スマイル さん プロフィール

  •  
スマイルさん: 子育てのメモ〜子育てを楽しみたい
ハンドル名スマイル さん
ブログタイトル子育てのメモ〜子育てを楽しみたい
ブログURLhttp://smilesmilehappy36.seesaa.net/
サイト紹介文3人の子どもの子育てに奮闘中です。海外留学にも興味あり。子育てに役立つ情報を発信していきたいです。
自由文英語教育 先取り教育 幼児教育 習い事 めばえ ポピー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/11/22 23:24

スマイル さんのブログ記事

  • 学資保険は遅いといわれ…学費、どう貯める?
  • 学費をどう貯めるか?頭が痛い問題ですよね。我が家は、今までとりあえず現金を銀行に貯金するという方法のみで、保険や投資、定期預金や学資保険については考えてきませんでした。保険のビュッフェさんで、相談するだけで商品券がもらえるというキャンペーンがあり、商品券目当てで申し込みしたところ担当の方からいろいろ詳しく教えていただくことができ、なんとなくの不安がすっきりしました。学資保険は、0歳からかけるのがい [続きを読む]
  • くもんの無料体験に申し込む…つもりが、送迎問題が。
  • くもんの英語に興味があると昨日かきましたが、2月からちょうど無料体験があるみたいですね!いいタイミングなので申し込んでみようかなと思っています。ところが我が家の近くにはお教室がなく…車での送迎が必須なようです。先輩ママによるとくもんでも先生によっていろいろ変わるとか…週2での送迎…悩みます。幼稚園の習い事か、近所の英語の塾やそろばんの方がいいのかな…いろいろ情報を集めたいなと感じています。 [続きを読む]
  • くもんの英語ってどうなのかな?
  • お久しぶり!になってしまいました。年明けから、インフルエンザの猛威…息子の通う小学校では学級閉鎖をするクラスも出てしまい大変でした。冬は本当に大変な時期ですね。皆様も、くれぐれもお気をつけ下さい…日本で、英語教育をすることにちょっと迷いを感じてきている今日この頃…以前に比べれば英語に接する機会は増えてきていると思います。英語の教室に通い始めた次男は英語に興味深々ですし、未就園児の娘は、ビデオやCDを [続きを読む]
  • 夫にAEON体験を反対されてしまい…
  • 海外からきていた親戚が帰り、日常が戻ってきました。毎日遊びたおして、これからまた通常運転に戻ります。11歳、13歳の従兄弟たちは、全く宿題もなく、のびのびと遊んでいました。日本人の13歳の従兄弟は、毎日塾と部活…この違いはすごいなと思います。さて、AEONの4回体験の申し込みをした私ですが、夫から大反対されました。英語をちょっとやったところで意味がない。幼児教育に必要なのは、英語ではなく体操やプール、めばえ [続きを読む]
  • 義姉達の話をきいて、高校進学.大学進学について考えること。
  • お正月休みに、帰省中の義兄家族と集まる機会が多く、子どもは従兄弟にべったり。楽しくすごしています。勉強は毎日ポピー1枚やればいいかな程度…習慣づけが大切とわかりつつも、こういうところに、親の適当な性格が出ちゃうなと思います。反省です。さて、冬休みになり、義兄弟とあう機会が多くなり、いろいろ勉強になります。義兄家族にはもう大きな子どもがいます。長男さんには、高2.中2の2人。次男さんには、海外在住で、日 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします&幼少期が大切だと実感したこと
  • あけまして、おめでとうございます。ブログをはじめて一か月…よちよち歩きではありますが、今年も子育てについての情報を発信していければとおもいます。今年も、子育てのメモをよろしくお願いいたします。さて、年末年始は、雪がみたい!という甥っ子姪っ子を連れて山梨県に行ってきました!私は約10年ぶりのスキー…怪我だけは避けなくては!と思って出かけたのですが、甥っ子を連れて一番上のコースに行くことができました。私 [続きを読む]
  • 英語教育を早くスタートしたほうがいい理由。
  • 私が海外に行って思うのがなんでこんなに英語がききとれないないのか!ということです。文字にすればすぐわかることも、耳だけだと全く聞きとれません。もしかして幼稚園レベルかも…でも、最近娘と一緒にDVDを聞き流していたら、今海外から一時帰国中の甥っ子の英語がなんとなく聞きとれてびっくりしました。英語を毎日ちょっとでも聞いておくのはすごく大切かも。と感じています。さて、先日英語の学習は8歳以降が脳にとっては良 [続きを読む]
  • 8歳までは豊富な母語を聞かせるべきという考え方
  • すっかり英語教育にはまり、いろいろな情報収集をしている今日この頃…小学生の長男は来年から、幼稚園生の2番目、3番目には早いうちに教室を見つけようと積極的に動いていました。そんな中みつけた脳科学研究者の黒川伊保子さんの考え方に妙に納得してしまいました… 少なくとも、8歳までは母語と豊富に触れ合う。脳の中に二つの言語の仕組みをもてるのは8歳から…という文があり、ハッとしました。幼稚園生の2番目くんには [続きを読む]
  • クリスマス会をして友達を呼ぶ。
  • 冬休みに、お友達の家族とクリスマス会を何回か予定しています。普段はお互い忙しくて会えない友達や、ママ友と遊んだりごはんを食べたりする時間はとても貴重です。我が子はコミュニケーションが下手というか、話下手…お友達と遊んでいる様子を見て、考えることがいろいろあります。ママ友から見た我が子の様子を聞くと意外にいい面があったり、またその逆もあったり。ママ友の子どもに対する態度が勉強になったり。いい事がいろ [続きを読む]
  • たくさん種類の習い事をさせるか、数をしぼって回数を増やすか。
  • 我が家の子は、運動系ばかり習い事をたくさんしています。(空手、サッカー、体操、スイミング)正直なところ、私自身はそんなにやらなくてもいいのではないかと思っています。友達と遊ぶ時間や、うちでゆっくりする時間も大切だと思うし、運動ばかりに偏りすぎています。上の子供は2人とも男の子なので、夫が習い事を選んでいるのですが、同じ習い事を週2にするのではなく、いろいろなことをやらせているのは夫の方針です。逆に、 [続きを読む]
  • 教育にいつ投資すべきか〜幼児教育の大切さ
  • 『学力の経済学 』 中室牧子著  によると人々は、教育段階が高くなればなるほど教育の収益率が高くなると信じている。子どもの成功のために、小学校より中学校。中学校より高校。高校よりも大学、大学院と学齢が上がれば上がるほどかけるお金や時間を増やすべきだと。しかし、教育経済学はこの思い込みを真っ向から否定。もっとも収益率が高いのは、子どもが小学校に入学する前の就学前教育(幼児教育)である。人的資本への [続きを読む]
  • 叱り方三原則
  • 先日、息子が祖母にきちんと挨拶をしなかったのでどっかーん〓?と怒ってしまいました。反省です…。挨拶ができなかったことはもちろん息子が悪いのですが、その時の私は明らかに疲れてイライラしており、そのイライラをぶつけるように叱ってしまった。感情的に…本当によくない叱りかたでした。叱り方の三原則は、「厳しく、短く、あとをひかず」だそうです。子どもは忘れっぽいので、その都度、短く、何度も叱るのがよいそうです [続きを読む]
  • 英語さえできればいい!という先輩ママのホンネ
  • と、上のお子さんが高校生のママ友に言われました。結局英語だよー!と。英語の習い事を考えはじめて一カ月くらいで、情報収集をいろいろしてみてたくさんの発見がありました。英語教育になぜ周りのみんながそんなに力を入れているのかもわかるような気がしてきました。国語や算数は小学生レベルなら教えたり、ドリルや通信教育があるけれど、英語は親が環境を作ってあげないとなかなか触れる機会がありません。1番下の子(未収園 [続きを読む]
  • スイミング、バタフライ泳げなくていいと思っているけれど
  • 私はスイミングが得意だったので、四泳法を2年生でマスターしていました。でも、バタフライなんて正直言って泳ぐ機会はほぼないです。泳げなくてもいいなぁ…とさえ思っています。一年生も後半になる息子は、まだクロールの練習中でバタフライに到達するにはあと何年かかるのか、月謝が恐ろしくなります。本人も、スイミングだけはやめたいやめたいと言っているので、平泳ぎができるようになったところでやめてしまってもいいので [続きを読む]
  • ピアノを習うなら4歳までにスタート?
  • 親戚に、ピアノの先生をしている方がいるというママ友と話をしていて、ピアノを本格的にやりたいならば4歳までにスタートしなくてはいけないらしいよ、なんて話をききました。一瞬焦りますが、よくよく考えるとピアノを本格的にやらせる気は全くないので、情報収集をしつつタイミングをはかっていようと思います。私は幼い頃、かなりピアノの練習をさせられていた記憶があり、ピアノが嫌で嫌で仕方がなくなり、やめた経験がありま [続きを読む]
  • 家庭で培う3つの力〜隂山英男さんの考え
  • 親バカってすばらしい!隂山英男著より子どものもつ能力や可能性を伸ばすために家庭で今すぐできることは3つ。整理整頓早寝早起き、朝ごはんきちんとあいさつこの3つさえしっかりおさえておけば大丈夫。とあります。整理整頓は、スタートをすぐ切るため。大人になって仕事ができる人も整理整頓が上手だったりしますよね。あいさつは、受け入れてくれる人や場面が広くなるということ。子どもの場合はそれが、自信にもつながるとあ [続きを読む]
  • 学力の経済学をよんで①他人の成功体験はわが子に活かせるのか?
  • 私は本屋さんをふらふらするのが大好きなのですが、この本は、本屋さんの売れている本ランキングの棚に置いてありました。パラパラと読んでみたところ、とても面白くて、その場で購入。参考になる、内容がたくさんあったので何回かに分けてまとめたいと思います。「学力の経済学」教育経済者 中室牧子著1章他人の成功体験はわが子に活かせるのか?どこかの誰かが子育てに成功したからといって、同じことをしたら自分の子供も同じよ [続きを読む]
  • 本当に勉強ができる子が実行している秘密の法則
  • 教育カウンセラーの諸富祥彦さんの「女の子の育て方」によると・・・小学校低学年のうちは、学校の宿題をこなせば、十分。この時期大切なのは勉強が、できるようになることではなく、勉強をする習慣をつけること。小学校三年生くらいから宿題では足りないと考える親御さんが多くなる。そんな時に家庭で用意するドリルの鉄則は・一冊のページ数が薄いもの・一ページの問題が少ないもの子どもに、達成感を与え、さらなるやる気を出す [続きを読む]
  • 運動音痴をあなどってはいけない
  • 我が家の次男は運動が苦手です。あるくのも遅かったし、歩いたとおもえば、びっくりするようなところで転んでよく顔を怪我をしていました。今もまわりの子がブランコをガンガンこいでいるなか、ブランコができない。自転車も乗れる子が多い中、全く乗れない。息子はまわりに比べて出来ないことを自覚しはじめる年中さんくらいから、どんどん自信をなくしている感じがしてすごく心配していました。はなまる学習会代表の高濱正伸さん [続きを読む]
  • ボーっとしている時間の豊かな内面活動
  • 我が家の次男は、のんびりしていて、ひとりでぼーっとしとている時間も多いです。見ていると大丈夫かな??と心配になるときもあるのですが・・・・「女の子の育て方」諸富祥彦著によると・・・人間には一人でいるときにしか起こらないある種の内面的成長があり、一人になって自分と対話する時間を持たずに、絶えず外界からの刺激に身をさらしてばかりいると、想像力力や創造性がさえぎられてしまう。のだそうです。確かに次男はユ [続きを読む]
  • まわりに惑わされず習い事をきめるママ友
  • 友達の姉妹のお家は、水泳とピアノだけ。また別の兄弟のお家は、サッカーと英語だけ。と、決めていてるそうです。あんまりママがブレないでいるので子どもものびのびしているな。と感じます。サッカー兄弟は、水泳を習っていないので泳げない〜〜!と言っていますが、だから何てことはなさそうです。水泳姉妹の方は、どんなに周りのママにくもんや塾に誘われても、うちはやる気ないから〜と飄々とかわしています。うちの方針は、学 [続きを読む]
  • worldwide kidsのサンプルに感動
  • いろいろな英語の通信教材を検討しはじめて、資料請求しています。先日worldwidekidsの資料が届いて…娘と私はテンションが上がってしまいました。かわいいボックスに、形はめパズル体験DVD教材の見本が入っていました。DVDはとても興味深く視聴していて、ベネッセが作っているだけあって子どもの成長に合わせた英語の教材や、親へのフォローもわかりやすい。これはいいな!と思ったのですが、正直なところお値段にびっくり…この [続きを読む]
  • めばえ きらめきコーススタート
  • さて、いろいろ検討した結果、小学校一年生の長男はめばえをあと一年間続けることになりました。本人が楽しく通っているところが一番の理由です。長男は環境が変化することが苦手ですが、慣れて習慣になればわりと自分から取り組むタイプだなということがだいぶわかってきました。はじめての授業は、1人新しいメンバーが増えただけだったので場所見知り長男もスッと教室にはいりました。5人の生徒に対して先生は2人いらっしゃいま [続きを読む]