ぽんすけ さん プロフィール

  •  
ぽんすけさん: 空からみていてね
ハンドル名ぽんすけ さん
ブログタイトル空からみていてね
ブログURLhttps://ameblo.jp/ponponpoponta123/
サイト紹介文2015年9月、17歳の息子が自死で亡くなりました。淋しくて悲しくて…日々の思いを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/11/23 20:48

ぽんすけ さんのブログ記事

  • 霊感
  • 西日本豪雨で被害にあわれた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。犠牲になられた方々ご遺族の皆さまお悔やみ申し上げます。ニュースで現状を見る度に胸がいたみます~-~-~-~-~-職場での話です。職場にいるKちゃんが「私もお母さんも 霊感があるんよ」と言ってきました。私には霊感は全くありません。あればいいなぁと今なら思います。Kちゃんに「何か見える?」と聞いてみると私を怖がらせようとしているのか本当に見 [続きを読む]
  • 防犯訓練
  • 地元の警察の方を講師に防犯訓練がありました。 上司から「できるだけ参加しましょう」と…まだまだ警察の方を見かけるのは抵抗が…が、仕事上近々の子どもに関わる事件を見ると必要不可欠だと思い参加しました。警察の方は制服の方と私服の方私服の方が何となくあの日優しく対応してくださった方によく似ていました。名前…もそんな感じだったような…あ〜ダメダメ!あの日に引き戻される〜研修に集中しなくちゃ!そんな葛藤を抱 [続きを読む]
  • 。。。
  • 先週から立て続けに職場に来ている保護者の方々が我が子の友達関係に「そこまで親が関わる!?」という対応を目の当たりにしもしかしてそこまで次男と関わっていたらお別れしなくてもよかったんじゃなかったのかと気落ちしてました。それに輪をかけ…前に使っていた壊れた私のスマホ・・次男とのLINEのやりとりをスクリーンショットで保存してたものを何故か読んでしまいました。高校に入学した年のGW前後のやりとり学校に行けな [続きを読む]
  • スケジュール帳
  • 今日は休み少し片付けをしていたらあの年の手帳(スケジュール帳)が出てきました。2015年版…2014年10月始まり…見なければいいのに見てしまいました。家族の予定以外に不安定だった次男の様子をメモってる…当時を思い出し強い後悔に襲われ気持ち悪くなってしまいました。次男……ゴメン、ゴメンね [続きを読む]
  • 名前シール
  • 職場での出来事ですこの時期決まって職場にいる子どもたちが使う物があります。長男・次男も使っていた物で年齢的に使わなくなった頃から職場に寄付していました。今日もそれを使っていた子どもたちが「ぽんすけ先生(立場上そう呼ばれてます)! 〇〇って誰?」と口々に聞いてきました。子どもたちには持ち物には名前を書くように言っているし職場の鉛筆1本にも名前を書いています。その中に誰ともわからない子の名前…そう [続きを読む]
  • 昨日は月命日でした何かと朝から予定があって地元で行動すればするほど知人に会う確率も高くなる訳で…次男より一つ上の学年で中学校まで一緒に野球をしていた男の子のお母さんむこうから「ぽんすけさん?」と声をかけてくれました。向こうは仕事の合間だったので当たり障りのない世間話言葉を慎重に選んでるのがわかる話し方…複雑…ふれられるような会話ならそれはそれで撃沈したとここに書いていたような気がします今日仕事終 [続きを読む]
  • 母の日
  • 昨日お墓参りに行って何気に墓前から振り返ると彩雲が…(真ん中辺りに…)もたもたカメラモードにしている間にどんどん薄くなってしまいましたが母の日を前に次男からプレゼントをもらいました。長男も昨晩帰省してきて無頓着な長男に「おみやげは?」と何気に請求したら「ない!」の一言長男の用事の帰省とはいえ元気な姿をみせてくれたことが何よりのプレゼントですでもなんだか寂しくて泣けてきます [続きを読む]
  • 地区のお世話
  • 4月から地区のお世話役になりました。年齢順なので仕方ありませんが4年間続きますㅠ_ㅠ色々引き継ぎがありましたがお悔やみ事についてはやっぱりザワつきました。そんな中、昨日一人暮らしの高齢の方のご不幸事がありました。同地区の方への連絡役所への届け出当日の段取り等々…しないといけません。あの日から何度か参列したことはあったもののお世話する側になるとあの日を思い出します。主人が仕事だった昨日は朝からおちて [続きを読む]
  • 月命日
  • 一昨日は月命日でした。月命日には仕事は休みを入れているのですがここ最近取れることが少なく今月も仕事でした。毎月最期の場所が見える所に手を合わせに行っていますが先月は長男が帰省していたのに何となく誘えなくて行けませんでした。なので2ヵ月ぶりの場所です。行楽日和…澄みきった青空に心が萎えます。ここ最近「肉体がなくなったらどうなるんだろう」「今の記憶はあるんだろうか」なんて考えては不安感に襲われてます。 [続きを読む]
  • 半分、青い
  • 先日高校生の作った物品の販売会があり安くて質もいいと評判なので行ってみました。最近高校生を見かけても風景としか思えなかったので…受付で数名の高校生に出迎えられ品物の陳列場所へ…そこまではよかったのですが至る所にいるキラキラした高校生の姿を目の当たりにして(やっと…?)ドーーーンと落ちてしまいました。次男は高校に入学してゴールデンウィーク明けからは学校に行けなくなってこんな楽しい時間を体験できなかっ [続きを読む]
  • 近況
  • ずいぶんと久しぶりのブログですすっかり葉桜となった桜の木々先月の月命日お墓参りに行くとお隣の家の奥さんもお墓参りに来ていて「もう2年半… 今でも次男くんを思うと 涙が出てくるよ」と言って手を合わせてくれてましたふと2年半も経ったんだと実感…数えなくなった月命日季節の移ろい時節のイベント…改めていないことを実感しつついたらどうしていただろうと想像大波小波の気持ちに揺さぶられながら日常を過ごし一日一 [続きを読む]
  • さびしい
  • お墓参りをしていると遠くに高校生の姿ランニングをしている集団を見かけたこの時期だから1年生・2年生…一生懸命走る姿かたや私は次男のお墓参り…同じ時間に相反する過ごし方……つらいなぁさびしいよ [続きを読む]
  • 勘違い
  • 夜地域の会に行った会が半ばにさしかかった頃主人から電話…着信拒否してLINEで「なに?」と暫くしてまた着信…急用かな?来客?と思いながら再びLINEで「なに?」と…何度か繰り返し「〇〇の会で(場所)」と返事したが既読もつかず連絡がなくなった間もなく会も終わり連絡をするが電話をとらず「寝てるのかな?」と思いながら帰宅の途についたすると焦った表情で「どこに行っとったんぞ(怒)」と…あれ?確かに予定を言って「行っ [続きを読む]
  • 足音
  • 明け方なんとなく目が覚めたとき廊下を歩く音…ソーッとトイレに行くような…そんな歩く音「主人かな?」と思ったけれど昨晩は一人きり居間で寝落ちしてた…まさか泥棒?勇気を振り絞ってドアをソーッと開けて覗いてみたけれど誰もいなくて…「次男?」と呼んでみたそれからは足音も消えた昨日は月命日だったしなんとなく次男がでていたような濃い夢を見ていた気がする気づかない私に合図をしてくれたのだろうか…主人に足音のこ [続きを読む]
  • しんどい
  • 夜地域の会合があり参加ここで住んでいく為には聞いておかなければならない変更点…会合場所には不特定多数の住民…知人に会わないよう下を向き視線をはずすバクバク…不安感仕事でもたくさんの人と会うけれど慣れ?仮面を被ってるから?仕事の顔でない一般人として無防備な時人混みはまだまだしんどい [続きを読む]
  • 現在進行形
  • 昨日の職場での会話同僚の息子さんがセンター試験を目前に不安定だったのが年末から鬱になりかけている症状がでており家族内がドヨンとしているというもの…今は少し落ち着きを取り戻しているそうだなぜかうちも含めて子どもさんが学校に行きにくい率が高い理由は違うけれど家庭でのその空気感は理解できる人ばかりだその中の一人が「私も家にいるときは暗くなっていたけれど 仕事にくると その気持ちに蓋をしていたな」と話し [続きを読む]
  • お年玉
  • 昨日が仕事始め出勤時や会う人への新年のあいさつ三回目となると「今年もよろしくお願いします」だけを上手く言えるようになった久しぶりの仕事と朝、下宿先に戻った長男の帰省も重なったからか夜は疲労感満載今朝は身体が重くなかなか思い通りに動かなかった昼前に行ったお墓参り空を見上げるとお空からお年玉もらいました [続きを読む]
  • 年末年始
  • 新しい年が始まりましたね繋がって下さってる皆さま…一人じゃないと思えるだけで日々乗り越えられます支えて下さりありがとうございますこんな私ですが今年もよろしくお願いします皆様が少しでも穏やかな時間をすごせますように…悲しい想いをする人が今年増えませんように…【寝坊したおそーい初日の出】年末年始…大晦日は近くの主人の家に年越しの食事に誘われた普段から付き合いもあるのでつかず離れずの距離感で過ごした元 [続きを読む]
  • キツい一言
  • いつものようにお墓参りに行くと義母も代々のお墓掃除に来ていた一通り掃除が終わり次男の墓前に手を合わせに来てくれたその際に「(主人)が家に来たら いつもホロホロと 泣き言をいう」と義母が言ってきたので「男だし 吐き出す所も きっとないだろうから 聞いてあげて下さい」とお願いしたそして「(次男)くんは 何が辛かったんやろね」きっと義母はこれ!と言った理由を答えてもらいたかったんだと思う…そして「親がわか [続きを読む]
  • ギュッ
  • 淡々と過ごせていた日常もこの2カ月ほど誰かに寄り添ってほしい思いが溢れてくる【(心を)ギュッとしてほしい…】【黙ってそばにいて 聞いてほしい…】…そんな感じ「旦那さんがいるじゃない?」と言われそうだけど吐き出した思いがいつのまにか主人の思いにすりかわってしまい主人の自責が私を責められてる気になるから言えなくなるブログにも文字に書き起こすのが難しくて書けなくなっていた今日家庭の事情で暫く仕事を休んで [続きを読む]
  • お巡りさん
  • 職場の窓から見える駐車場に一台のパトカー巡回を兼ねてか駐在さんが建物内に入ってくる子どもたちは「かっこい〜!」と嬉しそうに取り囲んだり騒がしくしてた子はおとなしく遠くから見つめる子どもたちにとってはお巡りさんはヒーロー私にとっては… [続きを読む]
  • お墓参り
  • 警報レベルの暴風雨でない限り毎日お墓参りに行っているお墓参りの作法はあるだろうけど私なりの手順で… どんなに体調が悪くてもどんな状況でも毎日お風呂に入っていた次男「気持ちよくなった? キレイになったろ?」と言いながらお墓を拭くただ次男の名前を彫られた箇所を拭くのは辛くて凝視できずに…今朝いつものように行くとお花とジュースが供えてあったお線香の灰の加減が常備している物ではなく持参された物で2人分私の [続きを読む]
  • 年賀状
  • 年賀状の発売もうそんな時期か…昨日郵便局に勤められてる長男の同級生のお父さんが「年賀状の注文があれば よろしくお願いします」と来訪奥さんは次男のことを知っていて同僚に私の様子を聞いてるようで旦那さんも知らないわけじゃないと思う何も触れず年賀状の営業と世間話普通に接してくれるのはありがたいけれどなんか触れて!と思ってしまう面倒くさい私年賀状は書くつもりがなく購入する気はないけれど普通に接してくれて [続きを読む]
  • 人間ドック
  • 昨日人間ドックに行った去年も受診したのであれから一年経った特に大病もせずほぼほぼ健康に一年 生きてるあの日からは約二年…心の中はず〜っと重いまま精神的な症状はずっとあるけれど…検査後の問診で医師からおおまかな検査結果を見ながら「去年と変わりなく 異常なしですね」と言われ残念…と思う部分と安堵感が交差する今すぐ会いに行きたいと思いながらも精一杯生きることを選んでる会えるその日に褒めてもらえるように [続きを読む]
  • よくない思考
  • 主人が帰宅してポツリと…「今朝、同僚が勤務時間になっても 出勤しなくて心配した」とのこと…連絡もなく携帯に連絡もとるが応答なし…真面目で仕事熱心他の同僚は「事故?」と思っていたそうだが聞いた私はよくないことばかり思う…結局のところ寝坊だったので一安心でも連絡がつかないことで不安感バクバク悪い思考になる… [続きを読む]