たにむらこうせつ さん プロフィール

  •  
たにむらこうせつさん: 言の葉に癒されて
ハンドル名たにむらこうせつ さん
ブログタイトル言の葉に癒されて
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kousetu9904
サイト紹介文日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴りま(^^) (BGMが流れます。ご注意を!!)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/11/30 16:07

たにむらこうせつ さんのブログ記事

  • 言の葉の安らぎ
  • 青空が笑顔に見える草木が宝石に見える陽射しは微笑んで白い雲は流離いの旅人自然の全てが特別な存在に見えるのは何故だろう何もかもが大切で心から愛おしく想う生かされている感謝がこの身を支え今日を生きる力を孕んでいる魂から溢れる言の葉「ありがとう」いくら時が経とうとどれだけ時代が変化しようとこの言の葉はとこしえに変わらない私の願いが限りない温もりに包まれて大きな安らぎへと変わりゆくまで言の葉は紡がれて行く [続きを読む]
  • 終秋気配
  • 終秋の空多めの雲の隙間薄水色の空が見える隙間から差し込む太陽の光輝きは少し弱気冷たさを増した風頬をかすめて耳に絡まる終秋の気配都会の街に広がり人々はもう冬の支度炬燵を出したりダウンを着たり今年の冬はいつもと違うこの冬の寒さ負けないでと願うこの冬の厳しさ挫けないでと祈る都会の終秋の気配の中寒さと厳しさ越えて欲しいと皆の心に祈らずにはいられない〔秋ももう終わりが近い。寒いので風邪等引きませんように〕ペ [続きを読む]
  • 信頼と絆
  • あなたは家族の顔を思い浮かべることが出来ますか父親 母親 兄弟 親戚妻や子供あなたは友人の顔を思い浮かべることが出来ますか親友 悪友 旧友遠くに住む友や会えなくなった友思い浮かべたその顔はどんな顔をしていますか笑顔 泣き顔 怒り顔思い浮かべたその人たちにあなたは話しかけていますか思い浮かべたその人たちはあなたに語りかけて来ますか私の中には多くの方が住んでいます話し合い語り合い支え合っていますたとえ [続きを読む]
  • 生きる
  • 当たり前に生きたいたとえ身体が不自由でもたとえ緊張強くてもひたすらに前向きに生きて行きたいたとえ道に迷っても人に指を指されても生きるとは奇跡なのだ思い切り感じて思い切り信じて生きて行きたい一回生期の人生を思い切り味わい尽くしたい一回生期の人生を意味有るものに変えて行きたい自分の中の真の願いを実現出来るその時まで自分の心に真の自分を見つける事が出来る時まで当たり前の人生を力の限り生きて行きたい〔障が [続きを読む]
  • めぐり会い
  • 薬局の壁に「めぐり会い」誰かの詩のタイトル心にホッと温もり伝わる妻や娘の明るい笑顔友人達の笑い顔沢山胸に広がって思わず目頭熱くなるみんなとめぐり会うために私は生まれて来たのだろうみんなに支えられながら私は生きているのだろう感謝の想いを大切に胸一杯に刻みます今度は私がみんなの事を一人一人に願いを込めて支える人になって行きたい一人一人に祈りを込めて寄り添う人になって行きたいたった一度の無駄には出来ない [続きを読む]
  • 願いと具現
  • 「願い」を強く持っていれば夢も希望もいつの日か具現される「願い」を強く抱いていれば苦難も試練もいつの日か越えて行ける具現に向けて一歩一歩ゆっくりでも歩きだそう「願い」という名の強い想いを何処までも信じて行きたい具現された「願い」の力を何時までも抱いて行きたい「願い」を持てない人ならば見つける事を「願い」にしよう力強く生き行くために何処までも優しくなるために私はいつも憧れています「願い」に向かう生き [続きを読む]
  • 新たな今日に
  • 窓辺明るい朝が来たすべてが新たに動き始める昨日と同じ繰り返しでも昨日と同じものはない新たに生まれた今日を大事に愛しさ想いに込めながら今この瞬間を生きて行こう広がる青空流離いの雲草花達も美しい私も笑顔で一歩進もう秋の太陽身体に浴びて感謝を込めて今日を生きよう〔晴れの詩を選びました。チョコの死を受け止めて生きて行きます〕みなさんからの沢山のコメント泣きながら読みました。本当にありがとうございます。チョ [続きを読む]
  • 虹の橋へ
  • 秋空は高く広く広がり強めの風が雲を足早に流して行くこの大きな空の上人には見えない虹の橋がかかっている虹の橋には大きな広場沢山の動物達がチョコを出迎えてくれた「もう痛くもだるくもないよ」チョコが伝えてくれた「元気いっぱいに遊びな」私はチョコに伝えたお前と過ごした時間何時までも忘れないだってお前も家族なんだから高い空一層高く広がった気がした(10月23日(月)作)〔最近撮った写真です。瞳が綺麗でしょ〕10月23日 [続きを読む]
  • 私の詩
  • いろんな言葉を糸にして想いを糸の色にして編み始めたよ私の詩歓び幸せ柄にして苦しみ悲しみアクセント編み始めたよ私の詩心を自分で知りたくて心を表に出したくて言葉を沢山探しつつ少し形になってきた誰かの傍に寄り添いたくて誰かの心を励ましたくて元気を沢山詰め込んで形は大きく膨らんだ自分の為に編んだ詩は私を励ますだけでなくいつか誰かの心にも届くといいな私の詩誰かの心に届いたら誰かの想いに届いたら私はとってもう [続きを読む]
  • 片恋
  • 未だに消えない恋心輝く笑顔夢の中ときめく想いも蘇り目覚めたときも胸は震えて片恋だから想いは言えず片恋だから心は届かず桜の如く静かに散った歩けたならば違っただろうか散ることもなく届いただろうか歩けぬことは理由にしないだから片恋美しい時は流れて三十年今は幸せ掴んでいると風よあの子に伝えて欲しいあの子もきっと幸せ掴んで変わらぬ笑顔で暮らしていると心の底で掌合わせ信じてそして願っています〔片恋・・・伝えら [続きを読む]
  • 私の証
  • 私が私である証 大きな声で笑うこと私が私である証 挫けることなく生きること家族を守り友に感謝し今に孕んだ未来を信じ歩幅確かめ進んで行こう私が私である証 強く優しい心でいること私が私である証 青空草木の好きなこと脳性マヒの障がいも歩けぬ身体 アテトーゼすべて愛しく想いたい私が私である証 探せば沢山あるけれど時の流れで変わらぬように宝の如く胸に抱(いだ)こう〔私の笑い顔に似ている仏像さん。頭も坊主でそ [続きを読む]
  • 新しい人間
  • 大自然の力の前でなす術もなく人間は無力となる地震 雷 豪雨人間の作り上げた全ての物を命すらも奪い去って行く人間はそれでも前を向いて進もうとしている悲しみや苦しみを超えて新しい未来を築こうとしている人間は「生まれ変わる」力を携えている悲しみや苦しみはその証かもしれない「新しい人間」は自然と共に生きる術を持たなければいけない自然の一部となる心を知らなければいけない同じ過ちを繰り返さないために原発の過ち [続きを読む]
  • 大切な人
  • ぼくの声聴こえますかあなたより随分歳は重ねてしまったけれどあの頃の笑顔忘れられませんぼくの顔見えていますかあなたより少し老けてしまったけれどあの頃の優しさあなたの声と共に今も色褪せていませんぼくを気遣い愛してくれたあなたをとてもとても大切に想っています大らかな心ちゃんと引き継いでいます信じる心ちゃんと育んでいますみんなあなたに教わった大事な心の持ち方です何時かあなたの元に還る時にはあの頃の笑顔で向 [続きを読む]
  • 幸せの一瞬
  • 髪の毛髭に手足の爪は出来れば伸びるの止まって欲しいだって切るのが大変だもん髪の毛切るときゃ首が動くし爪を切るときゃ手が震えどうにも止まらぬアテトーゼ神から貰ったこの身体歩けぬだけならまだいいが余計な動作が付いているそれでも生きて生かされて感謝せねばと想うけどやっぱり慣れぬアテトーゼどうか神様お願いします伸びて止まぬ余計なものか何時も飛び出すアテトーゼどちらか一方止めて下さい無理なお願い祈っていたら [続きを読む]
  • チョコの言葉
  • ぼくの名前はチョコ「ワン ワン ワン」(ママがいないよー)「すぐ帰ってくるよ」「ワウー ワン」(誰か来たよー)「誰もいないぞ」「クー クー クー」(お腹空いた)「ご飯食べるか」「ハウー ワン!」(遊ぼうよ!)「よしボール投げしよう!」パパはよく話し聴いてくれるぼくの言葉 犬語なのにいつも甘えちゃうの・・・うれしい〔チョコは今年11歳。まだまだ元気いっぱいです〕追記 次回投稿は10月2日(月)の予定です。 [続きを読む]
  • 歩けない理由(わけ)
  • ずっと考えてきた私の歩けない身体について手の震え筋肉の緊張無意識に動く首人から見れば異様に見える動きなぜこの身体になったのか悔しい想いは数えれば限りない羨む想いも数えれば限りないこの身体を恨んだことも何度あったことだろう恨んだまま最期を向えていたのかもしれないでも・・・気付けたガンと言う病が私を導いてくれた私に呼掛けてくれた「あなたにしか出来ないことがある」見えないものが見えてきた優しさや温もり友 [続きを読む]
  • 現在(いま)
  • 現在とは永遠の過去の積み重ねあらゆる生命が作り上げた時間と呼ばれる流れの一瞬現在とは永遠の未来の始まりあらゆる生命の営みが作り出す流れ続けて行く時間の一瞬現在を生きるとはあらゆる過去とあらゆる未来を受止めて行くことではないだろうかどんな過去でも消し去ってはいけないどんな未来でも諦めてはいけない過去を大事に行きたい未来を信じて行きたい現在とは過去と未来の分岐点だからこそ現在を大切に歩み続けて行きたい [続きを読む]
  • 初秋の青空
  • 台風一過の高い青空が広がっている都会の街は青空に覆われ遠くに見える家の間も雲一つない空が青く染める太陽は空の真ん中で「まだ夏だ」威張りながら気温を上げている隣の庭の秋桜が吹く風に靡いて初秋の歌を口ずさんで晩夏は去り秋が来るのかこの秋に出会う様々なことをこの空のように広い心で受け止めて行きたい生かされ生きる感謝をこの両手にしっかりと携え今この一瞬を大切にしたい紅葉を始める準備に忙しい銀杏や紅葉達も青 [続きを読む]
  • 時の主として
  • 流れる時を止められるのなら月日も年も遡り若い自分に戻ってみたいとときには想うことがある選んだ道の分岐点選び直してみたいと想うどんな自分になっているのか想像するは楽しくて違う自分と話してみたいけれど今ある自分が一番妻や娘やチョコもいてこんな幸せ他にない選んだ道に違いはないと心の底から確信できるこの幸せを膨らませ守って行くのが私の仕事時の流れを遡り選んだ道は正しいと違う自分に告げておこうそして私は今日 [続きを読む]
  • 未来を信じて
  • 明るい未来を想像できなくなったのはいつの頃からだろうか幼いころは想像できたのに小さな胸に夢や希望をいっぱい持っていたのに新幹線の運転手飛行機のパイロットロボットに乗って月まで行ってみたかった動物も植物も人間もみんな仲良く暮らせる世界そんな未来を信じて疑わなかった明るい未来を想像できなくなったのは大人になったからだろうかいや違う殺人戦争裏切り虐待そんな理不尽な現実達をテレビ新聞インターネットがまるで [続きを読む]
  • 異常気象
  • 長月の今の時まだ残暑はあるはず今年は異常なのだろうかあまりにも涼し過ぎる「休みにプールへ行く」喜んでいた娘前回の休暇は寒くて行けず結局仲間とヤケ食い台風の進路も何時もと違う世界規模の異常気象が起こっている原爆の実験をしている場合ではない内戦で戦争をしている場合ではない怒り始めた地球みんなで宥める方法を考えなければいけない地球に生かされている我々は大地に海に大空に贖罪しなければいけない生かされている [続きを読む]
  • 生きる意味
  • 意味のないこと起こらないよと誰かの歌が言っていた病も事故も災害も何かの意味が込められている生まれて生きて死に行くことも何かがきっと込められている意味を見つけて行くためにゆっくりしっかり歩き行こう私のガンが教えてくれた「願い」という名の生きる意味「苦しむ人に寄り添いたい」これが私の生きる意味実現できるその時までは意味をしっかり見つめて行きたい生老病死がこの世の定めこの世は「忍土」と私は想う生老病死の [続きを読む]
  • セピア色の仲間
  • コルクボードの左上仲間達と撮った写真いつも私を見つめている苦しい事も楽しい事もみんな一緒に分け合えた忘れられない仲間達大声出して笑ったり激しく議論をぶつけたり今では全部大事な思い出青春時代が懐かしいのは歳を重ねた証拠だろうみんなと出会えたあの時代みんなと過ごせたあの時代今の私の支えですコルクボードの左上セピア色の仲間達みんな元気でいる事を感謝の想い添えながら心の底から願います心の底から祈ります〔再 [続きを読む]
  • 都会のアゲハチョウ
  • 歯医者の帰り道夏の空は晴れて遠くに入道雲もう陽が短くなっている暑さも柔やらかく沈もうとする太陽に雲もビルも夕焼けに染まり始めている信号待ちで止まっている車バックミラーと戯れるように黒いアゲハチョウが舞っている妻と私に挨拶をしているよう走り出すと美しい夕陽の空へ消えていった都会を舞う蝶と出会えて都会にある自然と出会えて嬉しさがこみ上げてくるさあチョコが待っている家路を急ごう消えていった蝶に「元気でね [続きを読む]
  • 光の世界へ
  • 誰の胸にも闇はあり誰の胸にも光あり闇の力の恐ろしさすべてを壊し人を傷つけ暗転連鎖止まらない止める力はただ一つ胸の光を強くして光転循環起こすこと笑顔優しさ感謝の心すべて光を強くする胎動始める小さな願い闇と光をしっかり掴み光の心で育てたい混沌極まる今の世界に光の願い広げて行きたい〔再掲載の詩。先の見えない今の時代、光の心が大切です〕追記 次回投稿は8月29日(火)を予定しています。ご了承のほどお願いいたし [続きを読む]