akicici さん プロフィール

  •  
akiciciさん: 阿幾左与庵
ハンドル名akicici さん
ブログタイトル阿幾左与庵
ブログURLhttp://akisayotei.blog.fc2.com/
サイト紹介文スローライフを送る愛国保守なでしこの宴会クラブです 毎日お任せメニューで大人の昼酒やってます〜
自由文メニューは2人前以上です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/11/21 12:14

akicici さんのブログ記事

  • 戌年 弥生・卯月・皐月・水無月 酒量纏め
  • 相も変わらず毎日およそ5合の酒量を続けてますが肝機能障害も起こさずピンピンしてます。けど体重が減らないので炎天下でのテニスはしんどいですね。酒量を減らせばもっと走れるようになるのでしょうが、飲んでもあまり酔わないのでいつの間にかこの酒量になってしまいます。オルニチンなどのサプリメントのお陰もあるのでしょうけど、なぜかだんだんアルコール耐性が高まってきたような気がします。0時まで飲んでて朝9時からテ [続きを読む]
  • 鮎の干物
  • 小振りだけど新鮮な鮎が1尾95円だったので9尾購入。開き乾しにします。背開きにして鰓と内蔵を取り血合いと黒い腹膜を掃除して中骨も外しました。4%ヒマラヤ岩塩水に4時間浸して。一晩シンクの上に吊るして一夜干しします。翌朝ハイドレーターにクッキングシートを敷いて並べて35℃で12時間乾燥にかけます。次回は丸干しを作ってみようと思います。 [続きを読む]
  • 自家製干物、「でかエテカレイ(宗八鰈)」の食べ方
  • 自家製の干物としては最大級の大きさとなった、どでか宗八鰈、体長約40cm、しかも子持ち。これを調理するのは結構たいへんなのです。うちのグリルに、ぎりぎり入る寸法なのでそのまま焼けないこともありませんけど分厚い子持ちなのでどうしても真子が生焼けになってしまいます。そこで、真子を外して、真子は酒蒸しにして、残りをグリルすることで問題解決しています。表の皮をめくると、半カラスミ状態に熟成された綺麗なオ [続きを読む]
  • 白バイ貝の捌き方
  • 大好きだけどいつも上手に身を取り出せない白バイ貝。しっぽの先まで、くるりんと身を取り出してる驚愕の動画がありました。【板前35年の技】バイ貝のさばき方【刺身編】真似して穴を開けてやってみたけど、やっぱりしっぽが切れちゃう??穴あけの位置が違うのかしらねぇ。結局殻を割って取り出しました。さっと塩茹でしてこうなりました。盛り付けるときには身と尻尾を切り離すのですから身を殻から一気に取り出せなくてもいいじ [続きを読む]
  • 鯖のめはり鮨
  • 活け物の首折れ鯖がありました。生食メニューだとやっぱりお造りが一番最初に思い浮かぶメニュー。他に、塩締め、酢締め、昆布締め、ときて、なにか新しいメニューは無いものかしらと思案して思いついた。うちには高菜の漬物がありました。それもラブレ漬、すぐきと同じ乳酸菌(ラクトバチルス・ブレビス・KB290)発酵漬です。そうだ、これで「めはり鮨」を作ろう。??「めはり寿司」は高菜の浅漬でご飯を包んだ握り飯。うちの [続きを読む]
  • 好物メニュー
  • 6月19日ちび剣先の刺身開くのも簡単だし、でか剣先みたいに隠し包丁を入れなくても柔らかくて美味しいんですほんとは一枚で一貫の握りにしたいけど、ぽちゃティブにも禁断のごはん足と胴体は塩コショウバター炒めにしました6月20日鯒の昆布締めと北海水蛸の刺身使った日高昆布は鯒の刺身と一緒にいただきます昆布の味が濃厚すぎて鯒の味が損なわれるということはありません。美味しいですよ。6月21日今日も鯒の昆布締めと [続きを読む]
  • 穴子、バイ貝、歯鰹、手長蛸
  • 社長の定期訪問に合わせ珍しいメニューを用意しましたけど、少食であんまり食べてくれないんですよね。でも、折角用意したのだからって無理やり食べていただくのでありました??藍子の昆布締め(刺身の下に昆布が敷いてありますので一緒に食べていただきます)穴子歯鰹の炙り大葉とトマトは自家製大葉は庭の地面やプランターに所狭しと蔓延ってますので買わずに済んでます。トマトはまた始めた水耕栽培で実りだしました。蟹玉厚焼 [続きを読む]
  • 鮎の干物
  • 小さいけどフレッシュな鮎が1尾100円で売られてた。そのまま塩焼きにしても良いのだけど、やっぱり干物にして食べることにしました。お隣のお姉さんに四万十川土産で戴いた鮎の干物の味が忘れられなくて時々作ってるんです。香りが大切なので表面を軽く洗うだけにして鱗は取りません。背開きにして頭までカットします。内蔵、中骨、鰓、黒い腹膜をとって血を洗い流して4%海塩水に4時間漬けて、尾に串を通してシンクの上に [続きを読む]
  • ハレの日のごちそう
  • 母の日のお届け物は例年通り押し寿司アラカルト押し寿司の酢飯には黒米を混ぜたものも使います。鱧の押し寿司に使いました。海老の押し寿司は酢飯の中間層に生エビを敷き詰めてボイルエビをトッピングしました。鯛の昆布締めです。昆布も一緒に押し寿司にしたかったけどお年寄りには硬すぎるかもしれないので省きました。お母さんお届け物です〜?鱧酒蒸し(上左)蟹玉厚焼き(上中)蒸し入焼きあなご(上右)海老 鯛昆布締め  [続きを読む]
  • ソフトジャーキーを作ろう
  • ジャーキーって言えば一番最初に思いつくのはビーフジャーキー ですね、もちろんでも、乾燥させればなんでもジャーキーに変身しますね安直に、業務スーパーさんの燻製鶏肉スライスをジャーキーにしてみました素材は皮付き胸肉のようなので皮を外すか、クッキングシートを敷けばよかった乾燥温度は35℃(が最低設定温度)だけど、かなり脂が滴って後始末が大変仕上がりはこんな感じ元厚5〜7mmが2〜3mmに鶏胸肉だからそれほ [続きを読む]
  • そうだ茶の木を植えよう
  • かねてから作りたかった自家製緑茶。猫の額の庭地にはもう植える余地がないみたいだから、先住者を(容赦なく)間引くことにした。先住者は、沙羅の木、這松、柘榴、プリペット、カナメモチ、樫、山桃ですが、プリペットは10年ほどで全草排除、這松は根が排水管を塞いだので除去してその後跡地にというか、今地面に生えてる植物は、殆ど食べられるものですが、沙羅の木、柘榴、カナメモチ、樫、山桃、隠れ蓑、金木犀、オリーブ [続きを読む]
  • テニスラケットグリップ延長工房
  • 500円でゲットしたヴィンテージのHead Professionalベッティーナ・バンジちゃんんが使ってた。このラケットを改造してBLACKBURNEのようにDOUBLE-STRUNG、ラケットの両面にガットを張って、POWER-ANGLEのようにDIAGONAL-PATTERNで張ってみたらとても具合が良いのでBLACKBURNEのラケットを買うことにしました。その記事はこちら↓MODIFIED HEAD PROFESSIONAL RACKET, BLACKBURNE & POWER ANGLE STYLE[2018.04.08]購入し [続きを読む]
  • ニセアカシアの新芽
  • 5月9日アカシア酒が出来上がったみたいなので味見しました。はじめてのことなので、どのくらいの時間付けたら良いのかわかりませんが、花房にお酒が染み込んだような色に変わったので充分花のエキスが溶出してるだろうと思います。漬けた当初は純白だった花房はお酒が染み込んで花の蜜や花柄の樹液が溶け出して薄い黄色になりました。蓋を開けると甘酸っぱい香りがします。あの蜂蜜っぽい香りですね。花も一緒にグラスに注いで [続きを読む]
  • 4月6日(金)業務スーパーさんに熊本産筍2kgが1990円ででていました。あまりにもお安いのでつい買ってしまいました。先っぽも黄色いし、とても良さそうなサイズです。早速皮を剥いて重曹でアク抜きしました。とっても便利な温水循環調理器温度と加熱時間をセットしておけば監視の必要なし火の番をしなくっても大丈夫??しかも吹きこぼれの心配もありません。4月7日(土)翌日まだ残ってたら買いだめしちゃおうと行っ [続きを読む]
  • 山菜ハンティング
  • 4月14日(土)満を持して、行ってきました。コッシーハンティング。昨年は4月23日にハンティングしましたが、今年は10日ほど早く狩り時になりました。直径10cmほどの太さに育ったコシアブラの枝先は5mの高さになってます。大きな株ほど枝先まで水を吸い上げるのに時間がかかるのでしょうね穂先はまだ開ききっていません。採取するのに忙しくてちょうどよい具合の穂先の写真を取り忘れました。これ、前回も写真に撮っ [続きを読む]
  • 鰤子カラスミ
  • 4月2日 血管に針や千枚通しで穴を開け血抜き放血します。上の三角形の魚卵はエテガレイ(宗八カレイ)の真子です。血が凝固しないように氷水に漬けて作業しますので手が凍えます。買ってきたときよりもずいぶんと色が白くなって血抜きができてるってわかりますね。 充分血抜きが出来たらヒマラヤ岩塩の飽和溶解酒に2時間漬込んだ後、ピチットシートに包んで乾燥機に入れ初期脱水します。 エテカレイの真子と先に干してた辛子 [続きを読む]
  • 頒布用酒肴製造
  • 4月2日(月)とっても大きなエテ鰈がありました。お腹にはたっぷりの真子が入ってます。巷では滅多にお目にかかれないサイズの商材ですので、これを干物に仕立てて得意様に頒布しようと思います。5枚あったけど、大きいのを3枚水洗いしていただきました。一番大きいサイズの腹子を取り出して唐墨に仕立てます。あまりにも大きいのでボールやバットでは塩漬けできないのでトロ箱に4%海塩水を作って4時間漬けました。手持ちの [続きを読む]
  • 今年の桜は早かった
  • 3月29日枝垂れ桜スポットまだ5部咲でしょうかいつもならこの時期はまだ開き始めなのですが偏西風の蛇行で貿易風が北上してすでに5月の陽気なのです。3月30日(金)開森橋もう満開ですねぇ、4月の7日、8日の土日が桜祭りなのですけど花はきっと、持ちこたえないでしょう残念ですけど3月31日枝垂れ桜スポットもほぼ満開になりました [続きを読む]
  • MODIFIED HEAD PROFESSIONAL RACKET, BLACKBURNE & POWER ANGLE STYLE
  • 500円でゲットしたヴィンテージのHead Professionalベッティーナ・バンジちゃんんが使ってた。このラケットを改造してBLACKBURNE のようにDOUBLE-STRUNG、ラケットの両面にガットを張って、POWER-ANGLE のようにDIAGONAL-PATTERNで張ろうと思います。先ずは張ってあるガットを解きます。本体はアルミの引き抜き成形のような中空フレームですが、ブリッジ部は硬質塩ビのような樹脂です。グロメットとブリッジを取り外しました [続きを読む]
  • 低温調理器
  • 優れもの、低温調理器鍋に取り付けて調理温度と時間をセットして調理開始すると筒の底部円周部の穴から水を吸い込み筒のボトムから熱水を吐出します。鍋の中の水を調理温度まで加熱して循環さす装置です。この中にシーズニングを塗したモモ肉を真空パックして(ジップロックでも良いみたいです)放り込んで1時間放置しておいたら、こんなに綺麗なローストビーフができちゃいました??いままでオーブンで焼いてたけどなかなか上 [続きを読む]
  • 土筆再び
  • 先週の日曜日(3月18日)に採ってきた土筆は美味しいので320gあったのに、あっという間に食べちゃいました。なので1週間後の今日、3月25日、再び採取に行ってきましたが、もう胞子が飛んでしまったものや、ムクドリに穂先を食べられたのが多くて若い土筆は余りありませんでした。桜はまだちらほらですねぇ、今週末くらいが満開でしょうか前回花開いてなかった鈴蘭水仙が咲いていました。これはなんという草花でしょ [続きを読む]
  • ラブレ漬け
  • こちらでは滅多に手に入らない高菜が業務スーパーさんにありましたので躊躇なく6束、2.5kg買い込みました。株の根元を切って砂を洗い熱湯にくぐらせて殺菌しました。これをいつものレシピでラブレ漬けにしました。ヒマラヤ岩塩4wt%を振り入れてラブレ10wt%砂糖4wt%味の素1〜2wt%のミクスチャーを注ぎ込んで上から5kgの重しをして密封して放置です??これは2週間前に漬込んだ赤蕪のラブレ漬けで [続きを読む]
  • 蕗の薹と土筆
  • 2月25日蕗の薹今年もしっかり芽生えてきました蕗の薹には雄花と雌花があるそうなこれは雌花かな? なら、温存しましょうねあとの蕾は遠慮なく採取〜お家山蕗はこんなもんっす??早速お浸しにして食べたけどまぁ苦いことこれが良いのですけどね??3月18日土筆の季節になりました。胞子の飛んだのはおいしく無いのでまだ若いのだけ摘んできました立金花 石蕗か山葵の葉っぱみたいでおいしそうなのに、全草が毒だって?? [続きを読む]