まんねん さん プロフィール

  •  
まんねんさん: 万年筆
ハンドル名まんねん さん
ブログタイトル万年筆
ブログURLhttp://mannnennhitsu.seesaa.net/
サイト紹介文万年筆について書き綴っていっております。雑誌付録の万年筆のレビューなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/11/17 21:18

まんねん さんのブログ記事

  • セーラー万年筆 別売りインクカートリッジ
  • 少し前に購入したセーラー万年筆の「ハイエースネオ(HigAce neo)」。記事:セーラー万年筆 ハイエースネオインクカートリッジが2つ付属していましたが、使い切ったので、別売りのカートリッジを買ってきました。ブラックの12本入りで、自分が購入したお店では税込み383円でした。アマゾンだと、318円〜かな。セーラー万年筆 万年筆 カートリッジインク ジェントル ブラック 13-0402-120楽天だと249円〜。セーラー/万年筆用カート [続きを読む]
  • 映画「真木栗ノ穴」万年筆登場
  • 2007年製作の映画「真木栗ノ穴」。山本亜紀子 さんの「穴」が原作。主演は西島秀俊さん。作品内で万年筆がなんども出ていました。主人公が作家で、原稿を書くのに使っていました。かなり太めで、ベースの色は黒。ペン先やクリップ、キャップリングは金色だと思います。ネジ式の万年筆でした。インクの色はブルー。インクボトルらしきものもあって、蓋に星型がありました。(モンブランのインクかな) [続きを読む]
  • 雑誌・GOODS PRESS(グッズプレス) 2018年6月号
  • 雑誌「GOODS PRESS(グッズプレス)」の2018年6月号。GOODS PRESS(グッズプレス) 2018年 06 月号 [雑誌]新品価格¥690から(2018/5/17 23:32時点)(Yahoo!プレミアム会員特典の雑誌読み放題などでも読めます)万年筆メーカーの記事が載っていました。クロスとシェーファー。万年筆が生まれた国、はアメリカになるんですかね。近年のアメリカ大統領は、公務で皆クロスのペンを使っているのだそう。(といっても、主に使われているの [続きを読む]
  • 映画「告白」ピンクの万年筆
  • 2010年公開の映画「告白」。松たか子さん主演。原作は、湊かなえさんの小説です。作品中、万年筆が出ていました。少年B=下村直樹の母、下村優子(木村佳乃さん演)が、日記を書くのに使っていました。細身の万年筆で、軸やキャップはピンク。クリップやキャップリング、ペン先はゴールドでした。 [続きを読む]
  • 映画「無伴奏」ピンクのセーラー万年筆
  • 2016年公開の映画「無伴奏」。直木賞作家、小池真理子さんの半自伝的小説が原作です。1960年代終わりから1970年代初めが舞台となっています。主人公の響子(演:成海璃子さん)は17〜18歳くらいですが、万年筆を使っています。セーラーの万年筆。■軸→ピンク■キャップ→シルバー■ペン先→金だったと思います。小池真理子さんのエッセイに、セーラーのピンクの万年筆をお父さんにもらったことが書かれていて、それで監督が美術さ [続きを読む]
  • 映画「蜜のあわれ」万年筆登場
  • 2016年公開の映画「蜜のあわれ」を見ました。原作は、室生犀星の小説です。大杉漣さんが老作家を演じています。時代設定は、はっきりとはわからないのですが、昭和の前期だろうか。老作家が原稿を書くのに使っていたペンが、やはりという感じで万年筆でした。比較的細身で、本体は黒メインの色。ペン先やクリップ部分などが金色でした。メーカーはわからなかったですが、エンドロールの美術協力のところに「川窪万年筆店」と載って [続きを読む]
  • セーラー万年筆 ハイエースネオ
  • セーラー万年筆の「ハイエースネオ(HigAce neo)」を購入。値段は、自分が買ったお店では、895円+税でした。 インクカートリッジは2つ付属しています。本体は細身で、軽量です。(本体重量:10.6g)ペン先の穴がハート型でした。セイラー万年筆の公式サイトを見ると■ハイエース ネオ→丸穴■ハイエース ネオクリア→ハート穴に見えるのですが、変わったんですかね。文字の太さは細字。手帳に書き込んだりする用途には、やはりこ [続きを読む]
  • OHTO(オート)万年筆 F-ラパ
  • OHTO(オート)の万年筆、F-ラパ(FF-10B)を購入。値段は、自分が買ったところでは、895円+税でした。 細身で、シンプルなデザイン。ペン先も金色です↓(素材はスチールです)なかに1つインクカートリッジが入っていました。カートリッジは、欧州共通規格に見えます。ネーミングや型番から、細字(F)とか極細かと思ったのですが、中字だと思います。ペン先は少し柔らかめの印象なので、お絵かきとか、ちょっとしたカリグラフィーに [続きを読む]
  • 映画「パンドラの匣」パーカー万年筆
  • 2009年公開の映画「パンドラの匣」を見ました。原作は、太宰治の小説です。染谷将太さん主演。ほかに、川上未映子さん・仲里依紗さん・窪塚洋介さん・ふかわりょうさんらが出演しています。作品中、万年筆が出ていました。1度はセリフのみ。お土産があるというマア坊(仲里依紗さん演じる看護女性)に、主人公・ひばりが「万年筆?」のように聞くシーン。あと、窪塚洋介さん演じるつくしという男性が手紙を書くシーンで出ていまし [続きを読む]
  • 映画「ミス・ポター」万年筆
  • 映画「ミス・ポター」をVODで視聴。ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターさんの半生を描いた作品です。劇中、万年筆と思しきペンが出ていました。本の文章を書くシーンです。制作の様子が描かれていますが、■文章 → 万年筆■絵 → 鉛筆■色付け → 筆(絵の具)と使われていました。また、別荘地で手紙を書くシーンでも同じものと思われる万年筆が出ていました。同軸やキャップに豪華そうな装飾の施されている、ちょっと [続きを読む]
  • 映画「杉原千畝 スギハラチウネ」モンブラン万年筆
  • 2015年公開の映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を見ました。唐沢寿明さん主演。小雪さんが妻役をやっています。劇中、万年筆が何度も出ていました。ビザ発給のために使用していたペンです。モンブランの万年筆が使われていました。実際に杉原千畝さんがモンブランを使っていたのかは、ちょっとよくわからず。でも、万年筆でビザ発給をし始めたけれども、ペン先が折れ、それからはペン(つけペンか?)にインクをつけて書き続けてい [続きを読む]
  • 映画「さいはてにて 〜やさしい香りと待ちながら〜」万年筆登場
  • 2015年公開の映画「さいはてにて 〜やさしい香りと待ちながら〜」を見ました。永作博美さんや佐々木希さんが出演している作品です。途中で、永作博美さん演じる主人公が手紙をしたためるシーンが出てきます。そこで使われていたペンは万年筆だと思われます。ペン先とか、はっきりと確認できる感じではなかったですが、たぶんそうではないかと。胴軸のカラーは、濃いめのブラウン。首軸のカラーは黒。主人公は、コーヒー屋(コーヒ [続きを読む]
  • 映画「風に立つライオン」手紙を書くのに万年筆
  • 2015年公開の映画「風に立つライオン」を見ました。大沢たかおさんが、アフリカ・ケニアで奮闘する青年医師を演じています。真木よう子さんが、主人公の恋人役。遠く離れた日本で働く女医で、実家が離島診療所をやっている設定です。二人が手紙を書くシーンでは、万年筆が使われていました。なんだか2人とも同じものだったような。勘合式の、重厚そうでオーソドックスなデザインの万年筆。軸やキャップのカラーは茶系統に見えまし [続きを読む]
  • 映画「京都太秦物語」万年筆登場
  • 山田洋次さん・阿部勉さん監督、2010年公開の映画「京都太秦物語」を見ました。劇中、万年筆が登場。田中壮太郎さん演じる、大学の文字学者が使っていました。どんなシーンかというと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・内容のちょっとしたネタバレ的要素となりますので、ご注意ください ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・主人公・海老瀬はな へのラブレターをしたためるシーンです。ラブレターといっても、なんと自作の漢詩です。それを便箋 [続きを読む]
  • 映画「恋人たち」モンブラン万年筆登場
  • 橋口亮輔監督、2015年公開の映画「恋人たち」を見ました。劇中、万年筆が登場。ゲイの若い弁護士が持っていました。彼が弁護士になったときのお祝いで、友人がプレゼントしてくれたもの。キャップヘッドに白い星型マーク(ホワイト・スター)があったので、モンブランですね。足の怪我をしたとき、ギプスにメッセージをかいてもらったり、クライアントのヒアリング・打ち合わせのときに持っていたりしていました。自分はもちろんや [続きを読む]
  • 映画「フレフレ少女」万年筆?
  • 映画「フレフレ少女」をVODで視聴しました。こちらで見ました→【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!(※本作品の配信情報は2018年3月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)新垣結衣さん演じる主人公(高校2年生)が、応援団に [続きを読む]
  • ダイソー 万年筆-11専用 インクカートリッジ
  • ダイソーに、万年筆のインクカートリッジが売っていたので購入。初めて見るタイプ。万年筆-11専用と書かれているやつです。このブログにコメントくださった方の情報によると、ダイソーのRosso Bianco(ロッソビアンコ)万年筆に、このインクカートリッジも適合して使えるようです。【参考】ダイソーの500円万年筆を使ってみた感想(←コメント欄)Rosso Bianco(ロッソビアンコ)万年筆のパッケージには、カートリッジは[万年筆-10]を [続きを読む]
  • 映画「わが母の記」万年筆登場
  • 映画「わが母の記」をVODで視聴しました。こちらで見ました→【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!(※本作品の配信情報は2018年3月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)井上靖さんの自伝的小説が原作。主人公は、成功してい [続きを読む]