ブルー・ピアス☆ さん プロフィール

  •  
ブルー・ピアス☆さん: 浜田省吾ファンの、夢見るeasyライター♪
ハンドル名ブルー・ピアス☆ さん
ブログタイトル浜田省吾ファンの、夢見るeasyライター♪
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/on_the_road82_0916
サイト紹介文「疾走するロックの詩人ー浜田省吾」の音楽にハマって、30数年。その魅力を紹介したい。
自由文テレビは、最近出演しましたが、ライブ活動で地道にファンを広げ、今や 福山雅治やミスチルの桜井さん、過去には尾崎豊がリスペクトしてるという存在なのに、名前だけしか知らない人が多いので、拙いながら ブログを立ち上げてみました。
この春に10年振りに出した オリジナルニューアルバムが、オリコンランキング第一位 最年長記録となりました。現在、ホールツアー中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/11/18 16:33

ブルー・ピアス☆ さんのブログ記事

  • ユニーク、セツナイ、刹那的な「中島らも」
  •     ちょっと難解な本を読む時、とても読み続けられそうもないと思う。    そんな時、読みやすい本として 並行して選んだ本がーーー    中島らも の「今夜、すべてのバーで」 吉川英治文学新人賞 受賞 私が まだ独身時代、家でとっていた朝日新聞の「明るい悩み相談室」と言う人生相談のコーナーで、初めてその名を知ったのだが、ユニークな答えをする人だと、感心していた。連載は、1984年から10年間で 評判 [続きを読む]
  • 雑木林の家族の墓標
  •    あっと言う間の一年 だった。 去年、このブログに「四月は死の月」と題して、少し書いたが もう一周忌。故郷に帰り、法事を済ませると 今年は桜が早咲きで じっくりと楽しむ間も無く、若葉の季節が訪れようとしている。  住んでいるマンションの目の前が雑木林で、昨年の自治会清掃でバッサバッサと 伐採され、心中「自然破壊 反対!」と叫びながらも 学童通路安全のためにか、 思い切り切られてしまった。 無 [続きを読む]
  • 夢が消えかけてる「悲しみの岸辺」
  • [ 浜田省吾ファンの 夢見るeasyライター] の このブログを始めて、4年以上 過ぎ 記事も更新頻度が少なかったとは言え、200記事を超えた。  この間、大きく 浜田省吾へ対する想いも変化し、別に私が「応援ブログ」を書かなくても ファンクラブの会員数も 5万2千人を超え、事務所も4月25日発売の新作DVDを売るために 大きな宣伝戦略を考えてそうな・・・・ らしくない。あれから、母と妹を相次いで亡くしてから 一年 [続きを読む]
  • 「ゴッホ展  巡りゆく日本の夢」を観て✿
  •          ゴッホ展               巡りゆく日本の夢  3月4日に終了した 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」京都国立近代美術館に、今回珍しく早めに 2月初旬に観に行った。2月9日には 浜田省吾のライブビューイングが 二週間限定で始まるし、私にとっては どちらも見逃せないので・・・。 2月16日の日経新聞の夕刊に、京都大学准教授の 高階絵里加氏による解説が掲載されていた。(この方は たぶん [続きを読む]
  • 訂正します。
  •  訂正します。今日(2月24日)に書いたブログの文章。「64回 映画を観た人がいるーとありますが、正しくは、26枚 使用済のチケットを持ってたーらしく 6万5000円使ったんだなと思った打ち間違い、64回はさすがに観れませんよね?失礼しました。 [続きを読む]
  • やっぱり、浜田省吾はコンサートだね!
  •    ライブビューイング「旅するソングライター」 SHOGO HAMADA  より   アジアの風 青空 祈り  三部作のpart-1 風 で使われた映像に似た   海底のイメージ 最終日に観れなかったら 困るので、昨日二度目の浜田省吾のライブビューイングを見に行った。 ほぼ 席は埋まっていた。初めて観た時と同じ個所で涙は出たが、メンバーの表情、背景の美しさ、をじっくり見た。サンタの赤い帽子をかぶるかどうかでも [続きを読む]
  • 毎日も観れないよー。
  • 毎    日     が    ハ  マ  ショ  − そう名付けられた ライヴビューイングを初日に観に行った。ドルビーアトモスと言う特別のサウンド仕様の「一夜限り、仕事帰りにハマショー」をうっかりしてて 取れなかったので、慌てて行ったら、意外や意外?ガラガラだった。実は、感動して 4回ぐらい 泣いた。コンセプチュアルな映像が良かったというよりも、映画という座ってじっくり鑑賞したことで [続きを読む]
  • 東西の名品、珠玉のコレクション
  • 前回より かなり日が経ちましたが、再び「ボストン美術館の至宝展」の続き。神戸市立博物館に行くのは、これで3回目というのに またまた行く度に迷ってしまう。情けなか〜。今回は、グーグル・マップを頼りに行こうと思ったのが 大間違い。超方向音痴の私に「○○を南西へ」と言われても 方向がわからない。「神戸市・・・」と見えた時、「あっ!」と思ったら、「神戸市消防署」で、署員の方々に全然 反対方向と言われ、 [続きを読む]
  • 哀しみをたたえているゴッホの青
  •   新年 最初の記事は、昨年観に行った 「ボストン美術館の至宝展」で買ったピンバッジの写真から。このブルー。写真では うまく写らなかったけど、本物の色彩は角度によって濃淡があり、一点もののハンドメイドです。ゴッホの作品もあると期待して出かけましたが、2点のみ。この青は、郵便配達人ジョゼフ・ルーランをイメージして作成されたそうで、ルーラン夫妻の絵は やはり強烈な存在感がありました。なんでかしらないけ [続きを読む]
  • この声をあなたに
  •  今 話題のTBSのドラマ「陸王」にもハマッテいるが、この秋放映された NHK毎週金曜のドラマ10「この声をきみに」を楽しみに観ていた。竹野内 豊 主演。ヒロインは 麻生 久美子。脚本 大森 美香。主題歌 JUJU 「いいわけ」 脇を 柴田恭兵、ミムラ、杉本哲太、片桐はいり 等で固めている。このドラマに興味を持ったのは、「朗読」が物語のキーワードになっている所。私も 朗読が好きで、現在「音訳ボランティア」の講 [続きを読む]
  • サングラスはこちらを見ている?
  • 1 0 0 % F A N F U N F A N 2 0 1 7 ついに、もう ほぼ一週間前になりますが、12月2日 浜田省吾のファンクラブイベントに行ってきました。ファンクラブで募集していた、コンサートリポートを先週書いて、早速送った。私の悪い癖で、本人の性格は気弱なくせに 文章になると何故か途端に辛口になってしまう。正直に書くから、削除の憂き目にあってしまう。今回のレポート、洋楽中心だったけど [続きを読む]
  • 青空と省吾と週末に
  •    うーん、ついに 次の公演にせまってきた。100%「FAN FUN FAN」!!!違う事書こうかと思っていたが、なんのかんの言ってても、やっぱり 一番好きな人。かけるCDは、やっぱり The J.S .INSPIRATIONSとの二枚組。ファンクラブのHPにも、「良かったー。」という国際フォーラムでの感想が二三載っていたが、私が問題意識を持って何か投稿すれば、削除される。ここで、浜田省吾さんへの思いや意見は綴るしかない。読んで頂いて [続きを読む]
  • 満足度は、何パーセント?
  •   もうすぐ 本格的な冬がやってくる。 そして、「100%FAN FUN FAN」も。浜田省吾ファン以外の人には知られていないとは思うが、彼のファンクラブイベントで、結構毎回 舞台セットも凝ったり、趣向も前回は「曇り時どき雨 後晴れ」と副題がついて、オープニングは、時任三郎にも提供した 私の大好きな曲「I'm justwalking the rain」ですごく満足のいく、いいステージだった。さて 今回は。私の気持ちがいっこうに盛り上が [続きを読む]
  • 「ゴッホ 最期の手紙」を観て
  •    昨日、映画を久しぶりに観に行った。 日経新聞の夕刊で紹介されていた 「ゴッホ 最期の手紙」。評価は五つ星。ゴッホが大好きな私としては、すぐさま 電車を乗り継いで、11階にあるシネマで慣れないポップコーンを食べながら、期待でワクワク。あまりに長い予告編や宣伝で隣の人は本編が始まったのに寝てしまったので、つついてあげた。もう、なんていうか 絵画が動き出すような全編ゴッホのあの大好きな流れるようなタ [続きを読む]
  • 「排除」もきついが、「削除」もきつい。
  • The Moonlight Cats Radio Show BY F F F 前回の更新から ずいぶんの時が流れた。書きたくて しょうがなかった事が最近あって、でも何故か毎日時間が取れず、よく病院にも行ったりして・・・。とにかく、また 浜田省吾のファンクラブのHPに書き込んで、削除された!以前 やはり FFFの前に削除された経験がある。すごく、まっとうな意見だと思うのに・・・。省吾さんに対しての ラヴ [続きを読む]
  • バベルの塔
  •         創世記 11章 第1節〜第9節 第9節   それゆえ その町の名は バベルと呼ばれた。       主が全土のことばを そこで混乱させたから       すなわち、主が人々を そこから地の全面に散らしたからである。   国立国際美術館であった ブリューゲル"バベルの塔"展に行ってきた。 「バベルの塔」−名前だけのイメージで おどろおどろしい雰囲気の絵かと思っていたが、実際の作品は思ったよ [続きを読む]
  • 「あぁ、おはぎ」
  • 亡き母、妹 そして ずいぶん前に亡くなった父に供えた おはぎ やっと、作れた。やっと、帰省し お墓におはぎをお供えする事が出来た。母とそして間なしの まさかの妹が亡くなって、ちょうど半年。10月とは思えないような、炎天下の路上を 私はひたすら みんなが眠るお寺を目指して、かなりの距離を歩いた。途中でお花を買って、西へ西へ。大納言小豆から作ったこしあんの「おはぎ」を せめて今までにしてく [続きを読む]
  • 信用できない政治家の言葉
  •      ずいぶん前から「○○の力」と言う題名の本が、いやに多いなぁーと    感じていた。         「悩む力   姜尚中」            「伝える力  池上彰」         「書く力   池上彰」         「聞く力   阿川佐和子」         「断る力   勝間和代」         「寂しさの力 中森明夫」         「孤独の力  五木寛之」       [続きを読む]
  • 今 そこにある危機
  •      今日は九月十一日。  9.11 アメリカ同時多発テロが起こった日。世界貿易センタービルに 二機の飛行機が突っ込む映像をテレビで見た時、これはいったい現実なのか、映画のワンシーンなのか 目を疑った。衝撃的だった。上の映像は、今では見慣れた?北朝鮮のミサイル発射の様子。昨夜、NHKスペシャルで スクープドキュメント「沖縄と核」と言う番組を見た。知らなかったことばかりだった。沖縄にこんなに 核が配備 [続きを読む]
  • 私はナメクジではない!
  •   「うす紅のコスモスが 秋の日の〜 」という感じですが、本当に記事を書く意欲が 最近減ってきて、あっと言う間につらい夏が過ぎ去って「今はもう秋」。ちょっと、あんまりないかなぁ という事に遭遇したので、書いちゃおうかなと思いました。トランプのツィートよりましな程度に。昨日、私はバスに乗るためにに いつものバス停に間に合うように必死にたどり着き結構何人か並んでいたので、そして前の男の人がタバコを吸っ [続きを読む]
  • あの素晴らしい片思いをもう一度
  • お久しぶりです。パソコンは修理というほどではなくて、訪問サポートの人がマイクロソフトからグーグルに変える指示をしてくれて、スムーズにいくようになりました。それよりなにより、浜田省吾を全く聴かなくなるという異変が生じています。自分でも驚くぐらい、省吾が公に特別の対象を持ったーこれが大きい。つまり、中嶋ユキノのプロデュースです。もう、2枚も出しちゃって、この間、省吾のホームページでのインターネットラジ [続きを読む]
  • パソコン修理に出す
  • なかなか ブログを発信できない一因に、パソコンがずっと不具合ながら使ってきました。そして、相方が結構パソコンを独占する。なかなか書きたいなーと思う事も少なくなり、思い切って?修理に出します。また、スムーズに行きだしたら出直します。  それまで しばし お休み***最近 一番書きたかったのは、昨年とずいぶん違ってしまった、8月6日ー原爆の日。オバマ大統領が現職大統領として、初めての広島訪問した [続きを読む]
  • 観た甲斐がある。
  •  昨夜、「行列のできる法律相談所」という長寿テレビ番組に、甲斐さんが出演して浜田省吾の話をするらしいーという情報を得て、よくうたた寝するので録画までして見た。「私の嫉み妬み・・・とかなんとか」副題が付いていたが、なんのこたーない甲斐さんは、浜田省吾の才能を認め、褒めてくれたようなものだった。最近、意地?になって、ハマショウの曲を聴かなくなって、昔の甲斐バンド、スタレビ、大貫妙子とか聴いていたら、甲 [続きを読む]