まちづくりコンサルの独り言 さん プロフィール

  •  
まちづくりコンサルの独り言さん: まちづくりコンサルの独り言
ハンドル名まちづくりコンサルの独り言 さん
ブログタイトルまちづくりコンサルの独り言
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suzutaka1951
サイト紹介文日々の出来事を描く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/11/25 20:59

まちづくりコンサルの独り言 さんのブログ記事

  • 大垣の水まんじゅう
  • 大垣の水まんじゅう 水まんじゅうとは面白いネーミングである。JR大垣駅南口を出るとロータリーの左手に水まんじゅうの金蝶園(きんちょうえん)総本家がある。創業は寛政二年 株式会社 金蝶園総本家である。水まんじゅうの他に金蝶園まんじゅう、 いちご餅などの和菓子を販売している。古くから大垣は良質な地下水が豊富な事から、水の都と言われている。この名水によって明治時代の初めに生まれたのが、大垣名物「水まんじゅ [続きを読む]
  • アーバンドック ららぽーと豊洲
  • アーバンドック ららぽーと豊洲(アーバンドック ららぽーととよす) 東京都江東区豊洲二丁目に立地する三井不動産商業マネジメント運営のショッピングセンターである。2006年10月5日に開業した。東京都江東区豊洲2丁目区画整理事業の一環として、旧石川島播磨重工業(現・IHI)東京第一工場跡地であるアーバンドック内に建設された。超高層マンションのパークシティ豊洲と隣接している。主な出店テナントは、フードストアあおき [続きを読む]
  • 円頓寺(えんどうじ)商店街 2
  • 円頓寺(えんどうじ)商店街 2 2013年(平成25年)7月26日には円頓寺商店街と円頓寺本町商店街の交差点四隅に三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)と水戸黄門の徳川光圀のモニュメント像が設置された。地元のある不動産会社経営者が「地域の役に立ちたい」と、日本美術専門学校(埼玉県伊奈町)に像の制作を依頼し、商店街に寄贈した。2015年(平成27年)3月21日には1989年に屋根の取り替えが行われて以来の大規模となるアーケ [続きを読む]
  • 円頓寺(えんどうじ)商店街 1
  • 円頓寺(えんどうじ)商店街 1 同商店街は名古屋市西区那古野(なごの)にある長久山圓頓寺の門前町として広がっている商店街である。堀川に掛かる五条橋から西に向かい、江川(現在は暗渠化され名古屋市道江川線)の上畠橋までを圓頓寺に因んで圓頓寺筋と呼んだのが始まりである。市道江川線を境に円頓寺通(円頓寺商店街)と円頓寺本町通(円頓寺本町商店街)に分かれている。 昭和30年代まで賑わった円頓寺界隈は、名鉄瀬戸 [続きを読む]
  • 四間道(しけみち)
  • 四間道(しけみち) 四間道は、愛知県名古屋市西区の堀川西側の2本目の通りである。慶長15年(1610年)に名古屋城築城と共に商人達がこの地に住み着いて作られた商人町が始まり、最初の「名古屋」の街の誕生となった。元禄13年(1700年)の大火で1600軒余りが焼失し、その後尾張藩4代藩主徳川吉通は、堀川沿いにある商家の焼失を避けるために、中橋から五条橋までの道幅を4間(約7メートル)に拡張したのが始まりで、このことから [続きを読む]
  • 柳ケ瀬(やながせ)の繁華街
  • 柳ケ瀬(やながせ)の繁華街 柳ケ瀬は、岐阜県岐阜市にある中部地方有数の歓楽街・繁華街である。昭和期はかなりの活況を呈していたが、他の都市と同様、平成に入ってからは郊外型店舗の立地による中心街空洞化の波を受け、また、名鉄岐阜市内線の廃止等により、集客力が低迷している。かつては大型商業施設が5店舗あったが、近年の相次ぐ大型ショッピングモールの開業や名古屋の大型商業施設との競合により4店舗が撤退したが、平 [続きを読む]
  • 洗足池(せんぞくいけ)
  • 洗足池(せんぞくいけ) 洗足池は、東京都大田区南千束に存在する池である。湧水池であり、流れ込む川はないが、付近一帯には農家が作物の洗い場として利用していた大小の湧水が多くあり、用水路を通して池に流れ込んでいた。洗足池の主要水源となる湧水は4か所あったとされ、現在は清水窪弁財天の涌水が残っている。今も水量が豊富で、浸透管を用いて洗足池に流れている。北千束の清水窪湧水などを主な水源とする都内屈指の広さ [続きを読む]
  • 下高井戸商店街の駅(街なかステーション)
  • 下高井戸商店街の駅(街なかステーション)下高井戸商店街振興組合は、「ず〜っとしもたか」をキャッチフレーズに掲げ地域のお客様の生活を支え、公共的役割を担う商店街として安全・安心で豊かに「ず〜っと」住み続けたいと思ってもらえるように様々な事業を行ってきた。下高井戸商店街の駅(街なかステーション) 12年前に商店街事務所として購入した。最初は、2階に事務所を置き1階では、物産などの販売を行ってきた。ある程度 [続きを読む]
  • 自由が丘駅(じゆうがおかえき)
  • 自由が丘駅(じゆうがおかえき)同駅は東京都目黒区自由が丘一丁目にある、東京急行電鉄の駅である。目黒区最南端の駅である。東横線と大井町線が乗り入れ、両路線の乗換駅となっている。自由が丘駅が設置されて平成27年の10月で88年になる。自由が丘駅は歴史の長い駅になる。地元では88年を記念して、イベントが開催される。自由が丘駅は現在の駅名になる前は「九品仏前駅」だった。東急大井町線が大岡山から二子玉川まで延伸する [続きを読む]
  • 佐原おかみさん会
  • 佐原おかみさん会  佐原おかみさん会は、2005年から活動を開始し地元商店の「おかみさん」を中心にそれぞれのお店や家に伝わるお宝を公開する「佐原まちぐるみ博物館」を運営している。現在40館以上が参加し、各家の昔の調度品や商売に関わる道具や資料、長い歴史を持つ蔵や庭園など生活に密着した形で佐原の伝統の技や文化にふれることのできるものとなっている。また、常設展だけでなく各家の歴史ある五月飾りや五月人形を公開 [続きを読む]
  • 佐原伝統的建造物群保存地区 3
  • 佐原伝統的建造物群保存地区 3 佐原の町並みは次のような点に特徴があり、説明する場合の大きなポイントは、(1)木造建築に加え土蔵や洋風建築が混在し、変化に富んだ町並みとなっていて、各時代の建築様式の流行を伝えている。(2)地区の中央を小野川がゆったりと蛇行しながら流れていることが、佐原の特徴的な景観をつくり出している。これは、ほかの地区には無い要素である。(3)小野川沿いと香取街道沿い、そして下新町通りは [続きを読む]
  • 佐原伝統的建造物群保存地区 1
  • 佐原伝統的建造物群保存地区 1佐原の町並み(さわらのまちなみ)は、千葉県香取市佐原の市街地にある歴史的な建造物が残る町並みである。商家町の歴史的景観を残す町並みは重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。平成27年9月23日、重要伝統的建造物の1軒の福新呉服店(千葉県指定文化財)を訪問した。同店は、創業1804年(文化元年)。藍染製品などを販売。現在の店舗は1892年(明治25年)の大火後に建築された。火災 [続きを読む]
  • 築地魚河岸横丁
  • 築地魚河岸横丁当組合は昭和30年5月、前身の流れを受け継ぎ、現法人の東京都中央卸売市場 築地商業協同組合設立しました。現在組合員数70事業者96店舗です。実用的な買い物、また活気あふれる市場風景は、食文化のみならず日本の文化の原点かと思います。私たち市場人として、この良質(人情、食材、関連資材)な商品と共に雰囲気をも、速くお届けできるようにしています。ご来場の皆様に知ってもらいたいことと守ってほしいこと [続きを読む]
  • 深川門前仲町 魚三
  • 深川門前仲町 魚三 昨日は中小企業診断士実務補習の最終日、診断企業での報告会を終えてから、魚三で打ち上げ式を挙行しました。少し大げさ魚三は、昭和29年創業の門前仲町の老舗居酒屋で、安くて美味しい魚料理とお酒が安い、しかし、古い、ぼろい、従業員は愛想がなく、おばちゃんは怖い門前仲町の大衆居酒屋です。開店が16時と早いのにもかかわらず、15時半過ぎには行列ができる。ただ予約もできるので、3人以上で行く場合は [続きを読む]
  • ペリエ千葉オープン
  • ペリエ千葉オープン 千葉駅で建て替え中の駅ビル「ペリエ千葉」の2〜7階が9月7日に開業した。千葉市初出店の生活雑貨店「東急ハンズ」やセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」など107店が出店し、ファッションを中心にレストランやクリニック、ドラックなどが入り、新たなにぎわいの創出を目指している。 2〜7階は店舗面積が約1万4500平方メートルで、JR東日本子会社でビル運営会社の千葉ステーションビル(千葉市)は [続きを読む]
  • 秋の花(彼岸花と萩)
  • 秋の花(彼岸花と萩) 自宅の裏の団地(団地から見ると自宅が裏)の花壇に彼岸花と萩が仲よく並んで咲いていた。ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。ユリ科の植物である。彼岸花は曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味である。全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につき、道端などに [続きを読む]
  • 千葉らぁ麺 チバ ラーメン
  • 千葉らぁ麺 チバ ラーメン昨日のランチは、千葉市蘇我のアリオ内のフードコートで千葉ラーメンを食べた。蘇我アリオへの行き方:JR京葉線 内房線・外房線「蘇我駅」西口より徒歩約15分(ハーバーシティ蘇我無料巡回バス運行)『千産千消』がコンセプトの千葉県の地域活性化が目的のお店です。 さっぱり系とこってり系のラーメンがあり、今回はこってり系を食した。深い味のあるラーメンでした。 今回新しく味噌が登場、創業百二 [続きを読む]
  • きつねや 昭和22年創業 ホルモン丼850円、牛丼750円
  • きつねや 昭和22年創業  (東京都中央区築地4-9-12 築地場外)ホルモン丼850円、牛丼750円 今日のランチは築地きつねやの牛丼を食べた。2年ほど前に創業された魚類の卸を行っている企業のご支援である。何か月か前に火事があり、そのすぐそばにきつねやがあった。築地関係者・近くのサラリーマン・観光客から愛される超人気店で牛丼や肉どうふなどのメニューがあるが ダントツの1番人気はホルモン丼で注文から1分以内のお客のカ [続きを読む]
  • マンガこち亀のまち 亀有巡回
  • マンガこち亀のまち 亀有巡回マンガ「こち亀」の舞台の亀有のまちを歩いた。まちのいたるところに大小の全11体の銅像が設置されており、コミックスにも関連する主要なスポットも多くあります。9月2日商店街研究会の亀有銀座商店街視察の前に銅像をめぐりながら亀有の街を散策した。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の本舞台であり、作者秋本治先生の生まれた街でもある、亀有駅南側の両さんの銅像巡りを写真で紹介します。 葛飾 [続きを読む]
  • イネ
  • イネ(稲)は、イネ科イネ属の植物である。収穫物は米と呼ばれ、トウモロコシやコムギとともに世界三大穀物の1つとなっている。 イネ科イネ属の植物には23種77系統が知られている。このうち20種が野生イネであり、2種が栽培イネである。栽培イネの2種とはアジア栽培イネ(アジアイネ、Oryza sativa)とアフリカ栽培イネ(アフリカイネ、グラベリマイネ、Oryza glaberrima)である。結実後も親株が枯れず株が生き続ける多年生型と [続きを読む]
  • 清澄白河一帯の新しいお店
  • 清澄白河一帯の新しいお店洋食POND 2年ほど前にオープンした洋食屋、立地は住宅街の中にある。POND(池)は、ご自分の名字の池永から取った。17年間サッポロライオンなどの洋食店で経験を積んでの創業である。創業相談の時からお店のコンセプトははっきりしていた。店舗は、自宅の元工務店の後を改装した。住宅街での開業で、店舗の前はほとんど人が通らない。しかし売上は順調である。日経MJ新聞に、名代富士そば創業 [続きを読む]
  • 西永福協栄会
  • 西永福協栄会商店街西永福協栄会は京王電鉄井の頭線「西永福駅」を中心に店舗がひろがっている。最寄に「大宮八幡宮」又ほぼ中心部に「法真山理性寺」を有する門前町である。 昭和8年8月に帝都電鉄井の頭線が開通し、西永福駅も同時開業した。昭和9年より開始された区画整理が昭和15年に完成し、その時、西永福公園と駅前広場が区画整理組合(地主)より寄附され現在に至っている。この頃より商店が出来始め、戦後の復興期に、西 [続きを読む]
  • 十条銀座商店街(振)
  • 十条銀座商店街(振) 十条銀座商店街は加盟店約200店を誇る、北区では最大規模の商店街で、マスコミにもよく取り上げられている。明治30年代後半、軍関係施設の整備によって店が建ち始め、以降、戦争も乗り越えて発展してきた。昭和53年にアーケードとカラー塗装が整備され、平成10年に環境整備に重点をおき、アーケードの改修を行いました。また平成6年からJスタンプを開始しスタンプ事業を推進している。JR赤羽線(今は埼京 [続きを読む]