リュミエール・アロマティーク 亀山季代子 さん プロフィール

  •  
リュミエール・アロマティーク 亀山季代子さん: 小さな幸せ アロマテラピー・ハーブ・漢方養生
ハンドル名リュミエール・アロマティーク 亀山季代子 さん
ブログタイトル小さな幸せ アロマテラピー・ハーブ・漢方養生
ブログURLhttp://lumierearomatique.blog.fc2.com/
サイト紹介文自然療法を通じてココロとカラダの健康と美と小さな幸せについて綴っていきます。
自由文大人になって取得した資格です。

AEAJ 認定アロマテラピーインストラクター
/アロマセラピスト
JAMHA認定 ハーバルセラピスト
日本漢方養生学協会 認定漢方上級スタイリスト/ 養生薬膳アドバイザー
などなど

大人脳でも暗記ができることに感動してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/11/21 13:16

リュミエール・アロマティーク 亀山季代子 さんのブログ記事

  • コモンセージ
  • 〜庭にセージが育つ家には死人が出ない 〜 という諺があるそうです。家庭の緑のお薬としての歴史を感じますね。ちなみに学名は、Salvia officinalis (サルウィア オフィキナリス)といいます。officinalisはラテン語で「薬用の」という意味です。私は喉がイガイガして風邪かな?と思った時に、ササッと「コモンセージ、クローブ、タイムなどのブレンドティー」をいただいて様子を見たりします。お腹が痛いときとかにも良いかもし [続きを読む]
  • kitchen lab. 庭の梅の実のシロップ2018
  • 各年で庭の梅の実が収穫できます。今年は当たり年。日曜日は雨の予報が出ていたので、大きくなった実だけ(1.2kgほど)土曜日に収穫しました。一日水につけておいて砂糖漬けに。最初少し小さめのビンに入れてしまったので、こびりついた砂糖を取るのに300mlの酢で洗い流すように移し替えました。なので、本当は梅と砂糖だけのシロップにする予定でしたが…シロップ酢というほどの量の酢は入れてないのでどんな味になるのか実験で [続きを読む]
  • 危険な香り
  • 薬用植物友の会の講座で「毒のある植物」について話を聞いてきました。この話はこれまでも何回か話を伺っています。野草を口に入れるのであれば、しっかりとした知識がないと危険だと思います。事故は、春先山菜とりをする人たちや家庭栽培などで多発するようです。ギョウジャニンニクとイヌサフラン(コルチカム)を間違えて食中毒を起こすとか、ニリンソウとトリカブトを間違えるとか(死んでしまいます!)、セリとドクゼリを間 [続きを読む]
  • 香道_皐月 2018年
  • 本日の組香は「尚武(しょうぶ)香」でした。東西に分かれて、一炷開き(一炉ずつ香りを答えていく)で勝負をつけていきます。その前に、各自が折形で立体的な兜(自立する)を五つ作りました。正誤で兜を取ったり取られたり、最後に手持ちの兜の数で勝敗を決めます。本日はさらにスリリングになるように、答え方にアレンジを加えて組香を楽しみました。(ネットで「尚武香」を検索しても出てきません。オリジナル香かもしれません [続きを読む]
  • kitchen lab.葉山椒醤油と酢
  • 山椒の葉がイキイキ伸びてきています。蒸れる前に(アゲハ蝶の卵をうみつけられる前にともいう)、剪定を兼ねて葉山椒の醤油付けと酢漬けをつくりました。切って、洗って水けを取って、漬けるだけです。10日も経つと、薄ら鶯色の葉山椒酢と濃厚な香りの葉山椒醤油が出来上がります。山椒は、漢方的には 五味:辛 / 五性:熱性 / 帰経:脾・肺・腎となります。冷えを取り、冷えによる痛みを止めるとされています。梅雨など冷えが [続きを読む]
  • 満月のペレニアルフッラクス
  • 2年目のペレニアルフラックス、満月に向けて花が咲きました。宿根草のハーブは2年経つと株もしっかりしてきて存在感が増します。(黄昏時には、灰色を帯びた青色に)今年は亜麻仁油に使われる方のフラックスの種を播き定植しました。この子はまだ7cmくらいの丈しかありませんが…今年花を咲かせられるのかな?。゚:*:?.。?.タンジー、ヤロー、ベドニー、ラベージ、チャイブどれも頑丈になって、自分らしくなった感じがします。家の [続きを読む]
  • Tie2活性化
  • 2018年4月4日ちょうど一月前の3/4に書いたことの追記です。Tie2は」血管のまわりに壁細胞をくっつけて血管を丈夫にするためのタンパク質受容体です。このTie2を活性化させる成分(アンジオポエチン1)を含む植物がヒハツ、シナモン、ルイボス、月桃葉などがあります。『美容酵素Tie2マジック』を読んで疑問に思ったことをメールで問い合わせてみました。◎この本では、Tie2エキスの作り方を「熱湯で抽出する方法」と「オイルで抽出 [続きを読む]
  • kitchen lab. いちご酒2
  • いちご酒を濾して瓶に移し替えました。赤いお酒、キレイです。香りはいちご、味は濃いお酒。このアンバランス感も素敵です。すっかり色素が抜け落ちたいちごは処分しようと思ったのですが…食べてみるといちごの味がしました。なので、アルコールを飛ばしながら甘く煮て食べきることにしました。煮込んでいくと、どこからでてきたの?茶色がかった赤ですが赤い色味がでてきました。アルコールの苦味のあるいちごジャム、ヨーグルト [続きを読む]
  • 三渓園
  • 三溪園には大学生の頃母と一緒に行ったことがありました。季節は五月だったのかな?艶々とした新緑の記憶、だだっ広い萌黄色の記憶しかありません。あまりい広すぎて(東京ドーム4個分だとか)、何を見て良いのか分からなかったような気がします。重要文化財がザックザックなのですが、子供の頃お茶を習わせてもらったものの文化面の知識は乏しかったので『ふ〜ん、庭園だよね』って感じで終わったような…。ただ、『母が行きたが [続きを読む]
  • よこはま花と緑のスプリングフェア
  • 来宮神社の大楠に会いに行こうと思ったのですが、交通機関の関係で予定変更となり山下公園から赤レンガまで、Garden Necklace YOKOHAMA 2018 第40回「よこはま花と緑のスプリングフェア」2018を見てまわりました。形、色、香り、植物の特性を配合するガーデンデザイン、その創造性を楽しみながらの散歩となりました。曇りがちな一日でしたが、沢山の人びとが横浜をのんびり楽しんでいるようでした。密度の濃い配置でとても綺麗です [続きを読む]
  • 香道_卯月 2018年
  • 本日の組香は十炷香でした。お試しなしの本香のみで、香の種類は五種類、「一」「二」「三」は三包み、「四」「五」は一包みずつをうち混ぜてそこから一包み抜いた十包みを聞いて香りを当てます。お試しがないので最初の香炉の香りは「1」と答えます、その後「1」と違えば「2」同じなら「1」という風に答えて行きます。高度です…。十一包みから一包み抜いているのが、ヒントになるようなならないような…。高度です…。そして、簡 [続きを読む]
  • Herb lab._ナスタチウム 2018
  • ナスタチウム、やっと発芽しました!夜帰って、ふと卵パックをみると、一個だけ芽が出ていました。そして、昨日庭を見ていて「アレ?何の芽?何植えた?鳥のフン?」という芽を2つ発見したのですが、それもナスタチウムだったと分かりました(葉っぱの形が同じ)。そう言えば、少し多い種をダメ元で玄関前に播いたのを思い出しました。その後、卵パック苗は3つに増えました。外に直播した種は2個発芽しています。次回は4/5頃に外に [続きを読む]
  • Herb lab._定植2018
  • 3月末に卵パックの苗の間引きをしました。小さくても生きていける!君たちならできる!と声をかけて、間引いた苗を庭に植えました。成長は重箱入りの家の中で育てている苗よりかなり遅いですが、枯れる様子は無く元気に根付いたようです。。゚:*:?.。?.本日、フラックスとカレンデュラの苗は大きくなったので定植することにしました。本当は5枚葉が出たら、さらにポットに移植して苗を丈夫にしてから定植するのですが、3月末の間引 [続きを読む]
  • kitchen lab. いちご酒
  • 去年の秋に作った石榴(ざくろ)酒がことのほか美味しかったので今年は石榴酒を沢山仕込もう!と心に決めました。旬のいちごもう漬けることにしました。香りが!すごい!!手作りいちごジャムの香り、飲むとお酒。2週間経つと、こっくり赤色のお酒になりました。いちごは色素が抜けて真っ白です。ちょっと不気味です。(2018/04/12記)。゚:*:?.。?.日本メディカルハーブ協会/JAMHAのイベントのお知らせ? 6/6(水)薬用植物園見学 [続きを読む]
  • Herb lab._発芽 2018
  • カレンデュラとカモミール・ジャーマンとフラックスが発芽しました。可愛い〜。゚:*:?.。?.3/17播種3/22発芽観測 : カレンデュラ、カモミール・ジャーマン3/23発芽観測 : フラックスも(左:フラックスの芽)(中:カレンデュラの芽)(右:カモミール・ジャーマンの芽)カモミールは種が細かいのは覚えていたのですが、自分で収穫した種はどれが種なのか見分けが着かず…適当に播いたら、密集して発芽していました。もっと揉み [続きを読む]
  • Herb lab._育苗 2018Mar.
  • 昨日の種蒔きの続きです。今朝起きてすぐに、そう言えば苗床は発芽するまで乾燥させないようにするため新聞紙などをかけてその上から水をかけたりすることをわすれていたので(夢に出てきました…)、トイレットペーパーをのせて水をかけなおしました。トイレットペーパーを使うことは、水耕栽培の本を読んでいて知りました。なかなか良いアイディアだと思います。種はトイレットペーパーを破って発芽するそうです。(水をかけると [続きを読む]
  • Herb lab._新月の庭仕事
  • 快晴、ぬくぬくで気持ちが良い日です。今夜は魚座の新月です。新月は葉もののタネを播くと良いようなので、3月下旬に播く予定だったハーブの種を播きました。今年は全部卵パックで育苗してみようと思います。卵パックは通常蓋の方を、下にして受け皿にします。卵を立ててた方を育苗プレートにするので、底にはそれぞれ穴を開けておきます。(ナスタチウムのタネは皮が硬いので一晩水に浸けます。)「種蒔き用の土」を入れて、水で [続きを読む]
  • 日本メディカルハーブ協会/JAMHAのイベントのお知らせ
  • 日本メディカルハーブ協会/JAMHAのイベントのお知らせです(東北地区委員をしています)。先ずは、6月6日(水)開催の 「薬用植物園見学会in宮城〜東北医科薬科大学附属薬用植物園〜  ←詳細PDF」   こちらは対象がJAMHA会員のみとなります。東北医科薬科大学では一般向けにも年2回見学会を開催していますが、このJAMHAイベントは教授の講義(60分程)つきですので充実度がさらにアップします?昨年秋も開催しましたが、初夏に [続きを読む]
  • 佐藤正隆 鈴木美紀子 デュオリサイタル
  • レストランパリンカで「佐藤正隆 鈴木美紀子 デュオリサイタル」を聴いてきました。6年前にカトリック元寺小路教会で、鈴木美紀子さんとリュート・つのだたかしさんのコンサートを聴いたことがあります。静謐な時間とともに、美紀子さんの歌声が印象に残っています。佐藤正隆さんのクラシックギターも静かな安らぎを与えてくれます。(レストランパリンカ)「枕草子」や「美しいフランスの歌」「「イギリスの古い歌」が聴けました [続きを読む]
  • 香道_弥生 2018年
  • 本日のお稽古は、香炉の灰手前の練習で指南役の先生の灰さばき(?)を間近で見れました。灰を愛しむように、灰と会話するように、灰をかき上げる様子を見て、とても感じ入りました。まだ良く分かってはいませんが、香を聞くという行為の前と後の楽しみがあるのだと思いました。最高の香を聞く瞬間のために用意する時間、香を聞いて楽しむ時間、そして香を聞いた後の自分が変わっていく楽しみと。ただ、香炉を整えるだけではなく、 [続きを読む]
  • AEAJ地区イベント アロマセミナー in 仙台
  • 「AEAJ地区イベント アロマセミナー in 仙台」に参加してきました。午前中にハンドトリートメントの練習会もあり、ルメードドゥースの平塚美華先生が講師を務めたいらっしゃいました。さすが、美華先生!男気炸裂でした(見た目はメチャメチャ儚い美人なのですが…)!教え方も的確で分かりやすく、実践的で、とても勉強になりました。感謝*:..。o○ セミナー1「北海道のガーデン」環境を生かした庭づくり講師 上野ファーム/上野 [続きを読む]
  • 津波ピアノ〜坂本龍一と東北の7年〜
  • クローズアップ東北(NHK東北地方)「津波ピアノ〜坂本龍一と東北の7年〜」を見ました。坂本龍一さんが好きなので見よう!と思っていたのですが、冒頭に宮城農業高校が写り(この津波ピアノは宮城農業高校で被災したグランドピアノだった)、先日、棘梨(ツーリー)を通して宮城農業高校に出会ったばかりだったので、一瞬で集中力が増して食い入るように番組を見ました。それだけ宮城農業高校が「自分ごと」になっていることに、自分 [続きを読む]
  • 七草、カエル、ネロリ
  • 昨年出店した、塩竃美術館の「暮らしの市」で知った「七草商店」さんが気になってインスタをお気に入りに入れていました。今月、お気に入りの整理をしていてそのことを思い出して、本日行ってきました。(ターコイズブルーのドアが目印)小さな離れをリノベーションしたセレクトショップ×サロンであり、店主お二人の作品の発表の場としてのお店でもあるのだと思います。思ったより小さな空間でしたが、いろんな作家さんの作品が所 [続きを読む]
  • kitchen lab.ラボ_棘梨(ツーリー) 
  • 頂いた棘梨の実で、尾形先生に教えて頂いた「果実酒」と「コーディアル」を作りました。冷凍保存していた実を軽く洗って水分を拭き取ってから作業にかかりました。約400g在りましたので、半分づつで作りました。(ウニみたい!直径3cm程)? 果実酒のレシピ (材料)  a.棘梨の実 217g    b.ザラメ 208g  c.果実酒用ブランデー 604g (手順)  a〜cの順番で瓶に入れて漬けこむ※先生は焼酎につけたようですが、お酒 [続きを読む]
  • 棘梨(ツーリー)
  • 宮城県農業高等学校の科学部さんより、棘梨(ツ−リー)の苗を特別に分けて頂きました。昨年、新聞記事やニュースで棘梨の実を使ったハーブティーを科学部の学生さんたちが開発したということを知り問い合わせてみたのです。偶然だったのですが(知らなかった…)バラの植え付けが12月から2月に行うと良いことや、3月上旬に仮設校舎から新校舎に移転する前だったこともあり、急遽苗を分けてもらえることになったのです。名取市はハ [続きを読む]