勺子 さん プロフィール

  •  
勺子さん: たびしかわら
ハンドル名勺子 さん
ブログタイトルたびしかわら
ブログURLhttp://sabasifonn.tumblr.com/
サイト紹介文大坂にて。美味しいご飯と文字。恋人。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/11/16 12:34

勺子 さんのブログ記事

  • 弾丸東京旅ももう終わり。銀座のDOVER STREET...
  • 弾丸東京旅ももう終わり。銀座のDOVER STREET MARKET、オシャレキチガイの巣窟といった感じで戦慄した。あんな前衛芸術みたいな高級品、まじでどんな人が買うのってか世界にどんくらい流通してるのかしら。テンションは上がったけども。アラーキーの写真展は、生のエネルギーをすごく感じた。日常を淡々と切り取った写真は美しかった、けれどごくありふれた一瞬の積み重ねであるとも感じた。うまく言えないけど、誰の日常に [続きを読む]
  • どうせ明日には仕事にいく2、3日すればおさまる程度の絶望でも生まれなきゃよかったこんな無様な感情さらすくらいなら楽しいこともいらないだから苦しいこともいらない透明になりたいあのときみたいに、目がさめなければ全部にさよならできるのにそんな勇気なんてないんだ [続きを読む]
  • アンビバレンツ
  • わたしとはまあ逆側の、男性側の意見を聞いてがびーんとなる。わたし…地雷…踏みまくり…よね…舞い上がってたのが羽を毟られて一気に地上に激突した感じ。後輩に東京に誘われたことを、友人の旦那様(どちらかというと束縛が強い人)に話してみた。自分の彼女が、男友達に他県で一緒に仕事しましょうって誘われたらそりゃ嫌だし、誘いに乗ったら、こいつら深い関係やなって間違いなく思うって。そ、そこまで思う!?いや以前にやら [続きを読む]
  • わくわく?
  • 最近武井咲がすきだ。黒革の手帳の悪女感漂う強気なメイクがたまらん。和装でも洋装でも良い。イオンのCMしてるときとかの、清楚ですTHE好感度ですって感じは嫌いだったけど、一気に好きになってしまった。唇歪ませて笑うの最高だわ。やっぱり強くてかっこいい女性が好み。リップヴァンウィンクルの黒木華は儚げで、あれはあれで最高だったけど。この間の後輩に、会えても会えなくても展示会見に行こうと思ってるってメールした。 [続きを読む]
  • とーきょー
  • テーラーの会社にいてた時の後輩と飲んだ。実に久しぶりに。そのこと以前にあった時は一年と少し前で、セックスをしたときだった。事に及んだ友人とまた会う事に、私としてはさして抵抗もなく、それは特殊だと後輩にも言われたし、恋人がいる身としては会うべきではないのだろうけど。ひどく空虚な摩擦だけのセックスを覚えているので、もうそれはない。よって普通の友人。なんで勺子さんは東京にこないんすかファッションしないん [続きを読む]
  • こんな風になく夜がなくなるのかな。みんなこともなげに生きているようにみえる。わたしは一人で立っているのでいっぱいいっぱいで、誰かを背負うなんてこわくてこわくて足がすくむ。お母さんごめんなさい。わたし、生を全うするには弱すぎるんだよ。向いてないんだよ。前に気を失った時みたいに、ふっとあちらに行けたらいいのに。せっかく産んだのに、幸せそうじゃなくてごめんなさい。情けなくてごめんなさい。なにもできなくて [続きを読む]
  • わたし、いきていけるだろうか。じぶんひとりでさえままならないのに。なにもかんがえないでいるにはながすぎるいっしょう。 [続きを読む]
  • たかが人間
  • 自分よりもずっとずっと大きなものにならなければならない気がして、苦しくなる夜。自分よりも器が大きく動じず優しい人、そんな他人を見上げて息がつまる夜。優れた人、なんて曖昧な表現だし、万能な人間なんていない。そんな月並みな言葉で慰めてみても、眠る他紛らわせないよ。資格を取ろうかなと考えている。全く今とは違う職種の。立派な人になれるだろうか、ちゃらんぽらんな私が。始めっからたっかい目標ばっかり見て足を竦 [続きを読む]
  • 夏の日陰
  • 心の底のほうから上がってくる、淡くて温かい気持ち。それは優しさ、愛情、誰かの幸せを願う気持ちとか。海底の砂の底に住む生き物が、偶に吐き出すため息の気泡みたいな、そんな稀で曖昧なものになにかを委ねていいのだろうか。それは心地よい温度で、私を随分幸せにさせるけれど。恋人のお見舞いに、そこで彼のお母様と挨拶を交わすつもりで、髪だって暗くしたのだけれど。もう帰ってしまったそうだ。勘繰ってしまわなくはないけ [続きを読む]