猫背 さん プロフィール

  •  
猫背さん: 今、結婚を考えている。
ハンドル名猫背 さん
ブログタイトル今、結婚を考えている。
ブログURLhttp://nekoze-no-konkatsu.blogspot.com/
サイト紹介文某メーカーの研究職勤務の猫背31歳が、婚約していた彼女と別れたことを機に婚活開始しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/11/23 07:50

猫背 さんのブログ記事

  • お隣さん。
  • 婚活とはまるで関係のない話なのだが、つい最近、僕の住むアパートの空室だった隣の部屋に、女性が引越ししてきた。彼女が引越ししてきた日の夜、わざわざ挨拶に来て下さったのだが、すごく感じがいい人だった。以前隣に住んでいた人には騒音で悩まされていたので、今度は大丈夫だろうと安心した。だがその安心は、すぐに砕け散った。大丈夫だろうと思っていた女性は、連日大人数を招いて、何かしらパーティー的なことをしていた。 [続きを読む]
  • みかさん その8。
  • はるなさんと同時期に連絡をとっていたみかさんだが、11月に2回連続でドタキャンされてしまってから、すっかり疎遠になってしまった。みかさんと、もっと話してみたいという気持ちはあったが、せっかく約束をとりつけても、またドタキャンになったら怖いなという思いだ。心機一転というか、再出発する気持ちで、僕は近々開催される婚活パーティーに申し込んだ。本当であれば、覚悟を決めて結婚相談所に入会すべきだと感じている。 [続きを読む]
  • はるなさん その16。
  • はるなさんとの食事は楽しかったが、ちょっと気になる点があった。はるなさんが韓国好きなことは重々わかったが、全ての話を韓国に結びつけようとする傾向がある。韓国にまるで関係のない話でも、「韓国では〜」、「韓国だと〜」と韓国の話題を絡めてくるので、日々ニュースやネットから感じる韓国に対してのネガティブな印象を強く受けている僕には、ちょっと複雑だった。はるなさんを駅まで送った後、僕は帰路に着いた。日本にい [続きを読む]
  • はるなさん その15。 
  • 「猫背さんも他の女性と会ってると思うんですけど、どうですか?」と、居酒屋で夕食を食べている時に、はるなさんにそう言われた。僕が返答に詰まっていると、はるなさんは「私はたくさんの方にお会いしたんですけど」と話を続けた。「変な男の人ばかりに会いました。ご両親同伴だったり、お金にうるさい人だったり、どうでもいいことをネチネチ言い続けてきたり…」「だから猫背さんのような優しい方に出会えたのは、はじめてです [続きを読む]
  • はるなさん その14。
  • はるなさんとサムギョプサルを食べた後、すぐにカフェに入ってお茶をした。はるなさんたっての希望だった。お会いしてからずっとほぼ食べっぱなしだったので、僕は胃が苦しく、正直お腹がぱんぱんだった。だがはるなさんの食べっぷりは気持ちがいいものだったので、全く嫌ではなかった。僕はコーヒーをオーダーしたが、はるなさんは一番大きなサイズのフラペチーノをオーダーした。加えてそれに甘いものは別腹だとかで、チョコレー [続きを読む]
  • はるなさん その13。
  • 韓国食材のお店で買い物を終えた後、はるなさんが「お腹すいちゃったんで、お昼にしませんか?」と提案してくれた。先ほど食べた韓国式ホットドッグから、それ程時間が経っていなかったし、まだお腹がいっぱいだったので、正直気が進まなかったが、はるなさんが提案してくれたのだから、了承した。はるなさんが毎週食べているというお店で、最近若い方の間で流行っているという、チーズタッカルビを食べることになった。韓国の勉強 [続きを読む]
  • はるなさん その12。
  • 韓国式のホットドッグは、揚げているからか、結構ボリュームがあった。なので、一本食べ終えた後、お腹がかなりいっぱいになったし、少し胃が重たかった。しかし、はるなさんは物足りなかったらしく、「もう一本食べてもいいですか?」と言ってきた。僕は少し驚いたが、たくさん食べる女性に悪い気はしないし、美味しそうに食べる女性はもっと好きなので、はるなさんが恥ずかしそうに「食べたいんです」と言う姿に、好感を持った。 [続きを読む]
  • はるなさん その11。
  • 大学の研究室で、秘書をしているというはるなさん。第一印象と違いすぎるはるなさんの服装やメイクには、目食らったというか、度肝を抜かれた。しかし婚活パーティーで話した時よりも、饒舌で明るいところは、良かった。基本的に一方的にはるなさんは韓流関係の話をしていたけれど、それも聞いていて楽しかった。「猫背さんが、K-POPに興味あるなんて嬉しいです」とはるなさんに言われて、僕は慌てた。僕自身は全くK-POPに興味はな [続きを読む]
  • はるなさん その10。
  • 先週末にはるなさんに会ったのだが、そのことを書くのを忘れていた。すぐにその時の気持ちと合わせて出来事を書けば良かったのだが、どう書いたらよいものかと思っている間に、みかさんとの約束でバタバタしていたのもあって、忘れてしまっていた。やはり不器用な僕が、2人の女性と同時進行するのは、向いていないのかもしれない。 先週末は、はるなさんに会った。予告通り彼女とは、コリアンタウンに行った。ラインや婚活パーティ [続きを読む]
  • みかさん その7。
  • 昨日、みかさんに会う予定だったのだが、会えなかった。やはりみかさんは仕事が忙しいらしく、土壇場で「会議が入ってしまって」と連絡があった。仕事なのでは仕方ないと思うし、みかさんからもとても謝られてしまったし、僕もいちいちイライラせず、まあ仕方ないなと思った。この短い間で、2回も直前にキャンセル。みかさんはよほど仕事が大変なのだな…と改めて思った。仕事が忙しいのに、わざわざ僕に時間を割こうとしてくれる [続きを読む]
  • みかさん その6。
  • さっき、みかさんから、「急ですが、明日の仕事終わりに会えませんか?」と連絡が来た。今の所、明日は残業の予定はなく、定時に帰るつもりだったので、時間がある。だが本当に急だな…週も始まったばかりというのに…とメールを見て面食らった。しかしせっかくのお誘いなので、もちろん受けた。婚活を始めてから女性に会う機会が多くなったからか、昔よりは服装に悩むことはなくなった。しかしやはり女性に会う時の服装を選ぶ時が [続きを読む]
  • はるなさん その9。
  • さっきまで、明日はるなさんと行く予定である、コリアンタウンのことについて勉強していた。勉強といっても、韓国文化に何も精通していない僕には、結構難易度が高かった。とりあえず、最近チーズタッカルビというものが流行っているということがわかった。気まぐれで料理の意欲が湧いてしまったので、早速、自己流でチーズタッカルビというものを作ってみた。そもそも普段から自宅で韓国料理を作らないので、コチュジャンなどの調 [続きを読む]
  • みかさん その5。
  • 残念ながら、みかさんとは会えなかった。みかさんの都合で、延期になったのだ。何でも急に会議が入ってしまったそうで、約束の時間に行けそうにないと連絡があったのだ。相変わらず、事務的で少し無機質に感じるラインの文面だったが、特に僕と会うのが嫌になったというわけでは無さそうだった。仕事の予定なら、仕方がない。残念だが、僕は特にダメージは受けなかったし、むしろダメージを受けていない自分に焦った。前回もみかさ [続きを読む]
  • はるなさん その8。
  • はるなさんとはコリアンタウン、みかさんと再びポルトガルレストラン。数ヶ月前の僕だったら絶対に考えられない程、最近の僕はアクティブで、予定がたくさんある。こうやって予定に向かって気持ちを集中させていると、さちこさんとの別れの寂しさを克服できてきたような気がする。 みかさんの都合がつかないため、平日の仕事帰りに、ポルトガルレストランに行くことになった。みかさんは相当仕事が忙しいようだった。時間を作って [続きを読む]
  • はるなさん その7
  • はるなさんは、韓国ドラマや韓国が好きらしい。昨日はるなさんからラインが来たのだが、「韓国ドラマは好きですか?」と唐突に聞かれた。僕は韓国ドラマに全く詳しくないし、そもそも興味がない。遥か昔、冬のソナタが流行っていた頃、母がレンタルして観ていたのを、横目で観ていたくらいの知識しかない。だが姉が東方神起のファンなので、その話をしたところ、はるなさんの食いつきはすごかった。はるなさんは今度東方神起のライ [続きを読む]
  • はるなさん その6。
  • みかさんとまた次回会えることになったが、相変わらずラインはしていなかった。会った直後に、お礼のラインを送り合って終了した。翌日に些細なラインを送ってみたが、やっぱりみかさんはラインがあまり好きではないのか、話は続かなかった。とはいえラインは続かなくても、会って話せば話が止まらず弾むので、そこまで不安にはならなかった。女性は総じてメールやラインが好きというイメージがあるが、そうではないということがわ [続きを読む]
  • みかさん その4。
  • みかさんとお会いしてきた。みかさんが行きたかったというお店は、ポルトガルレストランだった。僕はポルトガルレストランに行ったこともなければ、ポルトガル料理を食べたこともなかった。だから最初は、美味しく食事を楽しめるか心配だった。しかし、そんな心配は、杞憂だった。そして、案の定、僕の選んだお土産も快く受け取ってくれた。みかさんがくれたお土産もお菓子だったので、ちょうど良かった。 みかさんおすすめのポー [続きを読む]
  • みかさん その3。
  • みかさんに会う前々日、LINEした時に、みかさんが最近、ポルトガルに旅行に行った事を教えてくれた。僕がポルトガルに興味を持ったことが相当嬉しかったのか、みかさんから、「ポルトガルのお土産を持って行きますので、よかったらもらってください」とLINEでメッセージがきた。みかさんがお土産を用意してくれるというので、僕も早速みかさんにお土産を購入することにした。正直僕が選んだお土産は、彼女の好みや趣味にあっている [続きを読む]
  • はるなさん その5。
  • はるなさんから突然、「明日会えませんか?」と連絡が来た。いきなりこの文だけが送られてきたので、やっぱり僕ははるなさんに面食らった。はるなさんには、予定がある旨を送り、謝罪した。そして「もしよければ別の日にお会いできませんか」と提案してみた。だがはるなさんからは、「そうですか、また今度」とだけ。もしかしたらはるなさんは別に僕に会いたいから連絡をしてきたわけではなく、誰でもいいから明日空いている人を探 [続きを読む]
  • みかさん その2。
  • 結局あれからみかさんには、ラインを送っていない。当初は今週末会う場所を相談しようと思っていたのだが、みかさんが「私行きたいお店があるんですけど、そこはどうですか?」と提案してくれたので、お店の相談をする必要がなくなってしまった。お店の相談をきっかけに、話を広げてみようと思っていたのだが、あっけなくお店が決まってしまったので話が終わってしまった。他愛のない雑談といっても、それは当日会った時にした方が [続きを読む]
  • みかさん その1。
  • はるなさんとラインをしながら、僕は先日友人の紹介で会った女性とも連絡を取り合っていた。彼女の名前は、みかさん。みかさんとは会った日の夜に、お礼のラインを送ったきりで連絡が途絶えていた。しかし、はるなさんとラインをしていたその同じ日に、なんというタイムングか、みかさんから連絡が来た。みかさんのラインは、簡潔だった。「お仕事おつかれさまです!ご都合合えば、今度飲みに行きませんか?」この一文が、みかさん [続きを読む]
  • はるなさん その4。
  • とりあえずはるなさんとは、キリがいいところまでラインを続けた。しかし、どうにも会話が続かず、こちらから会話を振っても、はるなさんはそれを終わらせてしまう感じだった。僕の話の振り方が悪いのか、僕とのラインがつまらないのか。だがつまらないなら、何故はるなさんは、僕にラインを送ってきたのか…不思議だった。夜も遅くなってきたので、僕は「色々お話し出来てよかったです、おやすみなさい」 と送って、はるなさんと [続きを読む]
  • はるなさん その3。
  • はるなさんとのラインは、結構返信に戸惑った。彼女がコーヒーについてコメントしたので、もちろんコーヒーの話題を返したのだが、「コーヒーは好きじゃない」と返答。話が続かなかった。ならばと思い、「好きなホットドリンクはなんですか?」と聞いてみた。我ながら中学生みたいなやりとりだなと感じ、ちょっと恥ずかしかった。「好きなホットドリンクはありませんが、白湯は必ず飲みます」と返事が来た。僕は白湯は飲んでいない [続きを読む]
  • はるなさん その2。
  • 婚活パーティー終了後に、はるなさんにお礼のラインを送ったのだが、彼女からの返事は少し壁を感じた。業務的な雰囲気の文章を読むと、「おそらく彼女は僕に興味がないようだな」というのが伝わってきたので、深追いはしなかった。てっきりもう連絡は取り合わないだろうと思っていたので、後日はるなさんからラインが来た時は、僕は少なからず衝撃を受けた。早速ラインを読んだ。当たり障りない内容なのだが、ちょっと返信しにくい [続きを読む]
  • はるなさん その1。
  • 婚活パーティーで出会った、大学の研究室で秘書をしている女性。彼女の名前は、はるなさんだ。僕もかつて大学から大学院まで研究室に所属しており、当時自分の研究室の秘書さんには、すごくお世話になった。それもあって婚活パーティーでは、はるなさんとお互いの研究室の話で盛り上がることができた。はるなさんのことは、うまくは言えないが、はるなさんの空気が好きだなと思った。少しネガティブで後ろ向きなところもあるが、そ [続きを読む]