立石美津子 さん プロフィール

  •  
立石美津子さん: ちょっと、聞いてよ!
ハンドル名立石美津子 さん
ブログタイトルちょっと、聞いてよ!
ブログURLhttp://www.tateishi-mitsuko.com/blog/
サイト紹介文「テキトー母さんのすすめ」の著者の毒の奥にも愛があるブログ 障害児教育にも詳しい母
自由文子育て本著者・講演家・自閉症児を育てる母親
著書は『一人でできる子が育つ テキトーかあさんのすすめ』『一人できる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『はずれ先生にあたったとき読む本』『子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』など多数
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/11/21 04:39

立石美津子 さんのブログ記事

  • 自閉症は治らない、家庭を恐怖の館にしないで
  • 今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます! 発達に凹凸のある保護者が集まる講演会に招かれた。「自閉症は治りません!」と言ったら、泣いてしまったお母さんがいた。でも、私はそこを受け入れることが、全てのスタートだと思う。(注 写真は別の講演会) ■治ると行動改善とは違う「治る」とは、「治療の“治”」の漢字が示しているように「病気が治る。健康な状態に戻る」こと。 でも、“療育”によ [続きを読む]
  • 障害者は箱を折る?ごめんなさい…思ってしまうこと
  • 今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます。あと、一年ちょっとで卒業を迎える息子就労移行支援事業所やB型作業所、特例子会社などを見学しまくっている。 こんなこと書くのは、福祉関係者、障害者雇用を熱心にしている方に対して本当に失礼なことで… これから書くことは、大変勇気のいることで‥‥ こんなことを書くと就労施設の方から「なんだ!そんな風に我々のことを見ていたのか!」と不快に思わ [続きを読む]
  • 嫌な思い出、泣き部屋とは
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます!「お子さんを育ててきて、一番つらかったことは何ですか?」と聞かれたら?それは…「自閉症が何なんだ!それを言い訳にするな!親だったらもっと躾けろ!」と怒鳴られたこと仮に私が結婚していたと仮定した場合、理解のない夫、姑からこれを言われるのは嫁としては辛いものがあるが、私はシングルなのでそれはない。でも、見知らぬ人からこれを言 [続きを読む]
  • 肥満なお財布
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。息子のお財布が小銭で肥満体になっている。何故かと言うと、大きなお金しか使わないからだ。■お金の練習お金を理解させるために、放課後ディからの帰宅途中にあるコンビニで、必ず買い物させている。食後に食べるヨーグルトとか、お煎餅とか…お楽しみのデザートを買う目的だ。親切な店員に「この子、SOSカードぶらさげているからわからないだろう [続きを読む]
  • 電車が好きでも、JRで運転手にはなれない
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます! あと一年とちょっとで学校が終わってしまう。その先の人生が長い。 健常児の子どもだったら、自分の働く場なんだから、過保護過干渉になって親があくせく動き回って探さなくてもいいんだが・・・息子の場合は自分で探せないから…卒業後の日中過ごす“働く場”を親が見つけてこなくてはならない。そんな時期に今、私は突入している。 ■JR東日本の説明会こ [続きを読む]
  • お呼びでない…不採用、切ない
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 実習の評価表が学校経由でR企業(*企業名は伏せます)から送られてきた。書かれていた結果「集中力が不足しているので、○○君の来年の実習は受けることは出来ません」(実習中の連絡帳にも「キョロキョロしてました」とか「あくびを3回してました」と書いてあったし…) つまり、R企業への就労の道はこれで断たれたのである。 ・高等部2年での実習は“採 [続きを読む]
  • 実習の達成感、いい表情してるなあ〜
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠に有難うございます!これは企業実習の最終日。帰りのバス停前で撮影した写真親バカだが、いい表情をしていると思う。これを「やっと終わったしんどかった5日間」ととらえるか?はたまた「やり切ったぞ!」の達成感、充実感の表情ととらえるか?私は後者だと思う。 ■見学に行ったとき実習期間中、見学に行った。息子は”ダイレクトメール用の葉書にハンコを押す作業”を3時間も続 [続きを読む]
  • 睡眠薬は悪が善か?講演は気が重い?
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます! 自分だけの”鍵付き日記”ではなく、ブログを公開するような人はお喋りな人(これは私が中学生の頃から付けている日記 ↓)講演=お喋りだから、講演の仕事は大好きである。しかし!講演の前夜、「なかなか寝付けない」というのが悩みの種である。 ■眠りたいけど寝付けない私は子どもの頃から、試験前に徹夜するタイプではなく、「試験前だからこそ、熟睡 [続きを読む]
  • 親の育て方で発達障害になる
  • 今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます。こんなサイトを見つけた。有名な先生がこんな風に書いているので本当に驚いた。blogs.yahoo.co.jp/apple_ishikawa/36428475.html 「発達障害は先天的には、妊娠期の異常、母胎の環境(アルコール摂取・喫煙・劣悪な食環境・食品添加物などの多量摂取など)、後天的には子育ての過程で引き起こされる人的問題」 私は見ていないが、この方は20日放送のフジテレ [続きを読む]
  • 何でも否定されたと受け取る
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。講演会をしたり、取材を受けたりすると、よく「子育てする上で一番大切なことは何ですか?」と質問をされる。「自己肯定感、自尊感情を育てておくことです」と私は答える。これがないと、長い人生で失敗したとき潰れてしまい、壁にぶつかったとき乗り越えることが出来ないからだ。だから、息子の障害がわかってからは・過度な期待はしない(*私とは真 [続きを読む]
  • これじゃあ、病院難民だ!
  • このブログ、共感したらシェアしてくださると嬉しいです! 障害者年金についてご存知ない方のために、簡単に前置き障害のある人は、生活するために十分な収入を仕事で得られないため、障害者年金を20歳から受け取ることが出来る。(年金は月6万くらい、所得制限あり)(詳しくは日本年金機構のページを見てね)www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150514.html しかし!そこには様々なハードルが待ち受け [続きを読む]
  • 「保育園死ね!」じゃあないよ
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます!「一億総活躍」「働く女性を応援する」と国は言っているが…「保育園死ね。日本落ちた」の叫びがスポットを浴びているが… 私は3歳児神話を信じている!お腹にいる時期も含めて2歳くらいまでは、可能である家庭環境であれば、親元で育てた方がよいと思っている。私のお友達の田宮先生が、おっしゃっていたこととても共感したので、そのまま抜粋を載せます [続きを読む]
  • 学校の過保護に慣れてきてしまった
  • 今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます。 息子は現在、特別支援学校高等部2年生1年半後の進路選択に向けて、企業実習が始まっている。私にとっても、何もかも初めての経験だった。 学校の手厚さ(悪い言葉を使うと“過保護”なのかもしれないが…)に驚きの連続であ〜る! 書類をこんなにそろえてくれる!実習後の企業へのお礼状の文例まで配られた!(拝啓の後は季節の挨拶を書くのが通常なので、ち [続きを読む]
  • 息子が孤独死しないため
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。先週の続き・・先週のブログはこちら ↓wp.me/p73B8w-3gD 普通の子の親であれば、子どもが20歳になれば子育て終了である。でも、障害のある子の場合、永遠に子育てが続く。 老障介護(=年老いた親が障害のある子を介護する)になってしまい、親が死ぬ間際になって「この子はこの先、どうやって生きて行くんだろう。出来れば連れて行きたい」と無念の思い [続きを読む]
  • 私が死んだらこの子はどうなる?
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 私の本を読んで、滋賀県長浜市の発達支援センターから「0歳〜6歳くらいまでの発達に課題を抱えている子どもを持つ保護者が、元気になるような講演会をしてほしい」とお声がかかった。8月21日に講演に行ってきた。そして、参加者の感想が送られてきた。 こちら ↓「親として子どもの将来を考えるあまり、今何をすれば良いかとか、今のうちにこれをさせ [続きを読む]
  • (無題)
  • ネタ【学校の過保護に慣れてきてしまった】特別支援学校高等部に通って2年、学校の手厚さに慣れてしまって鈍感になっている。 小学校時代(特別支援級に在籍していた)、プールカードを忘れるとプールに入れてくれなかった。水着を持ってきていてもカードがないと入水禁止だった。 今は忘れたら担任から「プールカードを忘れているようですが、プールに入れてもいいですか?」と都度電話がかかってくる。 今月末から、卒業後の進路 [続きを読む]
  • 暴れる子に…こんな保険があります
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 息子が暴れ、某施設を破壊した。これについては過去記事に書いた。↓wp.me/p73B8w-39w このことで、ある保険に心もお金も救われた。 私はリタリコという会社が運営している“発達ナビ”というサイトに記事を書いているのだが、そのままこちらに掲載します。 ■皆さんのお子さんには他害がありますか?それとも自傷がありますか?息子は自傷タイプなので「 [続きを読む]
  • 子どもの前で泣き真似をする毒親!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 毎日新聞の“渡辺えりさんの人生相談”に載っていたこと(写真 https://ameblo.jp/eri-watanabe/)内容はこちら ↓■相談内容母のことです。母は昔から私が逆らったり、口答えしたりすると怒るのではなく、寝込みます。私は罪悪感を覚え、いつしか母に口答えをすることはなくなりました。そのうち私が大学に入り、帰りが遅くなると、母はまた寝込むように [続きを読む]
  • この世で一番重要な仕事は・・・子育てだと思う
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。高2になって度々、開かれる保護者会に参加している。小学校、中学校の保護者会はさぼりがちだったが、必ず日程をやりくりして参加している。周りを見ても、シングルファーザー、シングルマザーであまり学校に顔を出さなかった面々も参加している。参加理由は進路先についてがテーマだからだ!9月になったら息子もいよいよ実習が始まる!■テーマ [続きを読む]
  • 宿題代行に頼むのは止めた方がいい!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。“宿題代行業“って知ってますか?主に「学校の勉強よりも、進学にダイレクトに役立つ塾での勉強を優先させたい親子」が利用しているようが…。どっさり出された宿題を前に「途方にくれてしまった親子」の利用も多いみたい。 相場は下記しかも・・・代行業者は子どもの筆跡を真似てみたり、完璧な正解を記入してしまうと学校側にばれてしまうので、微妙に [続きを読む]
  • 夏のトイレ旅行
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。ちょっと早めの夏休み、生まれ育った芦屋に行ってきた。こちら街並み(阪神芦屋駅から)こちらは卒業した芦屋市立朝日ヶ丘小学校私はこの学校が新設されて入学した第1回卒業生なのである。こちらは卒業生の記念碑、私は努力の人であったようだ。噂によると、キンキキッズもこの学校の卒業生らしい。 43年ぶりに息子とここに来るとは何とも感慨深い・・ [続きを読む]
  • 自分を「テキトー母さん」という人はテキトーではない
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 “テキトー母さん”の表紙を見せたら「私ってテキトー母さんだから・・・」という人によく出会う。でも、そういう人に限って“テキトー母さん”ではない。 では、何故、そんなことを口走るのか? それは・・・“テキトー母さん”と呼ばれたい気持ちが心のどこかにあるからだ。憧れのようなもの。 ■あるある、こんなこと似たような例は外にもある。・「私っ [続きを読む]
  • 「いつ会社辞める?」と質問された
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。息子が「いつ会社辞める?」としつこく聞いてきた。だから「お母さんはもう2年前に会社辞めてるんだよ。行く会社がないんだよ。今は一人で家で仕事してるんだよ」と答えた。納得しない顔つきをしている。しばらくして…息子の質問の意味に気が付いた!卒業後の進路を決めるため、実習先の用紙を学校から渡されたので・・・これ ↓自分が会社に [続きを読む]
  • 初めての結婚式 その参加目的とは!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。息子は生まれて初めて結婚式に呼ばれた。放課後ディサービスの職員同士の結婚式だ。*放課後等デイサービスとは、障害のある就学児童(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や長期休暇中に通うことのできる施設「そんな大事な儀式に子連れで参加して良いのだろうか」と不安になり、確認したら「もちろん、参加してください」とのことだった。 ■はし [続きを読む]