RX-8-RED さん プロフィール

  •  
RX-8-REDさん: 武蔵野で建築家と終の棲家を建てる、暮らす
ハンドル名RX-8-RED さん
ブログタイトル武蔵野で建築家と終の棲家を建てる、暮らす
ブログURLhttps://rx8red.com/
サイト紹介文長年にわたり住みよく経年変化も楽しめる家を建てる。そして住み心地と日々の生活を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/11/17 21:36

RX-8-RED さんのブログ記事

  • 55.住宅を建てる依頼先について今思うこと
  • 我が家は、紆余曲折を経て、工事監理がなしで7%委託費の設計事務所に設計を委託し、そして設計事務所が推薦する工務店に工事を発注しました。今でも、この方々に依頼をした結果について大きな不満はありません。ただし、もう少し安く済む方法はなかったのかな?と思うこともあります。やはり毎月のローンというものは大きいです。親からの支援金を少し得たとは言っても、当初の予算のままでいっていれば、ローンは今よりもすごく楽 [続きを読む]
  • 54.階段について
  • 階段を降りるときに前のめりでこけてしまった場合、正面にあるキッチンカウンターに頭をぶつけてしまうのではないか、ということについて、若干恐さを感じます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA我が家の階段の踏面は210mm、蹴上げは195mmです。踏み板はクリの木のオイル塗装で溝を掘っています。階段とキッチンカウンターの間は750mm離れています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA実は当初このプランが提案されたときに、建築家の方に、この箇所は [続きを読む]
  • 53.朝陽の入るダイニング、昼間に陽の入るリビング
  • 我が家の普段の家での生活は。朝起きて、朝食をみんなでダイニングで食べて、僕が自転車の後ろに長男を乗せて幼稚園に送り、そのまま出勤します。僕が帰ってくる頃には、子供も妻も寝ていることが多く、一人でダイニングでご飯を食べ、寝るまでは、ダイニングのパソコンテーブルか、ソファにいます。妻は、今は仕事をしていないので、僕らを送り出したあと、家事をし終えた後は、ソファにいることが多いそうです。夕方には夕食をつ [続きを読む]
  • 52.web内覧会その12 浴室
  • 当初は、造作の浴室にして檜か何かの木のお風呂、そしてオーバーヘッドシャワー、といったイメージもありました。そして浴室に求める機能として、断熱、保温もあります。寒い冬に凍えながらお風呂に入るのは嫌ですし、コスト的に追い焚きもあまりしたくないですしね。ただし、リビングダイニングキッチンに比べて強い要望ではなく、お金がかかることもわかっていし、メンテも大変なので、ユニットになるだろうな、とも思っていまし [続きを読む]
  • 51.web内覧会その11 洗面
  • お次は洗面。1階のリビングダイニングをできるだけ広くしたいこと、そして洗濯動線を考慮して、2階に洗面と浴室を配置しました。リビングに吹き抜けを設置すること等により、浴室は北側に配置しました。そして我が家は建物を敷地北側から50cmのところに配置したので、ローカルルールの北側斜線により、2階の北側の壁のところの天井高は170cmとなってしまいました。工事中に、この洗面室の空間が出来上がって初めて入ったときに口か [続きを読む]
  • 50.web内覧会その10 リビング隣の和室
  • リビングに畳で寝転がりたかったこと。お客さんが来た時に寝室として使えること。将来、階段の昇り降りが大変になったときに居室を確保するため。それらのために、リビングに隣接した和室を確保しました。畳は、質感、コスト、メンテを考慮して、ダイケン清流カラーとし、街の畳屋さんに直接価格交渉して発注しました。価格は、税込みで92340円。リビングとの境には、ナラの突板で製作した建具を設置しました。夏はエアコン代を安 [続きを読む]
  • 49.web内覧会その9 玄関
  • 我が家は準防火地域にあり、敷地も狭いので、ほとんどの開口部の窓、そして玄関を防火仕様にする必要があります。木製の防火仕様は高コストのため、当初はリクシルの玄関扉を導入しようと思っていたのですが、家の顔ともなる場所に妥協したものを採用することがどうしても受け入れ難く、なんとか奮発してこちらを購入しました。 川上製作所のナラで製作されたもの。玄関扉は濡れる心配はありません。レバーハンドルはHORIのM [続きを読む]
  • 48.web内覧会その8 外構その2 ウッドデッキ
  • ウッドデッキは、狭いリビングダイニングを広く感じさせるように、リビングダイニング空間と一体化することを目指しました。そして、親は室内にいながらも、ここで幼児の息子を安心して遊ばせられること。夕涼みや日向ぼっこをするにあたって気持ちの良い空間であること。そしてリビングダイニングから見える空間が心安らぐものであることを望みました。前回のブログで書かせていただいた、建物の配置、駐車場スペースから、ウッド [続きを読む]
  • 47.武蔵野界隈のオススメのお店その2 西荻窪 四川料理 仙の孫
  • チャリンコで善福寺公園に遊びに行った時にググって見つけたお店。ランチが1450円から1850円の間で三つのコースがあり、メインは色々と選べるものでした。もちろん、それ以上に高いコースもあります。ウリはやはり四川ですので、麻婆豆腐らしいのですが、四歳児がいたので諦めました。で、子どものために、1200円の前菜付きの醤油ラーメンのコースを一つオーダー。ビックリしました。ラーメン専門店でも十分リピーターがつきます。 [続きを読む]
  • 45.web内覧会その7 外構その1 建物、駐車場、ウッドデッキの配置
  • 我が家の土地は西側接道で、南北が約9m、東西が約11mの長方形で、ちょうど100?です。1階のリビングダイニング空間を可能な限り広く明るくすること、住宅プラン、駐車場スペースの確保等、それらを重視した結果、北側の隣地境界と建物は50cm、南側は2.8mほど離した長方形の建物としました。当初、建築家の方からの提案では、北側80cm、南側2.5mでしたが、駐車場スペースとして幅2.5mはヒンジドアの開閉には狭いことがわかっていた [続きを読む]
  • 44.web内覧会その6 リビングのテレビ台
  • テレビですが、ソファから見やすく、配線もスッキリと壁掛けにして、AV機器も壁に横付けしたシャープな木のBOXに収納させ、そのBOXは床から浮かすイメージを持っていました。ところが、5年前に今の50インチのテレビを買ったときは、当時家を建てることを全く想定しておらず、価格重視で、結果として壁に掛けられないものでした。そして、壁に横付けするAV機器の収納BOXも、建築家の方から、構造的なことに対する長期 [続きを読む]
  • 43.web内覧会その5 ダイニングの勉強机
  • ダイニング空間に求めることの一つは、子供の勉強机とパソコン机を配置すること。子供と親が同時に座れるようにしたいことから、1800mm程度の幅は欲しいと思っていました。平面プランを検討した結果、勉強机は開放感のある畑がある東側の窓に面し、約2700mmの幅が確保できることになりました。これは当然様々なバランスの中でこうなったのですが、結果としてとても良かったですね。もちろん、この机の優先順位は高かったことによる [続きを読む]
  • 42.web内覧会その4 キッチンその2
  • キッチンの続き。シンク側の天板の奥行はちょうど1m。複数の人で調理台で作業できることを想定しました。そして収納が不足しているため、両側に収納できるようになっています。食洗機は60cm幅のものを各社見に行き、結果ASKO5554にしました。これは嫁さんが選びました。オールステンレス、乾燥機能、真ん中に薄い棚があり食器が効率的に多く入りそうなこと、洗いカスの清掃頻度が少なくてすむこと等がミーレやAEGよりも [続きを読む]
  • 41.web内覧会その3 キッチンその1
  • そしてキッチン。長野の製材から行う家具屋、木のすずさんに製作していただきました。栗の無垢材のオイル塗装。仕上げ面は木目を綺麗に揃えていただきました。また、ウッドワンや他の造作キッチン屋さんでよくみかけるのは、表面が枠の形になっているのが多いですが、こちらはきれいな平面で仕上げていただきました。これは手間がかかるそうです。コストダウンのために、契約上ではこれをお願いしていなかったのですが、間違ってこ [続きを読む]
  • 40.web内覧会その2 階段と吹き抜けと天窓
  • web内覧会の次の題材は階段と吹き抜けと天窓。我が家の中心になります。リビング空間に広さ、ゆとり、明るさを感じられるようにするために、そして動線も配慮して、吹き抜け、リビング階段を配置しました。当初から思っていたのは、できるだけ存在感がなく、軽いもの。空間としても突き抜けるもの。具体には、片持ちを希望したのですが、建築家の方から、木造では将来ガタつくリスクがあるのでやめた方がいい、と言われ諦めまし [続きを読む]
  • 39.web内覧会その1 リビングダイニングキッチン空間
  • さて、いきなりweb内覧会とさせていただきます。内覧会のネタは、家を考えるうえで重要視したものからいきます。なので、まずはリビングダイニングキッチンの空間から。家族で一緒にすごす時間、空間を大切にしたい。これが我が家を建てることにおいて最も重要視したことです。通勤の利便性、街の環境、家の広さ、価格等のバランスから、土地の面積は30坪となりました。猫の額のような土地なので、リビングとダイニングを一体化し [続きを読む]
  • 38.お金のはなしと家を建てるタイミング
  • 私は、ITバブルの手前のH10年くらいから土地を購入したH27 年7月まで、資産運用をしてきました。長期運用で一喜一憂しない、と思いつつも、ITバブル、その破裂、中国株高騰、リーマンショック、そしてアベノミクスと一喜一憂してきました。ポートフォリオをどう組むか、ずっと考えていましたが、もっとも重要なのは、当たり前のことですが、いつそれぞれの利益損益を確定させるか、そして時期によっては一休みする、円キャッシュで [続きを読む]
  • 37.ウッドデッキ
  • ウッドデッキに求めるものとしては、狭いリビングダイニングを補う延長空間としたいことです。気候のよい週末には、ここで朝ごはんを食べたり、バーベキューをしたいですね。そして幼児のいる我が家ですから、備え付けのプールは無理ですが、ビニールプールで水遊びもさせたいです。また、我が家は30坪の土地にギリギリいっぱい家を建て、クルマも一台分ちょうど入り、その余った分がウッドデッキとします。緑が他にほとんど植える [続きを読む]
  • 36.玄関扉
  • 我が家は、準防火地域にあり、隣地境界から近いところに玄関を配置するため、防火対応が必要になります。で、悩みました。玄関は、やはり家の顔。我が家のデザインからすると、木にしたい。ただし、木で防火対応のものはかなり高くなってしまう。で、リクシルのアルミ製のもので選んでみました。写真はリクシルのショールームのものです。金物は付けません。電子キーもつけて、工務店の内訳では、242,000円でした。ただし、これは [続きを読む]
  • 35.外壁の色
  • 外壁のガルスパンの色の候補はこちらのグランブルーこちらのダークメタリックの二色を候補としました。で、たくさんの家を見に行きました。でまぁ、外壁は飽きのこない色がいいなと。この家の色がいいかなと思いました。外壁とセットで気になるのが、雨樋。当初、雨樋は樹脂だったのですが、できるだけ目立たせたくないので、外壁と同じガルバリウム鋼板にすることにしました。で、こちらのタニタハウジングのガルバの雨樋。色はガ [続きを読む]
  • 34.外壁
  • 外壁を何にするか。当初、漠然とイメージしていたのは、白い塗り壁。質感のある素材がいい、と思っていました。直感で、スイス漆喰のカルクウォールがいいかな、と。塗り壁っぽく、質感を出して、いろんな表情を出すには、日本の漆喰よりもスイス漆喰の方がいいと感じました。ジョリパッドだと、色褪せがある、というのがマイナスポイントでした。カルクウォールは漆喰なので、汚れを除けば、白さは長く続く点が魅力です。ただし、 [続きを読む]
  • 33.工務店との契約 その3
  • C社は大きく値引いたので、E社よりも100万円以上安くなりました。そこで、設計事務所から、以下のような意見がありました。C社の実施設計に対する見積もり書をみると、設計事務所の設計図書について不慣れで、読みこめていないと感じる。おそらくこれまでの物件は、自分達の慣れた仕様、ディテール等で施工してきたのだと思う。工事監理を基本的には行わない契約なので、詳細部の収まり等、こちらの意図とは異なる施工をする可能性 [続きを読む]
  • 32.工務店との契約 その2
  • 工務店を決めるまで。基本設計段階で見積もりをお願いした四社は、C社を含む二社が自分が見つけた会社。見つけた会社の基準は、簡単に言うと、建った住宅を見学させたいだき居住者の方が満足されていそうなこと、そして、経費がかかっていなさそうな会社であること。後者の判別はなかなか難しいですが。具体的には、小規模で大工を数人抱えていること、営業マンがいなくて社長が直接営業していること、会社が23区内にないこと、と [続きを読む]
  • 31.工務店との契約 その1
  • さて。今回は工務店が決まるまでの過程について書かせていただきます。当初、私自身の考えとして、当然ですが予算が限られていたので、いかにコスパをよく建てるか、に重点が置かれていました。なので、同じ仕様なのに、安く作ってくれる工務店、大工さんを探すことに躍起になっていました。設計事務所も少し探してはみたのですが、フィーが工事費の10%以上はどこもかかるため、当初は諦めていました。そしてその候補となる工務店 [続きを読む]