きらら さん プロフィール

  •  
きららさん: 年収1000万⤴三高アラサー女の婚活日誌
ハンドル名きらら さん
ブログタイトル年収1000万⤴三高アラサー女の婚活日誌
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/s-k-lalala/
サイト紹介文セレブアラサー女の、結婚相談所(クラブオーツー、フェリーチェ)を使った本気の婚活
自由文ビジネス的な市場価値を高めるばかり、
女としての市場価値を低下させ続けているアラサーです。
ていうか、ぎりアラサーです。

高学歴、高身長、高収入。
私、イケてないわけじゃない!
男だったら、絶対モテ男!!

という、被害者意識と妄想にあふれた、
ドタバタ婚活事情のリアルをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/11/28 19:41

きらら さんのブログ記事

  • 不妊治療と40代での結婚について
  • なんていうか、世の中の人は、高齢出産を甘く見過ぎていると思う。37歳で高額な不妊治療をして、妊娠する確率は50パーセント。さらに妊娠しても、初期流産の確率が30パーセント。42歳になると、そもそも不妊治療の助成対象から外れるので、高額な治療費は全額負担となり、かつ高額な不妊治療をしたところで、妊娠率は10パーセント以下です。初期流産率は60パーセント。42歳で子供を授かるというのは、本当に大変なことがわかります [続きを読む]
  • 今日からバカンス?
  • てっぽう君と奇跡的にお休みが5日合ったので、今日から短いバカンスに行ってきます?キララは別にお盆休みというわけではないのだけど、たまたま彼がクリニックを空けられてお休みするのがこの期間という、なんとも不経済なお話ですが、独身以来の久しぶりの海外旅行?俗世を離れて、ネットからも離れて、ゆっくりしてきます。コメ返などできませんが、ご了承ください??だらーん??????コーチング、テキスト購入のご案内は [続きを読む]
  • 結局、私の婚活はなんだったのか②
  • 結局、自分が良いと思えるお相手と結婚できたのは、以下の3点であるとの振り返りを行いました。1.自分から狩りにいった2.相手が求めるスペックをこちらが持っていた3.男性に求めるスペックは多くの女性と変わらないが、好きなタイプが一風変わっていた前回は、3という、「そんなこと言われても今更変えられなくね?」的な話をしました。今回は、努力が効きそうな1,2を説明。まず、結論的には1がすっごい重要ということ。競争で重要 [続きを読む]
  • 結局、わたしの婚活はなんだったのか。
  • てっぽうくんと2人で、自分たちの婚活の総括をして、自分の婚活を今一度考えてみました。私達の婚活は、結局のところ、1. キララが好みの男性(てっぽうくん)を見つける2. キララが好みの男性(てっぽうくん)を狩りとる これに尽きるんじゃないかなと。え、市場価値とか婚活偏差値とか言っときながら、好みの男と結婚しただけじゃん。という、皆様の声が聞こえて来そうです。ええ、その通りなんです。言っちゃったよ、この子。 [続きを読む]
  • あと3歳先の意識なら、人生無双
  • 小学校6年生の時、「今の頭で小3なら無双なのに!」と思ってました。高3の時も、「今のレベルで高1なら、受験がどれくらい楽なんだろう」と思ってました。開成や灘高は、リアルに高1で高3までの勉強を終わらせていたと後にはなって知るわけですが、、、コーチングをスタートして、20代後半〜40代のの方までお逢いして思うのは、まさに上記のことです。20代のお嬢様たちはまだまだ婚活への本気度がキララから見ると低くて、この歳 [続きを読む]
  • 深夜のダメ恋図鑑 4巻!
  • 数少ない男性の読者のみなさん!リアルな婚活教科書の新刊がでましたよ。その名も「深夜のダメ恋図鑑」本の概要はこーんな感じ。↓↓↓深夜、ダメンズに悩まされる3人の乙女達によって繰り広げられる、世にも恐ろしい体験談…それが「深夜のダメ恋図鑑」。世の中にダメンズ話は数あれど、その恐ろしいまでのダメ度とリアルさで異常人気を博しております。読めばアナタも絶対「居る居る〜〜〜!!!こういうヤツ!!」と叫びたくな [続きを読む]
  • 長生きリスクと結婚
  • 先日、母親と、母と私の着物友達、私の3人でランチをしました??キララは午前中新宿でお仕事→小金井でランチ→みなとみらいでお仕事→会社で打ち合わせ、という過密スケジュールでしたが、自分と違う価値観や視点を持っている方で、なおかつ頭の良い方とお話をするのは、とても楽しいもの??なので、スケジュール調整しました!彼女は60歳ですが、学校の先生→福武書店→フランス在住15年→ベネッセ(現在)という経歴の方で、 [続きを読む]
  • 独身時代の生活レベルをキープしたいの誤り
  • 表題の件。何を隠そう、キララもそう思ってました。「給料=お小遣いのこの生活がキープできるとは流石に思わないけど、生活レベルってやはり下げらんないよねぇ??」これが、女子会の多くのメンバーに賛同頂いていた、キララの意見です。んで、結婚してみてから、キララの生活はナチュラルに超地味になりました。まず、ブランド物の洋服をあまり買わなくなった。アクセサリーも買わなくなった。夜ご飯を家で作るようになった(= [続きを読む]
  • 某役員との会話。女の採用は年々リスキーに。
  • この前、とある企業のCHO(最高人事責任者)と会食をして、お酒が入ったこともあり、女性の採用について本音トークをしました。(CHO)大きな声では言えないけど、昔に比べて、女性を採用するのがリスキーなんですよ。(キララ)あー、その話、時々聞きますよ。昔はさ、寿退社が普通だったから、(どうせ数年でいなくなる)という前提で、そのレベルの仕事しか与えないし、教育投資もしなかった。でも、今は違うからね。かといって [続きを読む]
  • キララさんのけちんぼ!無料でコーチングしてくれ!へのお答え
  • 婚活コーチングをトライアルで行うとお伝えしてから、何名かの方から上記タイトルのようなメールを頂きました。大体、要約するとこんな感じキララさんのブログ、ずっと前から読んでます??キララさんにもお会いしたいし、コーチングとても興味あります!でも、少ない給料のなかで、結婚相談所登録したり、うまくいくために美容にお金使ったりして、どうしてもお財布に余裕がありません。キララさんって経営コンサルで稼いでるし、 [続きを読む]
  • 年収1000万円以上の男子会②なぜ今の結婚相手に決めたか?
  • 自社のおのこ達の厚意で続けている、このシリーズ。婚活市場では引く手数多であろうスペックの持ち主(年収1000万以上、学歴早慶以上(殆どが海外MBA取得)、コミュニーション力もあり、顔も5段階で4以上)の彼らが、なぜ今の奥さんを選んだか??男A→ていうかさ、べつに婚活とかしてないから、ピンとこないんだよね男B→そうだね。お見合い居酒屋とかは楽しいから行くけど笑←勿論既婚キララ→じゃあ、なんで今の奥様にしたの? [続きを読む]
  • お断り→一部の方のメッセージの受信を拒否することにしました
  • ベルギー????戦、素晴らしかったですね。ポーランド????戦でのパス回しサッカーが世界で(人によっては日本でも)批判されてましたが、もう、消し飛びましたね。世の中の声なんてそんなもんだから、決勝リーグ進出してホントに良かったわと今更ながら想いを馳せております。次こそベスト8!!そして、タイトルに戻りますが、、、時々呪いのメッセージやクレーマーからのメッセージを頂戴しておりまして。面白いので受信す [続きを読む]
  • 年収1000万円以上の男子会①結婚相手のスペック
  • まぁ男子会というか、キララの会社(経営コンサルティング会社)の同僚男性ズの集まりなんですが、メンバーはアラフォー(30代3人、40代で2人)の男性5人+キララ。年収1000万円以上の男性が労働人口の6.8パーセント、この年代だと3パーセントくらいと思うと、普段「ちゃんと働いて売上あげなさい!」「汗かいているアピールとかいらないから。成果だけ見せて!」とか会議で詰めてる人でも、なんか希少性あるイケてる奴らに見えるか [続きを読む]
  • 皆さま(一部の方)の声にお応えして、テキスト作りました
  • コーチングををスタートしましたが、キララの考え方や手法を口頭で説明することの限界を感じ、テキスト(指南書)を作成しました。キララは、自分の婚活がうまくいったのは、経営コンサルのあらゆるスキルをフル活用したおかげと思っていまして、その具体的なやり方と考え方を体系的にまとめました。内容は下記です。・導入=戦略婚活の考え方と方法論の解説・Step1=自分を知る・Step2=自分にとっての最高のお相手を知る・Step3 [続きを読む]
  • 婚活コーチング、恋愛コーチされている方のブログを見ての感想
  • うーむうーむ。婚活コーチングをスタートし、婚活女子へのコーチングをされている方のブログを色々拝見すると。。。なんていうか、超絶、当たり前のことが山ほど書いてある。こいつら、これでお金貰ってんの?いや、恐らくこれは彼らが悪いんではない。このニーズが結構あるんだな、きっと。お見合いする前には、きちんとお相手のプロフィールを確認しましょう??奢って頂いたら、丁寧にお礼を??ラインは、疑問形で返すとお返事 [続きを読む]
  • 独身男性座談会。面白いのでシェア
  • 独身男性座談会。結婚事情について語った記事ですが、読んでいて実感値と近いので載せてみます。まぁ、そこそこハイスペの30代独身男性は、「結婚したいけど、今じゃなくてもいいや」「本当にいい人がいればねー」くらいのモチベーションなんですよね。キララ的には、結婚相談所で会った人ですら、そんな方が殆どでしたわ。えーっっ 不誠実!って思われた女性の方々。結婚したいという想いはお持ちだと思うけど、お相手は誰でもい [続きを読む]
  • 日本人遺伝子の劣化が進行。問題発言でも、事実は事実。
  • うちの母は宣いました。「時代が時代なら、私もバリバリ働いて社会貢献したのに」義理の母も宣いました。「夫は、一緒にいるのが恥ずかしいくらい低レベル」まぁ、キララから見ると、明らかに旦那の方が稼ぐ力が高く、彼女達が社会的に活躍するイメージは全く湧かないわけですが、うちの親世代って、良い遺伝子を残すという意味では良い時代だったと思うんです。だって良い遺伝子を持った女もそうでない女も、玉石混交で「女は結婚 [続きを読む]
  • トライアルで婚活コーチングをやってみます。
  • 婚活中の読者の方より、コーチングをして欲しいというお声をいただいており、実はここ数ヶ月迷っておりました。本業でないキララがやるのも。。。と思いながらも、お見合いおばさんのレベルに愕然としている方々が多くて、(わかる!キララの担当者も時給900円レベルのお仕事ぶりでした)本当に真剣に婚活している方の役に立てるなら、というピュアな気持ちと、キララが実践して成功した婚活アプローチが、他の方にも応用できるの [続きを読む]
  • お医者さんが元彼の女と、元彼のお医者さんのおはなし。
  • てっぽう君が医者なので、最近医者友達が増えつつあるキララ。ぶっちゃけトークを聞いていると、婚活オンナからすると世にも恐ろしいお話を聞くこともございます。今回は、元彼、元カノの双方側から聞いたお話。その元カノ(東京都職員なので、トコちゃんと命名)の友達(新聞社に勤めているのでシンコさんと命名)が、てっぽう君やてっぽう君の友達(医者)とも友達なので、双方から話を聞けたんです。シンコさんと、医者君、てっ [続きを読む]
  • 高収入女性は結婚のために専業主夫を受容できるか。
  • 国力は人である。その「人」とは、人の量と質である。うむ。企業経営だと、出来が悪い人が足を引っ張るので少数精鋭がいいけど、国という単位だと、マーケットの側面もあるので、人数はやはり存在感になりますからね。つまり、国力で考えると、「量」を担保するため女は子供を2人以上産むべきだし、「質」を伴う出来の良い女は尚更バンバン産むべき。にも関わらず、高収入女子(少なくとも資本主義に置いては高価値)ほど婚姻率が [続きを読む]
  • 迷い中です。。。経営コンサルと婚活コンサル
  • 最近、ブログの読者の方が増えてきて、時々、婚活相談を受けるようになりました。キララはプロの経営コンサルタントなので、根拠のない主観でのアドバイスは嫌いです。自分の成功体験というN1を拡大解釈して、したり顔でアドバイスする婚活コンサルタントは、本当に相容れないというか、真逆の存在だと思っています。コンサルタントというのは、ファクト(事実)を集めて、それを多角的に分析し、so what=意味合いを出すことで、 [続きを読む]
  • 女子って、ホントに????????
  • まずこの画像をご覧下さい。東洋経済の記事で、 結婚で重視したい条件を、複数回答可で男女別に聞いています。色々読み取り方はあると思います。みなさん、どう感じましたか?キララは何より、赤い棒の面積が大きいことに驚きました。端的に言えば、女ってワガママでめんどくさい。よく、結婚相手に求めることと彼に求めることは違うっていいますが、結婚相手に求めなくて、彼には求めるものってなんかあるんでしょうか?結局、か [続きを読む]
  • 結婚式、減って来ました( ´Д`)みんな、幸せ報告プリーズ!
  • 最近、結婚式の出席が明らかに減りました。2年前までは1か月〜2か月に一度くらいは必ずあったんですが??結婚式は交友関係を広げる良い機会なので、寂しいかぎりです。。。以前、友達がいなくなる!の記事を書いたら「自慢の旦那と引き換えに友達いなくなったのね♪」と言われた方がいましたが、キララは友達100人いる子なのでまだまだ大丈夫です。来月、久しぶりに結婚式??ゼミの後輩で三菱商事の商社マンと、元宝ジェンヌのカ [続きを読む]
  • アンチの方からのメッセージ
  • ブログを書いていると、時々来るアンチの方からのコメント。ブロガーの方の中には、アンチが嫌で閉鎖される方も少なくなく、キララが更新楽しみにしていた方も閉鎖されてしょんぼりでした。。キララはダイバシティ推奨派なので、色々な意見は基本楽しくて歓迎なんですが、キララへのアンチコメントは、大別すると以下です。(コンサルなのに)頭が悪い人格の否定調子に乗るな一応、一個一個への反論をば。(コンサルなのに)頭が悪 [続きを読む]
  • 恐怖!友達がいなくなる
  • キララが20代後半の頃、リッツやシャングリラでお泊り女子会を定期的にしている仲間がいました。メンバーは、総合商社、弁護士、外資系金融、アナリスト、コンサル、広告、新聞記者などなど。全員で集まるというより、その時集まれる4人くらいでお泊まりする、という感じでした。そしてそして、、、30代も半ばに差し掛かった今、結婚した子→4人結婚を継続している子→2人長期で海外に行っている子→4人独身を継続している子→6人 [続きを読む]