ごるごる男 さん プロフィール

  •  
ごるごる男さん: ごるごる男のごるごるらいふ
ハンドル名ごるごる男 さん
ブログタイトルごるごる男のごるごるらいふ
ブログURLhttp://golgollife.seesaa.net/
サイト紹介文身体に優しく最大限の飛距離を出すスウィングをゴルフを始めたばかりの方にも分かりやすく公開!
自由文6歳でパーシモンを握り大学ではゴルフ部へ入部。そこからクラブのクラフトマン、販売員、キャディ、ティーチング等々を経験し、何故か現在フリーライターのごるごる男です。
ゴルフスウィングを簡単にして、本気で誰でも直ぐに楽しめるスポーツにできるようブログを書いています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/12/01 01:26

ごるごる男 さんのブログ記事

  • ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"についてのまとめ
  • 以前にゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について①ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について②ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について③と3回に渡ってご説明した腰の切り方ですが、文字だけではお伝えするのに限界があるので、最後に画像も使ったまとめをしたいと思います。◆腰を"回転させる"と"切る"との違い・腕、クラブを加速させる動きを"切る"と言い、ただ腰が回っているだけを"回転"と言う事が多い・どちらも動 [続きを読む]
  • 誤解しているかも?クラブが遅れてきて最後に当たるという教え
  • 「クラブヘッドが最後に遅れてきて当たるように」とは僕もよく言われたことがあるアドバイスなんですがこれだけだと、なかなかボールを押すインパクトはできません。勿論正しいのですが、このイメージで振るとトップの状態からダウンスイングで、クラブと腕をなるべく動かさないようにして"身体から離れた場所に置いたまま腰を回そう"としやすくなります。たまに「でんでん太鼓のように」と例えられたりもしますが、それを間違って [続きを読む]
  • ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について③
  • 次は"切り返し"についてご説明します。切り返しはトップとダウンスイングとを繋ぐ大事な動きです。(ダウンスイングの初期動作ですが、あえて今回は切り返しを分離させています)この切り返しがあるから、腰の動き、足の蹴りがクラブヘッドの加速に繋がります。よく"打ち急いだ"というミスが聞かれますがこれは切り返しが無く、トップから一気にダウンスイングに入った状態をよく言います。前回のご紹介した野球のオーバースローもゴ [続きを読む]
  • ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について②
  • 今回は前回の続きで、どういった腰の動きが"切る"なのかを書いていきたいと思います。切る動きは、正確に「こうだ」という物ではありませんが、目的は明確にあるため、体感する方法はいくつかあります。まずは、トップ位置から左膝だけを出来る限り左に移動させ(左足だけガニ股にします)お尻、特に左尻を目標方向にむけます。そのまま体重を左足に5割〜7割ほどかけます。ここからは一気に動くのですが、左膝を目標方向に向けながら [続きを読む]
  • ゴルフスイングで重要な"腰の切り方"について①
  • よくゴルフでは「腰を回せ」と言われますがそれと同じくらい「回すんじゃなくて腰は切れ」とも言われます。何が違うのか、どう動かせば良いのかを、今回は何回かに分けてご説明していきたいと思います。まず、ゴルフスイングは捻転差、コック、ヒンジ、等々、ボールを打つための色々な準備動作が「テイクバック」で行われますがそれらをインパクトにかけて「リリース」していくことでボールが遠くに飛びます。そのリリースをしっか [続きを読む]
  • 右手の親指、結構重要です
  • 最近、グリップ交換に来るお客様から「柔らかいグリップはすぐに親指の跡が付く」と言われる事が立て続けにありました。見てみると、右手の親指がかかる場所がかなり磨り減っていて凄い方だとシャフトが見えていることも、、、これはグリップが勿体ない以上に勿体無いスイングをしている可能性が高いです。スイング中に右手の親指に力が入ると、フェースターンを右手で行なってしまう事が多く、そうなるとタメが解けてボールに力が [続きを読む]
  • 藤本技工のBiliever HIA-XをX-BLADEと比較してみました
  • 愛用していたPING i200から先日、藤本技工さんのBiliver(ビリーバー) HIA-Xというアイアンに切り替えました。このアイアンは素材の良さもありますが、あまり市場のアイアンには無い作り方をしていて興味本位だけで買ってみたんですが、使ってみると結構変わったアイアンだったので、ご紹介したいと思います。比較するのはザ・マッスルバックのブリヂストンのX-BLADEです。このBiliver HIA-Xは一見マッスルバックかハーフキャビティ [続きを読む]
  • 本日発売のTS3と917D2を本気で比較してみました
  • 現在使用しているドライバーが917D2の8.5°なんですが巷で飛ぶ飛ぶと言われているTSシリーズが気になって仕方なくなったので試打も兼ねて打ち比べに行ってきました。TS2は構えた時の捕まり感がD2より強かったのと、TS3の方がスピン量が少ないと聞いていたため、比較は買い替え候補でもあるTS3にしました。雑誌によると低重心率は59%を下回っているようなので、かなりの低重心ヘッドです。場所はロッテ葛西使用ボールは練習場球です [続きを読む]
  • 右手の人差し指は少し空けて握るのがオススメです
  • 最近、グリップ交換に来られるお客様が多いのですが右手の親指が当たる部分が相当すり減っている場合が多く気になって握り方を見せて頂くとちょっと極端ですがこんな感じで、右の親指でがっつりグリップを押さえている方がかなり多くいらっしゃいました。右手のグリップの仕方といえばオーバーラッピングやインターロッキングスクエアグリップやフックグリップなどが良く聞かれますが握り方自体もかなり重要になります。左手と右手 [続きを読む]
  • 意外と崩れやすいテイクバックでの肩の動き
  • よく言われる肩は前傾角度に対して垂直に回すというのはスイングにおいてかなり重要なポイントなんですがボールを打とうとすると、慣れないうちはつい地面と平行気味に動かそうとしてしまいます。そうなってしまうとクラブがアウトサイドインの軌道になりやすくシャンクやスライス、ダフリといった様々なミスが出てしまいます。そうならないように肩は縦に回せとよく言われるんですがこの感覚はダウンスイングだけではなくテイクバ [続きを読む]
  • MOUDUS 105のSを番手ずらししてみました(硬い方へ)
  • 今、PINGのI200にMODUSの105Sを挿して使っているのですが振りに行くとシャフトの先端が走り過ぎてドローが強くかかり過ぎる事が多かったので思い切って硬くなる方に番手ずらしをしてみることにしました。番手ずらし前は、6番アイアンで37.5インチの408gバランスが50gのグリップでD0とD1を行ったり来たりだったので結構軽めですね。この6番に、7番用のシャフトを挿すことで少し硬くして捕まり過ぎを防ぎたいというのが今回の狙いで [続きを読む]
  • 今回はちょっと変わった自由通貨の話し。TLCってどんな通貨?
  • 最近すっかり寒くなってしまってしまい、、、寒さに弱い僕には早くもバーチャルゴルフの季節となってしまいました(笑)ごる男です!今回はゴルフとは違う話しなんですが先月、よく一緒にゴルフに行く友人と飲み屋で自由通過の話しになりまして僕がビットコインを持ってる事を伝えるとちょっと変わったコインがあると教えてくれました(笑)その自由通貨はTLCといいまして本物だ、詐欺だと色々ネットでは書かれていますが、ちょっ [続きを読む]
  • キャロウェイ EPIC FORGED ドライバー 試打してみました
  • 前回のJGRに引き続き、来月発売予定のキャロウェイのドライバー、EPIC FORGEDを試打してきました。ごる男です!EPIC FORGEDにはロフト等が変えられるスリーブが付いていませんが、どことなくEPIC SUBZEROの様な雰囲気があります。ヘッド形状は他の2作よりもやや小ぶりで、フェース面は丁度スクエアくらいに感じました。少し上級者向けの雰囲気があります。今作では、あえてクラウン、ソールにカーボン素材を使用せずに作ってあるた [続きを読む]
  • TOUR B「JGR」試打してみました!
  • 本日発売になるブリヂストンの新しいクラブ、ツアーBの「JGR」シリーズを色々打ってみました!ごる男です!今、流行のキャロウェイのエピックやM2とは違い、カーボン素材は使用せずにクラウンをたわませる事で飛ばすモデルですが、、、打ってみると確かにエピックの様なフェース面のハジキ感は余り感じず、昔のブリヂストンのドライバーの様な打感の柔らかさがかなりありました。特徴としては何といっても球の上がりやすさと、捕ま [続きを読む]
  • 最初にこれだけは覚えて欲しい! 重要な右肩の動き
  •  以前、今日からドライバーを得意クラブにするための超簡単な方法!では書けなかった、ゴルフスウィングの中でもかなり重要なポイントを今回はご紹介したいと思います。よく言われるゴルフスウィングで重要なポイントというと「腰の回転」「左手リード」「左の壁」「タメを作る」「前傾角度のキープ」「インサイドアウトに振る」などがあり、雑誌やレッスン書でもよく書かれていますが、初心者の方にはどれも難しい動作で毎日のよ [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第16話 ロボ攻勢 ネタバレあり 
  • 前回、第1ホールから帝王のボールに当てるというびっくりティーショットを放ったロボでしたがセカンドも難なく乗せてパーオン。帝王もロボのショットに興奮して少し左へ引っかけるもグリーンを捕らえ、両者ともパーとします。ここから帝王には少し飛距離が負けるものの、先に打ってグリーンに確実に乗せるロボがプレッシャーをかけているのか、帝王はパーオンするもバーディが取れないまま5番ホールまで進みます。勝負が動いたのは [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第15話「宣戦布告」 ネタバレあり
  • さて、いよいよ帝王「朱雀恭介」らとの練習試合が始まりました!ロボレーザービーム第15話冒頭から1年生のロボを気遣うレギュラー陣がカッコいいです(ノД`)・゜・。第1ホールから「左が池の左ドックレッグ」のかなり難しいホールで始まったラウンドですがこの男帝王には全く関係ないようで超危険な池のすぐ右脇に球を打ってきました!因みに使用ドライバーはテーラーメイドの「M1 2016」っぽいですねーこんなやつです↓ [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第14話 「開戦」 ネタバレあり
  • 前回、ついに登場した帝王「朱雀恭介」でしたが何か、思ってたのと違う方向のキャラでした(笑しつこく鷹山に電話をして呂羽人の情報を聞き出して、練習試合にロボを出せと乗り込んできたようなんですがぶっ飛んだS野郎ですε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ゴルフって完全に個人種目なんで倒す倒さないってないんですが(汗この発言に烏丸先輩が噛み付きます!謎めいたキャラだった烏丸先輩が凄くまともな人に見えてきました。さらに [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第13話「接触」 ネタバレあり
  • 前回、本気でゴルフをやると決め他の部員達に認められるため走りに走ったロボでしたがついにランニングで勝利します!今回は冒頭から熱い展開です。間違いなくスポーツ漫画です。・゜・(ノД`)・゜・。冒頭から刺さります。さらに呂羽人のああぁぁ! 熱くないけど熱いやつ!!これには流石の部員もレギュラー入りへの挑戦を認めてしまいます!10年間、ハーフスウィングと言えども手を抜かず、真剣に挑戦し打ち続けたからこそ今のス [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第12話「モチベーション」 ネタバレあり
  • なんと! ロボレーザービームの第一巻が7月4日に発売されるそうです!これは待ち遠しい限りです!ごる男です!さて、前回「ハーフスウィングを10年間続けていた話し」で周りを驚かせたロボですが流石、烏丸先輩それを教えた父親も気になる様子でした。10年間息子にハーフスウィングだけさせてスウィングの基礎を叩き込むなんて頭文字Dの文太のような親父ですね(´ー`)そんな驚きのエピソードにより「1ヶ月でスコア70代を出せ」 [続きを読む]
  • ロボレーザービーム 第10話 ネタバレあり
  • 前回、ボールを林の中に蹴り入られたリオンとロボでしたが、リオンの大蛇咬(サーパント・バイト)という名のインテンショナルスライスによってピンチを脱しました。因みにインテンショナルボールは構えは打ち出したい方向、フェースの向きは目標に向ける事で打つことができます。前回で言うと、オッサンに向かってスタンスを取り、フェースは狙うグリーン方向に向かって構えて打つという感じです。他にも曲げる方法はありますがこ [続きを読む]
  • ライ角を曲げ過ぎてメッキが割れた!
  • 僕は身長は平均的なんですが腕がかなり長く、その上かなりのなで肩でして、、、そのためアイアンの適正ライ角もかなり「フラット」になってしまいます。どれくらいフラットかというと38インチの5番アイアンだと57度辺りが丁度良いライ角なんです( ;∀;)一般的な5番のライ角が61度〜60度なので4度も曲げないといけない事もありまして、アイアンを買い替える時の悩みの種にもなっているんですが、今回はやってしまいました、、、! [続きを読む]
  • PRGRのRED EYEとEPSONのM-Tracerでヘッドスピード測ってみました。
  • 先日PRGRのRED EYESを購入していたので以前から使っていたEPSONのM-Tracerと一緒に使ってヘッドスピードを測ってみました。EPSONのM-Tracerはこのようにグリップの下部やシャフトに取り付ける事により、ヘッドスピードだけでなくクラブの動きをスマートフォンで映像化してくれる優れものです。対してPRGRのRED EYESは、ヘッドスピードの計測に非常にシビアで辛口な数値が出ると言われている計測器で、ヘッドスピード、飛距離やボー [続きを読む]