あきえもん さん プロフィール

  •  
あきえもんさん: 田舎薬剤師の日々
ハンドル名あきえもん さん
ブログタイトル田舎薬剤師の日々
ブログURLhttp://pharmacist-diary.seesaa.net/
サイト紹介文田舎薬剤師が日々考えていることを記録に残します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/11/23 21:20

あきえもん さんのブログ記事

  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い。そして、結果を出すことができれば、部下は素直に上司の言うことを聞くだろう。「素直さ」は、結果にすぎないかもしれない。https://blog.tin [続きを読む]
  • 部下への指導で学んだこと
  • ◯ 部下への指導 ◯ コミュニケーションについて・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。 [続きを読む]
  • 人材育成で学んだこと
  • ◯ 人材育成・ 人材育成に関する3つの重要な指針1 「部下のやる気のあげかた」を学んでも実りは少ない。なぜなら、やる気はコントロール出来ないからである。環境さえ整えば大抵の部下は会社に貢献しようとする。では、環境づくりで決定的に重要なことは仕事を中断することなく効率的に働けるようにすることができるかどうか。マネジャーは、部下に複雑なことを要求してはいけない。非合理を廃し、成果についての情報を与え、 [続きを読む]
  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い。そして、結果を出すことができれば、部下は素直に上司の言うことを聞くだろう。「素直さ」は、結果にすぎないかもしれない。https://blog.tin [続きを読む]
  • 仕事の指針
  • ◯ 仕事の基本ベース:1 マインドセットa 全ては目的からスタートする情報収集・分析、交渉などは全て手段。なので、仕事を頼む時は全て目的を正しく伝えるb 最初に仕事の段取りを考える問題解決のプロセスを考えるフレームワークとして「what(何が問題か?)、where(どこに問題のポイントがあるのか?)、why(なぜその問題が生じたのか?)、how(いかにしてその問題を解決するのか?)」c 本当に必要な仕事なのか?仕事を頼む [続きを読む]
  • 部下への指導で学んだこと
  • ◯ 部下への指導 ◯ コミュニケーションについて・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。 [続きを読む]
  • 部下への指導で学んだこと
  • ◯ 部下への指導 ◯ コミュニケーションについて・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。 [続きを読む]
  • 人材育成で学んだこと
  • ◯ 人材育成・ 人材育成に関する3つの重要な指針1 「部下のやる気のあげかた」を学んでも実りは少ない。なぜなら、やる気はコントロール出来ないからである。環境さえ整えば大抵の部下は会社に貢献しようとする。では、環境づくりで決定的に重要なことは仕事を中断することなく効率的に働けるようにすることができるかどうか。マネジャーは、部下に複雑なことを要求してはいけない。非合理を廃し、成果についての情報を与え、 [続きを読む]
  • 業務の見直し、改善に必要なスキル
  • ・ 組織力を高めるということ組織力とは個人の力を改善させること。そしてその中核は「いかに管理するかではなく、何を測定するか?」https://blog.tinect.jp/?p=42591・ 個人の生産性を上げるということ自身で1日行ったことを細かに思い出してもらう → 各仕事の時間配分を考える → 仕事の成果は何かを考え、それに時間配分を行う → 業務の振り返りを行うhttps://blog.tinect.jp/?p=28645・ 問題点をみつけるa 量をこ [続きを読む]
  • 人材育成で学んだこと
  • ◯ 人材育成・ 人材育成に関する3つの重要な指針1 「部下のやる気のあげかた」を学んでも実りは少ない。なぜなら、やる気はコントロール出来ないからである。環境さえ整えば大抵の部下は会社に貢献しようとする。では、環境づくりで決定的に重要なことは仕事を中断することなく効率的に働けるようにすることができるかどうか。マネジャーは、部下に複雑なことを要求してはいけない。非合理を廃し、成果についての情報を与え、 [続きを読む]
  • 部下への指導
  • ◯ 部下への指導 ◯ コミュニケーションについて・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。 [続きを読む]
  • 部下への指導について
  • ◯ 部下への指導・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。言い換えれば、「わたしは付和雷同 [続きを読む]
  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い。そして、結果を出すことができれば、部下は素直に上司の言うことを聞くだろう。「素直さ」は、結果にすぎないかもしれない。https://blog.tin [続きを読む]
  • 仕事の指針
  • ◯ 仕事の基本ベース:1 マインドセットa 全ては目的からスタートする情報収集・分析、交渉などは全て手段。なので、仕事を頼む時は全て目的を正しく伝えるb 最初に仕事の段取りを考える問題解決のプロセスを考えるフレームワークとして「what(何が問題か?)、where(どこに問題のポイントがあるのか?)、why(なぜその問題が生じたのか?)、how(いかにしてその問題を解決するのか?)」c 本当に必要な仕事なのか?仕事を頼む [続きを読む]
  • 生産性を上げる100の基本
  • ベース:1 マインドセットa 全ては目的からスタートする情報収集・分析、交渉などは全て手段。なので、仕事を頼む時は全て目的を正しく伝えるb 最初に仕事の段取りを考える問題解決のプロセスを考えるフレームワークとして「what(何が問題か?)、where(どこに問題のポイントがあるのか?)、why(なぜその問題が生じたのか?)、how(いかにしてその問題を解決するのか?)」c 本当に必要な仕事なのか?仕事を頼む場合、相手 [続きを読む]
  • 部下への指導について
  • ◯ 部下への指導・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。言い換えれば、「わたしは付和雷同 [続きを読む]
  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 組織力とは個人の力を改善させること。そしてその中核は「いかに管理するかではなく、何を測定するか?」https://blog.tinect.jp/?p=42591・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い [続きを読む]
  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 組織力とは個人の力を改善させること。そしてその中核は「いかに管理するかではなく、何を測定するか?」https://blog.tinect.jp/?p=42591・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い [続きを読む]
  • マネジメントの実践で学んだこと
  • ◯ 問題把握方法・ 問題は手遅れになった時にしかあがってこないので拾いに行く!・ 事実関係を確認すること◯ 問題解決方法・ 答えは現場にある理論は学んでも、実践となると上手く行かないことが多い。現場と話し合う中で使える理論を見つけて実践する。・ 生産性の向上にはまずタイムマネジメントどの仕事にどの程度時間がかかっているかを把握することからスタートする・ なぜ出来ないのか?納得がいくまで質問する・  [続きを読む]
  • 部下への指導について
  • ◯ 部下への指導・ 真の「協調性」とは昔の会社員は、「時間をつかって働けば結果を出すことができた」ので、職場の輪を乱さないことが求められた。今はそうではない。「時間を使おうが、使うまいが、成果を出すことが重要だ」と企業は言っている。しかし、「喧嘩が起きないように、いろいろな人に話をして回りました」と言った、昔ながらの企業が求める「協調性」をアピールしている人が多い。言い換えれば、「わたしは付和雷同 [続きを読む]
  • 人材育成で学んだこと
  • ◯ 人材育成・ 人材育成に関する3つの重要な指針1 「部下のやる気のあげかた」を学んでも実りは少ない。なぜなら、やる気はコントロール出来ないからである。環境さえ整えば大抵の部下は会社に貢献しようとする。では、環境づくりで決定的に重要なことは仕事を中断することなく効率的に働けるようにすることができるかどうか。マネジャーは、部下に複雑なことを要求してはいけない。非合理を廃し、成果についての情報を与え、 [続きを読む]
  • マネジメントで学んだこと
  • ◯ 組織力を高める・ 組織力とは個人の力を改善させること。そしてその中核は「いかに管理するかではなく、何を測定するか?」https://blog.tinect.jp/?p=42591・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い [続きを読む]
  • マネジメント
  • ◯ 組織力を高める・ 組織力とは個人の力を改善させること。そしてその中核は「いかに管理するかではなく、何を測定するか?」https://blog.tinect.jp/?p=42591・ 「人格」や「精神論」を中心に据えるマネジメントは稚拙になりがち成長の度合いは「与えられた仕事の質」と「上司の指導に費やした時間」のほうが、素直さよりもよほど因果関係がある。上司が良い仕事を与え、指導に時間をかければ、部下は結果を出す可能性が高い [続きを読む]