澄子 さん プロフィール

  •  
澄子さん: アイルランドから あなたスタイル国際結婚
ハンドル名澄子 さん
ブログタイトルアイルランドから あなたスタイル国際結婚
ブログURLhttps://ameblo.jp/anamcara/
サイト紹介文アイルランドのクレア州で出産、子育て中です。国際結婚を通した気づきなどを書いています。
自由文2007年に一人旅で訪れたアイルランドで夫と出会い、2009年に移住、長男と長女も加わりました。

異文化を背景に持つ同士の感覚のずれに悩み、違いを受け入れ、理解を深める試行錯誤中、実体験からの気づき、等身大の試行錯誤が、ヒントになれば嬉しいです。

国際結婚を通して感じるパートナーシップ、自分を満たすことのできる同志が一緒に暮らす、心地よい生活を提案していきます。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/11/15 19:48

澄子 さんのブログ記事

  • 私の気持ちはどうなるの?と言えた朝
  • こんにちは、澄子です。 今年3月上旬のはなし。 少し経ってしまいましたがとても気持ちが動いた出来事なので振り返りつつ今思うことをアップします          最近、朝食時におきたこと。私、変わったな、強くなったな と思えた一コマ。 息子の虫のいどころが悪くひどい言葉で娘をののしったらしく、 「Dが、〇〇って言ったぁ〜」べそをかきながら、 朝の身支度をしている夫にちくいち報告する娘。 ついには「いったい [続きを読む]
  • 何年かかってもいい!社会に飛び込むタイミング
  • こんにちは、澄子です。 どちらかといえば、インドア派。数日一歩も外にでなくても家のなかで楽しく過ごせる。 ずっと屋内にいると息苦しくなり、ふらっとドライブに出かける夫とは正反対。 夫の目には内にこもって映るのか 「外の空気を吸った方がいい」と連れ出そうとされ (別に家のなかで快適だしやろうと思ってたこともあるんだけど、断っちゃ悪いかな・・・) まだ自分の希望を素直に表現できなかったころは、気乗りしない [続きを読む]
  • コミュニオンの日の出来事 no.2
  • こんにちは、澄子です。 コミュニオンの日の出来事 no.1の続きです。         「Dちゃん、パーティーは行きたいの?」 「うん、行くよ〜♪」 ゲームがやりたくてパーティーどころじゃなくなるかと思ったらそうでもなく、 昼食を食べ、F君のパーティーに16時ごろ家族そろってうかがう。 ドレス姿のお母さんや祖父母、親戚、友人のみなさんの輪に混ざる。 子供たちは、挨拶そっちのけで庭のバウンシーキャッスルへ直行 [続きを読む]
  • コミュニオンの日の出来事 no.1
  • こんにちは、澄子です。 カトリックの国で生活し、子育てしていることを急に身近に感じ、 「自分はどうしたいか?」を大切にしながら迎えた 5月最終日曜日、コミュニオンの儀式の日はどうだったのか?カトリックの国で子育て中の気づきの続きです。        その前の週末は、隣の地域で儀式があり、子供たちはひと足早く、近所のEくんのパーティーへ。 庭に設営したバウンシーキャッスル(Bouncy castle/巨大エア遊具)で [続きを読む]
  • カトリックの国で子育て中の気づき
  • こんにちは、澄子です。 カトリックの国アイルランド(国としては宗教に中立の立場だがローマ・カトリック教徒が約8割Religion in the Republic of Ireland)。 その国で、カトリックの土壌で育ちながらも教徒でない夫とともに、 カトリックを意識せずに生活してきて10年目。 自分たちの結婚式は教会ではなく、役場婚(Civil marriage)。【手続き】こうして日本とアイルランドで婚姻届を出しました 特に不便もなく、あまり深く [続きを読む]
  • 社交的な娘につられて鍛えられるもの
  • こんにちは、澄子です。 誰に似たのか、←もちろん夫人懐っこくて、オシャベリな6歳の娘。 その物怖じしない姿に感心したり、ちょっと羨ましかったり。 その社交性に拍車がかかり最近のブームはお友達のお宅訪問。 すこし悩みの種になりつつあります。       だってぇ、毎日2時に迎えにいくたび、 「誰かのお母さんと遊びにいく約束して!」と駐車場でごねる。 「今日は、いいよぉ〜ほらみんな帰ってるよ、お父さんもおう [続きを読む]
  • 日本滞在中、子供が喜んだことから学ぶ no.2
  • こんにちは、澄子です。 自分の母国に、予定を合わせてもらいそろって帰国するんだもの 滞在中は、夫や子供たちを 楽しませなきゃ!できるだけの体験をさせてあげたい! そーんな一方的な欲と責任感も、 もちろん私だって、同じ時間とお金をかけて観光地に行くなら ざっとでも一通りみたい、体験したい(元を取りたい)! そうです、 「せっかくだから」「どうせなら」「効率、コスパ良く」 損しないように状況をコントロールし [続きを読む]
  • 日本滞在中、子供が喜んだことから学ぶ no.1
  • こんにちは、澄子です。 3月下旬から、19日間の日本滞在。5年ぶりの里帰りを前に思うこと 計画の段階から、故郷で、実家の家族と共に、日本の日常を過ごすことをメインとし、 実際にとても充実した滞在となりました        そうは言ってもネ、 5年経って、子供たちだって成長してるんだもの、自分の好みや希望も出てくるよね、 夫も、親族と過ごすのが一番大切って言ってくれて、とてもありがたいけれど、 彼にとって [続きを読む]
  • 「にほんご、もっとべんきょうしたい」 日本語学習に嬉しい変化
  • こんにちは、澄子です。 今回、日本に里帰りできてよかった〜と思うことはいっぱいあるのですが、 その中でも滞在中はもちろん、アイルランドに戻ってからも嬉し、驚き♪が続いているのが子供たちの日本語力です。 え?そんな言葉知ってるの?ちゃんと文になってるよ! これまで蓄積されてきた言葉や言い回しを実際に使う場に身を置くことで バラバラだった回線がつながって電気がとつぜん流れだした、 散らばっていたパズルの [続きを読む]
  • 里帰りをへて、また一歩踏み出します
  • こんにちは、澄子です。 おかげ様で充実した里帰りから戻り、その余韻にひたりながら徐々に日常を取り戻しています。 5年ぶりの里帰りを前に思うこと(この記事へのコメントやいいね!ことのほか嬉しかったです、ありがとうございます) 行く前にやりたい!思っていたことがすべてできました。 故郷で、夫や子供たちに日本の暮らしを体験してもらいながら、実家の父や妹と日常を過ごす。 それは、早起きの父が作ってくれる味 [続きを読む]
  • 5年ぶりの里帰りを前に思うこと
  • こんにちは、澄子です。 イースター(復活祭)の休暇を利用して5年3ヶ月ぶりに、里帰りすることになりました。 2012年11月に4週間滞在したときには8か月だった娘も、先日6歳を迎え、息子も8歳9か月・・・ 一丁前に自分の座席を確保し荷物の預け入れだってできる       航空券を手配するとき、家族4人での渡航となると数十万、同じ代金なら、少しでも長く!と欲も出ましたが、 子供の春休み、夫の演奏スケジュ [続きを読む]
  • 【経済】国際結婚 隣のお財布事情no.4(相手の経済力を信じて、自分の持ち場を守る)
  • こんにちは、澄子です。食費を自分のカード払いから、夫の演奏収入による現金払いに変更そんな前回、国際結婚 隣のお財布事情no.3の続きです。(2016年5月16日付 加筆して再投稿)その最初の年2015年の結果ですが、一度も、クレジットカードで食費を払うことなく(私が負担することなく)すべて夫の演奏収入で、日々の生活をおくりました〜それは、3年間続き、4年目に入った現在も基本的に同じです夫には、年末に1年間の [続きを読む]
  • 【経済】国際結婚 隣のお財布事情no.3(払い方をガラリと転換したら!?)
  • こんにちは、澄子です。食費と貯蓄で家計に参加し、その貯蓄から大きな買い物をすることで、居候でなく妻として対等に家計を支えたかった私。実は、夫の経済力への不安から自分がしっかりしなきゃ!という心理も隠れており、金銭面で負担を軽くしたつもりが心理面で夫に負担をかける一面もありました。そんな前回、国際結婚 隣のお財布事情no.2の続きです。(2016年5月11日付再投稿)移住してからの家計管理(買い物記録)は・・ [続きを読む]
  • 【経済】国際結婚 隣のお財布事情no.2(対等でいたい気持ちの奥にあったもの)
  • こんにちは、澄子です。初めて経験する流動的な収入パターン、他の世帯と生活費を折半したりとお金の流れが思うように把握できず、どうも「独立した一家の財布を管理する主婦」というより「居候」気分。そんな前回、国際結婚 隣のお財布事情no.1の続きです。(2016年5月9日付 再掲載)せめて食費ぐらい負担したい!と「自分のクレジットカードで日本の口座引き落とし」を6年近く続けました。日本にいるときからカード払いを好み [続きを読む]
  • 【経済】国際結婚 隣のお財布事情no.1(居候じゃない、妻です!)
  • こんにちは、澄子です。我が家の経済・家計について2015年の1月からやり方を変え4年目に入った今、軽ーく振り返っています。移住後、6年弱、食費は・・・私が負担(クレジットカード(日本の口座引き落とし))移住後7年目より夫の演奏収入から現金払いに変更・・・基本的に同じ方法で続いています♪まずはやり方を変えるまでの流れからよろしければお付き合いください。(2016年5月5日付 加筆再投稿)今回は、初 [続きを読む]
  • あれ、食べるものがない?海外で過ごすマタニティライフ
  • こんにちは、澄子です。 加筆して再UPした【移住の心理】妻として入国したいでも触れた、Mさん。 9年前の私と驚くほどそっくり!アイルランド人の彼との間に命を授かり移住を決断。 先日、無事にアイルランドに入国されカルチャーショックもあるけれど新天地でのくらしに徐々になじまれているようす。 そんななか、戸惑いを感じたのが「妊娠中の食生活」とのこと。 現在6ヶ月のMさん。日本とは異なる食材や、食習慣のアイルラ [続きを読む]
  • 彼と離れて妊娠期間を過ごしたとき
  • こんにちは、澄子です。 9年前のアイルランド移住を日記風にふりかえるシリーズ。 妊娠をふせて入国するように、彼から指令がきたとき に続き、今回のテーマは、 離れて過ごした妊娠期間(子供の成長報告・新居の準備など)です。 『離れて見守った子供の成長』 2008年秋、再会の旅からの帰国後に判明した妊娠。11月の初診から妊娠27週で翌年4月に渡航するまで、日本の産婦人科クリニックで検診を受け、彼には、成長の [続きを読む]
  • 妊娠をふせて入国するように、彼から指令がきたとき
  • こんにちは、澄子です。 「(妻として入国したかったけれど)未婚の妊婦、旅行者として入国」を覚悟。 「せめて、子供の誕生前に婚姻を整えたい!」気持ちを伝えるも、 「君が入国してから、物事が判明してから、一緒に進めていける」が彼のスタンス・・・ 彼とのあいだに結婚にたいする温度差があるときの続きです。 Image from Pineterest 『彼からの指令 妊娠を知られぬよう、こっそり入国して』 2009年1月30日、旅 [続きを読む]
  • 彼とのあいだに結婚にたいする温度差があるとき
  • こんにちは、澄子です。 アイルランド移住にむけて大変化のまっただなかにいた9年前。 何を感じ、どんな経緯をたどったのか・・・ 日記風にまとめたシリーズ、よろしかったらおつきあいください アイルランドに妻として入国したくて奔走したときの続きです。 妊娠の報告からちょうど1ヶ月月後、入国前に婚姻する案は消え、入国後に一緒に手続きを踏む 「未婚の妊婦、旅行者として入国」することを覚悟したのですが・・・ 『婚 [続きを読む]
  • アイルランドに妻として入国したくて奔走したとき
  • こんにちは、澄子です。 国際遠距離恋愛中、再会の旅から戻り、判明した妊娠。 そこから始まった、アイルランド移住にむけての大展開。 そんな9年前をを振り返り、何を感じ、どんな経緯をたどったのか・・・ 日記風にまとめたシリーズ、前回、国際遠距離恋愛中、彼に妊娠を伝えたときの続きです。 『婚姻に関するやりとり(調べたこと・感じたこと)』 妊娠を伝えたメールに、「同様に喜びと不安を感じているけれど、これから [続きを読む]
  • 国際遠距離恋愛中、彼に妊娠を伝えたとき
  • こんにちは、澄子です。 個人の人生の一ページは、独自の体験ではあるけれど、 喜びも葛藤も迷いも、生々しい感情には共振することが多くあり 私も日々、実体験や、心の動きを率直に表してくださった記事に力をいただいています。 個人のもつ力、それぞれの人生の素晴らしさを強く感じるのです。 どなたの体験もほんとうにオリジナルで尊い。 私もさらに開示していきます 出会いから一年半の国際遠距離恋愛をへて、再会の旅から戻 [続きを読む]
  • やっぱり、自分の心地よい方法で表現していこう♪
  • こんにちは、澄子です。 清々しい新年を迎え、いかがお過ごしですか?笑顔いっぱいの2018年になりますように ホリデーシーズンから日常に戻り、久しぶりに自分のペースで過ごすひととき。 ろうそくを灯し、ゆっくりお茶をいれてほぉっと眺めるリビングの窓からの景色。 どんより曇った強風の日だけれど大家さんの敷地を元気に飛び跳ねる愛らしいこひつじ ひときわ白くてふわふわの毛が遠目にも可愛らしい。いつのまにか生ま [続きを読む]
  • 夫のサポート? 実は自分の枠を広げるきっかけ no.2
  • こんにちは、澄子です。 最近、マスターした暖炉づくり余裕しゃくしゃくで手順を踏んだのですが・・・ 夫のサポート?実は自分の枠を広げるきっかけ no.1の続きです。      あれーっ??火が点いてない!うまく石炭に燃え移らなかったんだ! こういうことは夫でも、ときどきあって。 様子見にあけた暖炉のとびらの前でウガーッとうなってる。 煙突の掃除が必要だったり強風が逆流してきていたり なにか条件があわないと火 [続きを読む]
  • 夫のサポート? 実は自分の枠を広げるきっかけ no.1
  • こんにちは、澄子です。 クリスマス一色、イルミネーションが綺麗です。 ことしの冬はメリハリがあって・・・ 寒いけどピリッとした青空と、よこなぐりの強風や豪雨にくわえてひょう(みぞれ)がひんぱんに降る嵐が、交互に訪れてドラマチック。 そんななかで感じたこと・・・       夫が片道300km離れたダブリンに向かう、ある金曜日の朝。 やけに静かだと思いつつ外はまだ暗い時間帯。 ブラインドを閉めたままのキッ [続きを読む]
  • パートナーの両親に自己紹介するとき
  • こんにちは、澄子です。 命を授かり、パートナーの母国で家庭を築いていく 両親への報告を終え、移住にむけたさまざまな準備にまい進。 二人の関係を両親に報告したときの続きです。 どんなに多忙な時期にあっても優先順位を高く、誠意をもっておこなって良かった!と思うのが 彼の両親への自己紹介です。 今回のテーマは・・・ 『お互いの家族と手紙で深める理解』 年が明け2009年1月下旬に、彼の両親より手紙が届きまし [続きを読む]