えるまー。 さん プロフィール

  •  
えるまー。さん: 鬱歴10年による、鬱との付き合い方。
ハンドル名えるまー。 さん
ブログタイトル鬱歴10年による、鬱との付き合い方。
ブログURLhttp://utulaboratory.blogspot.jp/
サイト紹介文私の鬱病の体験談を参考にと思います。症状が落ち着いた今、知識や経験を参考に。
自由文医師でもカウンセラーでもありませんが、鬱病を経験している私だからこそ気付いた事を記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/12/01 10:37

えるまー。 さんのブログ記事

  • 台風や地震でワクワクするのは、なぜ?
  • 子どもの頃、もしくは現在子どもであるなら一度は感じたことがあるのではないでしょうか?台風の予報に少し興味が湧いたり台風時の強い風や打ち付ける雨にワクワクしたりしませんでしたか?また、地震の速報にドキドキして少し期待感を持った経験はありませんか?ワクワクは人間の防衛本能普段と違う環境下に身がさらされると人は強いストレスを感じます。台風や地震も例外ではなく遺伝子単位で、どんな人でも恐怖を感じています。 [続きを読む]
  • 暗闇が怖い、暗所恐怖症とは
  • 暗所とは、主に光の届かない状況をさします。様々な恐怖症がある中で暗闇に対して、極端に怯えてしまうというものです。例えば突然夜中の停電、復旧の目処がたたないと知り他人から見て異常なほど怯えているなどが当てはまります。酷くなると、「夜中に停電になります」と聞かされただけで症状が現れます。主な症状震えが出たり冷汗、動悸、嘔吐、過呼吸など症状として現れます。精神的に追い詰められるため生活に支障をきたす場合 [続きを読む]
  • 梅雨の時期、あえて外に出るススメ
  • 梅雨の時期に限らず、雨の日はどうしても家で過ごしがちです。濡れる薄暗い寒いもはや、雨の日外出はデメリットしか浮かばないそんなものです。屋内レジャー施設にしても向かう道程で濡れるのは免れませんし皆がそこへ殺到することは容易に考えられます。そして結局家でもんもんと過ごすハメに。そればらばいっそう屋外で雨を楽しんでみませんか?人は、災難も味方にしてきたという事実教育家の方がおもしろい話をしてくれました。 [続きを読む]
  • ヘイトスピーチは、あり?なし?その心理とは
  • 最近、また議論が炸裂しているヘイトスピーチについてです。ここでは、ヘイトスピーチそのものではなく行う心理と周りへの影響について探っていきます。そもそも、ヘイトスピーチって?専門用語など難しいこと抜きにすると自分を押すのではなく相手の悪いところをつつく私が簡潔にするとこんな感じです。ただし、政治や国などなかなか根深い部分がからんでいるので上の言葉ではすべてを表わせていなと思います。はじめてこの言葉が [続きを読む]
  • 憂鬱感や鬱病、台風の影響は?気象病について
  • これまでにも、低気圧が気持ちへ与える影響について何度か記事にしてまいりました。今回は、低気圧の親玉ともいえる台風についてです。日本人の6割は低気圧で不調?低気圧で体や心に影響が出ている方はかなり多いようです。気象庁の調査では、日本人の6割は低気圧の時に不調を感じているようです。症状として頭痛・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・吐き気などです。他にも、「節々が痛くて…」「古傷がうずいて…」なんてことをよ [続きを読む]
  • 梅雨、鬱への影響は?
  • じめじめとした季節、梅雨。私をはじめ、鬱病で苦しむ方そうでない方もこの季節に嫌悪感を持たれる方は多いはずです。この季節に注意したいことその対策をまとめてみました。梅雨が及ぼす影響とは鬱病で多い季節性感情障害(SAD)。梅雨うつ病という病名があるほど梅雨の時期は心への影響は大きいといわれます。そもそも、雨が続くと気分的に不快に感じますよね。「今朝も雨か…」通学、通勤時にズーンと沈んだ気持ちになったり休 [続きを読む]
  • カフェイン多すぎ!!体脂肪を減らすお茶に注意
  • 今回は、最近知った新事実から。私事ですが健康診断を受けました。LDLコレステロールで、ひどい検査結果が出た私。運動はもちろんのこと『体脂肪を減らすのを助ける』とのキャッチフレーズに惹かれ特保の某メーカーの健康茶を購入しました。驚愕のカフェイン量心療内科より、カフェインを控えるよういわれていた私。健康茶が緑茶ということもあり、真っ先にカフェイン量をインターネットで確認しました。…えぇ!?驚愕のカフェ [続きを読む]
  • 鬱病、熱感を感じたら
  • 冬から春へ、そして夏を迎える気候が温暖になる季節。なんだか体がダルい、ボーッとする体温は平常なのに熱感があるそんな症状が出やすい季節です。鬱病ではなくても、気温差や湿度差は不調を感じやすいのではないでしょうか。精神的な負担も多く、知らず知らずの間にストレスがかかっている場合があり注意の必要な季節です。体熱感にご注意を気候の変化しやすいこの季節は鬱病を悪化させたり、憂鬱な気持ちを感じやすいです。特に [続きを読む]
  • 禁煙の効果は20分後からはじまる
  • “禁煙をして効果が現れるのは5年後”一度は耳にする言葉です。実際に、5年間、禁煙をすると肺癌リスクは半分になると医学的にいわれています。(ちなみに、10年では10分の1)とはいえ、喫煙者にとっては喫煙時の満足感と比べてしまうとその遠い道程に、禁煙をためらう方も少なからずいらっしゃると思います。特に、イライラを抑えたり憂鬱感を紛らわすために吸っている方にとってタバコから離れることはとても難しい行為なの [続きを読む]
  • なぜ、うつ病はひらがな表記なの??鬱?という字について
  • どの記事を見ても、?うつ?とひらがな表記をされているのを不思議に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、?うつ?の表記についてふれていきます。最近までは、?鬱?が正式な漢字ではなかった?一般に、ウツビョウを調べると?うつ病?とひらがなで表記されていると思います。その理由は、最近まで常用漢字(一般的に使用する漢字)ではなかったということが原因です。鬱という漢字は、病院の診断書で目にする程度 [続きを読む]
  • マスク依存症とは?私もハッとしたその内容。
  • 今回は、マスク依存症についてです。名前の通り、マスクへ依存する要するにマスクとしての機能以上の?顔を隠す?という部分で依存をしてしまうケースについてです。マスク依存症とは?マスクとは、ウイルスなどから身を守るもしくは風邪をうつさないために配慮として使用する道具です。マスク依存症と聞くと、過度にウイルスを意識してしまうそんな内容を思い浮かべがちですが実はそうではありません。マスクは、物理的に顔を半分 [続きを読む]
  • 【企画:趣味を持って憂鬱を紛らわそう①】  園芸編・その3
  • 憂鬱な時間を減らすことを目的としてオススメの趣味をお送りしています。園芸の3回目ということで、植物の管理についてお話ししていきます。植物の性格について植物が手に届き、植物の知識を知ると少しずつ楽しい気持ちが芽生えてきている頃と思います。サブタイトルでは、愛着の意を込めて性格としましたが、実際は性質が正しいと思います。植物、特に観葉植物などはほとんどが海外に生息しています。そのため、基本的に日本の気 [続きを読む]
  • 【企画:趣味を持って憂鬱を紛らわそう①】  園芸編・その2
  • 植物を手に入れよう前記事に引き続き、今回は園芸の技術的な部分にもふれていきたいと思います。 植物に関心が出てくると『こんな植物もあるのか』と、地味なイメージがなくなると思います。実際に私の周りにも若い方でどっぷり植物の世界にはまっている方はたくさんいます。 では、まず何からはじめたらいいのかそこからお話ししたいと思います。 園芸をはじめるのに欠かせないのはもちろん植物です。でも、いったいどこで手に入 [続きを読む]
  • 【企画:趣味を持って憂鬱を紛らわそう①】  園芸編
  • 家でできる、敷居の低い趣味?趣味と聞くだけで、鬱病の方はげんなりしてしまうと思います。ただ、鬱病の場合に多いのが?頭を空っぽにできない?という状態。たえず考えが巡り、必要ない事まで考え疲れてしまう。そういった時、趣味がひとつあるだけで趣味の時間だけは嫌な思考から解放されるものです。そこで、第一弾としまして園芸をオススメしていきたいと思います。園芸を趣味にしてみる趣味を持つ上で大切なのが?続 [続きを読む]
  • 寒いから鬱病が悪化するわけではない、冬季鬱病を知ろう
  • 秋から冬、気温の低下に伴い気持ちも低下してしまうのを体感している人は多いと思います。その時に思うことといえば『寒いと鬱が悪化する』ほとんどの人は疑いもなくそう考えるでしょう。しかし、寒い=憂鬱の方程式をつくること自体が鬱を加速させている可能性があります。冬季鬱病の原因とは寒さによる体の活動低下これはもちろん影響してきます。しかし、それよりも大きな要因として日照時間の低下曇りが多く気分が晴れない運動 [続きを読む]
  • 『まだ若いんだから』という言葉に、危機感を持ってみる
  • こんにちは。今回は、よく会話の中で聞かれるまだ若いんだからという言葉に焦点を当ててみたいと思います。(イヤミかどうかを考える内容ではありません)言葉を受け取った時、何を感じるか私は現在、30代前半です。この言葉を聞くようになったのは、(意識するようになったのは)20代の仲間入りをした頃でしょうか。『まだまだこれからじゃない』『若いんだから頑張り時だよ』最近までは『あぁ、自分はまだまだイケるんだ』嬉 [続きを読む]
  • 闇風呂が秘かなブーム?その癒し効果とは
  • ひそかなブームに、闇風呂があります。名前だけ聞けば『怪しいし怖い』『電気消すだけでしょ?』と思われるかもしれませんが意外なリラックス効果に沢山の好意見が寄せられているようです。そんな闇風呂を、徹底解明していきます。闇風呂の癒し効果闇風呂は、真っ暗な浴室で湯船に浸かった状態をいいます。手軽すぎる内容に、たいしたリラックス効果は期待できそうにないのですが意外や意外、その効果はかなり大きいようです。その [続きを読む]
  • 水風呂のススメ、鬱病に美容効果と効果に注目
  • 以前も記事にしました。改めて、具体的に水風呂がもたらす効果をまとめてみます。リラックス効果冷たい水は、緊張した筋肉をリラックスさせる効果があります。整骨院やマッサージ店などで言われませんか?力を抜いてくださいと言われ、意識的に脱力したのに『力が入っていますよ』そんな経験ありませんか?実は、意識的に脱力できる幅は狭いです。自律神経によって緊張させられていると自分ではコントロールできないので気がつかな [続きを読む]
  • トータルパワー(心のエネルギー)、イキイキと生きるコツ
  • トータルパワーとは、自律神経の活動全体量を指したものようは、交感神経の活動+副交感神経の活動といったところでしょうか?少し乱暴な考えになりますがアクティブな気分+リラックスな気分=やる気の全体値そう考えて良いと思います。トータルパワーを鬱病から考えるもっともわかりやすい説明として鬱病の場合トータルパワーが極端に少ない状態です。鬱病といえば、一般的にストレスに敏感マイナス感情が大きい頭がうまくまわら [続きを読む]
  • ストレスでめまいがする、その原因と対処法
  • めまいには、色々な原因が考えられます。そのため、安易に『ストレスのめまいだ』と決めつけるのは危険です。ただし、自律神経失調症や抑鬱病など過度に緊張やストレスを感じやすい状態にあるとめまいが起こる場合があります。診察を受け、体に異常がなければ心因性のめまいである可能性が疑われます。なぜ、ストレスでめまいが起こるの?そもそも、ストレスのめまいとはいったい何のために起こるのでしょう?貧血や三半規管の異常 [続きを読む]
  • 夕日(夕陽)を見て癒されよう!上手な夕陽浴
  • 人間は昼行性(夜行性ではないということ)の生き物日のはじまりは朝陽に照らされ日の終わりには夕陽に照らされます。陽に当たることは、落ち着く効果のあるセロトニンの分泌と関わりが深いです。メンタルを整えるためにも、陽に当たる必要があります。夜明け前に出かける、もしくは夜中に帰宅するそれでも陽を浴びる機会はあります。1日の始まりと終わりに浴びる必要はありません。それにこだわらず陽を浴びたり、窓を見上げて感 [続きを読む]
  • 心因性との診断に困った方へ、漢方薬がおすすめ
  • ストレスと密接にかかわる人間社会心のダメージによる症状も多岐にわたります。私がいちばん困ってしまったのが心因性動悸です。他にも心因性頻脈心因性腰痛など、私の症状だけでも3つの診断がされています。何が困るかといえばこれといった治療がないことです。『まず、ストレスを減らしましょう』できれば今すぐにしています…みなさんも、心因性〜と診断され困っていませんか?そんな時は、東洋医学に頼ってみるのも突破口にな [続きを読む]
  • 散歩の手引き、ウォーキングを楽しむコツ
  • 私は、歩くのが好きです。山登りが好きで、最近では時間を見つけては近くの山へ出かけます。しかし、ある悩みが…交通費と時間と疲れです。山登りは楽しいですが、生活に支障が出ない事を考慮するとそう頻繁に行けるものではありません。そこで考えたのが、ウォーキング都会で歩くというのにはかなり抵抗があったのでウォーキングの利点や、楽しく行える方法をまとめてみました。都会ならではの、得られる刺激歩けど、見えるのは高 [続きを読む]