堀 勇一・久子 さん プロフィール

  •  
堀 勇一・久子さん: 埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会)
ハンドル名堀 勇一・久子 さん
ブログタイトル埼玉サンクチュアリ教会(日本サンクチュアリ協会)
ブログURLhttps://sanctuary-saitama.muragon.com/
サイト紹介文亨進様の任命を受けた埼玉教会です。
自由文動画https://www.facebook.com/616977458412272/videos/vb.616977458412272/750103465099670/?type=2&theater

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/11/19 10:15

堀 勇一・久子 さんのブログ記事

  • 151頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 ****上記まで、昨日当ブログ 3.神様と被造世界の関係 1)神様の形象と象徴として展開された人間と万物 2)人間と万物の関係 対象がもつ属性と要素と性質をすべてもっているとき、その対象を主管することができるのです。 **** 「区切り」がよいので、短く終えます。 「参考」を加えます。 上記は、「必要条件 [続きを読む]
  • 148頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 2)父子の関係 3)神様の子女になるには 4)真なる教育 ****上記まで、昨日当ブログ 5)二世性相が現実世界の問題解決の鍵 (1)性相・形状は万能の鍵 性相と形状の均衡を備えてこそ、存在目的と価値が達成されるのです。 父母と子女が生活するとともに、家庭を導いていくことのできる、根本的 [続きを読む]
  • 138頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 2)父子の関係 3)神様の子女になるには ****上記まで、昨日当ブログ 4)真なる教育 人間教育は、心情教育と規範教育を中心として、家庭から始めなければなりません。 知識教育は、知識と技術を中心として、学校で行うものです。 (1)神様の真なる子女となるために 創造目的に適した真なる教育 [続きを読む]
  • 134頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 2)父子の関係 ****上記まで、昨日当ブログ 3)神様の子女になるには 神様の子女になろうとするなら、神様に似なければなりません。 心と体に似るという話は、神様の本形状と本性相に似るという意味であり、血統に似るという話は、実体として「絶対性」に似るという意味です。 (1)神様の子女にな [続きを読む]
  • 127頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 2)父子の関係 (1)子女が生まれる四つの原則 ****上記まで、昨日当ブログ (2)人間最高の希望 一番重要な願いは、良い新郎、またはよい新婦になることです。 家庭で子女が「私は、大きくなったらうちのお父さんとお母さんのような人にならなくては」という目標がなければなりません。 先に見せ [続きを読む]
  • 123頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 ****上記まで、昨日当ブログ 2)父子の関係 見えない神様の心情から出発した真の愛が真の生命に展開し、再び真の血統に連結されるのが父子の関係です。 (1)子女が生まれる四つの原則 第一に 子女は父母の愛によって生じます。 お父さんとお母さんの愛も、神様の愛から出発したものです。 ですか [続きを読む]
  • 118頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 ****上記まで、昨日当ブログ 2.神様と人間の関係 1)心と体の関係 私の中で心と体が一体となっているように、神様と人間も、何ら関係のない別個の存在でな、一体です。 (1)縦的な愛、横的な愛 縦的な愛 神様と神様の形状である男性は、真の愛を成す直短距離にいるのです。 横的な愛 アダムとエバが本然の姿に成長して真の愛で一つにな [続きを読む]
  • 103頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 1)存在の法則 2)神様の実相 ****上記まで、昨日当ブログ 3)神相と神性の構造(哲学の観点) (1)神相 普遍相 性相・形状、陽性・陰性 個別相 個性真理体 (2)神性 心情 ロゴス 理性 自立性     法則 必然性 創造性 人は誰でも、自分なりに神様から与えられた 独特の創造性をもって [続きを読む]
  • 86頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 1.神様の二性性相 1)存在の法則 2)神様の実相 (1)本性相と本形状 (2)本陽性と本陰性 ****上記まで、昨日当ブログ (3)二性性相の統一体 本性相と本形状の統一体 心と体は概念として見る時は、精神と物質に分かれますが、実際は一つなのと同じです。 本性相と本形状の中心は心情です。 心情があるので、真の愛と人格もあり、原理と法度と秩序的な [続きを読む]
  • 79頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か ****上記まで、昨日当ブログ 1.神様の二性性相 1)存在の法則 因果の法則 見えない神様は原因であり、見える被造物は結果なのです。 類似の法則 被造物は、原因者である神様に似たという事実を知ることができます。 (1)陽性と陰性 男性と女性は生殖器を見て区分します。 (2)性相と形状 見えない心が体を通して表現されるのです。 2)神様の実相 神 [続きを読む]
  • 69頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅱ.前編 第1章 創造原理 序論:創造原理とは何か 創造原理を正しく知ってこそ、私たちの人生や、さらには宇宙について知ることができ、人間と宇宙を創造された神様をはっきりと知ることができるのです。 1)よい暮らしをする方法(設計図) 私たちが物を目的に合うように使わなければならないように、万物の霊長である人間も、創造主であられる神様の創造目的のとおりに生きなければなりません。 2)よい暮らしをする人 [続きを読む]
  • 60頁まで 原理本体論の要約
  • Ⅰ.総序論 原理本体論を勉強する理由 1.現実世界のすべての問題を解決するために 1)現実世界の問題 ****上記まで、昨日当ブログ 2)なぜ問題が生じたのか 堕落によって人間は心と体が分かれ、個体内では葛藤と対立と闘争を繰り広げています。 3)堕落が招いた人生の問題 創造当時から神様が付与した人間の本性を失ってしまったので、人間は神様の創造理想が分からないだけでなく、神様の子女になる資格まで喪失 [続きを読む]
  • 43頁まで 原理本体論の要約
  • はじめに 『原理本体論』では、『原理講論』で説明しなかった内容をいっそう本質的に分析することで、原理の本体であられるお一人の神様を人類の真の父母として明かしています。 したがって『原理本体論』は、人間始祖の堕落によって真の父母であられる神様を失い、孤児になった人類がつくった現実世界の、そのあらゆる問題を解決することになるでしょう。 Ⅰ.総序論 原理本体論を勉強する理由 1.現実世界のすべての問題を [続きを読む]
  • 「伝道」のための聖句
  • コリント人への第二の手紙/ 05章 09節〜11節 そういうわけだから、肉体を宿としているにしても、それから離れているにしても、ただ主に喜ばれる者となるのが、心からの願いである。 なぜなら、わたしたちは皆、キリストのさばきの座の前にあらわれ、善であれ悪であれ、自分の行ったことに応じて、それぞれ報いを受けねばならないからである。 このようにわたしたちは、主の恐るべきことを知っているので、人々に説き勧 [続きを読む]
  • 「発光体」になる方法
  • 原理講論259頁から引用します。 イエスは、地上においても、原罪がないという点を除けば、我々と少しも異なるところのない人間であられるし、また、復活後、霊界においても、弟子たちと異なるところのない霊人体としておられるのである。ただ、弟子たちは生命体級の霊人で、受けた光を反射するだけの存在であるのに比べて、イエスは、生霊体級の霊人として、燦爛たる光を発する発光体であるという点が違うだけである。 マタイ [続きを読む]
  • 「社会福祉」 憲法論議
  • 天一国憲法の第三条第九節から引用します。 8.連邦議会は、テロ、麻薬、貧困またはその他の非国家的行為者との戦いを宣言をすることを禁じられる。 9.連邦議会は、保健医療、教育、社会福祉、および、社会保障制度を設けたり、そのための資金を出すことを禁じられる。 日本憲法から引用します。 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2 国は、すべての生活部面について、社 [続きを読む]
  • 「天一国の王達」 憲法論議
  • 天一国憲法の第六条 この憲法に定める上院議員および下院議員、 州の立法部の議員、 ならびに天一国合衆国および各州の すべての行政官、司法官および王らは、 憲法を支持するという宣誓または宣誓に代わる確約により、 この憲法を擁護する義務を負う。 各州にも「王」が存在し得ることは、第五条第四節に規定されています。 天一国合衆国は、この連邦内のすべての州に対し、 共和政体または共和制君主のいずれかを保障 [続きを読む]
  • 「神の不在」 憲法論議
  • 比較や理解の便宜上、改行を加えます。 天一国憲法の本文冒頭 天一国合衆国の国民である我々は、 より完全な連邦を形成し、 正義を樹立し、 国内の平穏を保障し、 共同の防衛に備え、 福祉一般を促進し、 我々と我々の子孫 のために 自由という神の恩恵を確保する目的をもって、 ここに天一国合衆国のために、 天の父のみ名において、 この憲法を制定し、確定する。 アメリカ憲法の「前文」 われら合衆国人民は、 [続きを読む]
  • 「職業の自由」 憲法論議 
  • 昨年3月11日の当ブログで見た、天一国憲法の第3条第9節第17項を引用します。 連邦議会は、いかなる職業に対しても、政府による認可を求める法律を通過させることを禁じられる。 その時、次のように書きました。 いつだったか、説教でも語られていたと思います。 医師でも、美容師でも、やりたければ自由にやれるということです。 信用が無くて仕事が無いのは別問題です。 10月31日の当ブログで見た、日本憲法の第 [続きを読む]
  • 「信仰」のための聖句 ローマ人への手紙から
  • ローマ人への手紙/ 04章 17節〜19節 「わたしは、あなたを立てて多くの国民の父とした」と書いてあるとおりである。彼はこの神、すなわち、死人を生かし、無から有を呼び出される神を信じたのである。 彼は望み得ないのに、なおも望みつつ信じた。そのために、「あなたの子孫はこうなるであろう」と言われているとおり、多くの国民の父となったのである。 すなわち、およそ百歳となって、彼自身のからだが死んだ状態で [続きを読む]
  • 「銃器所持の権利」 憲法論議
  • 天一国憲法 権利1 連邦議会は、国教を定めまたは自由な宗教活動を禁止する法律、言論または出版の自由を制限する法律、ならびに国民が平穏に集会する権利および苦痛の救済を求めて政府に請願する権利を制限する法律は、これを制定してはならない。 権利2 規律ある市民軍は、自由国家の安全保障にとって必要なものであるので、国民(個人)が武器を保有し、携行する権利はこれを侵してはならない。 アメリカ憲法 修正1 [続きを読む]
  • 「小さな政府」を支持する勢力
  • 「庶民革命」 日本伝統の「「お上・下々」の政治か、庶民のための政治か。その最大の対立軸は「税のあり方」です。まずはお上の権力基盤たる税を減らすことが庶民革命への第一歩です。 国の組織を大胆に縮小することや税源の地方移譲によって、日本最大の非効率・無駄である中央集権を取り除きます。 税金を払っている庶民の暮らしは苦しくて、税金で食べている方(官僚、役人、議員等の高給公務員)が極楽の社会を変えなければ [続きを読む]
  • 再び「正しい慰めを得る」
  • 10月7日の当ブログで、御母様がお手本であることを書きました。 10月23日のキングズレポートでも、御母様について語られています。 (翻訳・掲載に感謝申し上げます。) カン真のお母様は自分が完璧ではなく、神様の恩恵が必要な人だということを知って、神様と主を愛し、み言だけにしがみ付いて教会に通いながら、教会と人々を伝道しみ言を伝播された方です。 同じキングズレポートで、「神様の恩恵」について、語ら [続きを読む]
  • 英語の天一国憲法小冊子の新しい「序文」
  • 7月18日のブログで引用した、7月12日のキングズレポートから引用します。 (翻訳・掲載に感謝申し上げます。) 韓国でもこのような小冊子をすぐに作るのですよね? これ!とにかく、米国で作ったので、私たちは今これはキリスト教徒たちにあげて、非常に良い前書き、文鮮明総裁がどの様な方か、二代王が誰なのか、三代王権が何なのか、このような内容を簡単に説明して、次に天一国憲法に入ります。 最後は主の祈祷文で終 [続きを読む]