kijoksori さん プロフィール

  •  
kijoksoriさん: Give me some truth !
ハンドル名kijoksori さん
ブログタイトルGive me some truth !
ブログURLhttps://ameblo.jp/kijoksori/
サイト紹介文Father didn't die. Father is with us every moment.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/11/17 22:24

kijoksori さんのブログ記事

  • 第8章 アメリカ合衆国憲法の意義
  • 第8章 アメリカ合衆国憲法の意義 2代王によれば、お父様がアメリカ合衆国憲法は、長成期完成級の憲法であり、書き直さなければならないと語られたと言う。 「長成期完成級」の憲法。どこが他の憲法と比較して、優れていると言うのか? 先日の2代王のインタビュー記事から、そのことについて考えてみたいと思う。 グラハム:連邦議会下院では来週、「学校の安全に関する法案」を議決する見込みですが、その中に「アサルトガン禁止 [続きを読む]
  • 第7章 天一国の様相
  • 第7章 天一国の様相 地上天国、共生共栄共義主義、天一国。3大祝福の完成によって、もたらされる天一国は、具体的には、どういう姿、社会体制なのだろうか? いつか、人間が責任分担を果たし、神様の直接主管圏に入り、地上天国が実現すると考えてきた。 ヨハネの黙示録21章1節〜4節には 21:1わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。 21:2また、聖なる都、新しいエルサレム [続きを読む]
  • 第6章 銃器所有の意義
  • 第6章 銃器所有の意義 「銃器所有」というテーマであるが、元々は、真のお父様が語られてきた内容であり、「平和軍、平和警察」も真のお父様が語られて、創設された。(2006.3.29) 天宙平和連合平和軍・平和警察創設 真の愛と正義感で世界平和を守護する天宙平和連合の平和軍と平和警察が創設された。世界平和統一家庭連合の創始者である文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁が、 3 月 29 日、韓国京畿道加平郡雪岳面松山里の天宙清 [続きを読む]
  • 第5章 第3祝福の再考察
  • 第5章 第3祝福の再考察 2代王は、み言の中で、私たちに対し、霊肉の救いである祝福を受けているにもかかわらず、現実的な天一国を真剣に求めようとはせずに、霊的な救いのみを受けたが、祝福を受けていないクリスチャンと同じレベルで、霊的な天一国しか考えていないことを何度か厳しい口調で叱咤された。 現実的に天一国を建設するという観点で、天一国合衆国憲法も制定されている。ややもすると観念的であったみ言の理解が、現 [続きを読む]
  • 第4章 自由と責任の意義
  • 第4章 自由と責任の意義 (1)自由意志と悪の存在の可能性  天一国ができても、悪が存在する可能性があることを、2代王は何度も語られている。自分が知っている限り、2016年3月英語礼拝、および韓国語礼拝で語られた。 《2016年3月6日 英語礼拝より》神の国では人は自由な意志を持っています。だから悪を選択することだってあるのです。自由をなくさない限り悪を取り除くのは不可能です、しかし自由を取り去れば愛を破壊する [続きを読む]
  • 第3章 創造主からもたらされた人間の権利と政府の役割
  • 第3章 創造主からもたらされた人間の権利と政府の役割 (1)創造主からもたらされた人間の権利 以前のブログ記事でも触れた内容であるが、殺人を犯した少年に、刑事が詰問する場面である。 「どうして、人を殺すようなひどいことをしたのか?」「刑事さんも、虫を殺したことがあるでしょう?僕は人の命を奪ったけれど、おじさんも生き物の命を奪っている。命を奪っていると言う事では同じでしょう?それのどこが悪いの?」 さあ [続きを読む]
  • 第2章 聖書的観点(biblical base)の欠如
  • 第2章 聖書的観点(biblical base)の欠如 2代王は、折に触れ、日本人や韓国人、アジアの食口が聖書的な観点が欠如している事を指摘されてきた。聖書を正しく理解しないまま、統一原理を学んでいった事で、誤った信仰観を持ってしまい、自分なりの救済観、自分なりのメシヤ観を持つようになり、究極的なところで、真のお父様と一致できず、致命的なミスを重ねて来た。 聖書的観点の欠如から出発した、自分なりの信仰観の最たるも [続きを読む]
  • 第1章 三大王権の役割と人間の責任分担
  • 第1章 三大王権の役割と人間の責任分担 (1)三大王権の役割 前文より 人類歴史の初めに、エデンの園で、自由、独立、良心、そして神との結びつきある神の創造本然の世界が確立されるべきだった。それは、権力ある天使長達が、神の子女の僕の立場になる世界だった。しかしながら、堕落により、エバは 、 天使長と姦淫を行い、アダムを誘惑して神に背く罪を犯させた。そのようにして、サタンが人類を支配する世界が築かれ、歴史か [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法の学習のために
  • 天一国合衆国憲法を学ぶに当たっては、み言はもちろん、聖書、キリスト教文化、アメリカ合衆国憲法の理解等、さまざまな周辺知識が必要であると感じています。 自分もまだまだ学んでいる段階の立場ではありますが、個人的にまとめたものを、シリーズでブログにアップする事にしました。あくまでも、個人的な見解であり、間違っている内容もあるかと思いますが、それらも含めて、ご意見があれば、頂戴したいと考えています。 とり [続きを読む]
  • HSU2018春 天一国合衆国憲法より(2)
  • 国進様の「自由社会」より ②第3祝福について 創世記第1章28節 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。 人間や動物は、植物と決定的な違いがある。植物は光合成を行い、自分自身で栄養素を作り出し、生命を維持していく事ができるが、人間をはじめ、動物は植物と違って、自分で栄養素を作り出す事ができないために、外部から [続きを読む]
  • HSU2018春 天一国合衆国憲法より(1)
  • 国進様の「自由社会」より ①理想世界に対する神様のVISIONとサタンのVISION 「自由社会」を学ぶのは、今回で何度目かになるが、改めて気づかされる事が多い。最後の部分で国進様が強調されている、「理想世界に対する神様のビジョンとサタンのビジョン」について今回は考えてみたい。 《以下、引用》 エデンの園に関して聖書及び原理がはっきりと示しているのは、神の子としてアダム・エバに神様はすべてのものを相続させようと [続きを読む]
  • 質疑応答(エルダー本部長 2017年)のまとめ
  • 質疑応答(ティム・エルダー本部長)のまとめ 【1】天一国合衆国憲法に関連する質問 〔1〕天一国合衆国憲法の考え方に関する質問 【アメリカ合衆国憲法を理解しなければ、天一国合衆国憲法の本当の価値が分からないと聞いているが、アメリカ合衆国憲法は、どこが優れているのか?】 ①18世紀後半(1787年)に発表された憲法としては画期的な内容を含んでいた。 ②主権在民という点発表された当初、今まで政治に関わってきた貴族 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(6)
  • ⑥天一国において「天皇制」は存続可能か? 天一国合衆国憲法の一番最後の条文に 第六条この憲法に定める上院議員および下院議員、州の立法部の議員、ならびに天一国合衆国および各州のすべての行政官、司法官および王らは、憲法を支持するという宣誓または宣誓に代わる確約により、この憲法を擁護する義務を負う。 とあり、ここに「王ら」という言葉がある。 当初は、亨進様、信俊様・・・と続く「王ら」という意味なのかと思っ [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(5)
  • ⑤政府観について 長成期の憲法とされるアメリカ合衆国憲法の前文は、 われら合衆国人民は、より完全な結合(Union)を形成し、正義を樹立し、国内の静穏を確保し、共同体の防衛に備え、一般的福祉を促進し、我らと我らの子孫に自由の恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のため、ここにこの憲法を制定し確立する。 とある。ここでは、「政府」については触れられていないが、『アメリカ独立宣言』(1776年7月4日)には、「 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(4)
  • ④王権の役割と人間の責任分担 天一国合衆国憲法の前文より 人類歴史の初めに、エデンの園で、自由、独立、良心、そして神との結びつきある神の創造本然の世界が確立されるべきだった。それは、権力ある天使長達が、神の子女の僕の立場になる世界だった。しかしながら、堕落により、エバは 、 天使長と姦淫を行い、アダムを誘惑して神に背く罪を犯させた。そのようにして、サタンが人類を支配する世界が築かれ、歴史から明かなこ [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(3)
  • ③聖霊大学参加者 Junjun さんの感想文  HSU2017秋の天一国合衆国憲法のクラスに参加されていたメンバーの一人、Junjunさんの感想文です。(本人には許可を得ています。)          天一国合衆国憲法を学んで 今回、天一国合衆国憲法クラスに参加させて頂きました。リーダ−の精誠の備えや講義によって良く導いて下さったことに感謝申しあげます。 天一国に悪が存在することに驚きました。天一国に対する私の考えは [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(2)
  • ②天一国に悪が存在する可能性について 2016年3月の英語礼拝(3/6)と韓国語礼拝(3/9)に亨進様は、天一国にも悪が存在する可能性について言及しておられる。 ≪2016年3月6日 英語礼拝≫神の国では人は自由な意志を持っています。だから悪を選択することだってあるのです。自由をなくさない限り悪を取り除くのは不可能です、しかし自由を取り去れば愛を破壊することになります。神様を愛する愛は自由な愛だからです。悪を選ぶ人 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学んで(1)
  • ①天一国合衆国憲法から読み取れる「天一国」と自分達の考えていた「天一国」とのギャップ  天一国合衆国憲法の内容を読んでいくと、今まで考えていた自分なりの天一国と違っている点があることを、多くの方が感じるのではないだろうか? 例えば、 王の権限について書かれている第1条のには、 王は自己の裁量で「外国」との間の条約を無効と裁定できる とあるが、「外国」って?天一国ができても「外国」は存在するということ? [続きを読む]
  • 質疑応答(エルダー本部長) 〜HSU2017秋より〜
  • 質疑応答(エルダー本部長 2017年12月2日) (1)天一国合衆国憲法に関する質問 【アメリカ合衆国憲法を理解しなければ、天一国合衆国憲法の本当の価値が分からないと聞いているが、アメリカ合衆国憲法は、どこが優れているのか?】 ・18世紀後半(1787年)に発表された憲法としては画期的な内容を含んでいた。 ・主権在民という点である。発表された当初、今まで政治に関わってきた貴族層に頼ることなく、一般市民に政治を任せ [続きを読む]
  • 質疑応答(エルダー本部長)〜HSU2017夏より〜
  • 質疑応答(エルダー本部長 2017年8月19日) 〔天一国合衆国憲法に関連する質問〕 【アダムとエバが堕落せずに天国ができても、銃器所有という考えはあったのか?】 ・いわゆる「武器所有」ということは、第3祝福の「万物主管」のために必要であるという基本的な考えがある。(現時点で、個人が持ち歩く事ができる最も発達した武器は銃、昔は刀等であり、将来的にはスターウォーズに出てくるようなライトサーベルのような物が出て [続きを読む]
  • 聖霊大学で学ぶ意義 〜HSU2017夏より〜
  • 2代王 Q&A(2017年9月7日)三代王権ブログより引用 なので、みなさんは聖書の勉強をし、聖書を基盤としてこそ異端者たちや地獄に連れていくやつらの詐欺を見分けることができます。聖書を基盤としなければ再臨主とは何か、偶像崇拝とは何かがわかりません。神様の神性も何も見えません。日本や韓国の食口はキリスト教の基盤がないままに再臨主に出会ったので、自分の家の儒教や仏教の影響を受け、その眼鏡をかけたまま再臨主 [続きを読む]
  • 州、その他  〜HSU2017夏より〜
  • 第五条 第一節 各々の州は、他のすべての州の一般法律、記録および司法手続きに対して十分な信頼と信用を与えなければならない。連邦議会は、一般的な法により、これらの法律、記録、および司法手続を証明する方法ならびにその効果につき、規定することができる。 第二節 1.各々の州の市民は、他州において,その州の市民の有する特権および免除のすべてを等しく享有する権利を有する。 2.いずれかの州において反逆罪、重罪 [続きを読む]
  • 大統領と文官 〜HSU2017夏より〜
  • 第四条 第一節 1.執行権は、天一国合衆国大統領に属する。大統領の任期は4年とし、同一の任期で選任される副大統領とともに、以下のような方法で、選出される。 2.選挙で選ばれた下院議員は、大統領選挙において、それぞれ、一票を有する。 3.下院議員の中で、10票を得た人は皆、大統領候補とみなされる。 4.候補者が選出されたら、下院全体で、大統領選をする。もし下院の過半数の票を取る候補者がいなければ、二回目 [続きを読む]
  • 連邦議会の権限および禁止事項 〜HSU2017夏より〜
  • 第九節 1.人身保護令状の特権は、反乱または侵略に際し公共の安全上必要とされる場合を除いて、停止されてはならない。 2.私権?奪法または事後法を制定してはならない。 3.人頭税その他の直接税は、この憲法に規定した人口調査または算定にもとづく割合によらなければこれを賦課してはならない。 4.各州から輸出される物品に対して、租税または関税を賦課してはならない。 5.通商または徴税に関するいかなる規制によっ [続きを読む]
  • 連邦議会の権限 〜HSU2017夏より〜
  • 第八節 1. 連邦議会は、次の権限を有する。天一国合衆国の債務を弁済し、共同の防衛に備えるために、売上税、関税、輸入税および消費税を賦課徴収する権限。ただし、すべての関税、輸入税および消費税は、天一国合衆国全土でどこでも、一律でなければならない。連邦議会は、付加価値税、財産税、および所得税を課すことを禁じられる。連邦議会は、戦争時または国家的 非常時を除き、天一国合衆国の国内総生産の10%を超える [続きを読む]