eing さん プロフィール

  •  
eingさん: 日々画材をめでたいーたまはり@airー
ハンドル名eing さん
ブログタイトル日々画材をめでたいーたまはり@airー
ブログURLhttp://mayso.sakura.ne.jp/mayso.sakura.ne.jp/
サイト紹介文手作り顔料や国内外で見つけた画材(紙、筆、絵の具等)展示の紹介を中心にポツポツ書いております。
自由文日本画家、というには、時々突飛な事をしでかしすぎてしまうので創作日本画家と名乗っていますeingです。
 てづくり顔料を使った制作を中心に不思議な生き物を描いてみたり花鳥画を描いてみたりクレヨンでイラスト書いてみたりしています。
 手作り顔料の作り方も載せているので、ご興味のある方、ぜひお気軽にお越し下さい。^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/11/29 10:26

eing さんのブログ記事

  • 年賀状の季節〜フリー素材配布してます〜
  • いよいよ本格的に年賀状の時期ですね!来年は酉年、定番のにわとりはもちろんメジロやカワセミ、ツルもいいかもしれません 実は一年ほど前からこちらでフリー素材の配布(イラストレーター名:nago)をしています。→イラストダウンロードサイト【イラストAC】画像はすべて画仙紙に墨と水彩で書いたもの、それをデジタル処理しています。手書きの筆線のおもしろさ、日本画や墨彩画、運筆画がもっと身近なものになっていったらいいなと [続きを読む]
  • 年賀状の季節〜フリー素材配布してます〜
  • いよいよ本格的に年賀状の時期ですね!来年は酉年、定番のにわとりはもちろんメジロやカワセミ、ツルもいいかもしれません 実は一年ほど前からこちらでフリー素材の配布(イラストレーター名:nago)をしています。→イラストダウンロードサイト【イラストAC】画像はすべて画仙紙に墨と水彩で書いたもの、それをデジタル処理しています。手書きの筆線のおもしろさ、日本画や墨彩画、運筆画がもっと身近なものになっていったらいいなと [続きを読む]
  • 日本の美術-全国選抜作家展-DMが届きました!
  • 先日ちらっとお話ししていた””日本の美術展”運営さまより本日DMと作品のポストカードが届きました!出展させていただいた作品は箔をたくさん使っていて印刷にちゃんとでてくれるか、不安だったのですが、さすがの美術印刷。とても忠実に印刷していただけました!現代の印刷技術はスゴいですね。。2月中旬より上野の森美術館にて開催予定ですので、お時間ご予定あいましたら、ちらっと覗いていただけると嬉しいです! 《第 [続きを読む]
  • スケッチ《ボケ》
  • ボケの花が咲き始めましたまるっと柔らかいシルエットがなんともかわいらしいですなんだか名前でちょっと損してる気がしますが、このボケも庭を手に入れたらぜひとも育てたい木の一つ寂しくなりがちな冬の景色にちょっと温かい気持ちにさせてくれるお花ですね このブログを始めてそろそろ一年、スケッチも色紙も結構たまってきたので、そろそろ一覧できるギャラリーをつけてみようかと模索中です。年内にできたらいいな [続きを読む]
  • 赤松黒松《銀箔に着彩》
  • ドーサ引きした箔に描いたマツ2種赤松の幹と葉のコントラストが素敵だな〜と見つけるたびにスケッチしていたのですが、この前出雲の方に行ったときに見かけた黒松がまた隆々としてカッコよくこれはいっそ松という植物の力なのだなと2つあわせてみました圧巻させるあの魅力を画面に載せようという試みです [続きを読む]
  • 初雪《石州紙》
  • 11月に初雪なんて!おどろきました。刺すように寒い一日でしたね夏の終わりに描いた芙蓉、それが本日はまさかの雪との共演でした随分長い間花を咲かせてくれていたのですが、日を追うごとに葉っぱが赤みを帯びて、いよいよ今年は終わりかな?と思っていた矢先の雪でした。秋があっという間だった今年の象徴の様な景色だな、とふと思いました [続きを読む]
  • スケッチ《紫式部》
  • 紫色のつぶつぶがなんとも秋らしい、紫式部。こちらもまた、古くから親しまれた植物なのかなぁ〜と、散歩先で見かけると嬉しくなります 綺麗な紫です。天然の赤紫13番のような色でしょうか・・紫は岩絵の具の中でも以外と色数が少ないのでなかなかピシャリ!と決まらない所があります。 [続きを読む]
  • 山茶花にセキレイ《金潜小扇面色紙》
  • 山茶花とセキレイをあわせてみました。冬の足音が聞こえてくるような季節となりましたね先日、鈴木其一展に行った際に見かけた”描表装”をヒントに..違う紙の兼ね合いが楽しい扇面や丸窓の色紙はこういう感じに仕上げても華やかで面白いです比較の参考に以前書いた色紙たち詳細記事《白薔薇》詳細記事《金と黒》詳細記事《菊花》前回の記事のスケッチの通り、じつはまだ近くでサザンカは咲いていないのですが…去年とった写真な [続きを読む]
  • スケッチ《松江フォーゲルパーク》
  • 松江から一畑鉄道でちょっといった宍道湖のほとりにある鳥と花の楽園、松江フォーゲルパーク!鳥好きにはたまらない正に楽園な所でした。近くにあったら年間パス迷いなく買うのに。。フクロウや鷲も登場するバードショーが一日に四回くらい行われていて、水鳥エリア、熱帯エリアなど分類分けされた空間で、いつもの動物園では格子越しにしかみれない鳥が間近に、ほんとうに間近に見れます!!鳥の暮らしている空間に人がおじゃま [続きを読む]
  • 柿《石州紙》
  • 本日10月26日は柿の日だそうですね色もおいしい秋の味覚先日、島根県浜田市の石州和紙会館で購入した石州半紙に描いてみました無形文化遺産にも登録されているというこちらの紙、楮紙なので薄くつるつるとしていてすこし黄味を帯びた繊細な美しさがあります。にもかかわらず、丈夫なのが素晴らしい!力強く筆を動かしてもびくともしません、とっても使いやすい!!繊細さと強さを併せ持つ紙というのはなかなか難しいので、これは [続きを読む]
  • 足立美術館ー行ってきましたー
  • 四季折々に違った表情を見せる庭園が美しく日本一と誉れ高い島根県は安来市の足立美術館に行ってきましたここの所、あたたかい日が続いたせいか紅葉は少し始まってきたところ赤く色づきはじめる様子もなんだか時間の移ろいを感じる事が出来て、いつまでも眺めていたくなる魅力があります。うわさ通り、手入れの行き届いた庭園はどこから見ても一幅の絵の様に格好よく写真を撮るのもいっそ野暮なんじゃないかというくらい(といいつ [続きを読む]
  • 出雲のメノウ
  • 宍道湖岸にて田園そだちのせいか、田んぼを見てると落ち着きます…それはさておき、念願叶ってやってきました神話の国?出雲?名産のメノウもバッチリゲットできました。緑メノウといったら岩絵の具でいうところの《碧玉》の原石ですしかし流石にこちらを粉砕するのはなんだか気が引けるので鑑賞用かな。。 [続きを読む]
  • 萩《鳥の子色紙》
  • 萩がいろんなところで咲いてると秋だなぁとしみじみと実感します萩の花が咲くのをみるのは秋の楽しみの一つですねともすれば薮のようにもじゃッとしてしまいそうなのに、なんであんなに静謐な品があるのかなぁとスケッチしていたらどうにも規則正しく対象に並ぶ葉や、スッキリとした形の花弁にその秘密の種があるようです一見混沌、よくよくみると整然、複雑な数の羅列が一つの簡単な数式に当てはまる様な数学的な魅力がある花だな [続きを読む]
  • 松のスケッチ
  • 赤松のよく手入れをされた木肌は本当にきれいだなぁと思います。歴史的な時間の流れを感じさせるゴツゴツとした緑灰色の木肌と、赤く若々しい木肌のコントラスト時間の移ろいの儚さと植物の力強さを感じます [続きを読む]
  • 林檎《金潜小扇面》
  • 先日のスケッチを色紙に仕立ててみました吸い寄せられる様なあまい薫りが画面からでも感じられる様、特に思いをこめましたまるく愛らしい色合いとゴロリとした確かな重みと存在感がある秋の味覚 りんご。実もさることながら、林檎の樹や枝葉、花も美しいですまた実っている所を見に行きたいなぁ [続きを読む]
  • りんご《スケッチ》
  • 実家に帰ったらとても立派なリンゴをいただきました。その名もシナノドルチェつるっとしていて甘い薫りがして見るからにおいしそうなのですが、味見はこれからですリンゴを描いているとなんだか初心に返れる気がするので不思議です [続きを読む]
  • 読書の秋-日本画の本のご紹介-
  • 夜が長くなってきましたねそんなこんなで今回は日本画の本のご紹介学生時代、技法や画材の知識を探そうにも日本画の本があまり見つからなくて苦労しました図書館にも置いてない事があるし、池袋なんかの大きい本屋でも日本画の技法書コーナーは微々たる物だったりすることもしばしばしかし探すときにはないのに、フラフラっと画材屋さんを散策したりしていると面白い本に出会ったりというのは意外とあるものですくないですが、今参 [続きを読む]