KOU さん プロフィール

  •  
KOUさん: エヌゲ道 since 2015 Nゲージ鉄道模型とか
ハンドル名KOU さん
ブログタイトルエヌゲ道 since 2015 Nゲージ鉄道模型とか
ブログURLhttp://ngage-figure-saint-seiya-mobilesuit.blog.jp/
サイト紹介文約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話、フィギュアなどを紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/11/29 02:20

KOU さんのブログ記事

  • 「ブログ巡りは楽しいな」。
  •  「トム&ジェリー」のサブタイ風に(笑)。 自分のブログの更新は滞っても、お気に入りブログの巡回は習慣になっています。 写真が美しかったり、記事が楽しかったり、うんうんと共感したり・・・。 それぞれのブログに個性がありますし、ブログ主さんに共通しているのは「鉄道模型が大好き」というところですね。 私と違って、こまめに更新されるブログが多いので、ブログ巡りは毎日の楽しみになっています。 今日はレンタ [続きを読む]
  • レンタルレイアウトに持ち込む車両について。
  •  私は自宅に固定式レイアウトを所有していないので、レンタルレイアウトに出かけて行くわけですが、その際に毎回考えるのは「どんな車両を持って行こうかな」という点です。 レンタルレイアウトは有償で路線を貸し出すわけですから、長編成の列車を思う存分走らせるためにロングランが楽しめるレール配置が多いです(写真のレイアウトは「sMALL☆wORLD」)。 なので、私は自宅のテーブル上レイアウト(笑)で走らせるのが難しい [続きを読む]
  • 新規入線車両(マイクロエース キニ58形)。
  •  今回の新規入線車両は、マイクロエースの「キニ58形」です。 中古ショップのジャンク扱い品カゴに刺さっていました。 首都圏色のT車で、車番が「2」ですから、これは「品番 A0720 キニ58形2両セット」のバラ車両ですね。 ほとんど変わらない価格でM車も置いてあったのですが、私はKATOの「キハ40・47系」と連結して運用することにしているので、T車だけでいいかなと。 探していた車両なので嬉しいです。 (^_^) [続きを読む]
  • 「直流式機関車 対 交流式機関車」
  •  私が幼児だった頃、「東映まんがまつり」という、子供向けのアニメや特撮作品をオムニバス形式で上映するという映画シリーズがありました。 私は映画をおねだりする子供ではなかったのですが、ある年の「東映まんがまつり」のタイトル中に「グレートマジンガー 対 ゲッターロボ」というタイトルを見つけてしまいます。 幼児だった私でも、「対」が意味することくらい分かっていたので、「グレートマジンガーとゲッターロボが戦 [続きを読む]
  • 健康が一番です。
  •  先週末からインフルエンザを発症してしまい、寝込んでおりました。 すぐに薬を服用したためか、熱はそれほど上がらなかったのですが、身体中の痛みはたまらなかったですね・・・。 普段はなかなか意識しませんが、やっぱり健康が一番です! 元気になりましたので、近々またレンタルレイアウトに出かけたいな、と思っています。 「ポポンデッタ イオンモール福岡(閉店)」にて以前撮影した、お座敷客車「スロフ81形(KATO) [続きを読む]
  • マイクロエース 「EF13形電気機関車 17号機」
  •  「EF13形」は1944(昭和19)年に登場した国鉄の直流式電気機関車です。 当時は太平洋戦争のただ中であったため、鋼材節約の戦時設計として、凸形のボディが採用されていました。 戦後一時的な改良が施された後、1953(昭和28)から1957(昭和32)にかけて、特徴的だった凸形車体を「EF58形」の旧箱形車体に載せ替えるという第2次改装が施された「EF13形」は面目を一新し、1979(昭和54)まで貨客車を牽引して活躍しました。  [続きを読む]
  • 自然光の下で、車両を撮影してみた。
  •  夕方になり、ふと思いついて、自宅のベランダで車両を撮影してみました。 逆光気味で「EF13形(マイクロエース)」。 築堤上のイメージかな。 車体と先台車の隙間がちょっと目立ちますね。 (^_^;ゞ こちらは、マイクロエースの西鉄「5000形(左)」と「2000形(右)」。 まぁ、並んでいる感は拭えませんが(笑)、複線高架と背景のマンションが似合っていて、なかなか良い感じです。 屋外で撮影してみるのも、やってみる [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  •  明けましておめでとうございます。 今年も当ブログをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m 相変わらず固定式レイアウトは夢なので(笑)、昨年はレンタルレイアウトに出かけて行き、多くの列車を走らせました。  「モデラーズ松永(佐賀県)」 「モデラーズ松永(佐賀県)」 「スモールワールド(山口県)」 「スモールワールド(山口県)」 また、自宅から近かった「ポポンデッタ」が閉店してしまうという悲劇もありま [続きを読む]
  • 新規入線車両(マイクロエース EF13形17号機)
  •  世間ではKATOの「四季島」入線が話題となっておりますが、我が道を行く当鉄道には全く影響がありません(笑)。 今回の新規入線車両は、マイクロエースの「EF13形17号機(品番 A2202)」です。 箱形ボディの「EF13形」はKATOからも発売されていますが、今日のモデルはジャンク扱い品でめちゃくちゃ安かったので、つい手が出てしまいました。 2,000円でお釣りが来ましたからね。 (^_^) このモデルの正式名称は「EF13-17 ATS- [続きを読む]
  • KATO 「ED76形 電気機関車 500番台」
  •  「ED76形」は、1965(昭和40)年に登場した交流式電気機関車です。  そのうち耐寒装備が施された「500番台」は北海道仕様とされ、1968(昭和43)年から翌年にかけて22両が製造されました。 同じ「ED76形」を名乗ってはいても、九州向けとされた基本番台と「500番台」では別の機関車と言っていいほどの違いがあるのですが、時の国鉄労組との関係から、新型機関車ではなく番台区分とされたのだとか。 この辺りの事情は、「EF64 [続きを読む]
  • マイクロエース 「ED72-1 試作機」
  •  「ED72形」は、1961(昭和36)年に登場した九州地区向けの交流式電気機関車です。 全部で22輛が製造されましたが、1号機と2号機は試作機とされ、3号機以降の量産機とはスタイルが大きく異なっています。 「ED72形」は、Nゲージではマイクロエースによって2002(平成14)年に模型化されており、試作機の品番は「A0150」、量産機の品番は「A0151」でした。 今回入線したのは、独特のスタイルが魅力の「試作機1号機」です。 [続きを読む]
  • KATOの「EF58形」に思うこと。
  •  KATOの「EF58形」は、エンドウの同モデルが発売された翌年の1979(昭和54)年に発売されました。 このKATOファーストモデルは、前年に発売された「EF57形」の動力ユニットを流用したため、多くの方がご存じの通りスケールよりも若干大きめとされています。 エンドウのモデルはさらに巨大でしたけどね・・・。 (^_^;ゞ その後、1985(昭和60)年にトミックスから発売された「EF58形」は、KATOのモデルよりも若干小さくなって [続きを読む]
  • KATO 「ED76形 500番台」のカプラー交換。
  •  KATOの「ED76形500番台(品番3071)」を整備していた際に、気がついたことを・・・。 北海道向けの重装備が、たまらない魅力の機関車です。 (^_^) ナンバープレートを取り付けた後は、カプラー交換。 シャンクが長いアーノルトカプラーが標準装備されています。 付属のナックルカプラーに交換してみました。 あれ? シャンクが長いですよ、これ。  KATOカプラーに交換済みの「50系客車(トミックス)」と連結してみまし [続きを読む]
  • 新規入線車両(マイクロエース ED72-1 試作機)
  •  仕事帰りに中古ショップに立ち寄ったところ、棚にマイクロエースの「ED72形」を発見! しかも、探していた試作1号機! 中古ながら新品並みのお値段でしたが、売っているところを初めて見たので(笑)、購入してしまいました。 これは2002(平成14)年にマイクロエースから発売されたもので、「ED72形」のNゲージ完成品としては唯一のモデル。 量産機(品番 A0151)と同時に発売され、価格は 5,800円でした。 今なら、こん [続きを読む]
  • KATO 「ED70形 電気機関車」
  •  「ED70形」は、1957(昭和32)年に登場した日本初の量産型交流用電気機関車で、19両が製造され、北陸本線で活躍しました。 量産型とはいえ試作的な要素が強かったことや、汎用性が高い交直流両用の電気機関車「EF81形」が大量に増備されていったことなどから、1975(昭和50)年までに全車が廃車されていきました。 この「ED70形」のNゲージ鉄道模型は、1980(昭和55)年にトミックスから発売されたものが長らく唯一の製品でし [続きを読む]
  • レンタルレイアウト 「STAGE.1 2017.11 2nd.」
  •  小倉にある「STAGE.1」のレンタルレイアウトを訪ねました。 今月2度目の訪問です。 広大なレイアウト。 今回も空いていました。 (^o^) 「EF58形(KATO)」がオリジナルの特急列車を牽いていきます。 この列車はKATOとマイクロエースの混成で、荷物車、特急座席車、グリーン車、食堂車、寝台車で編成されたバラエティ豊かなもの。 郵便・荷物列車を牽く「EF62形(マイクロエース)」。 国鉄末期の姿を再現。 牽引機を [続きを読む]
  • レンタルレイアウト 「モデラーズ松永 2017.11」
  •  佐賀市にある模型店「モデラーズ松永」を訪ねました。 このお店は、いわゆる昔ながらの模型店。 (2階に)見事なレイアウトがあると聞いての訪問です。 老舗のたたずまいを見せる「モデラーズ松永」。 お店の裏に駐車場があります。  店内(1階)に設置されているレイアウトを眺めていると、お店の人に「走らせてみる?」と声を掛けられました。 「2階のレイアウトでも走らせることができますか?」と尋ねたところ、案 [続きを読む]
  • レンタルレイアウト 「STAGE.1 2017.11(後編)」
  •  「STAGE.1(ステージワン)」のレンタルレイアウト、「前編」に引き続き、後編です。 「キハ58系」は、KATOとエーダイの混結編成。 「キロ28形」のうち1両はトミックスの旧製品(HGではないもの)。 張り上げ屋根ではないので、編成中ですぐ分かります。 ・・・あと、色も・・・。 (^_^;ゞ 勾配を下る「キハ181系(トミックス)」。 「キハ181系」は、山間部だけではなく海辺もよく似合います。 旧客の急行列車を牽く [続きを読む]
  • レンタルレイアウト 「STAGE.1 2017.11(前編)」
  •  3連休を利用して、小倉にある「STAGE.1」のレンタルレイアウトに行ってきました。 前回訪れたのが4月ですから、半年ちょっとぶりです。 開店の30分後に到着しましたが、レンタルレイアウトは一番乗りでした。 (^_^;ゞ さっそく走行開始です。 「20系客車(KATO)」を牽く「C57形43号機(マイクロエース)」。 実際には同時代に存在したことがない両車ですが、イベント列車の雰囲気で。 こういったことができるのも、模 [続きを読む]
  • マイクロエース 「C53形蒸気機関車 43号機」
  •  「C53形」は、1928(昭和3)年に登場した蒸気機関車で、日本初の、そして唯一の3シリンダー式機関車として知られています。 しかし、高性能ながらも非常に高度な設計・維持管理が必要だった3シリンダー式蒸気機関車は、当時の技術では持て余したようで、その後国内で設計されることはありませんでした。 その「C53形」のうち「43号機」は、当時世界的な流行だった流線型に改造され、独特の外観を呈するようになりました。  [続きを読む]