inch22 さん プロフィール

  •  
inch22さん: 22インチのフットボール
ハンドル名inch22 さん
ブログタイトル22インチのフットボール
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/inch22/
サイト紹介文Jリーグの試合を中心につづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/11/23 19:29

inch22 さんのブログ記事

  • 攪乱 ――サガン鳥栖対川崎フロンターレ
  • 川崎は前半、鳥栖の執拗な守備に手を焼きました。家長昭博には吉田豊が、そして中村憲剛が鳥栖陣内に侵入すると高橋秀人が……というように鳥栖の選手がマンマーク気味についてくるため、うまく相手を外してパスを回すことができませんでした。そのためほとんど持ち味を発揮できないままハーフタイムを迎えます。思うように試合を動かせなかったことから、鬼木達監督はたまらず後半頭から小林悠、後半10分には大島僚太を投入。また [続きを読む]
  • 事故 ――ガンバ大阪対セレッソ大阪
  • 前半11分、キム・ジンヒョンのロングキックに反応した東口順昭と三浦弦太が空中で激突。ともにピッチに倒れ込みます。ただしファウルではなく、飯田淳平主審も試合を止めなかったため、セレッソはプレーを続行します。さすがに無人のゴールに蹴り込むことこそなかったもののボールを保持し続け、東口が立ち上がるとクロスを入れて柿谷曜一朗がヘッド。顔面を負傷していた東口は力を振り絞ってこれを防ぎます。このプレーを最後にガ [続きを読む]
  • 苦闘 ――女子アジアカップ準決勝 中国女子代表対日本女子代表
  • タイトな日程が続く中、ここまでフル出場していたベテランの鮫島彩、阪口夢穂を休ませた日本は、立ち上がりこそ相手陣内で人数をかけてボールを奪うなど順調に試合を進められましたが、時間が経つにつれて苦しい展開になりました。攻撃はボランチの隅田凛、宇津木瑠美のところでフリーになるものの、そこから先でブロックを敷く中国の中央を思うようにパスで打開することができません。それでもサイドに開いて展開しつつ、中を突破 [続きを読む]
  • 気力 ――浦和レッズ対清水エスパルス
  • 清水はサイドバックが高い位置をとり、その分サイドハーフが基本的にはハーフスペースでポジションをとるため、タッチライン際で数的不利になりにくい浦和は両ウイングバックの橋岡大樹、菊池大介がサイドの主導権を握ってリードを奪います。前半22分に橋岡がボールを奪取してゴール中央に向かって走ると、武藤雄樹からのリターンを受けてシュートを放ちました。これでリズムが生まれた浦和は直後の前半23分、今度は柏木陽介のパス [続きを読む]
  • 不発 ――ベガルタ仙台対川崎フロンターレ
  • 攻撃が売りの川崎が90分を通じて放ったシュートはわずかに4本。たしかに前半18分と前半25分の家長昭博のシュートはいずれもポストを叩く惜しいものだったとはいえ、最終的にはウイングバックも下がって5バックで中央を固める仙台の守備網を破り切ることができませんでした。前半に1トップを任された知念慶はポストプレーこそ強く安定していて、その落としを起点に家長の決定機に結び付けたシーンもありましたが、FWとしては前を向 [続きを読む]
  • 矜持 ――ヴィッセル神戸対浦和レッズ
  • 後半ボールを思うがままに支配されながらも、立ち上がりに取った虎の子の1点を死守したベガルタ仙台戦から中3日。過密日程を考慮してか阿部勇樹、槙野智章をベンチ外とし、スタメンを入れ替えて臨んだ浦和はチーム全員の奮闘により、この日も苦しい戦いをものにしました。まず前半24分、遠藤航が相手陣内で三原雅俊からボールを奪ったところからスタートし、右サイドに流れた興梠慎三が横方向のスルーパスを繰り出すと武藤雄樹がシ [続きを読む]
  • 苦境 ――女子アジアカップ 韓国女子代表対日本女子代表
  • スコアレスドローに終わったことで、日本は厳しい立場に立たされることとなりました。次に韓国が戦うのは、日韓戦と同じ日にオーストラリアに8対0で粉砕されたベトナムです。ゆえに韓国が大量点を奪って勝利することは想像に難くなく、日本はグループ首位に立ったオーストラリアと引き分けたとしても準決勝に進出できない可能性があります。そうなればタイかフィリピンとの女子ワールドカップ出場権だけをかけた戦いにまわらなけれ [続きを読む]
  • 継続 ――女子アジアカップ 日本女子代表対ベトナム女子代表
  • 現体制では初めてとなる世界大会出場をかけた真剣勝負でしたが、壮行試合となったガーナ戦のいい流れを保った状態で勝つことができました。立ち上がりは高い位置で積極的にボールホルダーに寄せて狩りに行く姿勢を見せ、その勢いで速い時間帯に横山久美の強引にねじ込んだ先制点につなげました。その後はベトナムが人数をかけて守っていることもあり、相手の嫌がる縦方向へのショートパスが連続して決定機につながるシーンこそほと [続きを読む]
  • 確認 ――日本女子代表対ガーナ女子代表
  • 高倉麻子監督就任以降、アウェイでの試合や欧米系の強く激しい相手との戦い、あるいはアジアトップクラスのチームとの戦いが多く、さらに3バックで挑むなど試行錯誤を繰り返していたこともあり、持ち味を存分に発揮できた試合はなかったなでしこジャパン。とうとうFIFAランキングのトップ10からも陥落してしまいましたが、この試合ではようやく日本らしい攻撃の形を見せることができました。立ち上がりはガーナの浅い最終ラインの [続きを読む]
  • 機会 ――日本代表対ウクライナ代表
  • キリンチャレンジカップの海外開催がもっと早くできていたならば……と思わせるほどタフなウクライナとの対戦となりました。もちろん海外で行うにしても日本で見やすい時間にキックオフを合わせなければならず、それもあって集客面はまったく期待できないことや、ワールドカップ以後、ヨーロッパではネーションズリーグが始まり、こういった手合わせが難しくなることなどから、現実的には今後も継続して行うには課題が山積みでしょ [続きを読む]
  • 苦難 ――日本代表対マリ代表
  • 本大会でも起こりえないとは限りませんが、吉田麻也、酒井宏樹といった主力が負傷のため、井手口陽介、浅野拓磨が所属クラブで確固たる地位を築けていないことを理由にメンバーに入っていないという苦しい状況の中、さらに大島僚太がE-1サッカー選手権の中国戦と同様に前半半ばで負傷交代するアクシデントに見舞われてしまいました。大島は守備時には長谷部誠と並んでボール奪取に貢献し、攻めに転じたときはキャプテンよりも前目 [続きを読む]
  • 時間 ――鹿島アントラーズ対ガンバ大阪
  • ガンバは失点こそ1にとどまりましたが、鹿島に18本のシュートを浴び、最後の最後まで守備の不安が拭えないままでした。最終ラインのポジショニングが不安定で、特に前半は自陣のサイドにスペースができていて、鹿島にしばしばそこを突かれました。前半31分には米倉恒貴が上がった裏を狙われ、そこから展開されて最終的には逆サイドを上がってきた金崎夢生にシュートを打たれます。しかしこうした危機を救っていたのは、東口順昭で [続きを読む]
  • 相性 ――FC東京対浦和レッズ
  • 前半、室屋成のハーフスペースからのミドルシュートしか許さなかった浦和が、ハーフアタイム明けにほんのわずかな隙を突かれました。後半3分、マウリシオが前田遼一をつぶしに中盤まで出ていったために生まれたスペースを、高萩洋次郎が見逃さなかったのです。ルーズボールに反応し、すかさずその空間めがけてスルーパスを繰り出しました。浦和は槙野智章がカバーに向かい、遠藤航、宇賀神友弥の両サイドバックも絞って止めに走り [続きを読む]
  • 判断 ――天皇杯決勝 セレッソ大阪対横浜F・マリノス
  • ペナルティエリアというもっとも集中を要する空間での判断ミス。それがすべての得点につながった120分でした。まずは前半8分、下平匠のクロスに対して木本恭生が完全にボールウォッチャーになり、伊藤翔を見失うと、フリーの伊藤は軽々と仕留めて横浜が先制します。木本はその後も狙われる場面があり、横浜が意図的にそこを使っていた節があります。早い時間帯でのリードでしたが、横浜は無理をしないサッカーを始めます。バックラ [続きを読む]
  • 無残 ――E-1サッカー選手権 日本代表対韓国代表
  • 試合を通じて三浦弦太と昌子源の間でどれだけの意味のないパスが行き来したでしょうか。そして得点が必要とされる状況で、どれだけ相手にボールをプレゼントしてしまったでしょうか。優勝をかけた日韓戦はもはやため息すら出ないような惨敗でした。前半3分、小林悠がPKを決めたことで、勝ち点で上回る日本は優位に立ったはずでした。これでもし仮に1失点したとしても大会を制することはできたのです。にもかかわらず、韓国に押し切 [続きを読む]