ハッピー昭和クラブ さん プロフィール

  •  
ハッピー昭和クラブさん: ハッピー昭和クラブ
ハンドル名ハッピー昭和クラブ さん
ブログタイトルハッピー昭和クラブ
ブログURLhttp://showa-club.com/
サイト紹介文昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話。
自由文1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー、きたさんと、映画雑誌「ジャッピー!」の編集長、独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター、ハピイ氏橋が贈る昭和歌謡と映画のこぼれ話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/11/17 23:56

ハッピー昭和クラブ さんのブログ記事

  • 追悼・江波杏子さん
  • 10月27日に江波杏子さんが76歳で亡くなりました。直前まで仕事をなさっていたといいますし、僕も今年「娼年」(2018 三浦大輔監督)という映画で、主演の松坂桃李さんと「濡れ場」を演じている江波さんを観て、その色気にゾクッとしたばかりなので、残念でなりません。江波... [続きを読む]
  • 追悼・渚ようこさん
  • 昨日の当ブログでは、今年9月19日に亡くなった秋山道男さんについて書きました。その9日後、9月28日に、もう一人、若松孝二監督作品に縁のある方が亡くなりました。歌手の渚ようこさんです。渚さんは年齢非公表でしたが、おそらく40代か50代だと思われますので、まったく... [続きを読む]
  • 金田四兄弟(400+0+0+128)と長嶋親子
  • 昨日の当ブログで書いたように、金田留広さんは東映フライヤーズ入団後4年間で77勝!をあげていましたが、1973年にははじめて二ケタ勝利に届かず(7勝)、その年、兄の金田正一さんが監督に就任した「ロッテには投げにくい」と言ってトレードされ、ロッテに移籍、1974年は優勝に貢献する活躍をみせます。留広さんは、名前から分かる通り、兄弟の末っ子で四男です。正一さんと留広さんの間にいる2人の兄弟も、実はプロ野球選手に [続きを読む]
  • 追悼・金田留広さん
  • 昨日に続いて、当ブログ9月21日にハピイさんが紹介された「1970年(昭和45年)のセ・パ両リーグの選手個人成績」をご覧ください。昨日も書いたように、今とは格段に違う投球回数のピッチャーが並んでいますが、パ・リーグの防御率5位の投手もこの時点で312イニングを投げ、23勝をあげています。この好成績をあげた投手・金田留広さんが10月2日に亡くなりました。金田さん(東映)はこの1970年は最終的には316イニングを投げ、24 [続きを読む]
  • 追悼・金田留広さん
  • 昨日に続いて、当ブログ9月21日にハピイさんが紹介された「1970年(昭和45年)のセ・パ両リーグの選手個人成績」をご覧ください。昨日も書いたように、今とは格段に違う投球回数のピッチャーが並んでいますが、パ・リーグの防御率5位の投手もこの時点で312イニングを投げ、... [続きを読む]
  • 「昭和のエース」はもう出ないのか
  • 昨日の当ブログで、先頃亡くなったジョー・スタンカ投手(南海ホークス)が1964年日本シリーズで阪神相手に3完封という大車輪の活躍をしたという話を書きました。この年は「東京オリンピック」が開催された年で、プロ野球も開幕を早めるなど日程は早め、10月1日に甲子園球場で第1戦。スタンカ投手が完封。中2日で10月4日に先発も2回4失点で負け投手。そして再び甲子園に舞台を移し、9日に先発、完封。翌日10日にも先発、完 [続きを読む]
  • 追悼・ジョー・スタンカさん
  • あと2時間ほどで「日本シリーズ」が始まります。今年は、広島東洋カープVS福岡ソフトバンク・ホークスという初顔合わせになりましたが、やっぱり「クライマックス・シリーズ」というのが違和感あるなあ。今年の場合でいうと、西武ライオンズはペナントレース開幕から一度も首位から落ちることない優勝だったわけです。それが「日本シリーズ」に出れないって理不尽だと思いますねえ。じゃあ、一年間の戦いって何だったのかと問いた [続きを読む]
  • ジャンルを横断する吉田拓郎さんの偉大さ
  • 昨日の当ブログで書いたように、僕が毎週楽しみにしているラジオ番組「吉田拓郎のラジオでナイト」は高校時代のテープまで発掘放送してくれるなど、拓郎さんの音楽ルーツから現在に至るまでを語っていてとても興味深い内容です。拓郎さんが「眠る前に聴いている」とおっしゃるご自身の i-pod に入っている曲のジャンルの広さ(ロックから演歌、ムード歌謡、イージーリスニングなど)も驚かされますが、いろいろなタイプの音楽から [続きを読む]
  • 吉田拓郎さんの「ラジオでナイト」が超面白い!
  • このところ、当ブログで「村上RADIO」、「吉田拓郎のラジオでナイト」とラジオ番組のことを書いています。元々、ラジオが好きなのですが、最近はテレビに「観たい」気になる番組がほとんどないこともあって、もっぱらラジオ・デイズです。一昨日も書きましたが、中でも「吉田拓郎のラジオでナイト」は一番楽しみにしている番組です。70歳を超えた拓郎さんものびのびとトークしているし、60分というのがちょうどいいサイズです。201 [続きを読む]