sauvage さん プロフィール

  •  
sauvageさん: 自然の恵みに感謝して
ハンドル名sauvage さん
ブログタイトル自然の恵みに感謝して
ブログURLhttps://jibier00.exblog.jp/
サイト紹介文自給自足を目指し、都会から田舎に。 現在、狩猟の世界に魅せられています。
自由文「食」ということを考えた結果、
可能な限り、自然界に近いものをいただきたいと想うようになりました。
自分の手で最初から最後まで。
これを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/11/30 16:40

sauvage さんのブログ記事

  • 静かに咲き 実を付ける
  • 梨の花ソルダムの花@NYさんの果樹園。可愛い花たちに心躍らせ誘われるのは、ミツバチだけではない。「キレイやねぇ!」「可憐やねぇ!」こんなに清らかな花をぱあっと咲かせた後は実をつけ、その甘い恵みを頬張れば美味しいと喜ばせてくれる・・・。どんだけええこたちやねん!!「ありがとうなぁ・・・」と木を撫でてしまう。感謝やわ・・・。お天気が良いと、遠くまで圧巻のパノラマ景色。... [続きを読む]
  • 畑で天麩羅
  • T子さんと畑のあちこちにある食材を採りに。葉ワサビの花って初めて見た!花を天麩羅にするって、楽しみー。これも食べれる葉っぱ。根本が甘くてお浸しにするといいって教えてくれた。他にもT子さんの畑で作っている紫アスパラガスとリーキを引っこ抜いて天麩羅に。どちらも、香りが良くってめちゃ美味しかったーー!リーキの甘いこと!畑の中の小屋でNYさんがせっせと天麩羅にしてくれていた... [続きを読む]
  • 春を愛で 春を食す
  • お花見をしに。去年、こちらが絶景だったので、今年は母を連れて。こちら、なんと個人宅のお庭!この時期はこの可憐な姿と美しく逞しい生命力を皆さんに愛でてもらおうと開放されています。あいにく、この日は曇り。そして雪が降るという・・・異常気象。愛でた後、車に乗ったとたん、ザー。雨かと思いきや、雪!なんと吹雪いた・・・。この素晴らしいお庭のお隣さんが、去年梅干し作りを教えてもらっ... [続きを読む]
  • 移籍 こぼれ話。
  • 会合が終わり、EさんとH翁を私の車でお送りした。「俺らのとこはよ、ケチな事いうような奴はおらんでの。」とEさん。Eさんの、これまで見守ってくださっていたあたたかさに、じぃいん・・・だった。タヌキが原因だとご存じであるから「★タヌキを★ 怒らせんように移籍できるもんなら移籍してこいよ。」と。怒るも何も、タヌキは「あーはいはいはい」であったし、タヌキが心配するとしたら何故、私がこ... [続きを読む]
  • 移籍 つづき
  • 私が移籍先の皆さんに受け入れてもらえるかを聞いて全員のOKが出なければダメ、一人でもダメなら移籍はアカン、と会長が言うので、移籍先の会合へ行く の巻。はーぁあ。それなら支部長の選任もあってええんちゃうの。選挙制にするとか、適任者を選ぶ権利が。支部の全員がこの人なら我が支部長としてOKってのが!支部長を決めることは、それはこっちではどうにもできんって前ゆーてたけど、問題ある人... [続きを読む]
  • 移籍
  • 猟友会の支部を移籍した。前から移籍したいと想っており、〇市副支部会長である大先輩に「移籍する時は何か一筆書かなあかんの?」と聞くと「そんなん無い、移籍したら林政課と会長に報告するだけでええ。」という訳で、移籍は提出書類なども特に無く報告だけで済むというアッサリ簡単なもので、へー!と想っていた私。前からタヌキの件で不憫に想ってくれていたおじいちゃんたちの支部が移籍先の候補で... [続きを読む]
  • 御礼参り 諏訪大社
  • 今期、猟期前の御参りはこちら諏訪大社であった。チーム皆、御蔭様で無事に終える事ができました!ありがとうございます!感謝いたします。そして誓いが達成できた、有難く嬉しいご報告もある。御礼参りをしに行った。すると・・・雅楽の音色が響く・・・なんと結婚式が行われていた!きゃあ素敵ーー。【わぁあキレイ!!】晴天。厳かな空気。音色が流れ神々しさが増す。神様... [続きを読む]
  • 親方のコトバ
  • 最終日、猟場を離れ車に乗り、帰路に向かっている時。親方が無線で大先輩と私に呼びかける。「来年も、俺がポックリ逝ってなかったら、また一緒に遊んでくれよ。」この言葉を聞いて、グッときた。親方・・・!今年は、猟師Nさんの突然の訃報があった。猟師の死をそれぞれが心の中で悲しみ、不在の中、今期の猟が始った。Nさんの存在はそれはそれは大きくて、ゆえに大きな穴が開いていた。だが私達は ... [続きを読む]
  • 親方のあとを歩く
  • 猟期最終日。一度もやったことのない、囲んだことがないお山でやろうとなった。「この山は難しいぞ、若い時にやったことがあるが誰も撃ててへんぞ。」と親方。その理由は、間を抜けられやすいことだった。タツの前にはなかなか出てこないようだ。人数もギリギリというか、もう少し欲しいくらいであったがそれは致し方ない。猟犬が下に猪を降ろす、〇▲には行かないと仮定し、MさんがEさんとよく話... [続きを読む]
  • 走るマリ
  • あるお山で。このお山もカラヤマだった。猟犬シロとマリを放す。私の背後で2匹が駆ける姿を見た。キューン!サクラが先輩ひまわりについて追っていた姿も見たが・・・マリの場合はシロについて行っている、という感じ。シロが走るから、マリも走っているという感じ。シロにカラダをつけるようにして離れないような、そんな感じ。甘えてるのかなぁ?サクラはそういった甘えがなくて、ひまわりの匂いを... [続きを読む]
  • 射撃場並みのマチバ
  • ある日のお山は小さくて、移動の際にも、いつも以上に気をつけていた。去年このお山を囲む時、案内してもらう前、Eさんに「ここは小さい山で寝屋がこの前じゃ。足音も気ぃつけよ。 音は絶対に出すなよ。」と、教えてもらっていた。待ってすぐに、抜けた新品の足跡があったと連絡があり、すぐに上がりとなったお山である。恐らく、車の音で気が付いて逃げたんやないか、後にそう聞いた。だから、こ... [続きを読む]
  • 発見!
  • @確定申告3/15で猟期は無事に終わったが・・・うっそぉ、捕獲したい!!釘着け・・・ハートを鷲掴みされた。全身ヒョウ柄のオバちゃん、テンション上がるーー。バッグもやん、どんだけヒョウ柄好きなんですか!ヒョウ柄愛をガンガンに感じます!惜しみない愛!むせそうなほどの愛!そのヒョウ柄愛、素敵です、我が道を行くスタイルなんて自分に正直な人、大好き!!嬉しかった懐かしかっ... [続きを読む]
  • ありがた み
  • 空山だったお山を歩きながら、Mさんが「ここは何も通っとらんな!」「はい、めちゃ古い足跡しかないです。」「これも1ヵ月も前の足や。全く通いがないで。 そら、此処にはおらんよ。」とおっしゃりこの山はよ、Nさんがおらした時にはやったことあるよ。猪はこの山で寝てた。でもそれはよ、Nさんがちゃんと1年間、猪が通うようにしてくれとったからや。【!】いくら餌喰っとっても、猪がここ... [続きを読む]
  • カラヤマ
  • 「モミの木」を囲む。大先輩が上で、私、Mさんとなるライン。私のマチバをMさんが案内してくれた。「俺もよ、ここは知らんのやけど、まぁついてきて。」「はい。」沢沿いに降りて行った。「この辺りや。俺は此処で待ったことがある。俺はこの下やで。 ちょっと此処で待ってて。降りてええとこあったら呼ぶで。」「はい。あれが・・・ノテになりますね。」と上に沿ってあるノテらしきもの... [続きを読む]
  • 囲む山が無い。
  • 「ここがモミの木やど。」そうEさんに教えてもらい、見切りに入るが全く足がひろえなかった。Eさんは親方と連絡しながら今日はどこでやるか相談されていた。親方もMさんも、こっちは全然ダメだと。それなら餌を食べているお山・・・「入りも出もないがの。」とEさんが報告。今期、一度も囲っていないお山であるこの「モミの木」と呼ぶお山でやってみようとなった。週末で人数は揃っているし、... [続きを読む]
  • 猟犬らしくなってきた仔
  • この日、サクラがランと一緒にお山に入る。左がラン 右、サクラサクラ、車酔いして・・・。ヨダレだらーーーー。どうも車に乗せた瞬間、酔うらしい。座ることなく、ずっとサクラは立ってこの状態。「早く車に慣れるといいんだけどね。まだこの中で座ることもしない。」とMKさん。「サクラ・・・座ってみ、おっちん、してみ。そんな状態しんどいやろ?」と言ってもサクラはクーンクゥーンと... [続きを読む]
  • 揚げない 酢猪
  • 冷凍庫から出してきた12月の肉。今回は母が作ってくれた酢豚ならぬ酢猪。揚げてなくてヘルシー。黒酢の塩梅が最高で、めちゃ美味しかった!ご馳走様です。応援してね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2ラウンド目
  • スタートしたが、暫くして猟犬ひまわりが親方のところに戻ってきたと連絡があった。すると親方が違う方向から再度、犬をいれる、お前らもすぐに移動しろと指示があり、Eさんに移動先を案内してもらった。同じお山だが、位置を替えて2ラウンド目。暫く待った。ここが私のマチ。案内してくれたEさんは私の上。あっという間に足の速いEさんの姿は見えなくなった。うっすらオレンジが・・・猟犬ひま... [続きを読む]
  • 雪山
  • 週末にかけて雪が積もった朝は、ワクワクする。何故なら、猪の足跡がつかみやすい!いつもより早く家を出ていたらやはり皆さんも同じ。すでに無線で会話が飛び交う。Mさんが見切ってくれたお山から、やろまい!となり皆で移動。車から降りてすぐで、とてもラクなお山だった。親方が勢子で猟犬はひまわりのみ。沢沿いのラインで皆で横並び。ここは山が小さくて、寝屋も近い。だからすぐに犬がタ... [続きを読む]
  • パパそっくり
  • ぽっちゃりさんのマリ。この表情リキにそっくりーーー。ああ可愛い?毛も艶々。この顔もリキと一緒!リキは鼻がピンクで、マリは黒い。こっちリキ。↓これもリキ。目元ケガしている時・・・サクラもリキに顔が似ていると想ったけど・・・マリもやんか。マリはすくすく大きくなり、シロと大きさが変わらん!親方に貰われたサクラ。親方もマリは大きいな、とおっしゃっていた。... [続きを読む]
  • 経験者講習会
  • 銃の更新で必要な経験者講習を受講、の巻。約3時間の座学。調査票という名前を書いて全ての項目に応え記入し提出する紙があった。その中のひとつに「銃を持って怖いと感じたことは何ですか。 他人の扱いで怖いと感じたことでも結構です。」とあり、あー、あるある。銃が上がらず肩付けができないのに、手がプルプル震えているのに銃を所持しているジジィ。怖い。と記入した YO。... [続きを読む]
  • パテ ド カンパーニュ DE お返し
  • H翁から貰ったフレッシュジビエレバー。ありがたし!早速、おフランス土産の御礼にパテカン作り。以前、大先輩と先輩から貰っていた冷凍ミンチの残りで1本作れた。ありがたし!もぅミンサー、ホンマ買ぉ。スパイス&塩&ブランデー、全てフランス産。いつもとはまた違った、柔らかな香りがした。ドキドキ・・・はい、焼き上がり!・・・差し上げる用なのに味見してない。 ★オイ!★今回は... [続きを読む]
  • 猪解体 お手伝い
  • 帰宅後、H翁からメールが入る。「猪、解体手伝ってもらえませんか。」なんと!ソッコーで返信し、すぐに向かった。H翁の山小屋に着けばT田さんがいらした。まさに今から腹出しをする、というところ。雌で75〜80?くらいか。わなで捕獲、止め刺しはナイフではなく、銃。スラッグ弾だそう。ワイヤーが半分切れかかっていたそうで、危なかったから銃を使ったと。「3発も使ってよ、やっと... [続きを読む]
  • 想い出深い お山
  • 故・猟師Nさんが餌を蒔いていたお山がある。そこから足跡を見て、どこに向かって何処で寝ているか見切りをしたことがある。ある日、Eさんと2人で見切りに入った。すぐに立ち止まってEさんが見切る入口を間違えたとおっしゃる。ここは猪の寝屋になるからマズイと引き返し、このもひとつ下やったか、と入ればまたすぐに「あれ・・・」と違う様子。「ここやなかったか・・・?」と静止した。「ちゃうぞ、... [続きを読む]
  • 猟犬リキ 治癒力
  • 翌日にも様子を見に行けば・・・元気に尻尾を振っていたが脚はかばったまま。いつも通り、愛嬌あるリキであったが、暫くしてから寝屋に入った。私が居る時に寝屋に入るなんて今までなかった。【こんなん初めてや・・・ホンマに大丈夫なんか?】と心配の私に「まだ脚をああやってるが、御飯も確り食べているから心配ないぞ。」とEさん。確かに本当にしんどかったら、尻尾ふって側に来ないかもしれな... [続きを読む]