黒顔羊 さん プロフィール

  •  
黒顔羊さん: Silver Oblivion
ハンドル名黒顔羊 さん
ブログタイトルSilver Oblivion
ブログURLhttps://noblivion1.exblog.jp/
サイト紹介文自家現像フィルム写真専門ブログです。光と影、滅びゆくものたちを撮っています。基本的に毎日更新です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/11/27 21:59

黒顔羊 さんのブログ記事

  • 地下鉄駅に向かう女性
  • これもRevueflex AC1の試写の際のカットです。強い日差しと地下鉄駅へ降りていく通路の輝度差の激しい状況で、このカメラの自動露出はどんな按配か・・・う〜ん、絶妙なバランスで露出してくれましたねえ。^^ハイライトが飛ばないだけでなく、地下通路の奥の方のシャドウも、かろうじて潰れずに生きています。ローテクな瞬間絞り込み測光による自動露出、意外にやるもんです♪名... [続きを読む]
  • 4人が見つめるフレンチフライ移動販売車
  • 先日、Revueflex AC1の試写のために星が丘テラスに出かけた際、こんなお洒落な移動販売車を発見しました。これは、フレンチフライ専門店の「AND THE FRIET」さんのもののようでした。販売車に描かれた4人は誰なのでしょう・・・このイモ屋さんのウェブサイトを見てもよくわかりませんでした。(;・∀・)Revueflex AC1はすべてのM42レンズが絞優先自動露出で使える... [続きを読む]
  • クールなマネキン、ファニーなマネキン
  • 12Revueflex AC1の試写写真が続きます・・・本日は長めの中望遠、Porst Tele 135mm F1.8 MC編です。中望遠の主な用途はポートレートなんでしょうが、急にはモデルが調達できません。なので、ショッピングストリートのマネキンを撮ってみました。一枚目はクール系、二枚目はファニー系です。(;・∀・)試写したのは秋晴れの明るい日だったので、輝度差がか... [続きを読む]
  • 秋晴のショッピングストリート
  • 123昨日に引き続き、全M42レンズ対応自動露出カメラ、Revueflex AC1の試写写真です。今回は、広角レンズのHanimex 28mm / F2.8 MCを使ってみました。すべて自動露出ですが、問題なく写っちゃってますね。3枚目は映り込みのややこしい露出ですが無問題・・・Nikon F3よりも優秀かも。^^さてこのHanimexですが、オーストラリア... [続きを読む]
  • 万聖節な牧場にて - 全M42レンズ対応自動露出カメラ試写
  • 12310月に入って、愛知牧場もハロウィンっぽい雰囲気に溢れてきました。高校生の頃に読んだレイ・ブラッドベリの影響で、『万聖節の前夜』って表現が好きです。ハロウィンっていうよりもっとおどろおどろしい雰囲気があるような気がします。ところで・・・久しぶりにポチリヌス菌の発作が起きました。実は私のM42レンズ用の母艦、Pentax SPIIの露出計が死にました・・・う... [続きを読む]
  • 55mmの摩天楼 #8
  • ギラリと太陽光線を反射するストイックなモノリス・・・これは名古屋駅前の摩天楼街で一番高いミッドランドスクエアですね。このミッドランドスクエア、羊羹を垂直に建てたようなミニマリズムが持ち味です。芸がないと言えば芸がないんでしょうが、このあっけらかんとしたシンプルさ、嫌いじゃありません。^^ちなみに、左下に見えるのは、先日もご紹介した新・大名古屋ビルヂングです。名古屋市中村... [続きを読む]
  • 文字で人目を遮るカフェ
  • 先日デジタル写真ブログでご紹介したカフェ、"coffee vegetable THE CUPS"さんです。道路に面したグラスエリアが広くて、内部はとても解放感がありますね。ただ、丸見えというのも落ち着かない・・・そこで、カッティングシートで文字情報をお洒落にディスプレイすることにしたのでしょうか。^^適度に人目も避けられるし、宣伝にもなるし、オシャレだし、一石三鳥のアイデア... [続きを読む]
  • 1/8秒で過ぎ去る歩行者
  • 雰囲気の良さそうなカフェがあったので、それを背景に「かっしゃん写真」を撮ってみることにしました。可変NDフィルターを装着し、F11の1/8秒に設定し、フレーミングを決めて、待つことしばし・・・ここ、人通りの多い場所ではあるんですが、なかなかこちらが意図した場所を通過してくれません。ようやくボディバッグを下げたおじさんが、良い位置を通過してくれました。「かっしゃん・・・」ううむ、お... [続きを読む]
  • 新しい御園座の誕生を喜ぶ装飾過剰な街灯
  • "芸どころ・名古屋"の象徴、御園座(みそのざ)です。2015年より進められていた建て替え工事が昨年末に完了し、今年の4月にこけら落とし公演が行われました。この御園座のある地域には以前から、ちょっと装飾過剰な街灯が設置されていました。「おお、新・御園座、ようやく完成したなあ、一緒に記念撮影しよまい♪」と言いたそうだったので、1枚撮ってあげました。アングル的にポスターと同じフレーム... [続きを読む]
  • 55mmの摩天楼 #7
  • 「55mmの摩天楼」シリーズ、第7作目です。初秋の日差しをメタリックに反射する新・大名古屋ビルヂングですね。アクセントに直線的な街灯をあしらってみました。このシリーズ、標準画角の55mmで背の高い摩天楼を切り取るのが面白くて、まだしばらく続きそうです♪名古屋市中村区にてNikon F3Ai Nikkor 55mm F1.2Neopan 100 Acro... [続きを読む]
  • 暑さに朦朧とする赤いトラクター
  • まだ体温を超える猛暑だったころのアイボクの赤虎、International Harvester 576です。容赦なく降り注ぐ真夏の日差しの中でげんなりとしておりました。可変NDフィルターを装着し、Ai Nikkor 55mm/F1.2を絞開放で撮っています。Nikon F3は最高速が1/2000ですので、真夏には絞開放で撮りたいとき、可変NDフィルターがあると助かります♪ネガ... [続きを読む]
  • スーツショップのマネキンたち
  • 数字のカッティングシートが貼られたショーウィンドー・・・これはスーツ屋さんのアピールですね。スーツが19,000円とは、なんと安いのでしょう♪今はスマートカジュアルでもビジネスがOKになり、スーツが売れないんだそうですね。特にネクタイはまるで売れないんだとか。私がサラリーマンになったころは、真夏でもスーツ着てました・・・あれ、ビジネスマンの戦闘服でしたね。そのせいか、いまだにスー... [続きを読む]
  • 透明人間に変身中のファッションモデル
  • 「さあ、見ててごらん・・・私はこれから透明人間になるのよ・・・うーやーたーっ♪」本邦初公開、透明人間に変身する瞬間を捉えました・・・って、もちろんウソです。(;・∀・)これ、二重露光写真に失敗したってことですね。モデルさんの顔が写っているところが完全に露出オーバーになってしまいました。重ねる背景は暗くないと顔が出てこないんです・・・いい勉強になりました。それにしても、「うーやー... [続きを読む]
  • 用途不明印象絶大な骨格にまとわりつく光蜥蜴
  • 街なかで見かけた美しい光蜥蜴・・・どうやらこれは、鉄骨の構造物のようでした。広告を掲示するための骨格なんでしょうか、ねえ。(;・∀・)用途がよくわからなかったので、久しぶりの「用途不明印象絶大なホニャララ」シリーズとなりました。(;・∀・)名古屋市中村区名駅にてNikon F3Ai Nikkor 55mm F1.2 Neopan 100 Acros (EI... [続きを読む]
  • 噴水を見て涼をとる百日紅
  • 「なんと涼し気な噴水・・・助かるわ〜」と、名古屋市立科学館前の噴水を見て、百日紅さんが独り言ちておりました。サルスベリは「百日の間、紅色を保つ花」と言うことで、こんな字を書くらしいです。先日、この科学館前を通ったら、まだ咲いていました・・・7月から咲いてますから、そろそろおしまいでしょうね。よくぞ今年の異常な暑さに耐えたものです。また、来年会おうな♪名古屋市中区... [続きを読む]
  • 幾何学的にストイックな光蜥蜴
  • 直線と円弧だけで構成された光と影。いいですねえ、こういうミニマルな造形美・・・つい、にじり寄って撮ってしまいました。^^こういう被写体を撮ると、このAi Nikkor 55mm/F1.2は樽型歪曲が盛大に出ます。でも、Adobe Lightroomがあれば簡単に補正できるのがありがたいです。また、Lrでは、デジタルティルトやデジタルシフトも簡単なので、少々咲きすぼまりになって... [続きを読む]
  • 命の危険に怯える灼熱の日のヒマワリ
  • 「あ、あつい・・・もう、わし、ダメかも・・・」そんな灼熱の日々が続いた今年の夏でしたが、もうずいぶんと前のことのように思えます。あの鬼のように暑い夏があったからこそ、秋のありがたみがよくわかります♪普通に撮っても灼熱の太陽ははるか上にあるので、同じフレームに入れられない・・・こういう時、二重露出は便利ですね♪で、ついついこういう説明的な写真を撮ってしまうわけです。(;・∀・)... [続きを読む]
  • 愛知県第二位の都市の表玄関
  • 愛知県で一番人口が多いのは名古屋市ですが、第二位となると意外に知らない人が多いです。歴史的には西三河の徳川家康ゆかりの岡崎市や、軍都だった東三河の豊橋市が第2位のポジションにあります。しかし、この二つの市の成長率はそれほど高くありません。現在、愛知県第二位の人口を誇るのは、豊田市なんですね。豊田市と言えば、某巨大自動車会社の企業城下町みたいなもので、主役は自動車、鉄道駅は脇役でした。... [続きを読む]
  • 激しく動く女性、静止する女性、やや動く女性
  • 可変NDフィルターを持って撮影に出かけると、つい白昼のブレ写真が撮りたくなってしまいます。この可変NDフィルター、ND2からND400まで変化します。一番暗いND400だともう真っ黒け・・・ハリマオがかけていたサングラス状態です。ちなみに、快傑ハリマオがわかるあなた、アラカン世代以上ですね。(;・∀・)いずれにせよ、真昼間から1/8秒で撮れるのは、表現力が増えるので、とて... [続きを読む]
  • 不揃いな椅子に座る透明人間のカップル
  • 微妙に意匠が異なる木製の椅子たち・・・よく見ると、透明人間のカップルさんが座っておりました。なになに、「ペアルックなんて昭和の遺物」だって?なるほど、平成のカップルはあえて一緒にしないのがオサレ、ってわけですね♪名古屋市中村区名駅にてNikon F3Ai Nikkor 55mm F1.2 with Variable ND FilterNeopan 100 A... [続きを読む]
  • 斜に行き交う光蜥蜴の7日間
  • 斜めに行き交う見事な光蜥蜴・・・これ、二重露出じゃないんですよね、ショーウィンドーに反射する横断歩道と内部の階段が綯交ぜになった風景です。ショーウィンドーには真っ白なカッティングシートでお店の名前が記されていました。「七日間」ってことですが、定休日がないってことなのかな。^^名古屋市中村区名駅にてNikon F3Ai Nikkor 55mm F1.2 Neop... [続きを読む]
  • インフラ映えする真夏のマンリン小路
  • 足助のランドマーク、マンリン書店の横にあるマンリン小路です。ここは黒塗板塀と白壁の家が連続する場所で、和の情緒が楽しめる場所になっています。夏の強烈の日差しの中でInfraredフィルムで撮ると、さらにそのコントラストが強調されます。ある意味、ここもインスタ映えなららぬインフラ映えする場所ですね♪愛知県豊田市足助町にてRollei 35Tessar 40mm ... [続きを読む]
  • コスモスと戯れる舶来トラクター
  • 「やっと秋が来たな、うれしいな、るん♪」と、アイボクのコワモテ廃トラ、International Harvester 576が喜んでおりました。実はこの576の置かれている場所にはまるでコスモスが咲いていないんですよ。なので二重露出で、あたかもコスモス畑の中で遊んでいるような写真を演出してあげました♪しかもこのコスモス、ピンク系じゃありません。実際には濃厚なオレンジ色で、こんな涼し気... [続きを読む]