シジュウ さん プロフィール

  •  
シジュウさん: 人妻に恋する40代男の恋愛&自分磨きブログ
ハンドル名シジュウ さん
ブログタイトル人妻に恋する40代男の恋愛&自分磨きブログ
ブログURLhttp://40otokonorenai.blog.fc2.com/
サイト紹介文とある人妻に恋をした40歳手前の男が人生観と恋愛観を綴るブログ。
自由文憧れの女性との恋模様や、「男とは何ぞや」といった男の美学について、時にはテキトーに、時にはアツく語っております。

興味がありましたら是非ご一読ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/11/14 15:44

シジュウ さんのブログ記事

  • イラストで性描写のドロドロ感を抑えられるか
  • この不謹慎な不倫願望ブログを書き始めてそこそこの月日が過ぎました。各記事ごとに出来る限り簡素なイラストを差し挟むようにしているのですが、その主な理由はふたつあります。アイさんというひとりの女性の魅力を少しでも分かりやすく伝えるため、というのが一つ目の理由ですね。そしてもうひとつは、大人の恋愛には必ず付随するドロドロした性描写を、イラストの挿入によって幾分和らげる効果を期待しての事です。特にセックス [続きを読む]
  • ブログ2周年
  • ブログをスタートさせていつの間にか2年が経ちました。不倫願望まみれの不謹慎な内容てんこ盛りで、尚且つ閲覧者もロクにいない過疎ブログではありますが、細々と続けている次第です。とは言っても、ここ最近はほとんど記事を更新していない状況が続いています。なぜかって?ネタがないんスよ!そもそもこのブログはアイさんという女性への想い、すなわち不倫願望が主軸です。他人の奥さんであるアイさんへの秘かな片思いを綴る意 [続きを読む]
  • プロフィール画像手直し
  • 特に意味はありませんがプロフィール画像を描き直しました。それ以前の物はペンタブ使用間もないころに描いたものなので、あまり出来が良くなかったんですよ。なので、気分転換もかねて新しいものに変えます。右がアイさん。中央上がリナコ。左上はヒサカさん。左下がミユキ。真ん中は僕です。よろしく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 私服姿を見てみたい
  • これまでも度々述べていますが、僕はヒサカさんの制服姿しか目にしたことがありません。僕が彼女を目にする時、それすなわち彼女が仕事中の時なので当然ですよね。学校や職場での片思いの場合もそうですが、相手の制服以外の姿を目にする機会はあまり多くないんですよね。むろん周りの人たちも同じ制服をきているため、服装からその人の個性を推察することが出来ません。着ている服とその色がもたらすイメージは意外と無視できない [続きを読む]
  • 男の靴は何足必要なんだ?
  • 「オシャレは足元から」という文言がありますが、別にオシャレに限らず靴は普通の生活を送るうえで欠かせないアイテムですよね。これが無かったらオモテにも出られません。そこでふと思ったのですが、靴は何足ほどあれば良いんでしょうかね?ファッションに関心のある女性ならばコーディネートも兼ねてある程度の数の靴は持っているでしょうが、果たして男の場合はどうでしょう。ガキの頃ならば「靴なんて2足ありゃ充分」で通用し [続きを読む]
  • 美魔女店長を前にして思う事
  • たしかに美魔女店長は綺麗なひとです。このエステ店は美魔女店長(以下美魔さん)のほかに数名の女性スタッフがいますが、スケジュールの都合か美魔さんが僕の脱毛を担当する機会はあまり多くありませんでした。ただここ最近はスタッフの入れ替わりもあってか、美魔さんが担当するケースが増えましたね。ここでひとつ困ったことがあるんですよ。僕は現在ヒゲの脱毛を重点的にやっていますが、機会があればその他の部位も試してみた [続きを読む]
  • 美魔女店長お久しぶりです
  • 美魔女店長に久しぶりにお会いしたのでイラストにしてみました。彼女は僕がヒゲの脱毛のために通っているエステ店の経営者です。オーナー兼店長ってところでしょうか。僕よりも年上で40代半ばの美人さんです。ややキツめの顔立ちでドラマの悪役なんかが似合いそうな感じですね。前は白のロングカーディガンという出で立ちでしたが、この前会ったときは髪の毛がやや短くなり、服装も明るさを抑えた青のワンピース(?)でしたね。イ [続きを読む]
  • ツルツル頬髭、抜けぬアゴ髭
  • 久しぶりにヒゲの脱毛の記事でも書きましょうか。昔の記事でも述べましたが、僕はヒゲ脱毛のためにメンズエステに通っています。綺麗な女性(このブログでは美魔女店長と呼んでます)が経営する店で、通い始めてから2年半から3年くらいは立ったでしょうか。以前はひと月に1回くらいのペースでしたが、今では2か月に1度くらいになりました。何故かというと脱毛効果の賜物か、ヒゲが全体的に薄くなったからです。特に両頬の部分はか [続きを読む]
  • 定期歯科検診はエステ気分
  • 僕は歯医者が好きです。と言っても虫歯の治療が好きなわけじゃないですよ。そんなもん好きな人なんていないでしょ。僕は4か月に一度くらいの頻度で歯医者に通っているのですが、その目的は定期歯科検診です。僕はこれが大好きなんですよ。定期歯科検診の内容は歯石の除去のほか、歯の動揺値、歯肉の出血や腫れ、歯周ポケットの深さなどをチェックします。虫歯の有無や歯周病の進行度合いを調べるわけですよ。その都度歯科衛生士さ [続きを読む]
  • アイス談義
  • ついこの前、アイさんとカタヒラくんとの帰り道が一緒になりました。他愛のない話をしながら駅近くの駐車場まで歩くのはいつものことですが、夏真っ盛りの時期という事もあってか話題にアイスクリームがのぼりました。それぞれが好きなアイスの種類を口々に語ったのですが、好みはものの見事に三者三様と相成りました。まずカタヒラくんですが、彼は棒タイプが好きなようです。当たりが出ると嬉しいんですよね、これ。あまりにも暑 [続きを読む]
  • 背中の色気 
  • 暑いっスね〜。夏だから当然ですがあえてもう1回言います。暑いっスね〜。アイさんも暑い暑い言ってますよ。そんなアイさんですが、ついこの前会った時はちょっとセクシーな服装をしていました。背中開きタイプって言うんですか?トップスの後部から彼女の背中がチラリと覗いてたんです。背中開きと言ってもU字やV字に深くえぐれたものではなく、襟後部のすぐ下にほんの小さなブランクが設けられているだけのものです。大きさは親 [続きを読む]
  • ヒサカさんのネームプレートから「研修中」の文字が消えてる
  • 相も変わらずヒサカさんとの距離は縮まりません。いつかは告白しようと思ってはいるものの、その取っ掛かりさえ掴めぬまま時間だけが過ぎました。その間にひとつ気づいたことがあります。これまでヒサカさんのネームプレートには「研修中」の文字がありましたが、今ではそれも消えています。思い返してみればいつの間にかヒサカさんのネームプレートには意識を向けなくなっていましたね。どうやって彼女にアプローチするか、その方 [続きを読む]
  • 中学の同窓会その11(終) 抱擁
  • 別れの握手のはずでした。ですがどういうわけか、僕もリナコも互いに握った手をほどこうとしません。僕ら二人はお互い見つめ合って握手をしたままの姿勢で固まっていました。握手を申し出たのは僕の方なので、自分から手を離せばよいだけの事なのですが、なぜかそういう気になれませんでした。ここで手を離したら本当にサヨナラだ・・・という思いが僅かながら僕の中にあったのかもしれません。その間もリナコは笑みを湛えてこちら [続きを読む]
  • 中学の同窓会その10 別れの握手
  • 僕ら二人は駅の内部に設けられた陸橋の連絡通路を歩いていました。窓からは駅のホームや電車を見下ろせます。先ほど別れた同級生たちも今頃は電車に乗り込んでいるでしょう。傍らのリナコは何だか上機嫌です。語調は乱れておらず足取りもしっかりしているので酒に酔ったわけではなさそうです。思うに、賑やかな同窓会の余韻がまだ残っているのでしょう。リナコ 「来てよかったー」僕 「うん?」リナコ 「同窓会だよ、初参加だか [続きを読む]
  • 中学の同窓会その9 駅まで見送り
  • 楽しい同窓会もお開きの頃合いとなりました。とは言ってもこれは一次会で、この後には二次会が用意されており、出席者の大半はそちらにも参加するようです。一次会の会場でもあるこのホテルに宿泊する出席者(主に遠方からの参加者)もそこそこいたようでした。彼らはおそらく夜通し飲み明かすのでしょう。ただ生憎なことに僕は翌日に予定を控えていたので、同窓会は一次会のみの出席です。本当は久しぶりに会った友人たち、そして [続きを読む]
  • 中学の同窓会その8 昔話に花は咲くか?
  • 友人 「まあ立ち話もなんだから、向こうで話さないか」会場の広間に半ば歩を向けつつ、友人はそう言いました。コイツはただ単に酒を飲みたいだけの様な気もしますが、たしかに一理あります。リナコ 「うん、そうしよう」彼女も同意し、リナコ 「私ね、シジュウに文句があるんだ。それも言っておきたいし」こちらを見ながら微笑みを浮かべました。僕 「文句・・・? なんだ一体」リナコ 「いいから行こ行こ」半ば押し切られる [続きを読む]
  • 中学の同窓会その7 トイレの前で立ち話
  • 当時はおとなしくて目立たない女子と思っていたリナコですが、こうして間近で話すとそんな印象とは全く違う事に気付きました。口調は緩やかではありますが異性に対しても特に物怖じする気配も無く、よく笑い、そして立ち振る舞いの端々に品の良さが見え隠れしています。僕が特に惹きつけられたのは彼女の声ですね。やや低めの声量と、透き通るような響きの中に含まれる少し掠れみを帯びた声色は、大人になって色気を増したリナコを [続きを読む]
  • 中学の同窓会その6 リナコと話すチャンスがない・・・
  • 一通り近況報告が済むと、テーブルの雰囲気は一気に賑やかになりました。円卓に並んだ酒(僕は飲めませんが・・・)と料理も思いのほか早いペースで減っていきます。クラスごとに分かれた席でしたが、場は次第に人の往来が増えていきました。他クラスの仲の良かった奴が訪ねてきたり、部活仲間がグラスを片手に話しかけてきたり、そんな流れがそこかしこで見られました。僕も他のクラスの席に顔を出しては昔話に興じたりもしました [続きを読む]
  • 中学の同窓会その5 リナコ近況を述べる
  • リナコ 「お久しぶりです」リナコはまず最初にそう述べて挨拶をしました。周囲の皆は一様に軽く会釈を返します。後で知った事ですが、どうやらリナコも中学の同窓会に参加するのは今回が初めてだったそうです。そのため、リナコの近況を知っている者は一部の女子たちを除いてあまり多くなかったようでした。それ故にか、同じテーブルについていた面々、特に男どもは皆リナコの言葉に意識を向けているのがモロバレでしたね。美人に [続きを読む]
  • 中学の同窓会その4 好みの鋳型
  • このブログでも度々述べていますが、僕は今2人の女性に恋をしています。1人は他人の奥さんであるアイさん、そしてもう1人はヒサカさんというスーパーの従業員です。そのヒサカさんに何故僕が惚れているのか、分かっているようで何も分からないままでした。当初は彼女をアイさんに重ねて照らし合わせてみたりもしましたが、2人は似てる様で似てません。アイさんもヒサカさんも美人である点は一緒ですが、前者は明るくお茶目で努 [続きを読む]
  • 中学の同窓会その3 地味女子変貌
  • 黒く短い髪、170センチはありそうな長身、やや赤みを帯びた頬、どことなく品がありそうな笑い方・・・その女性の佇まいに一瞬心を奪われました。「クラスにこんな綺麗な女子いたか?」と心の中で自分に問いましたが、むろん応えはありません。ふいにその女性と目が合いました。自分の中でドキンと何かが高ぶるのを感じましたが、それを面に出さぬようお辞儀をしました。すると相手の女性も頭を下げ、「久しぶり」と口にしたのです [続きを読む]
  • 中学の同窓会その2 久闊を叙する
  • 同窓会は駅近くのホテルで開催されました。夕方5時半からスタートということで、小腹をすかせた僕には丁度いい時間でもありました。会場となった大きめの広間には正装姿の男女が沢山いましたね。個人的にはもう少し小規模な会をイメージしていたので、予想外の参加者の数にビックリです。僕の中学はひとつの学年の生徒数は150名くらいだったのですが、会場を見渡す限り70から80人はいるでしょうか。約半数が出席してたんですね。そ [続きを読む]
  • 中学の同窓会その1 リナコという女
  • ぐっ、すみません。なんだかパソコンの調子が悪いようでブログの更新ペースが少し落ちてます。2月上旬、中学の同窓会がありました。僕は高校の同窓会には出た事がありますが、中学の方は毎回予定が噛みあわず欠席していたんです。ですが今回は幸いな事に出席できる状態だったので、久方ぶりの旧友たちとの再会を心待ちにしていました。今でも親交のある数名の友人を除けば、そのほとんどは20年以上会ってない連中ばかりですからね [続きを読む]
  • 文武両道というカッコ良さ
  • 文武両道。なんとも高尚な響きです。文、すなわち知性は人の奥行きを深め、武、すなわち体力は人の強さの象徴そのものです。そのふたつを併せ持つのは大変素晴らしい事なのは言うまでも無いでしょう。文武両道という考え方は僕の人生のモットーでもあるんです。僕がまだ子供の頃、テレビである熱血スポーツドラマを見ました。古いけど超有名なドラマですよ。その物語の中で、部員たちは毎日厳しい練習に励んでいました。試合に勝つ [続きを読む]
  • カタヒラくんはこんなヤツだぜ
  • 彼の名はカタヒラくん。昨年秋ごろ、僕やアイさんが参加している社会人サークルに新たに加入してきた男です。歳は20代半ばで何と言ってもイケメンなんですよ。ウチのサークルメンバーは20代から80代まで年齢層が広く、それでいて皆一様にフレンドリーです。とはいえ若いイケメンの加入は女性陣(特にオバチャンら)にとっては何だかんだで嬉しいのでしょうね。カタヒラくんは瞬く間に人気者です。彼は見た目は今どきの若者といった [続きを読む]