kijoksori さん プロフィール

  •  
kijoksoriさん: Give me some truth !
ハンドル名kijoksori さん
ブログタイトルGive me some truth !
ブログURLhttps://ameblo.jp/kijoksori/
サイト紹介文Father didn't die. Father is with us every moment.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/11/17 22:24

kijoksori さんのブログ記事

  • 質疑応答(エルダー本部長) 〜HSU2017秋より〜
  • 質疑応答(エルダー本部長 2017年12月2日) (1)天一国合衆国憲法に関する質問 【アメリカ合衆国憲法を理解しなければ、天一国合衆国憲法の本当の価値が分からないと聞いているが、アメリカ合衆国憲法は、どこが優れているのか?】 ・18世紀後半(1787年)に発表された憲法としては画期的な内容を含んでいた。 ・主権在民という点である。発表された当初、今まで政治に関わってきた貴族層に頼ることなく、一般市民に政治を任せ [続きを読む]
  • 質疑応答(エルダー本部長)〜HSU2017夏より〜
  • 質疑応答(エルダー本部長 2017年8月19日) 〔天一国合衆国憲法に関連する質問〕 【アダムとエバが堕落せずに天国ができても、銃器所有という考えはあったのか?】 ・いわゆる「武器所有」ということは、第3祝福の「万物主管」のために必要であるという基本的な考えがある。(現時点で、個人が持ち歩く事ができる最も発達した武器は銃、昔は刀等であり、将来的にはスターウォーズに出てくるようなライトサーベルのような物が出て [続きを読む]
  • 聖霊大学で学ぶ意義 〜HSU2017夏より〜
  • 2代王 Q&A(2017年9月7日)三代王権ブログより引用 なので、みなさんは聖書の勉強をし、聖書を基盤としてこそ異端者たちや地獄に連れていくやつらの詐欺を見分けることができます。聖書を基盤としなければ再臨主とは何か、偶像崇拝とは何かがわかりません。神様の神性も何も見えません。日本や韓国の食口はキリスト教の基盤がないままに再臨主に出会ったので、自分の家の儒教や仏教の影響を受け、その眼鏡をかけたまま再臨主 [続きを読む]
  • 州、その他  〜HSU2017夏より〜
  • 第五条 第一節 各々の州は、他のすべての州の一般法律、記録および司法手続きに対して十分な信頼と信用を与えなければならない。連邦議会は、一般的な法により、これらの法律、記録、および司法手続を証明する方法ならびにその効果につき、規定することができる。 第二節 1.各々の州の市民は、他州において,その州の市民の有する特権および免除のすべてを等しく享有する権利を有する。 2.いずれかの州において反逆罪、重罪 [続きを読む]
  • 大統領と文官 〜HSU2017夏より〜
  • 第四条 第一節 1.執行権は、天一国合衆国大統領に属する。大統領の任期は4年とし、同一の任期で選任される副大統領とともに、以下のような方法で、選出される。 2.選挙で選ばれた下院議員は、大統領選挙において、それぞれ、一票を有する。 3.下院議員の中で、10票を得た人は皆、大統領候補とみなされる。 4.候補者が選出されたら、下院全体で、大統領選をする。もし下院の過半数の票を取る候補者がいなければ、二回目 [続きを読む]
  • 連邦議会の権限および禁止事項 〜HSU2017夏より〜
  • 第九節 1.人身保護令状の特権は、反乱または侵略に際し公共の安全上必要とされる場合を除いて、停止されてはならない。 2.私権?奪法または事後法を制定してはならない。 3.人頭税その他の直接税は、この憲法に規定した人口調査または算定にもとづく割合によらなければこれを賦課してはならない。 4.各州から輸出される物品に対して、租税または関税を賦課してはならない。 5.通商または徴税に関するいかなる規制によっ [続きを読む]
  • 連邦議会の権限 〜HSU2017夏より〜
  • 第八節 1. 連邦議会は、次の権限を有する。天一国合衆国の債務を弁済し、共同の防衛に備えるために、売上税、関税、輸入税および消費税を賦課徴収する権限。ただし、すべての関税、輸入税および消費税は、天一国合衆国全土でどこでも、一律でなければならない。連邦議会は、付加価値税、財産税、および所得税を課すことを禁じられる。連邦議会は、戦争時または国家的 非常時を除き、天一国合衆国の国内総生産の10%を超える [続きを読む]
  • 立法権 ②上院他 〜HSU2017夏より〜
  • 第三節 1. 天一国合衆国の上院は、各州から2名ずつ選出される上院議員でこれを構成する。上院議員は、各州の立法部によって任期6年として選出されるものとし、一人一票の投票権を有する。上院議員の任期は、2期に限られる。 2. 第1回選挙の結果にもとづいて上院議員が集会したとき、直ちにこれをできるだけ均等に3組に分ける。議員の3分の1が2年毎に改選されるために、第1組の上院議員の議席は2年目の終わりに、 [続きを読む]
  • 立法権 ①下院 〜HSU2017夏より〜
  • 第三条第一節この憲法によって付与されるすべての立法権は、上院と下院で構成される天一国合衆国連邦議会に属する。 第二節1. 下院は、各州の州民が2年ごとに選出する議員によってこれを構成する。各州の選挙権者は、州の立法部のうちの議員数の多い院の選挙権者となるのに必要な資格を備えていなければならない。下院議員の任期は、6期に限られる。 2. 25歳未満の者、天一国合衆国市民となって7年に満たない者、およ [続きを読む]
  • 司法権 〜HSU2017夏より〜
  • 第二条 第一節天一国合衆国の司法権は、一つの最高裁判所、および連邦議会が随時制定し設立する下位裁判所に属する。最高裁判所および下位裁判所の裁判官は、いずれも、その任期を12年とし、その職務に対して定期的に報酬を受ける。その報酬額は、在職中、減額されない。最高裁判所は、12人の裁判官で構成され、6つのグループに分けられ、2年ごとに2人の裁判官が任命されるようにする。 第二節1. 天一国合衆国の司法権は [続きを読む]
  • 王の権限 〜2017HSU夏より〜
  • 第一条王の権限 1. 天一国の王は、天一国合衆国の元首である。王権は、再臨主文鮮明から、第二の王として息子である文亨進に遺言で譲られ、その後、第三の王として文信俊に譲られる。王権は、その後、現に即位中の王の息子へと遺言で譲られていく。もし王に息子がいなければ、文亨進の直系の男子後継者へ遺言で譲られる。王が相続者を決め、王位継承の順位を確立する。 2. 天一国の王は、天一国合衆国に対する犯罪について刑 [続きを読む]
  • 「聖霊大学2017秋」 のお知らせ
  • 聖霊大学2017秋のクラスの登録が始まっています。興味のある方は、下記より各クラスのカタログ、登録をして下さい。 http://sanctuary-pa.org/index.php/hsu/ ちなみに16クラス(王妃も1クラス担当されます。)のうち、9人が日本人がリーダーだということです。カタログには、英語だけでなく、日本語での説明もあります。 皆さんの登録をお待ちしています! にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひとまとまりの権利 〜2017HSU夏より〜
  • 天一国合衆国憲法を読んでいくと、そこには、天一国市民の「義務」に関する条文が無いことに気がつく。 日本国憲法であれば、よく言われる、3大義務、「教育の義務(26条2項)」「勤労の義務(27条1項)」「納税の義務(30条)」があるが、天一国合衆国憲法は、政府が市民に対して、「あれはするな、これをしてはダメだ」という内容が続く。 近代憲法について、書かれた内容を見ると、 近代憲法は、国家権力を制限し、憲法の枠に [続きを読む]
  • biblical right to kill 〜2017HSU夏より〜
  • 国進ニム5月27日質疑応答から(その4)から引用全文はこちらから(サンクチュアリNEWSより) 聖書的原理・・・労働の自由、労働で得たものを自分の物にする自由、そしてそれを守る自由は聖書的原理です。そして(人を)殺す聖書的権利をもっているということです。私が勝手に言い出したことではありません、すべて関連しあっているのです。 ※( )はブログ主:実際には目的語を語っていないが、文脈から「人を」ということだと [続きを読む]
  • "kill"と"murder"について 〜2017HSU夏より〜
  • クラスの途中、英語礼拝で使用された映像の内容について、いろいろと意見が交わされる場面があった。クリスチャンと自己防衛(日本語訳はなし)まず、このビデオでは、聖句を引用しながら、「自己防衛」(Self Defense)について、武器の使用について、その正当性を強調している。代表的なものを挙げると、ルカによる福音書22章22:35そして彼らに言われた、「わたしが財布も袋もくつも持たせずにあなたがたをつかわしたとき、何か [続きを読む]
  • 銃器所有について 〜2017HSU夏より〜
  • 権利2 規律ある市民軍は、自由国家の安全保障にとって必要なものであるので、国民(個人)が武器を保有し、携行する権利はこれを侵してはならない。 まず、2016年3月に2代王が語られたみ言を2つ紹介したい。 ①2016年3月6日のみ言(サンクチュアリNEWSより引用) 神の国では人は自由な意志を持っています。だから悪を選択することだってあるのです。自由をなくさない限り悪を取り除くのは不可能です、しかし自由を取り去れば愛 [続きを読む]
  • 原則2および原則3 〜HSU2017夏より〜
  • 原則2:人権を侵してはならない。遺伝子操作が行われることなく、生物学上生きている人間は、神の創造の頂点に立つ存在であり、創造主から、奪うことのできない人権を、賦与されている。 権利1連邦議会は、国教を定めまたは自由な宗教活動を禁止する法律、言論または出版の自由を制限する法律、ならびに国民が平穏に集会する権利および苦痛の救済を求めて政府に請願する権利を制限する法律は、これを制定してはならない。 権利 [続きを読む]
  • 神の清い血統を維持せよ 〜2017HSU夏より〜
  • 天一国合衆国憲法 天一国合衆国の国民である我々は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、福祉一般を促進し、我々と我々の子孫のために自由という神の恩恵を確保する目的をもって、ここに天一国合衆国のために、天の父のみ名において、この憲法を制定し、確定する。 原則1:神の清い血統を維持せよ。 性の区別は神が定めたものであり、男性は主体的配偶者であり、女性は対象的配偶者で [続きを読む]
  • Biblical Base 〜2017HSU夏より〜
  • もう何年も前に亨進様が、日本に来られて、礼拝?で瞑想をリードされながら、 「目の前の、錆びた鉄格子に触ってみてください。」 「下を見てください。土埃にまみれている様子を・・・」 「奥に進んでみて下さい。そのバケツには・・・」 「ここが、お父様が統一教会を出発された場所、興南です・・・」 それでは、サンクチュアリ教会は、どうなのだろう? ペンシルヴァニア、ニューフォンドランドの山の中、極寒の中で、亨進様 [続きを読む]
  • 王権の役割とサタンの正体 〜2017HSU夏より〜
  • 天一国合衆国憲法の前文の中に、次のような一節がある。 歴史から明かなことは、中央集権化された権力が、政治上、宗教上、又は、財政上、偽りの体制と権力を用いて人類を支配してきたということである。その過程においては、ある時には段階的に自由が奪われ、またある時には力づくで自由が抹殺されたのである。サタンを代表する偽りの権力機構に、二度と再び人類と人間性を支配させない神の王国が確立されなくてはならない。神の [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法 前文 〜2017HSU夏より〜
  • 天一国合衆国憲法 前文 天一国、神の王国(天国)は、主権ある実際の国として、まだこの世界には存 在していないが、聖書に予言されているように、終末のときに出現することが待 望されてきた。真の父、再臨のキリストによって明かされた統一原理、及び八大 教材教本がこの憲法の霊的基台を成している。これら永遠の真理の御言葉の基台 の上に、天 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法を学ぶに当たって 〜2017HSU夏より〜
  • 上記の映像は、2015年10月11日にライブ配信された、2代王による、天一国合衆国憲法の発表の、歴史的な瞬間の映像である。英語なので、すべてを理解することができないのが、残念ではあるが・・・発表された当時は、「アメリカの憲法とほとんど同じだ」とか、「銃の所有」に対して、物議をかもしたことを覚えている。自分も当時のブログで、よく分からないまま、天国を建設して、憲法を改正し、「銃の所有」の項目を除外すればいい [続きを読む]
  • 第3祝福について〜HSU2017夏より〜
  • 国進様は、「自由社会」の中で、第3祝福について、とても具体的に言及されている。 第三祝福はさらに進んで、第一、第二の祝福の基台の上で、万物を主管せよという祝福です。「主管」という言葉の意味を注意深く考えてみましょう。具体的にどう「万物を主管」すべきでしょうか、それは何を意味するのでしょうか。 「主管」という言葉は非常に強い言葉です。例えば動物を「主管」するというのは、具体的に何を意味しますか。どう [続きを読む]
  • 自由と責任〜HSU2017夏より〜
  • 国進様は、この「自由社会」の中で、エデンの園と現代社会を日悪しながら、 神様      −    真の父母様 アダム・エバ - 人類 天使長    -     政府 と位置づけ、アダムとエバが天使長に主管されることにより、神の子としての位置、自由と責任を失ったように、現代社会においても同じように、自分たちが、政府に主管される、支配されることにより、それなりに不自由なく生活できているようであるが、 [続きを読む]
  • 自由社会(全文)〜HSU2017夏より〜
  • HSU2017夏で、天一国合衆国憲法を学ぶ機会が与えられたので、またシリーズでブログ記事を書いてみたい。まずは、国進様の自由社会の映像と全文を。「自由社会」 2012年7月27日 ワシントン州シアトルにてありがとう、おかけになってください。歓迎ありがとうございます。遅い時間に集まって頂き、恐縮です。せめて金曜の夜にすればよかったんですが。今日はとても大切な話をします。われわれは皆、真の父母様が再臨主であ [続きを読む]