grand さん プロフィール

  •  
grandさん: slow life2
ハンドル名grand さん
ブログタイトルslow life2
ブログURLhttps://nigeruuma.exblog.jp/
サイト紹介文万年筆、カメラ 雑記
自由文うらつらと、取り留めもなく写真をアップしたり、万年筆に付いて書いたりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/11/20 01:43

grand さんのブログ記事

  • PENTAX DFA100mmF2.8WRを購入!
  • 今まで、7年間タムロンの90mmマクロを使ってきた。写りもいいし、使用においても特に文句の付け所がない。それはこのブログの過去のレンズ画像を確認してもらえれば分かるはず。最近は物撮りが多いから、常に付けっぱなしだった。APS−Cから、フルサイズK−1に買い替えて、【使う頻度が増えたレンズ】が、・tamron90mmマクロ・FA43mm【逆に頻度が減ったレンズ】が、... [続きを読む]
  • フォルカンのインクスキップについて
  • パイロットカスタムヘリテイジ912のフォルカンを好んで使用しています。使いこなしが難しく、字が上手く書けなくなるが、書き味だけなら、1.2を争う万年筆だと思っています。今まで特に気にならず、快適に使用してきましたが、ツバメノートで書きものをしていた時に、とうとうスキップ現象が多発するようになりました。インクが詰まったのかと思い、超音波洗浄機でニブを洗いましたが、どうも改善しない... [続きを読む]
  • 仕事を押し付ける準老害は組織の癌
  • 年末の仕事が急に大量に降ってきた。そりゃ、自分も他人に迷惑をかけて仕事を増やしてしまうことも有るけど、それは不可抗力であって、自己都合ではない。正論を通して生きるのは自由だけど、その仕事は無くなるわけではなく、他の人に行く。今は、再任用やら何やらで、給料減らされた働かない老人まで社員の数に入っていて、それはそれで同情するけれど、御蔭で若い人の採用が抑制され、仕事のしわ... [続きを読む]
  • K-1アップグレード完了
  • K−1のアップグレードを9月末のギリギリに行った。ピックアップサービス1800円を利用して、計5万5千800円。その価値があったのかどうか、まだあまり使う機会がないので、よく分からない。高感度の向上が決め手だったけど、ISOを気にせず写真を撮れるというのは、非常に便利。最近はブログの物撮り程度だけど、ISO6000くらいまでは、気にせず使っている。マクロ撮影だと、どうしても絞... [続きを読む]
  • パイロットカスタム823
  • 【823】【845】パイロットカスタム823を手に入れた。透明茶軸。(もうここらで万年筆への投資は止めなければならない。)さすがパイロットという隙のない作りに隙のない書き味。パイロットの初期の渋めフローも、適度に調節されている。書き味も、パイロットにありがちなザラツキのあるFではなく、滑らかだ。14金の15号ニブ。3776とほぼ同じ大きさ。(プラチナのコスパは凄い。... [続きを読む]
  • ペリカンが4匹揃いました。
  • ペリカンが4匹揃いました。左からP205、M400、M600、M800です。ペリカンは、どれもお洒落で、それでいてドイツらしい実用性もあります。たまたま揃ってしまいました。多分、M800とM600以外は飽きたら逃がしそうなので、今のうちに記念撮影をしておきます。実用的なのはM600。書いていて気持ちいいのはM800。字幅もあるかもしれないけれど、何本か触って、大体初... [続きを読む]
  • 困った時のアドラー心理学
  • 『嫌われる勇気』昔何気なく暇だったから読んだ本だが、非常に役に立っている。ストレスのひどい職場にいるが、自分が何とか精神病にならずに済むのは、多分この本の影響が大きい。内容は、アドラー心理学だったと思う。細かい内容は覚えていないが、簡単に言うと、「自分の問題と、他者の問題を区別して、自分の問題だけ向き合いなさいというもの。」もちろん、日本のお節介な社会からすれば... [続きを読む]
  • 少子化は国策ではないかな。
  • 少子化で困るのは過渡期だけ。ここを乗り切れば、AIや適正な人口になれば、落ち着くだろう。本当に危機なら、国は本腰を挙げて対策するだろうが、その様子もない。一応対応するフリはしているという程度だ。日本だけではなく、世界人口は急激に増え過ぎである。このまま、歯止めが無ければ、食料・資源が足りなくなって、戦争・内戦・貧困という、今まで何度も歴史が繰り返してきた同じ流れ。たくさん... [続きを読む]
  • カヴェコスペシャル ブラス 各3本
  • 上から、カヴェコペンシルスペシャルブラスのシャープペンシル、ボールペン、万年筆。カヴェコのブラス軸は真鍮で、ずっしし重くて高級感があってお気に入り。使い込むと、味が出て来るし、磨けばピカピカになる。全部中古で安く手に入れた。大体3分の1くらいの値段。シャープペンシルは、外観が薄汚れたからとかなり安くしてもらったけど、傷もないし、KAWECOの文字も消えていない。磨いた... [続きを読む]
  • プラチナBelAge 細字
  • プラチナのBelAgeというビンテージ万年筆を少し前8月後半に手に入れた。未使用品デッドストック品。(定価は8000円と書いてあるが、2800円happy欲しいほどで手い入れた)現行の「14金スタンダード」の前身で、ほぼ同じだと思う。軸が金属なので、こちらは適度な重さはある。インクを入れたところ、カリカリとした書き味だが、フローも良い。ボールペンの感覚で字が書けるので、日本... [続きを読む]
  • GRⅢ発表について
  • GRⅢが来春発売らしい。フルサイズかKPのセンサーを期待していたが、どうやらK-70のセンサーらしい。以下に思ったことを箇条書きしておく。・フラッシュなしは別にいい。・手振れ補正は、どっちでも。・センサーダストの除去機能は嬉しいが、 自分は埃対策としてGRには常に21mmワイコンを付けているので、もうどちらでもよい。・小型化はありがたい。・タッチパネルは必要ないが... [続きを読む]
  • カヴェコは鉄PENが秀逸だと思う
  • カヴェコのペン先は金ペン化できる。10月から金ペンの値段が10000円から15000円に値上がりするという事で、この際、カヴェコブラススポーツに最初からついている鉄Mニブを交換しようかと思った次第。鉄ペンでも書き味は極上。ペリカンの赤インクでも詰まることがない優秀なペン。カヴェコの金ペンは実は持っていて、カヴェコスペシャルブラスの方に金Mニブが付いている。鉄ペンと比べると金ペ... [続きを読む]
  • モンブラン149
  • 左からパイロット845、モンブラン149、プロフィット21長刀、ペリカンM800。断捨離していたはずが、149が手に入ってしまった。モンブランの吸入式は、メンテナンス維持費がかかることや、ペンクリで断られるので、手にすることはないだろうと思っていたが、ネットサイトで安く落とせてしまったのだ。状態はかなり良く、国産の中細ほどの字幅。最初持った感触は、過去に遊びで購入した中国... [続きを読む]
  • 無能の極み
  • 今までまともな職場にいたのだろう。今の職場は、断らない人のところに仕事がどんどん降ってきてパンクするという恐ろしい職場。それにただ乗りする無能と、今の所、正そうとしない管理職。今後は色々割り切るしかない。潰される。あほらしい。 [続きを読む]
  • 即戦力万年筆12本
  • 【即戦力12本】①パイロット 912 FA②プロフィット21 長刀中字③パイロット エラボーSM④プラチナ 3776EF⑤パイロット キャップレスマットブラックEF⑥モンブラン 145 F⑦パイロット 845 F⑧LAMY2000 EF⑨プラチナ  BelAge F(14金)⑩カヴェコ ブラススポーツ 鉄M⑪カヴェコ スペシャルブラス 金M⑫ウォーターマン カレン F⑬プロフィット21... [続きを読む]
  • GR-Eとか、K-1アップグレードとか
  • K-1のアップグレードが9月末までなので、悪い評判もないし、そろそろ出そうかと思う。アップデート代金が54000円。54000円あれば、DFA100mmマクロも買えるし、GR2も買えるし、M1000も買える。54000円は、安くはないけれど、①修理対応期間が延びる②高感度が良くなる③ファームアッデートの対応など、総合的に考えれば良心的な値段ではある。何より高感度... [続きを読む]
  • カスタム742 M ダークレッド
  • 素晴らしい。国産万年筆は1万円クラスでも十分だが、2万円クラスだとほぼ頂点へ到達する。それ以上は好みの世界である。これ以上となると、743か823、845という世界になるのだけど、軸の太さや重さが大きくなるので、実用のみならこの2万円クラスが実用的だろう。ディープレッドという色だが、赤というより茶色に近く、男性でも実用できそう。渋い色だ。 [続きを読む]
  • パイロットの短軸万年筆 ビンテージ
  • 最近はtakaさんのユーチューブ動画の影響もあり、ビンテージものの万年筆が2本増えた。これはパイロットの18K短軸FニブとプラチナのBelAgeという14金Fニブ。共にデッドストックで、新品未使用品。多少のくすみはある。嵌合式キャップなので、取り外しも簡単。書き味は、恐ろしく滑らか。特に18金のパイロットの書き味は、とても2000円で味わる書き味ではない。万年筆は、14金よ... [続きを読む]
  • LAMY2000 EF
  • いつかは手にしてみたいと思っていたが、希望の価格で落札できてしまった。外国産に似つかわしくなく、上下左右の筆記角度の許容が素晴らしく優秀で、何よりデザイン・機能性が群を抜いている。アマゾンで13000円程度なので、これは買いだろう。吸入式だが、継ぎ目はピッタリと綴じ、よく見ないと分からない。キャップも気持ちよくパチンとハマるし、尻軸にキャップを付ける時も、キャップに機構が仕込まれており大変... [続きを読む]
  • グランセ 
  • 3号ニブと侮っていたが、そこまで小さくないし、ニブの面構えもお洒落だ。書き味は、カスタム74のFニブとほぼ同じ書き味。自分の書きたい字が自在に書ける。軸の太さや、軸の重さが合えば、こちらの方が最初買う万年筆としては良いかもしれない。入手で少し不快な思いをしたので、手放すかもしれないが、ヤマタノオロチの尻尾から草薙の剣が出てきたと思えば、妖刀にも見えなくはない。迷うところだ。... [続きを読む]
  • pelikan M400 Blue M
  • 昔、一度手放したM400を再度入手した。ペリカンは、モンブランと違い、メンテナンスが簡単なので、もう一度手に入れてもいいかなと。それに、このブルーは何と言っても美しい。少し自分の書き癖とは角度が合わないので、ペンクリに行くか、使い込むかだ。フローも少し良すぎる。このくらいの個体差は仕方ない。 [続きを読む]