hanafuu-kkj さん プロフィール

  •  
hanafuu-kkjさん: 備忘録〜あらすじなし、ネタバレあり〜
ハンドル名hanafuu-kkj さん
ブログタイトル備忘録〜あらすじなし、ネタバレあり〜
ブログURLhttp://hfkkj.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ、フィギュアスケート、舞台、レジンアクセサリー作りなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/11/12 14:26

hanafuu-kkj さんのブログ記事

  • まおむすび(*^-^*)
  • 10/18、横浜には行けなかったのですが最寄りの高島屋でまおむすびゲット!(写真はお店の方の許可を得ています)真央ちゃんパッケージのお米はなかったです(´;ω;`)ウッ…横浜では米騒動に真央姫が降臨しておむすびを配られたとのこと。真央ちゃんの周りにはいつも暖かいドラマがありますね。10/19の睡眠フォーラムの様子はアーカイブで見ることができました。脱・睡眠負債  〜パフォーマンスと睡眠の関係性を考える〜高岡会長も [続きを読む]
  • 太田康介 『やさしいねこ うちの ぽー』
  • ブログうちのとらまるのもーすさんこと太田康介さんが新しい本を出されました。(太田さんは東日本大震災後、原発周辺に取り残された猫たちの給餌活動その他をずっと続けておられる方です)『やさしいねこ うちの ぽー』ぽーのことはもーすさんのブログで知っていたのですが、本を読んだらまた泣いてしまいました。猫って本当に愛おしいですよね。優しい気持ちになる本です。 [続きを読む]
  • 舞台 『危険な関係』
  • 舞台『危険な関係』@シアターコクーン10/19昼公演に行ってきました。何と最前列!玉木くん…世の中にはこんなに美しくかっこいい男性がいるんですね〜。見惚れてしまいました。声もテレビで聞くより断然良かったです。玉木くんや、美しい女優さんたちや、豪華な衣装や斬新な舞台美術やらに見とれていたので、若干台詞が頭に入り難かったのですが、有名な原作で、何となくストーリーは知っていたので問題なし!(できればもう一度 [続きを読む]
  • 舞台 『関数ドミノ』
  • 公式HPよりあらすじ;とある都市で、奇妙な交通事故が起きる。信号のない横断歩道を渡る歩行者・田宮尚偉(池岡亮介)のもとに、速度も落とさず車がカーブしてきた。しかし車は田宮の数センチ手前で、あたかも透明な壁に衝突したかのように大破する。田宮は無傷、運転手の新田直樹(鈴木裕樹)は軽傷で済むが、助手席に座っていた女性は重傷を負ってしまう。目撃者は真壁薫(瀬戸康史)と友人の秋山景杜(小島藤子)、左門森魚(柄 [続きを読む]
  • 舞台 『百鬼オペラ 羅生門』
  • 9/25『百鬼オペラ 羅生門』@シアターコクーン東京楽に行ってきました。満島ひかりさんが見たくて。美術が独特の雰囲気を醸し出していて、音楽・ダンスも見事。シャム双生児のハーモニーが美しい。ただ俳優さんの歌(お上手なんですが)はしっくりこなかったかな。舞台に四角い穴が空いて出演者が出入りする演出はとても面白かったです。魅力的な舞台だったんですが、席が後方だったせいもあって入り込めなかったです。(後ろでも [続きを読む]
  • まおむすび、食べたい!
  • 新潟米コシヒカリ×浅田真央「新潟に来ました」篇 WEB限定ムービー 90秒 JA全農にいがた真央ちゃんの新潟米のCM。可愛くて何度も観てしまいます。まおむすび、早く食べたい!真央ちゃんの瑞々しくて、清潔な雰囲気をよく生かした映像ですね。真央ちゃんはいつも自分が納得できる商品のCMに出ているのがいいですね。(関係ないけど消費者金融のCMに出てる俳優さんとかどう思ってるんだろうなあ)CM発表会での真央ちゃん。これから [続きを読む]
  • 舞台 『謎の変奏曲』
  • (★ネタバレです)9/21、『謎の変奏曲』@世田谷パブリックシアター昼公演を観てきました。素晴らしい舞台、スタオベ!練りに練られた脚本、極上の会話劇でした。驚かされる場面は何度かあったけど、手紙を書いていたのは実は、というところではのけぞりました。一人の女性を巡る二人の男、という状況がガラッと覆され、二人の物語になってくる。そして最後の一言で嬉しい興奮に包まれました。お見事!橋爪さんは、声を張らなくて [続きを読む]
  • 月村了衛 『機龍警察 狼眼殺手』
  • (ネタバレです)電子書籍で購入。シリーズ第5作。龍機兵のアクションシーンがない。なのに読ませる。読みどころがいっぱいでとにかく面白いです!日中合同プロジェクトに絡む一大疑獄。連続殺人。殺人予告の意味。警察内の敵の存在。特捜部、捜査一課、捜査二課、組対、公安、国税、地検が入り乱れての捜査。政治家の関与。息詰まるような心理戦になかなか頭がついていかない(^-^;新しいキャラ「数字の声を聞く」仁礼草介も魅力 [続きを読む]
  • 遅ればせながら
  • 今更ですが、話題になっていた演技をいくつかチェック。(動画主様、お借り致します)しょうまは絶好調ですね。いい演技にいい点数がつくのって(本来当たり前のことなんだけど)、こんなに清々しいことなんだなあ。Shoma Uno. Lombardia Trophy 2017, FSネイサンはFSもいいけど、このSPがひたすらかっこいい!音楽が良くて、音の取り方がたまりません。Nathan CHEN SP 2017 U.S. Int'l Classicそしてそして、美しいJBの演技。流れ [続きを読む]
  • 『浅田真央 Smile Forever 〜美しき氷上の妖精〜』を観ました
  • せっかく真央展でゲットしたのに勿体なくてなかなか観られなかった、『浅田真央 Smile Forever 〜美しき氷上の妖精〜』をやっと観ました。(カープの優勝も決まったことだし、心おきなく(*^-^*))良い画質で観たかったので、今回はブルーレイで。やはり画質が綺麗!心なしか音もいい気がする。真央セレクトの2002年からの競技プログラムとエキシビションが会場音のみで収録され、真央ちゃんが、その時々を振り返って、プログラムに [続きを読む]
  • 真央展に行ってきました!が…
  • 今日は真央展初日。マグカップが欲しかったので、早目に行こうかと思ったけど、暑いし、並ぶの嫌だし…とゆっくり出たのが間違いのもとでした…最寄りの駅に着いた時にスマホを見たら、何と真央ちゃんが直接お出迎えとの情報が!ここから1時間かかるので、もう間に合わないだろうなあ…と、この段階で頭が真っ白。握手できた方の幸運(というか熱意)を羨ましく思いつつ、気を取り直して日本橋高島屋へ。昼過ぎ頃についたので、並 [続きを読む]
  • 藤崎翔 『恋するおしい刑事』
  • 『おしい刑事』の続編(短編集)。この作者の本にハズレなし!今回も面白かったです。警察内でも有名になってしまったおしい刑事。恋愛でも上手くいくわけはなく、可哀そうでした…幸せになってほしい。どの話もミステリとして工夫が凝らされていて楽しめました。この作者が元お笑い芸人ということもあってか、お笑いライブの場面は生き生きと描かれていました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 太田愛 『犯罪者』『幻夏』『天上の葦』
  • 太田愛さんはドラマ『相棒』の脚本を何本か書いていて、けっこう面白い回だった印象もあり、小説も面白いかな、と思って読み始めたら止まりませんでした!すべて電子書籍で購入。ちょっと詰め込みすぎかなとか、説明が多すぎるかなとか不満もなくはないですが、作者の「伝えたい!」という熱気を感じて、ぐいぐい読み進んでしまいました。どれも社会的なテーマを扱っていて重いのですが、主人公たちのやりとりが楽しくて、緩急があ [続きを読む]
  • 元選手の指摘 (※追記あり)(※9/14 再追記)
  • 元選手の冷静な分析は説得力がありますね。「ミスジャッジ」と言い切っているところに覚悟を感じます。この文章は必ずしもひとりの選手のことを指しているわけではないと思うけど、個人的には、流血中国杯であれだけ転倒したのに銀メダルだった某選手が頭に浮かびました。その時々のスケ連ゴリ押し選手たちにもそういうことはあったでしょう。スケ連はもう沈みつつある船で、何の期待もしていませんが、理不尽を感じながらも頑張っ [続きを読む]
  • 真央本
  • 最近本は殆どネットで買っているんですが、真央ちゃんの写真集に関しては、見たくないものが映りこんでいると嫌なので、本屋さんでしっかり見てからということにしています。今回のこの3冊、どれも美麗写真ばかりで、余計なもの無し!『希望の軌跡』は復帰後の写真、特に赤リチュ、黒リチュ、チェロスイートの写真が多い。インタビュー記事も良い!『moment on ice』は大胆な構図の美しい写真が多い。『KISS&CRY』は過去のTHE IC [続きを読む]
  • 映画 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
  • 映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を観てきました。実話ということだったので、猫も主人公も不幸にはならないよね〜という安心もあってひたすらボブの可愛さ、健気さを満喫してきました。猫の喉を鳴らすゴロゴロ音を映画館で聞く幸せ。ボブはほとんどのシーンを本人(本猫?)が演じているとのことでびっくり。ハイタッチする姿、肩に乗る姿、飼い主を心配する表情、すべてが愛おしい。そして毛糸のマフラーが似合うこと [続きを読む]
  • 舞台 『プレイヤー』
  • 8/24、舞台『プレイヤー』@シアターコクーン昼公演を観てきました。公式HPより、STORY:舞台はある地方都市の公共劇場、そのリハーサル室。国民的なスターから地元の大学生まで、様々なキャリアを持つ俳優・スタッフたちが集まり、演劇のリハーサルが行われている。 演目は新作『PLAYER』。幽霊の物語だ。死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという、死が生を侵食してくる物語。 <行方不明の女性、天野真(あまの [続きを読む]
  • 華、16歳
  • 先日無事に16歳になりました。相変わらず厳しい表情ですがw元気です。ラプロスからフォルテコールに戻し、血液検査で数値的にはやや改善。食欲もありますが、体重はちょっと減っていました。いつもお世話になっている獣医さんは腕もいいし優しい先生。そのうえイケメンなのです。リアル「ハムテル」なのでびっくりです! [続きを読む]
  • 宇佐美まこと 『入らずの森』
  • 『愚者の毒』に続いて宇佐美まこと作品。上手い作家さんだし、面白く読んだんだけど、まったく怖くないし、展開も意外性がないかな。いくつかのエピソードがつながっていくところは良かった。杏奈と祥吾以外の少年少女の描写がもっとあってもいい。エピソードがあまりにもお約束過ぎてつまらない。こういう人の負の感情を糧とする存在って、子どものころ読んだSFにあったよな〜と思って検索したらありました!『見えない生物バイト [続きを読む]
  • 早坂吝 『ドローン探偵と世界の終わりの館 』
  • 面白かったです。○○トリックのバカミス。初めに読者への挑戦状があるということは、すなわち○○トリックということだったのか…わかってても騙されたでしょうけど(^^ゞ 「想像の翼が羽ばたけば無限のトリックが生まれる。 騙されたくなければ、あなたも飛ぶしかない。」という心意気や良し!北欧神話がモチーフになっていますが、昔子供向けのダイジェストを読んだだけなので、一度しっかり読んでみたいなあ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 宇佐美まこと 『愚者の毒』
  • (ネタバレしてます)これは傑作だと思います。一応ミステリの体裁をとっているので、引き込まれて読みやすい。ただ人物入れ替わりとかはすぐに見当がつく、というか途中で明かされるし、男性介護士の正体にも気づく。作者が書きたいのは地獄のような生活から抜け出すために罪を犯した男女の運命。武蔵野での綱渡りのような、でも一瞬とはいえ家族のように心が通い合っていた生活が切ない。サイコパスの悪意にはぞっとしたが、難波 [続きを読む]
  • 『過保護のカホコ』が面白い!
  • ドラマの『過保護のカホコ』が面白くて毎週楽しみに観ています。「過保護」というより支配的な母親が何でも代わりにやってしまうので、精神的に成長しないまま大人になってしまった女の子がある青年と出会い、少しずつ成長していく話。何といっても高畑充希ちゃんの全身を使っての演技が面白くて可愛い!全力でティッシュ配りする姿、走る姿、最高です。少し前に舞台でエレクトラを演じていたとは思えない。演技の振り幅が広い。黒 [続きを読む]
  • 懐かしい…
  • 本を整理していたら懐かしい物が紛れ込んでいました。2007年第1回THE ICEでもらった(多分)カレンダーです。 一部(好みで)ご紹介します^_^(汚い写真ですみません(__))かなり豪華なメンバーでしたね!ショー自体は今ほど洗練されてなかったけど、アットホームな雰囲気で好きでした。未来ちゃんの鮮烈日本デビューはよく覚えてる。翌年に真央ちゃんとジェフがワールドで優勝してペアで滑ることになり、それがこのショーの目玉に [続きを読む]
  • THE ICE 2017 名古屋公演 (※追加、修正あり)
  • 8/6、THE ICE名古屋公演の楽日に行ってきました。とりあえず覚え書き。(ソロは印象的なところだけ順不同です)行くまで情報はシャットアウトするつもりでしたが我慢できず、7/29の放送からばっちり観て情報入れまくり(^^ゞでももし観ていなかったら、ずっと泣きまくり叫びまくりだったと思うので、ある程度知っていて良かったです。Tシャツとかのグッズは早目に売り切れという情報があったので諦め、開場時間を過ぎて現地到着。Ki [続きを読む]