じゅんじゅん さん プロフィール

  •  
じゅんじゅんさん: 農園ができるまで
ハンドル名じゅんじゅん さん
ブログタイトル農園ができるまで
ブログURLhttp://tobefarm.blogspot.jp/
サイト紹介文岡山県北で理想のぶどう農園を夢見て奮闘する夫婦と犬2匹の日常です
自由文岡山県北地域のぶどう農園:二葉ファームのブログです。心とお腹が癒される、慈しみの農園目指して、日々楽しみながら奮闘しています。ぶどうと農園の成長はもちろん、県北地域の美しい自然や地域文化を綴っていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/11/17 21:08

じゅんじゅん さんのブログ記事

  • 2018/07/17 Tue 晴 一息
  • 機械の修理で、ちょっと遠くの業者さんの所へ往復してきました。せっかくなので、犬sも一緒です。先方様に到着後、暑い中大変だからと、クレートに入れた犬sは涼しい事務所に置かせていただきました。有難うございます。現在、この時期にしてはやらなくてはいけない仕事が山積みな状態ですが、あえて時間を取って行って良かったです。精神的に、しばらくずっと同じ方向ばかり見ていた感じなので、良い息抜きになりました。明日か [続きを読む]
  • 2018/07/16 Mon 晴 メルヒェン
  • 夫と一緒に出勤で、ついでに豊久田エリアに寄って水をあげてきました。Iハウスで、水道をひねるだけなので、夫のみ行かせて私は車中に待機していたら。夫の、誰かと話す声が聞こえてきました。Iハウス周辺には、よく猫がいます。たまに、うちのハウスに入っていたりもする。きっと猫と話しているんだろうと思い、私も猫が見たいので、慌てて車を降りてハウスに入りました。すると、そこには夫ひとり。猫は? と訊くと居ないとい [続きを読む]
  • 2018/07/15 Sun 晴 陽萎え
  • ピオーネ畑の一角が、陽萎えしてしまいました・・・。“大雨+突然猛暑”で、無事に済むわけないとは思っていましたが、ショック・・・。自然現象もそうですが、そもそもの話、樹の管理とかちゃんとしてた私? と落ち込む。房は10ほど落として、未熟果だけどまだ新鮮だったのでジャムにしました。けど、これだけでは済まない予感。激しく落ち込んでいたのですが、篤農家の奥様のお話をいただいて、諦めずに頑張らなきゃなぁとよ [続きを読む]
  • 2018/07/14 Sat 晴 初熱中症
  • 5月になり易いのですが今年はならなかったのでクリアしたと思ったら、今日なりました。熱中症。頭が痛い〜ガンガンする。あと、気持ち悪い。熱中症になる前に、第3畑で赤紫蘇を摘みました。一昨年くらいに積極的に植えたのが、去年も今年もそこらに勝手に生えてくれるようになりました。そんなにたくさん生えているわけではないですが、小鍋一杯分くらいは集まるので、帰宅後に紫蘇ジュースを作成。シャワーを浴びても悪い症状は [続きを読む]
  • 2018/07/13 Fri 晴 奇跡の一個
  • 夫のりんごの樹は2本あります。昨年実を付け過ぎたせいなのか、それとも、先月クスサンが大量付着していたからなのか(今は居ない)、今年はまったく実が成りませんでした。側を通る時、樹や野菜の様子を確認するのですが、りんごはクスサン漬けになっていた時期の影響で、無意識に目をそらしてしまっていました。そのため、今日の今日まで気付けませんでしたが。一個だけ、たった一個だけ、りんごが実を付けています。夫に報告する [続きを読む]
  • 2018/07/12 Thu 曇 威嚇の魅力
  • 今年はやたらハクビシンに遭遇します。今日は、3匹連れと間近で邂逅しました。大きさはほぼ皆同じでしたが、多分、親子連れだったのでしょう。先頭の一匹に残りの二匹が付き従うように進んでいて、私に気付いた先頭が、さっと側溝の中に潜って行きました。残りもすぐ逃げるんだろうな、と思っていたら、何故か躊躇して立ち止まっています。時々私を見上げて。その可愛らしい、プリっとしたお尻よ。我々の距離は、前かがみに片足を [続きを読む]
  • 2018/07/11 Wed 晴のち雨 樹々の状態
  • 瀬戸以外のうちのぶどうは、ほぼ硬核期を脱しました。定義期間(2週間)は過ぎていて、一部未確認の圃場もありますが、実際に軟化しています。ようやく落ち着いてきたので、もう枝整理に移る予定です。夫の桃は、すごく待ってるのに、まだ硬いそうです。あぁ早く食べたい。そういえば一昨日、雨の間に熟して破裂したらしい無花果に、ここぞとばかりにクワガタ的な虫や蝶、仕舞にスズメバチも群がり近づけませんでした。今日、後始末 [続きを読む]
  • 2018/07/10 Tue 晴 マミピス
  • 正午から、勝央町役場前で勝間田高校の生産物即売会がありました。丁度、開催15分前に、役場で用事を済ませたところだったので、お気に入りの味噌を買おうと、炎天下に並ぶことを決意しました(列ができてた)。味噌のためなら・・・あと、なんかカルピス的な濃縮液も売っていたので、試しに買ってみようと決意しながら並ぶ。すると、列の後ろの奥様(A)が、そのカルピス的なものの説明を同伴奥様(B)に始めたのです。全身を耳にし [続きを読む]
  • 2018/07/09 Mon 晴 そして梅雨が明ける
  • 酷暑が始まりました。いきなりすぎる。夫は張り切って、まだ暗い朝4時前に起床してしまいました。「寝てていいよ」と一人で朝食を済ませると、いつの間にかいなくなってしまいました。私は人並みの時間に目覚め、犬の散歩とお弁当を用意して後を追います。それにしても暑い。暑く、最低気温は20度を下回ることはもうないのです・・・。車窓から時々、傷跡が見えたりします。道路横断をトライする亀が、何故か多いです。私達は取 [続きを読む]
  • 2018/07/08 Sun 雨のち曇 圃場確認
  • 朝しばらくは雨が残っていてゲンナリでしたが、徐々に止んできてもうすっかり止んでくれています。自宅から車で30分ほど先の、幾つかに分かれた圃場の安否を確認してきました。とりあえず、うちの圃場達は無事だったのですが、その行程で、他所の被害等を目撃してしまい、気持ちが沈みます。ニュースで繰り返し流れる、県南や隣県の被害も他人事とは思えませんが、近くの被害は更に気落ちさせられます・・・。午後から晴れ間も出 [続きを読む]
  • 2018/07/07 Sat 雨 ようやく止む
  • 豪雨の降り続いた昨夜、スマホの充電をフルにして、懐中電灯を枕元に置いてから就寝しました。幸い、何事もなく朝を迎えることができましたが、午前中は相変わらず止まない雨に不安が募りました。夕方くらい、小雨になった頃、近所を回ってみました。自宅周辺は変わりないものの、少し先の道路で軽い土砂崩れが発生して通行止め。あと多分これも大雨の影響かと思うのですが、一部陥没している道路を発見しました。今のところは、近 [続きを読む]
  • 2018/07/06 Fri 大雨 特別警報と避難勧告が出ました
  • 大雨のため、岡山県全域に特別警報と、津山市に避難勧告が出ています(20時現在)。大雨がえんえんと止まなくて、不安感が募ります・・・。うちの妹犬は落ち着きません。日中は、圃場を一通り確認してきました。特に不安だったのが、元・田んぼのNハウス。借り始めた当初、一部が沼地と化していたので、明渠という名の小川を掘ることにより歩くことが可能となった、現在サイドレス状態のハウスです。近隣の、というか上流のやはり [続きを読む]
  • 2018/07/05 Thu 大雨 大雨怖い
  • 朝から断続的な大雨です。ちょっと怖い。事務作業をしていますが、犬が怖がって膝に乗ってくるので、私も怖くなって、仕事が進みません。仕方ないので、チューチューアイスを食べて気を紛らわします。チューチューアイスとは、10本で100円くらいの、細いプラスチック容器に色付き砂糖水が詰められていて、冷凍して食べるアレです。私が進学で実家を出るまで、夏は大好きでよく食べていました。真中で2つに割ったソレを両手に [続きを読む]
  • 2018/07/04 Wed 曇 野生動物
  • 毎年、少しずつ目撃野生動物の種類を増やしています。今春になって初めて目撃したのが、キツネ。野ウサギ。あとハクビシンをしっかり見したのも初めてでした。イタチもよく道路を横切ります。キジは、うちの圃場に生息しています。毎年、「ギョエェ!」と驚かされる。あと、田舎は野良猫が多いです。楽しそうな反面、切なくなります。あとこれも時効だからいいかもですが、3年前に今の自宅に引っ越してきた当時、近所に野良犬がい [続きを読む]
  • 2018/07/03 Tue 台風前 蘇った琵琶
  • 台風直撃前夜ですが、雨はあまり降らないので、夫は圃場に行きました。私は今日は、溜まった事務作業と、溜まった家事。ピーク期の影響で、家の中は荒れ放題です。ピーク期でも、最低限の家事(洗濯など)はしていたので、夫よりも私のほうが家の滞在時間はちょっと長かったです。なので、期間中の家事情の責任は私にあった。多分、結果的にそうでした。ピーク期の中頃に、ひさしの下に置いておいた鉢植えの琵琶が枯れちゃって、夫に [続きを読む]
  • 2018/07/02 Mon 晴 夏対策
  • 最近、まともにご近所さんにお会いできるせいか、「もう落ち着いたの?」と訊かれます。比較的普通な生活になってきましたが、まだ緑系ぶどうが残っているので、落ち着いていません。その緑系ぶどうの袋掛けを、玉直しの終わったところから開始しています。すごく暑いので、汗が背中を滝のように流れていくのが気持ち悪い・・・。シャツ、びっしょりでイヤだ−。お昼休みに、用意しておいた別のシャツに着替えたら、それだけですご [続きを読む]
  • 2018/07/01 Sun 曇のち晴 茎のない玉ねぎ
  • 玉ねぎとじゃがいも、その他色々を収穫していなかった・・・。というか、本業(ぶどう)が忙しくて収穫を引き延ばしていたのです。去年もじゃがいもはそうなって、しかし意外に収穫できたので、来年もイケると確信したものでした。でも、玉ねぎの収穫引き延ばしはあまり良くないと悟りました。茎が、消滅していて、収穫しづらいばかりか、存在するのかしないのかはっきりしません。スコップで掘り起こしながら収穫して、茎がないから [続きを読む]
  • 2018/06/30 Sat 曇 草刈りは続く
  • あとは天気を伺って緑ぶどうの袋掛け日を模索しながら、玉直しするくらいがぶどう作業。なので、すっかり放っておかれていた第3畑の草刈りに着手できます。あと荒れた倉庫の片付けとか。草刈りは、範囲が広いので、一日では終わりません。今日は、ブラックベリー周辺。全体が雑草に覆われていたので、刈払機はあまり使えず、手鎌でもって除去しました。まだ深紅にすら到達しておらず、白い実すらあるくらい。黒にはほど遠いです。 [続きを読む]
  • 2018/06/29 Fri 雨 カラス何故鳴く
  • 豪雨の合間に晴間があったりする、分からない日でしたが、ほぼ雨の一日。ところで最近、豊久田エリアにカラスが多いような気がします。そこそこ居るものですが、富に多いような気がするのです。鳴き声が四六時中する。今日も、作業中にカラスがやたら鳴くので、あれ絶対会話していると思うのですよね。会話が通じるんじゃないかな、と思って、私もカーカー叫んでみたら、夫に「あそこの農家、おかしくなったと思われるから止して」 [続きを読む]
  • 2018/06/28 Thu 雨のち曇 菜園ごめん
  • 夕方、すっかり無法地帯となってる家庭菜園から、犬散歩のついでに夫がきゅうりとミニトマトを収穫してきてくれました。毎年、どうしてもこうなってしまう・・・。房づくりも間もなく終わるハズなので、あちらにも手を入れたいのですが。自分で見に行くことすらできない状態です。今年は雨が多くて、助かりました。数年して、もう少しぶどう作業を早くできるようになってきたら、忙しい時期でも、好きなこともやりたいな・・・。放 [続きを読む]
  • 2018/06/27 Wed 曇 違和感
  • ぶどう作業のピークは収束に向かいつつあるので、体のギシギシやギックリーは治まってきました。だのに何故か、疲れは改善されないどころか、悪化しているような・・・。その原因は、きっと、暑いからです。30℃超えると、人は脆くなるのだと思う。家事が溜まっているので少し早めに帰宅したら、久々に隣人に遭遇して、いつもお疲れ様と労わられました。朝早く出て夜遅く戻るので、ご近所さんにお会いすると懐かしい・・・。なに [続きを読む]
  • 2018/06/26 Tue 曇 少しずつ
  • 一時より苦しさが薄まってきたので、夫は黒土エリアの草刈りをしてくれました。それも、圃場だけでなく、その他のスペースや第3畑も☆お陰で、インテリアを兼ねたデラウェア棚ゾーンも、正視できるようになりました。関東時代、庭に植えていたものを移植に移植を重ねてようやく落ち着きつつあるデラ。私達のブドウは、ここから始まっているので、できれば元気に育ててあげたいです。周囲の整備はまだ手が回っていませんが、緑系ぶ [続きを読む]
  • 2018/06/25 Mon 晴 ヘビも暑い
  • 暑いです。30℃突破しちゃってるよ・・・。Kハウスに行ったら、横の、名前が分からないのですが、地下に水が流れている所に蓋(金属板)してある上にマイカ線が転がっていました。きっとうちのだから、拾わないと、と思って近づいたのですが。蓋に10円玉弱大の穴があるのですが、マイカ線の片方の端がそこに入り込んでいて、私が近づくにつれせり上がっていくのです。ヘビでした。黒かった。気のせいか、今年はヘビに遭遇する機 [続きを読む]
  • 2018/06/24 Sun 晴 勝央と美作の狭間で
  • 黒土圃場は、勝央のギリギリ縁にあります。数メートル先が美作市。早朝、犬sを散歩させるコースで最近凝っているのが、すぐ先の美作中尾地区。ちょっと角を曲がると、いきなり広大な田畑森林地域が広がっていて、土地勘を失います。関東の話になりますが、中央線を東京から下って山梨〜長野に至るえんえんと続く田畑山林風景。狭い日本の無限な迷路にはまり込んだ感で、いつも見入ってしまう好きな風景です。それと似ているのです [続きを読む]
  • 2018/06/23 Sat 雨のち曇 神様のくれた種
  • 私が子供の時、漫画雑誌『りぼん』に連載されていた漫画で『空くんの手紙』というのがありました。“くまプー”的ファンタジーで、空くん(少年)とうさぎ、ゴジラが森の一軒家に同居している話です。ある日彼らに、神様から一粒の種の同封された手紙が届き、「仲良く育てなさい」とありました。舞い上がった空くんは、当初は楽しく育てるのですが、やがて生育手法を巡り一人ギスギスしだし、家庭は殺伐としたものに変わります。やが [続きを読む]