hokusai さん プロフィール

  •  
hokusaiさん: 美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ハンドル名hokusai さん
ブログタイトル美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ブログURLhttp://nmaisake.blog.fc2.com/
サイト紹介文購入した地酒の感想を中心に、仙台・宮城の酒屋や酒処等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/12/02 12:58

hokusai さんのブログ記事

  • 廣戸川 純米大吟醸
  • 出荷を楽しみにしていたお酒が入りましたっo(^o^)o廣戸川 純米大吟醸ごたくは抜きにして、早速いただいちゃいます(^^ )杯から立ち上がるのは、清酒らしい凛とした吟醸香。変な果実感は無く、晩白柚の白いワタのところのような、ほろ苦さも感じられる上品な香り(*´∀`)含んでは、綺麗でふくよかな旨味。上立香ではうっすらとしか見えなかった香りが、ぶわっと色濃く感じられます。若干の苦味に、辛みもしっかりとあって、飲み応え [続きを読む]
  • 而今 純米大吟醸 NABARI 2017
  • 今回はちょっと高〜いお酒です。大人気「而今」の純米大吟醸を手に入れました(^^ )而今 純米大吟醸 NABARI 2017蔵のある三重県名張市産の山田錦を40%まで精白した純米大吟醸です。山田錦の生産量における三重県のシェアはそれ程高くないようですが、少数精鋭の名張の農家さん方が作る山田錦は、きっと高い品質なんでしょう(゚ω゚)職場の宴会に持ち込んでの感想です。開栓直後から、香りが華やかに立ちます。マスカットのような爽や [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 古城乃錦
  • またまた田酒です。渋い葡萄色のラベルは、まるであのMS-09ドムを彷彿とさせます。。。さすがにもう、くどいっスね(>_田酒 純米吟醸 古城乃錦復活酒米「古城錦」については、昨年の記事をご参考頂くとして、早速飲んでみます上立香は非常に穏やかで、やっぱりほのかにリンゴ系。キリッとした酸味にニガ渋味も伴って、薄茶色のボトルに同じく、どこかスモーキーな印象です。例年と変わらずのお味かと(゚ω゚)オラ的にはんまいんですが [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 短稈渡船
  • 田酒が続きます。今度はあの「青き巨星」ことランバ・ラル専用の田酒。ほら、ラベルがグフっぽいでしょ。 なんて(^^;)ガンダムトークはこの程度にして、とにかく今回は楽しみな一本を手に入れたのです。田酒 純米吟醸 短稈渡船短稈渡船(たんかんわたりぶね)は当代随一の酒米「山田錦」の父に当たり、同じく母に当たる山田穂(やまだぼ)と共に、最近ではいくつもの蔵でこれらを用いたお酒が造られていますねφ(・д・。)酒米のルー [続きを読む]
  • シャア専用田酒(純米吟醸 彗星)
  • ギレン「私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。なぜだ!?」シャア「坊やだからさ」   ・   ・   ・  (´・ω・`)ザビ家への復讐を胸に秘め、幾度となくガンダム、ホワイトベースを苦しめたシャア・アズナブル。通常のザクの3倍の速度で接近する「シャア専用ザク」を彷彿とさせる真っ赤なボトル。これはもう、シャア専用の田酒で間違いないっ(゚Д゚)田酒 純米吟醸 彗星真っ赤な田酒も、今年でもう3年目に [続きを読む]
  • DATE SEVEN Episode Ⅳ(ダテセブン 2018)
  • 七月七日の七夕は、DATE SEVEN(ダテセブン)の日でもあります。宮城の七蔵元が技術研鑽を目的に集い、精米・洗米から始まる醸造作業を分担して醸す取組も今年で四年目。今回は小金澤の川敬商店さん(美里町)が幹事蔵を務め、食用米「ひとめぼれ」を使用した純米大吟醸を醸したとのことです。DATE SEVEN Episode Ⅳ天の川を模したスタイリッシュな和テイストのラベル。なかなかお洒落ではありませぬか(^^ )DATE SEVENは毎年7月7日 [続きを読む]
  • WHITE 射火 16
  • 「日本一小さな酒蔵」で知られる杉原酒造の射火。TV放映をきっかけにその味わいから人気が高まり、生産量が少なく入手が難しいお酒です。最近は古蔵の復活などにより、もはや日本最小ではないかもしれないところですが(^^;)今回は運良く白麹を使用したお酒の販売に遭遇しました。WHITE 射火 16無濾過生酒ですが、吹き上がりもなくおとなしい開栓。ほんのりと甘〜い香りが広がります(^^ )小さめのちょこでクピッといただきます。の [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 八反錦火入・2017BY
  • 早くも関東甲信越まで梅雨が明けたそうですね。6月というのに宮城も真夏日が続いています。東北の梅雨明けも近いのかしら。さて、本日のご紹介はコレ\(^^ )而今 純米吟醸 八反錦火入・2017BY月毎に出される酒米違いの吟醸。而今の八反錦(イエローラベル)はパイナップル。とは良く見聞きするフレーズですね。飲んでみると影響を受けてか、確かにそんな印象を抱いてしまいます(^^;)のっけから広がる、パインというかベリーのよう [続きを読む]
  • 宮城県きき酒選手権大会 予選
  • 今年も参加してきましたっo(^o^)o宮城県きき酒選手権大会 予選!昨年は初参加ながら運良く上位に入り、決勝大会に進むことができたオラ(^_^)v今年も予選通過を目標に、気合いを入れて望んだ次第です。大会は5回に分けて行われる予選から始まり、各回定員32名から上位6名が決勝大会へと勝ち上がります。日を改めて開催される決勝大会は予選を勝ち抜いた計30名により行われ、優勝を争うワケです。参加は無料。優勝・準優勝者には全 [続きを読む]
  • 十四代 極上諸白 純米大吟醸
  • ひっさしぶりに手に入れた憧れの銘酒\(^^ )/十四代 極上諸白 純米大吟醸頻繁に酒屋に通うオラですが、十四代だけは本当にナカナカお目にかかれない。もちろんプレミアをつけて売っているお店は近所にも在りますが、定価以外で購入する気は毛頭ないですし、そんな酒屋は信頼できないと思う次第で(^^;)およそ一年ぶりの自宅での十四代。ここんとこ極上諸白にしか遭遇できてませんが、有り難いことです。おやっ?仕様がかわってるぅ [続きを読む]
  • 鳳凰美田 純米吟醸 No.14
  • 久しぶりに手に取りましたのは栃木の小林酒造は鳳凰美田。北関東エリアで好きな銘柄の一つです。鳳凰美田 純米吟醸 無濾過本生 No.14酒米は「とちぎ酒14」。栃木県初のオリジナル酒造好適米だそうで、商品名はココからなんですねφ(・д・。)ずいぶん前に飲んだんですが、良いイメージの記憶があります。生酒ですが、落ち着いた開栓。立香は穏やかです。含むとさっぱりとした甘味と、冷涼でリンゴ的な香りに程々のジューシー感。酸味 [続きを読む]
  • 久保田 大吟醸 翠寿
  • 新潟の久保田と言えば、吟醸酒ブームの立役者として名高い朝日酒造の代表銘柄ですね。百・千・萬(寿)というグレードの想像しやすいネーミングで、火入れの吟醸・大吟醸は今や地酒を扱う量販店にまで浸透しているところです。久保田 大吟醸 翠寿翠寿はシリーズ唯一の生酒の大吟醸。麹米の精米歩合50%に対して、掛米は40%。麹米は五百万石のようですが、掛米は分かりませんでした(゚ω゚)生酒ながら、吹き出しもなく静かな開栓。杯 [続きを読む]
  • 赤武 純米夏霞
  • オラいの町内会では、毎年春に公園に集まって飲み会みたいなのをやるんです。お料理は各戸で持ち寄り、生ビールが振る舞われてほぼ飲み放題なんですが、次第に水っ腹になってきます。ほんで、落ち着いてからご近所さんで空けたのがコチラ\(^^ )赤武 純米夏霞うすにごりの純米酒。火入れだそうです(゚Д゚)夏酒らしく、薄いブルーのボトルが爽やかですな(^^ )屋外での酒呑み。三勺ほどの小さなプラカップに注いで乾杯(*´∀`*)尸"お [続きを読む]
  • 天上夢幻 純米大吟醸 仕込13号
  • 久しぶりに地元みやぎのお酒です。宮城県加美町の中勇酒造店が醸す天上夢幻から、中々のハイエンドな一本。天上夢幻 純米大吟醸 仕込13号 氷温貯蔵雫取り原酒天上夢幻は、オラはこれまで余り飲んでこなかった銘柄なんですが、正直楽しみです(^^ )開栓したての上立香は、決して強くはないんですが、高貴な爽やかさを匂わせます。含んで実に滑らか。氷温熟成の成果でしょうか、トゲの無い、絹のようにスルリとした舌触り。酸は弱め [続きを読む]
  • 廣戸川 純米吟醸
  • オラの大好きな廣戸川。生酒の季節は終わり、今回は火入れです。廣戸川 純米吟醸何度もご紹介してきた廣戸川。もうお伝えすることはこれ以上ないんですが、オラの中では吟醸クラスで頭抜けた存在。ま、好みなんでしょうけどね(o^^o)美しい米の甘みと心地よいメロン香、程良い酸味に適度な辛み。ホ〜ンと、味のバランスが素晴らしい。んまいよぅ(*´∀`*)尸"飲む度に感心させられる廣戸川。さらなる進化が楽しみです(^^ )購入先: [続きを読む]
  • 正雪 純米大吟醸 備前雄町
  • 本日のお酒はコチラ(゚Д゚)ノ正雪 純米大吟醸 備前雄町いつも売り場では横目で見ていた正雪。はっきり言ってスキなんですが、何故か手を伸ばしてこなかったワケで。。。今回は気になっていた雄町の大吟だぁ、、、って(^q^ )あぁ〜!最近は雄町が気になってますなぁww開栓から噴き出すメロン香。これは楽しみじゃぁ(^^ )するりとした柔らかな口当たり。美しい甘さが滑らかに舌を包み、気持ちよいメロン香が鼻から口にふわっと広がり [続きを読む]
  • 常きげん 純米大吟醸 Kiss of Fire & 鍋島 純米大吟醸 愛山
  • 最近の宴会で用意したお酒から、ちょっと選抜してご紹介を(^^;)1.常きげん 純米大吟醸 Kiss of Fire石川のレジェンド蔵「鹿野酒造」の常きげんから、ブルーの首の長いボトルが美しい「Kiss of Fire」を用意しました。ルイ・ヴィトンやノーベル賞のパーティーで使用されたとか、世界に通ずる究極の日本酒?とやらを試したかったわけで(゚ω゚)味わいは、流石の一言。美しい透明感のある甘みと、絹のように滑らかで柔らかな舌触り。 [続きを読む]
  • 射火 純米吟醸 槽場無濾過生原酒(BY29)
  • 本日は、かねてから飲みたかったお酒です(^^ )射火 純米吟醸 槽場無濾過生原酒人気の射火ですが、居酒屋も含めて今期はよく遭遇できております(o^^o)先日の特純がホントに美味しかったので、吟醸も是非とも手に入れておウチで味わいたいと。酒好きの友人と共に開栓。開栓直後から、ベリー系の甘酸っぱい香りが。含むとズキューン!やはり甘酸っぱいっ(゚∀゚)ザラザラしているかのような荒ーい感じの舌触りで、それでいて嫌みはまっ [続きを読む]
  • 黒龍 吟醸 吟十八号
  • 今年の連休は良い天気でした。暑すぎず寒くない、春〜初夏の気持ちよい気温は、お酒を味わうにも良い季節かと(o^^o)山菜なんかも多く出回ってきたところで、クセのない淡麗なお酒を求めて選んだのがコチラ。黒龍 吟十八号商品名に縁起の良いナンバーを多用する黒龍。毎年の吟醸造りが安定してくるのが十八号仕込み辺りからと言うことで名付けられた、毎年春先に出荷されるアル添の吟醸酒です。上立香は穏やか。味耗のオラは室温に [続きを読む]
  • 而今 特別純米 火入れ(2017BY)
  • 本日のお酒は大人気のコレっ而今 特別純米 火入れ(2017BY)生酒の出荷が終わって、これからは火入れ品が順に出てくるハズで(^^;)穏やかながら、而今らしい爽やかなマスカット香。含むと、火入れとは思えないほどのジューシーさが感じられます(゚ω゚)お米の旨味を十分に感じながら、キリッとした辛味が引き締めて良い感じ。んまいっ(゚∀゚)吟醸ももちろんんまいけど、やっぱ純米もステキ(*´∀`)食事がますます美味しくなっちゃう一 [続きを読む]
  • 庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり生
  • 今回は当ブログ初登場の福岡のお酒。庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり・生結構メジャーどころなんですが,自宅飲みは初めてで(^^;)軽い発泡感と,フレッシュで爽やかな香り。うすにごりながら甘さは控えてあり,穏やかな辛味も気持ち良い。なかなかんまいっすな(´∀`*)連休前半は全国的に晴天が広がり,夏日になっているところも多くみられてますね。まだ虫も少ない季節,涼しくなった夕方にお庭で一杯やっちゃおうかな(^^)購入 [続きを読む]
  • 鍋島 特別純米(生原酒)
  • 自宅用としてはひさしぶりの鍋島です(^^ )鍋島 特別純米 生原酒先日、小牛田の齋林さんに仕入れに行ってきたところ、同じラベルながら値段違いの鍋島を発見。片方は加水した生酒で、こちらは生原酒。値段差は百円ちょっと。ん〜〜(・д・)ナヤムここは原酒だなっ!と、こちらを手に取った次第です(^^;)鍋島の特純は久しぶり。含むと、どっしりと濃厚な米の旨味が感じられます。原酒ならではの高アルコールに爽やかな麹の香りが加わって [続きを読む]
  • 廣戸川 純米吟醸 雄町・生
  • 本日のお酒は、オラの大好きな蔵の新製品(^^ )廣戸川 純米吟醸 雄町・生古川の和屋さんのフェイスブックでこの入荷情報を拝見したとき、お、雄町?? 廣戸川でも使うんだぁ。。。絶対のみてぇ〜(°q°)てなことですぐにコメント→取り置き依頼、となったわけで。和屋さんにはホンと、よくしてもらってます。ありがとうございますm(__)mするっとした舌触り(・ω・)美しい甘さと、穏やかながら気持ちのよい香りで、口に入れた途端に美 [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 百四拾(桜ラベル)
  • 今年の桜は早かったですね。田酒の桜ラベルも店頭に並ぶのが早かった感じですが、ちょうど良かった地方も多かったのでは。ということで今回のお酒はコチラ(^^ )田酒 純米吟醸 百四拾(桜ラベル)売り場で目を引くドハデなラベルですが、秋に出荷される紅葉ラベルと共に見慣れてきたところ。「華想い(百四拾)」を使用した吟醸は、もう田酒の定番商品ですね。スッキリとした米の甘みと、適度な酸味。爽やかな香りが穏やかに鼻を抜 [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 雄町(無濾過生・2017BY)
  • 新年度に入り、ちょっと忙しくて更新を怠ってました(^^;)イロイロと飲んでいたので、これから駆け足でご紹介していきますね。さて、本日のお酒はコチラ而今 純米吟醸 雄町 無濾過生(2017BY)ここんところ、而今とは運良く遭遇できてまして、色々な商品を楽しんでおります(o^^o)昨年も高評価だった雄町の生。信頼の開栓(゚∀゚)含んだ途端、気持ちのよいマスカット系の香りと共に、ジューシーな甘酸っぱさがブワッと攻めてきます。お [続きを読む]