIE CIMDI"は1990年に出版されたラトビアのミトン本です。ミトンと5本指グローブのパターン(図案)を575点も載せている素晴らしい本なのですが、なかなか購入する事ができませんでした。ラトビアは小さい国なので出版部数も少なく、目当ての本を探すのは難しいのです。17年も前の本ならなおさら。そしてこの本は世界中にファンがいるのでレ [続きを読む]
  • ☆おしらせ☆
  • こんにちは。突然ですが、諸事情により日本に帰国しました。今までこのブログを通じてたくさんの出会いがあった事、そしてブログを書く事で私の日常が豊かになった事、とても嬉しく思っています?まだまだ発信していないラトビア情報が色々あるので今後も続けて行ければと思っていますが、とりあえず先にご挨拶させて頂きます。 最新のラトビア情報を求めてこのブログに来て下さっていた方、ごめんなさい(>_嬉しいことに、編み物好 [続きを読む]