Megumiyamoto さん プロフィール

  •  
Megumiyamotoさん: サイコセラピスト 物語のある毎日。
ハンドル名Megumiyamoto さん
ブログタイトルサイコセラピスト 物語のある毎日。
ブログURLhttp://the-world-of-silence.hatenablog.com/
サイト紹介文サイコセラピストとして、奇跡のコースをベースにしたヒーリングクリニック、クラスを開催中です。
自由文サイコセラピストとして活動していくと決めてから、文章を書くことの大切さを実感中。うまく言語にならないけれど、そこも一つひとつ、じぶんを教育することとして、トライしていきます。ヒーリングクリニックでは「あなたのスピリットがなにをしようとしているのか」愛ある視点からヒーリングを施術させていただいてます。趣味は、読書、歌、水泳、とカピバラさん、コーギーが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/11/16 04:10

Megumiyamoto さんのブログ記事

  • 夏の酢の物。
  • おばあちゃんに おしえてもらった、酢の物のつくりかたを直人くんに披露しましたら感激されました。笑大根おろし砂糖お酢醤油を、いい塩梅でまぜて食べると、スッキリ、美味しいです。冷やしうどんにも、ぴったり。ごはん??は…おいしく、たのしく、幸せなきもちになれればいいなぁと感じます。かたや、弟からは、以前、砂糖のことも教わりましたが、わたしは、うんとじぶんのきもち、心に潜ったら、砂糖 [続きを読む]
  • 歯の手術をしてみて。
  • 午前中、じゃぶじゃぶ池で遊んでから、蓮さんと、直人くんは家にわたしは、手術にいってきました。歯医者の…外科手術でした。クリーニングの仕切れないところを、掃除するために、とのことでしたが麻酔がきれたころ、それはもう痛くて。見た目綺麗でも、奥は、自分では磨かないからと、オススメされた手術でしたが、こんなに…!!! 痛みに弱いから、無言で、処方箋ももらってきました。スタッフさんに心のなかでお [続きを読む]
  • いくえにも。
  • 保冷剤を、蓮さんと、わたしの合間に挟みつつ抱っこ紐でヨガのあと、カフェへ。眠りそうになったとき、すこし外へでて歩いて、またカフェへもどると毎回、賞賛のお言葉をいただけます。嬉しいのと、恥ずかしいのと。ママさん、蓮くん眠いの、どうしてわかるんですか?!いえ、わたしは、分からないのですが…笑笑なんとなく、眠いのに眠れなくて、心地がよくない、という雰囲気をかもしだしている…のかもしれません [続きを読む]
  • 熱中している間に。
  • 蝉が鳴いている朝。散らかり放題のお部屋に蓮さんは、歩ける喜びを、ふりまいています。こころで、そのひと、その奥、それ…をみるときは、いつものみる、というのと感覚が、すこし違って…普段見聞きする感覚から見せてください、と、頼んで、見るのとでは微細に違ってくるのを実感します。呼吸に、間を設けてもらうかんじです。ことばにしない、ことばに逃げない、浸る感じです。よく、蓮さんの遊んでいる、知恵 [続きを読む]
  • 予定通りを、脇に置いて。
  • きょうは、蓮さんと、わたしの間にあるペースで…すすめてみましょうか、とおもったら、蓮さん、いつもは出かける時間に眠ってしまいました。毎回、決めた場所に、決められた時間に行っていると、思い込んでいましたが、実はそうでもないようです。瞬間、瞬間に、完結している漫画の一コマのように、起きていることも、完結しているとしたら、ほんとうに、いま…にいるということは、シンプルで、強力です。 [続きを読む]
  • 心から。天災のときに。
  • 西日本の大雨。その被害にあわれた方を心から祈っています。あまり、情報のシェアやSNSの拡散はわたしはやりません。必要な情報は、必要な方に。具体的におつなぎしています。なぜかというと…ほかでもない、私自身がその情報によって、きもちを萎縮させてしまいほんとうに自身を訂正すること、祈りも、そこでうけとってからのアクションもズレてしまうからです。不必要に、無駄な動きや気持ちの疲弊を多くしてし [続きを読む]
  • 金魚とmiracle ゆっくりと、整えるように。
  • 直人くんの買ってきたお洋服、金魚すくい屋さんのハッピを着て帰省したその日はなんと、金魚すくい関東大会が、地元で開催された日だよ、とくにちゃんが教えてくれました。金魚すくい関東大会なるものが…毎年玉造で開かれていたことが、まず、知らなかったので、びっくりしました。ナイスタイミングのハッピにも、感謝です。涼しい風が、ハッピをとおして感じられます。帰省中は、家のとなりの整骨院にお世話になり…すこ [続きを読む]
  • かき氷と大根の酢の物と。感謝にあふれるお家で。
  • 眠る前の習慣を、おばあちゃんが話してくれました。それは、蓮さんの写真に、きょうも、一日安心し過ごせたことを、話しかけている、というようなひと時とよことでした。毎月とどけている『みてね』の写真集から眠る前の習慣が変わってしまった軌跡に、わたしも、うれしいきもちでいっぱいでした。大根のすりおろしと、お醤油、お酢と、お砂糖でつくった、酢の物の副菜は、おばあちゃんの味そのもの、でした。いつも [続きを読む]
  • お花のさくころ。
  • お知らせです。明日日曜日から、1週間、茨城にいます。直人くんは東京にてお仕事です。その間、お仕事は、蓮さんをみつづけることと、おばあちゃんへのヒーリング(そして、それは、わたしも、うけとるレッスン)のため、遠隔もふくめてお休みさせていただきます。ハスの花がさくころ。これは、まえに撮ったもの、です。道端の木々や花々にジョウロでお水をやっているボランティアの方々いました。暑い中なのに、とっても、黙 [続きを読む]
  • あらゆる思いを。奇跡へ。
  • わからないことを、安心してみてゆく。うけとって、すごしてゆく。ゆらめきも、うごめく、おもいもすべての感じたこと、考えたことをたいせつに、奇跡の道具へ。スピリットにもどりたい、もどろう、というとき、じぶんで(アタマの感覚で)やろうとしても無駄です。それは、これまでの、じぶんの範疇だから…だからスピリットに、もどりたいです、と頼むこと、あずけるところからそこに気づくところから丁寧に、祈 [続きを読む]
  • 保育士さんの見守る力に。
  • 空が高い。流れる早い雲を胸の奥で感じながら風の音につつまれる。きょうも、ことばになる手前のメッセージを感じ入る。そして、それに、とけてゆく。朝の瞑想とお祈りをしてから午前中に家の事をしつつ蓮さんと、子育て支援センターへ。近くに2つある支援センターのうち、家の近くにあるところを、ずっと行かなかったのですが、ふとタイミングを感じて、雨の中、行ってきました。すると、そこでは毎日絵本の読み聞か [続きを読む]
  • 公園からの、蝉の声に。
  • 心のなかに、うけとったものがありそこから…木々や、花々、まわりの森、海がうつしだされている…。だから、大自然に、こころをうたれるのはおおきな心の深い懐に、ふれるから。小さなころ、遊ぶ人がお祖父ちゃん、おばあちゃん以外、いなかったわたしと、いまも、ひとりあそびが多いわたしと、蓮さん。いつも、大海原のなかにいるような竹林の音と、四季折々の、庭と畑の音にかこまれて耳だけは、自然と会話す [続きを読む]
  • 感性の根底に。
  • わたしの上手く話せないこのいまもゆっくりとつかみにゆかないでたいせつに、過ごせることありがとう。いまだからこそ、みれるきもちその味わいが深まると、あまりに表現しきれないほどのつながりが、浮かびあがってきます。そして、わたしは、話うまくないよね、声もへんだったし。笑と家で、気持ちがぽろっとでると直人くんや、蓮さんは、え、べつにそんなことないんじゃない?と返してくれます。ことばで [続きを読む]
  • 神業。夜の空。
  • 夜の空に。ほんとうに変わろうと、つまりもとに、もどろうと…うけとるならいまいるところからはじめます。祈りによって、愛の…やさしさにふれて愛によって、奇跡がおきてゆく…その真骨頂は、きっと、コトバにしきれないのでしょう。する必要も、ないところでコトバは、愛の道具となって、そこに置かれているはずです。夜、すこし長めに家をあけていたら蓮さんは金魚屋さんになっていました。笑笑神業です…! [続きを読む]
  • 夕空に語りかけて。
  • 夕方が、でてきたよ!と、女の子が、話していました。空を見上げると、たしかに、夕空が…。蓮さんの体調が、風邪っぽい中、元気に動き回るので…鼻水が、アニメのようでした。無理はしないで、お家で、ゆっくりしようとおもいます。わたしも、静かにできるひとときに。○courseのレッスンを、意味をトコトン理解し尽くさなくとも読んでゆく、心の奥に、響かせてみる、ゆっくりと…。おもいだされるモノも、でてきま [続きを読む]
  • 雨の日の朝に。
  • 本を読むと、その本の心にかがみのように、同じものが映されて体験へとつながってゆくことがあります。もともと、あったものが引き出される…というような。同じような、体験、それを同じだね、と心で感じられたときにそこにあった幻は、奇跡の道具となり消え去ってしまう…。聴きたくないもの以上に、聴きたいもの、愛の声、神という、全体に響くの声をだれしもが響かせているしそれに耳をすませていたいのです。 [続きを読む]
  • そのままに。
  • 朝からお日様が眩しい。夜の赤い空から、ゆっくり深呼吸。心にうかぶ、日本という国に光がそそがれてゆくように。カフェ??にて、スタッフの方々にも、お客さんにも、オープン蓮さんハート??。可愛いねぇ、と、目の前の方も、オープンになります。わたしには、ぽかん、とすることばかり、ですが、うけとることと、あたえることが、一つ…ほんとうに、うけとっている安心を、蓮さんは表現してくれているかのように、 [続きを読む]
  • 待つこと。
  • ニュースをみて、ゆれる心のたびに祈りをおもいます。地震の影響のあるところもこころから、祈ります。○歯医者さんのあとに、見つけたコーヒー屋さんの名前が蓮、でした。まえから、鷺沼に、あることは知っていたのですが…ここにあるとは…!日曜日の歯医者さん、ありがとう。あたりまえにあるところも、ほんとうに、ほんとうにありがたいと、歯医者さんで、待ち時間に思い直しました。わたしには、日曜日だった [続きを読む]
  • 歯医者さんでのこと。
  • こわがっているじぶんを、雑に扱わない。痛がっているじぶんを、雑に扱わない。ということで、歯の掃除をしてもらったあとに、なぜか、とても痛い気がして…、日曜日もやっている、歯医者さんにきました。やなせたかしさんの、歯科詩集なるものが、飾られていて…読みました。やなせたかしさんの、歯に対するおもい、共感しました。そうそう、歯があること、すごく当たり前過ぎて、笑ってしまう。ははは。笑笑託児スペ [続きを読む]
  • ことばの奥へ。
  • ヘビーローテーションになりがちなので、音楽を何度も聴くことはないのですが・・・この、Tuneさんからご紹介いただいた真砂さんの「みずけしき」は、気づいたら、何度もくりかえし聴いていました。自然にとけいった音、のような・・・。瞑想のときに、使わせていただいてます。^^水彩画も、また、素敵なのです。。。ステキな音に包まれるだけで呼吸が深まり、瞑想になります??♀?? わたし が溶けて、全体性に引き下 [続きを読む]
  • 書くことは、表現することは、セラピー。
  • ばななさんのnoteを、一年ほど購読しています。きょうは、書くことは、じぶんにとってのセラピー、という表現に、うなづいてしまいました。わたしは、書きたいことがないので、いつもわたしと、読む方にとって、書くことを頂きたいです…と祈りつつ、そこで、きたものを(きていたものを)書いています。じぶんが学ぶとき、全ての方と同時に学んでいる。だから、じぶんの人生のために、それ以上に、じぶんのまわりの方の [続きを読む]
  • 美味しいお家ごはん。
  • お昼寝タイム????とっても曇り空ですが、お昼寝タイムには過ごしやすい日です。蓮さんとの、お昼寝タイム、何もしないタイム…!ほんとうに、直人くんも、弟も、料理をするので、とてつもなく、ありがたいです。いつも、美味しい、いつも、お店ごはん???厳選された…とかではないのですが直人くんは、ぜんぶ、肯定して作っている感じがして、ちょうどいいのです。肯定したうえで…そのときの料理を観ている感じ。 [続きを読む]
  • 10年後のわたしたちへ。
  • 9ヶ月ラストのきょうも、蓮さんは、たくさんのプレゼント??をくれました。絵本の読み聞かせ講座、最終日に10年後の蓮さんに手紙を書く、という時間がありました。中々、書けないなぁと、感じていると、いまが、そのときの心だとしたら…と心のなかで、きかれたような気がしてそうしたら書けました。いまも、そのときのいまも、変わらない感覚がしました。なのに、読むと、ぐっと、そのいま(10才のとき)が浮かんでくる [続きを読む]
  • 瑠璃色の教え。
  • 先日の帰省で、買っておいたの〜〜と言われて、木内梅酒という梅酒をのみました。完全母乳なので、すこしだけですが、飲んだ瞬間に、お、美味しい…!と言っていました。笑家に咲いた紫陽花は、色合いの違うものでした。そして、その紫陽花をさしている花瓶、その色をなんていうのか、と聞かれたのですが、わたしは知らないことだらけなので、笑あ、青かな?というと、瑠璃色だと…言われました。瑠璃色…ですか!そして、 [続きを読む]