cocolo さん プロフィール

  •  
cocoloさん: 大阪フリースクールこころブログ
ハンドル名cocolo さん
ブログタイトル大阪フリースクールこころブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/cocolo-freeschool/
サイト紹介文このブログは大阪市浪速区にある小・中学生を対象としたフリースクールこころの活動を紹介するブログです。
自由文フリースクールこころでは、
子どもたちがよりよく育っていけるように、
学力向上等の支援はもとより、
子どもたちがいちばん影響を受ける
親や家族にも目を向け、
保護者の方にも必要なサポートを
させていただきます。

お子様が不登校で困っている、
悩んでいる方がいらっしゃいましたら、
当校フリースクールこころまでご相談下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/11/25 14:23

cocolo さんのブログ記事

  • 不登校=いじめではない〜頼れる大人探し〜
  • こんなイメージを良く耳にする不登校=いじめ(被害者)こんな概念は古く、とても今の時代の不登校とは違う。私達が出会う不登校の子達は様々である。もちろんいじめ自体がないかというとそんな事はないが、それはあくまできっかけに過ぎない。一番の原因は子供たちの対人トラブルが小さい間に危機感を持ち、食い止める大人がいないところに問題があると感じている。では本題の不登校の要因について三大要因があげられる。●パーソ [続きを読む]
  • 社会性を伸ばす〜外面を作るという感覚〜
  • 小学2年生からこころに通い始め、現在小学3年生になったT君。T君はなぜ自分が学校へ行けないか分かりません。家でもこころでもたまーに「なんで僕は学校に行けへんのやろ?」と自問しています。でもそんなT君も3年生になって、週に一度、放課後担任の先生に会いに学校へ行っています。本当に最初は●「やりたくない」事はしない(できない)●感情を泣いてしか表現しない(できない)●友人との距離感がわからない(できない)誰だって [続きを読む]
  • 叱らない子育て〜不登校初期お母さんの接し方〜
  • 最近の「叱らない子育て」‼?うん、叱らなくて育つならいい方法だけど…未だ見た事がない。叱らなくて育つ子供って??でもデリケートな不登校問題の場合、最初は特にお母さんも頭が混乱しています。最初の接し方としてよく聞くのが、「しっかり受け入れましょう」=叱っちゃだめと受け取るお母さんも多いです。もちろん、この受け容れるは大切な事です。でも叱らない腫れ物に触るような接し方はダメです。つまり家庭の今まであ [続きを読む]
  • 「こころ塾」の開講〜個別支援〜
  • 始まりました!!「こころ塾」想像以上に在宅型への入塾、多いですきっと何か変えたいお母さんの焦りとまだ足は動けない子のパターンですね??フリースクールこころもこころ塾も気持ちは同じです「不登校であっても将来の選択肢を狭めて欲しくない」今は無理でも、1年後どう望むかなんてもちろん親でも、そして自分でもきっと分からないんだよ望んだ時に望む事ができる準備をしておきたいと思っているんです●したい気持ちはある [続きを読む]
  • やる気スイッチを切ってしまわないように注意しましょう!
  • 「どうすれば、やる気を出して勉強してくれるのでしょう」やる気を引き出す魔法があれば良いのですが、なかなかそうはいきません大人の場合は「将来的に役に立つ」、「今やっておいた方が後で楽」とか、知らず知らずのうちに自分でマネジメントしながら、やる気や集中力を維持していますしかし、子どもの場合、なかなかそういう風にはできません 褒めたり、物でつったりと、なんとか学習のやる気を引き出そうとしても、なかなか続 [続きを読む]
  • 姫の発言〜心配や不安を変えるものは?〜
  • 私は姫と殿を乗せた自転車を雨の日に横転させた事があるもう半年くらい経ったけど、二人も怖さでしっかり覚えている母としては、「本当に気を付けないと」「油断してはいけない」とか自転車を乗る時にとても気をつけるようになったそんないつもの帰り道自転車に乗りながら私「あー怖いなぁ」姫「どーしたん?」私「買い物が多くて、傾くから怖いねんょ。 前みたいにコケたら怖いもん。 姫も怖かったやろ?ごめんねー [続きを読む]
  • 2学期の受験事情〜公立中学校との連携〜
  • 相談が増えるこの時期…とてもしんどそうな親御様も多いです??新しい出会いも多く、新しい子が通い始めると在学校との連携としてその子の通う学校や担任の先生とお話する機会も多くありますあの子の為に、何ができるかと言う役割分担のお話です人生のサポーターは5人いれば良いと言われますが、多ければ多いほど良いご家庭と在学校とフリースクールこころあの子を中心としたサポーターが集まってのお話ですそして相談が多い中 [続きを読む]
  • 臨床心理士研修会での発表が決まりました!
  • こんにちはお久しぶりです、まいまい先生です 夏休みも終わり、あっという間に9月も半ばですこころは夏休み中もみんな楽しく登校してくれたので、新学期スタート な雰囲気ではないですが、引き続きみんなの元気な顔が見られて嬉しいです さて、夏休み中に私宛に嬉しい依頼がありました臨床心理士向けの研修会で、”不登校への支援”という研修テーマが設定されており、今回はフリースクールでの支援について、私が発表することに [続きを読む]
  • 不登校の救助〜フリースクールこころの想い〜
  • 不登校は本当に状況が様々で、きっかけもそれぞれ、不登校期間もそれぞれ、生活環境も過ごし方もそれぞれ。そんな子達が集まるフリースクールでは個別のサポートが必ず必要であると思っています。統一された物を全員に与えるなら学校と変わらない。フリースクールこころでは過ごす目的自体、様々ある。●復学を目指し学習支援の為に通う私立中学生●これから何を選ぶかをじっくり考える私立中学生(復学か転校かとかね)●中学生活 [続きを読む]
  • 子育てで育てるものは?〜大人は工夫が大事〜
  • 2学期が始まり学校への意識が高まり、やきもきするお母さん・お父さんも多い季節です「学校に行かない」気持ちは子供自身のものですが、その自分の気持ちを大人が納得できるように上手く話せる子は、なかなかいませんその上手く言えない事、わかってもらえない事、そしてわかってもらえなくて当然と思う気持ちがまた子供自身のモヤモヤに繋がるのです不登校初期段階のお子様には①やっぱり家は安心する場所②お母さん、お父さん [続きを読む]
  • 私の職業病〜子供達の未来〜
  • フリースクールこころに携わり2年目になります最初は未だ見ぬ不登校の子達を思い、どんな気持ちを抱えているかな〜どんなサポートがいいかな〜何がお手伝いになるかな〜と思い続けて…たくさんの子達に出会いましたカウンセリングでは子供には会えず親御さんだけの時もあります。親御さんの話を聞いて、まだ会えてないあの子を想像します「きっと、しんどいよね〜」「お家で◯◯してる時は笑顔かな〜」とか想像します次は、初めて [続きを読む]
  • 子供の後ろ姿〜ストーカー母〜
  • お盆休みに帰省する予定でしたが、殿がアデノウイルスにかかり看病休みとなりそぅです子育て中は思い通りにいかない事ばかりですね〜笑まだ私が学生の頃のお話。社会人チームでフットサルをしていた私はチームメンバーの子供と接する機会がありました2歳くらいの子を見ている時、ヨチヨチ歩く姿に心配だけど、楽しそうに歩くな〜と感じて、後ろをずっと追っていましたそんな私の姿を見て、友達は爆笑しながら「優子ちゃんはそん [続きを読む]
  • 1年たって…
  • こんにちは! お久しぶりです、ちーちゃん先生です 昨日は台風で大荒れの天気でしたねこころも朝から大阪府各地に警報が出ていたのでお休みでしたこれからは、また暑い日が続くので熱中症などに気をつけていきたいですね さて、わたしはこの夏でこころに来て2年目になりました。ちょうど、「18歳同盟」という言葉ができたのも、昨年の今頃ですこころの学生スタッフ同士で同盟を組んで、できた言葉なんです特に何も同盟らしい? [続きを読む]
  • 夏休みの楽しみ〜こころへの帰省〜
  • 夏休み真っ盛りですが…フリースクールこころには夏休みはありませんそんな中で、夏休みならではの楽しみとして、卒業生や復学で学校復帰した子達がこころに遊びに来てくれます卒業式以来に会えるのが嬉しくて嬉しくて〜〜〜そんな中で今日はT君が自由研究として「固まる水を作ろう」という教材を持ってきてくれました自分の自由研究をみんなで一緒にするみんなで一緒にしようという気持ちをとてもとても嬉しく思いますT君、あり [続きを読む]
  • 自分を褒める事〜失敗する事が苦手な姫〜
  • 5歳の姫は小さな小さな時からできる事も人より早かったそして人一倍褒められる事が大好きで、人一倍、失敗や怒られる事が苦手な気質だからちゃんと怒られた事はすぐに学び、怒られないようにできる優等生タイプであるとてもいい子だけど…母は心配している「褒められる」というのはヒトにしてもらう事だからだからいつも伝える。「自分で頑張った時は自分でちゃんと褒めてあげるんだよ」「えー、そんなん恥ずかしい( ´艸`)」と [続きを読む]
  • フリースクールに通わない理由
  • フリースクールに通う子は不登校の約2〜3%です理由としてあるのが①通える範囲にフリースクールがない・遠い②お金がかかる為、通わせられないそして③不登校だと認めたくないhttps://dot.asahi.com/amp/dot/2017062100075.htmlフリースクールこころでも大抵はお母さん・お父さんがフリースクールに来るきっかけを子供たちに作っている自宅だけで過ごすのではなく、無理のない集団を子供のきっかけの場所として選び、「学校行 [続きを読む]
  • モニター生募集!!
  • 夏休みも間も無くですね〜●無理しながら、学校生活を送っているコはもうひと踏ん張り「頑張ったね、もうすぐ休憩所だよー」●行けてない子は「少し気分は楽になる期間かな」●そして親御さんも「不安や心配の休憩期間」たまには一息、必要ですねフリースクールこころには夏休みはありません笑(お盆休みはありますよー)2年目の子供たちは当たり前に1年中通ってくれています「当たり前に」少しだけ頑張って登校してくれて、 「当た [続きを読む]
  • 笑ってればOK〜rinda攻略法〜
  • 今日の小学生の授業は「地図記号について」私の授業はラジオ体操から始まります笑気分ノリノリで椅子の上で体操をする子学校なら怒られるでしょうでもここはフリースクールしかも先生は私嫌な思いを誰もしなければオールOKですと、いう事で…「じゃぁ、椅子の上の子は先生やからしっかり見本宜しく」と先生交代ですそれを見て、笑う子たち皆が笑顔の時間ほど素敵な時間はありません感情の相乗効果皆んなで笑ってればより楽しくな [続きを読む]
  • 大好きな時間〜帰宅時の畑道〜
  • 思い出ノート〜子供時代の景色〜子育てをしていると自分の子供時代を思い返す。共働きだった我が家は前にもブログに書いたようにおばちゃん家にお母さんが迎えに来て、(フリースクール出身の私)そして家までの道中にあるおばあちゃん家に寄り、ご飯を食べて、家まで歩いて帰る平日だった。家に帰る時間は遅くて、良くお父さんが怒っていた。だけど…そのおばあちゃん家から家まで帰る時間が私は大好きだった??正確に言うと、そ [続きを読む]
  • 学びにはアウトプットが大切
  • お久しぶりです梅雨の季節に入り、ジメジメした日が続いています夏が待ち遠しいですが、今回は夏休みの前に、学習の定着化についてのお話をします 「試験前に一生懸命覚えたのに、すぐに忘れてしまう」皆さんも、こういった経験は多いのではないでしょうか 学習を定着させるにはアウトプットが大切と言われています。「アウトプットとは何ぞや」と思われる方も多いのではないでしょうか。 難しそうに思いますが、実は私たちは日頃 [続きを読む]
  • 今日の授業〜こどもとおとな〜
  • 昨日の3限目のディスカッションテーマは「こどもとおとな」小3〜中3までの子がグループワークをしましたまず、こどもとおとなって何が違うと思う?出た答えは様々・身長・体重・力・賢さ・人生経験があがりました(へ〜、人生経験なんて出るんだね)そんな中で「若くなりたい」と思ったらもうおとなだと言う意見もありましたどうやっておとなになるのか…「失敗して後悔をしたくない」って、小学生たちが言い出しましたそして、自分 [続きを読む]
  • 2期生たち〜それぞれのフリースクール〜
  • 新学年を迎え、新しくこころに登校してくれる子たちやこころで2年目を迎える子達にも変化が見られます中3の子達は自分の進路に向け、しっかりと歩み始めました中2は毎日来ていたMちゃんも全日制高校を目指したいとの事で、中3はほとんどの時間を学校で過ごし、疲れた時にこころに来るようになりました当たり前に会えない状況に1週間ぶりに会うだけで大人っぽくなったなぁと感じます中学生以降の子達には特に感じる課題ですが、自 [続きを読む]
  • 母になるを振り返る〜環境作りのお話〜
  • この間、保育園のお迎えでの出来事殿と同じクラスのお母さんから話しかけられました「うちの子と出産予定日一緒やったん覚えてますか?」(…申し訳ないですそんな事があったような……なかったような…)そこから2年前のお互いの出産話に花を咲かせました笑と、出産の時の話を話しつつも、「あー、懐かしいなー」そんな殿の出産話はまたとして姫も来月、5歳を迎えます。第一子の姫は結婚して本当すぐに授かりました性別は本当にど [続きを読む]
  • 親の呼び方〜その後〜
  • こんばんは親の呼び方前のブログの続編です母の私を呼び捨てで呼んでいる殿も2歳になり、口数も多くなってきました殿ももちろん、「ゆーこ」と呼びますそんな親を呼び捨てで呼ぶ影響は…保育園の先生に及びます担任の先生を「りさー」と呼び始めましたえっ大丈夫?と思いながらももちろん先生自身が教えているので先生公認ですそしていろんな先生が自分が呼んで欲しい名前を殿に教えていますえーーー、私はさておき、いいんですか [続きを読む]
  • 女の子向きイベント〜不登校だからこそキュン体験を〜
  • 新学年はいかがお過ごしでしょうか?うちに通ってくれる子達にも在学校の新学年の担任の方々からご連絡をたくさん頂く時期ですこんなご連絡を頂ける在学校にフリースクールとしては、とても感謝です 親と当校と在学校の先生とたくさんの大人達であの子をサポートする体制作り入学後、一番力を入れる課題です今日はフリースクールこころの校則のお話校則というと大袈裟ですが、少しのルールはあります1.お昼ご飯を皆で「頂き [続きを読む]