hokusai さん プロフィール

  •  
hokusaiさん: 美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ハンドル名hokusai さん
ブログタイトル美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ブログURLhttp://nmaisake.blog.fc2.com/
サイト紹介文購入した地酒の感想を中心に、仙台・宮城の酒屋や酒処等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/12/02 12:58

hokusai さんのブログ記事

  • 十四代 角新本丸
  • 本日のご紹介は十四代。十四代のラインナップ中、最もベーシックな商品の本丸ですが、今回のものは新酒・生酒の「角新」であります。聞くところによると酒米は美山錦。秘伝玉返しとは、自社粕取り焼酎をアルコール添加に用いる技法だそうですφ(・д・。)おウチでの本丸も、角新も初めて。生ですが大人しい開栓で、グラスに注ぐと軽く気泡が付く程度です。開栓直後から漂う香りはやはり十四代。特有のメロン香が、思った以上に強く感 [続きを読む]
  • 而今 特別純米 無濾過生(2018BY)
  • 昨年末から新酒・生酒が続いています。キラキラとして鮮烈な味わいの新酒は、普段日本酒をあまり飲まない方々にも好評で、オラもこの時期が大好き(゚∀゚)今月予定している職場の新年会では、やはりこの時期ならではの新酒を中心に10本ほど仕入れているところです(^^ )今回の而今の新酒も特に楽しみにしていた一本。一升瓶ゆえに数日かけて飲みきり、味の変化を楽しんでみました。グラスに注ぐと気泡が立ち昇り、華やかな香りが広が [続きを読む]
  • 新政 平成三十一年度新年純米しぼりたて
  • 昨年仕入れたお酒も飲みきりまして、本記事からは2019年に仕入れたお酒になります。一本目は新政の新年ボトル2019。金色の亥年ラベルに絵馬がかけられて、ゴージャスな装い(^^ )スペックは美山錦のしぼりたて生酒。同じ酒米を使うラピスと比べて精米歩合は低めの65%(ラピスは麹40%・掛50%)ポンっと気持ちよい音で開栓です。んん〜、ジュワッとジューシーっ(゚∀゚)リンゴのような香りと爽やかな甘みに、やや強めの炭酸。しっか [続きを読む]
  • 廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒
  • 今年も楽しみにしていたお酒が出荷されました(^^ )廣戸川の純米吟醸は、厳寒期限定で無濾過生原酒が出荷されます。通常の火入れ品もスゴい美味しいのですが、この生原酒は毎年本当に素晴らしい味わいで、オラ的には吟醸クラスでピカイチの評価をつけております(^^ゞ開栓初日はマスカットの様な香りに、想像以上にすっきりとした甘み。微かにプチプチとした舌触りは生酒の特徴ですが、ちょっと硬い印象を受けます。1日空けてから、 [続きを読む]
  • 十四代 中取り大吟醸 播州山田錦
  • あけましておめでとうございます今年もたくさんの“んまい酒”をご紹介できるよう、健康に気をつけながら飲み進めていきたいと思います(^^ゞさて、新年一発目のご紹介は十四代!昨年秋口に手に入れ、お正月までしまっておいた、とっておきの一本です(o^^o)※白箱・白ラベルに機械栓という厳かな佇まいに、弥が上にも期待が高まります(^q^ )お正月ですからね、初日は盃でいただきます。注いだ端から、十四代特有のメロン香がこれで [続きを読む]
  • 飛露喜 純米大吟醸
  • またまた年末のお酒をご紹介。大晦日に実家に持参したもので、2018年最後の一本です。人気の飛露喜は居酒屋さんではよく見かけるものの、お家で飲もうとすると仙台近辺の酒屋さんではナカナカお目にかかれないお酒ですが、この四合瓶の純米大吟醸に限ってはたまーに置いてありますな。大吟醸の割にはお値段もまずまずで、人に飲ませるには使いやすいところかと(^^ゞ穏やかな上立香。滑らかな舌触りに、雑味のない美しい甘みが濃厚 [続きを読む]
  • 磯自慢 吟醸 しぼりたて生原酒
  • 年末のお酒をご紹介。磯自慢はのんべ垂涎のレジェンド蔵ですが、特にお勧めしたいのがコチラ、新酒の吟醸・生なのです(*´∀`)白桃のような独特の芳香を放つ磯自慢。アル添の吟醸・大吟醸は特に香るような気がします。この一本も、胸のすくような爽やかで不思議な香りが、開栓直後から強く漂います。本日は平盃で頂きます。スッと口に馴染んでは、美しくひんやりした甘み。そこからブワッと、香ること香ること(゚ω゚)!!新酒のフ [続きを読む]
  • 浪花正宗 純米大吟醸
  • またまたお知り合いから地酒をいただきましたっo(^o^)o浪花正宗は大阪府阪南市のお酒で、オラは初めて。東北にいると大阪の地酒をいただく機会は余りなく、ホンとありがたいっすな(^^ )開栓直後の上立香は、どこか木樽のような風味が。翌日にはほとんど感じられなかったので、気のせいかもしれませんが(>_含んでは上品で透明感のある綺麗な甘み。スルッとした口当たりの心地よい辛口で、少し後からジュワッとした旨味と芳香が溢れ [続きを読む]
  • 射美 吟撰 槽場無濾過生原酒(30BY)
  • ひさしぶりに、「日本一小さな酒蔵」で知られる杉原酒造の射美を入手しましたo(^o^)oこの吟撰は今年醸造の新酒。アル添ではありますが、添加したアルコールはなんと1年以上寝かしたものだそうです。しかも生酒と思いきや瓶間火入れだそうで、とにかく蔵元のこだわりがこれでもかと感じられてきます(゚ω゚)飲んでみますと、ホントにきれいな甘みが、舌をトロけさせてくれます(^^ )甘酒のような、麹の甘くて良い香り。無濾過のオリに [続きを読む]
  • 廣戸川 純米にごり
  • 今回は廣戸川のにごり酒。ここんところ毎年の購入で(^^ゞ廣戸川ガチ推しですからw激しく吹き出すようなことはなく、安心の開栓。先日ご紹介しました而今のにごりと比べると、こちらの方が濃ゆい感じ(゚∀゚)甘さとしてはにごりにしてはさらに控えめで、酸味も穏やか。めちゃくちゃ濃厚なものやトロトロが幅をきかせるにごり酒界隈の中では、まぁなんて言うか、上品な部類になるのではないかしら(゚ω゚)ぜひぜひ、お試しアレo(^o^)o購 [続きを読む]
  • 七重郎 特別純米(無濾過生詰原酒)
  • 福島のお知り合いから嬉しい地酒のプレゼント(*´∀`)コチラの七重郎は福島県猪苗代町のお酒で、あまり広く出回っていないイメージです。仙台だと藤崎で取り扱っているかな。職場の同僚の親戚がここの蔵人をしている縁で、飲み会で一度いただいた記憶があります。グラスに注ぐと薄い山吹色で、香りにはやや熟成感があります。含んでみると、ん〜ん、濃厚(*´∀`)!お米の甘みと旨味がどっしりとしていて、どこか燻製がかった香り [続きを読む]
  • 墨廼江 純米吟醸 中垂れ
  • 本日は久しぶりに地元みやぎのお酒をご紹介。墨廼江酒造は旧北上川河口、石巻駅近くに蔵を構える、1845年創業の由緒ある蔵です。東日本大震災の津波で蔵が水没したものの、早期に生産を再開されていたと思います。キリッとした酸味が特長のやや辛口。スッキリとした飲み口のアテを選ばない食中酒で、みやぎを代表する蔵の一つだと思っています。今回求めたのは純米吟醸の中垂れ。同一タンクの中で味・香りが最も調和している“中取 [続きを読む]
  • 森伊蔵(当選5本目)
  • 久しぶりに森伊蔵の蔵元抽選販売に当選し、先日届きましたっ\(^^ )/これまでで5本目となります。これまでの当選確率を改めて整理してみようと思います。2015年8月から電話3台を使用して、各月3口申し込みを続けてきました。5本目の当選が2018年10月でして、11月は落選でしたから、、、5本/(40ヶ月×3台) =5/120つまり、4.17% ( ゚A゚ )!!ん〜、意外と高いんではないでしょうか?ありがたいことに、最近は一 [続きを読む]
  • 廣戸川 純米吟醸
  • 本日のお酒は廣戸川の純米吟醸。また買ってしまいました(^^;)職場の宴会には必ず用意してますし、他人にもオススメしちゃうほど大好きなお酒です。飲む毎に感心させられるお酒ですが、今回は如何に(゚ω゚)?上立香はそれほど強いとは思いませんが、含み香は本当に心地よく、硬いメロンや林檎を思わせます。お米の旨味・甘みは美しく、透明というより、しっとりとした磨り硝子のように奥の景色が霞むような、とにかく上品な印象です [続きを読む]
  • 而今 特別純米(にごりざけ生・2018BY)
  • 今年も運良く手に入れることができましたっ、FANTA米!もとい、而今にごりざけ生(^^ )!!※撮影前に少し飲んぢった...(^^;)裏書のとおり開栓はやや注意が必要です。まずは静かに蓋を緩めて、、、ブワッと泡が産まれたら一度閉めます。また蓋を緩めて何度かガスを抜いて、落ち着いてきたらオリを混ぜます。またまた噴き出してきますので、蓋を緩めてシュッシュッと圧を解放していきます。ま、全然難しくないんですがね(^^ゞ豊かな [続きを読む]
  • 獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽
  • 酒屋さんの棚には新酒が並んできましたね。通年醸造を行う蔵でも季節感を出すためか、酒造年度や収穫・時期を踏まえて、新酒や生酒を限定的に出荷しているように思います。獺祭でも火入れを行わない生酒を期間限定で販売しており、寒造早槽はこの時期にのみ出荷される搾りたてをテーマにした商品ということです。何度かいただいておりますが、安定の美しい味わい。花のような上品な香りが気持ちよく、甘辛酸のバランスがとれた秀逸 [続きを読む]
  • 田酒 特別純米 生
  • 朝晩の寒さが身に凍みるようになってきましたね(>_これからの季節,田酒の特純をお燗にするのが堪らなく大好きなオラですが,今回は同じ田酒でも「生」なのでございます。田酒 特別純米酒の美味しさは広く知られているところですが,生酒はひと味違った味わいです。身上であった米の甘みはやや控えめに感じられます。透明な瓶の見た目そのままに、フレッシュでジューシーな酸味が印象的な,キラキラと美しい味わい。う〜ん,やっぱ [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 愛山(火入れ・2017BY)
  • 幻の酒米と言われた愛山のお酒も、今では良く見かけるようになりました。愛山は灘の剣菱による契約栽培で守られてきた品種で、山田錦より大粒ながら背が高く晩生なため、栽培する農家がまだまだ少ないことなどから取引価格が高いそうで、当然お酒の価格に反映されるワケです(^^;)そんなこんなで今回のお酒は、而今 純米吟醸の愛山・火入れです。開栓直後から、甘くて芳醇な香りがします(゚ω゚)日本酒らしい辛みの中に、パインともベ [続きを読む]
  • 大嶺 純米(Ohmine Cup)
  • 先日の記事では九頭龍のミニボトルを紹介しましたが、今回はコチラ。山口県の大嶺酒造のミニカップ酒です。ちゃっこくて、ホンと可愛らしいデザイン。キッチンカウンターに積み重ねて置きたいっす(o^^o)お味としてはホ〜ント綺麗なお米の甘み。スッキリとした甘さの中に、これまた美しい香りがあって飲みやすい。あ、度数は14%なのね。飲みやすさに納得(^-^;オラも含めてのんべの皆様には足りないサイズでしょうが、ちょっとお酒 [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 山廃
  • 今日のお酒は田酒の純米吟醸 山廃です。「山廃仕込み」については他を当たってもらうとして、田酒の山廃は辛口(>.これまで、そんな勝手な印象を持っていたのですが、今回ちょっと感想が違ったのでご紹介します。冷やしてグラスで頂きます。およっ?意外と香るっ。。。爽やかなリンゴ系の香りですが、上立香からこんなに香るお酒でしたっけ(゚ω゚)?含んでは、綺麗でスッキリとした甘み。辛み苦味も程よく、円やかで旨味も十分。およ [続きを読む]
  • 会津娘 純米吟醸 短稈渡船
  • 福島県会津若松市の会津娘から、今回は短稈渡船を使用した吟醸です。会津娘は福島のお酒としてはやや辛口で、スッキリとした飲み口と記憶していますが、これは意外とふくよかです。先ずは綺麗なお米の甘みがストレートに感じられ、後から奥深い旨味がにじみ出る感じ(゚ω゚)香りはぷんぷんとした果実香ではなく、麹とお米を思わせる日本酒らしい香りで、上品かつ美しい印象です。なかなかんまいっすな(●´ω`●)酒米「短稈渡船」に [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸 吉川山田錦&東条山田錦
  • 今回手に入れましたのは、産地の異なる山田錦を用いた、而今の純米吟醸2本。兵庫県北西部一帯で生産される山田錦は特に良質とされ、その中でも東条町、吉川町、口吉川町、杜町(いずれも旧町名)は「特A地区」として別格扱いされているところです。今回の2本は「旧吉川町産の山田錦」と「旧東条町産の山田錦」をそれぞれ用いて、同じ造りにより醸造したものだそうです。生産地区の違いのみでどれほど味わいが異なるものでしょう [続きを読む]
  • 〆張鶴 純米吟醸 越淡麗
  • 久しぶりの新潟のお酒。〆張鶴は特に久しぶりです。使用している「越端麗」は、山田錦を母、五百万石を父に交配した酒米で、蔵のある村上市産とのことです(゚ω゚)酒米の名称から、水のような淡麗辛口をイメージしてましたが、意外や意外。透明感の中にしっかりと美しい甘みがあって、硬めのメロン香も穏やかに、スッキリとしたキレ。正に蔵元HP通りの「淡麗旨口」。アテを選ばない感じで、コクコクと飲み進められちゃう軽やかさ。な [続きを読む]
  • 九頭龍 純米(ミニボトル)
  • 本日は、兄から貰ったこのミニボトル。福井は黒龍酒造の九頭龍 純米。くびれの入った漆黒の150ml瓶は美しく、何よりカッコいい!最近、ちゃんとした地酒のミニボトルやカップ酒をよく目にするようになってきました。純米酒や吟醸酒も多く、これはホント嬉しいことです。旅先でのお弁当と、んまい酒(^^ )出張帰りの新幹線でちょこっと、んまい酒っ(^_^)v豊かで幸せな時間(●´ω`●)もともとオラ、東京出張の帰りは必ずといって四 [続きを読む]
  • 作 純米原酒 INPRESSION G
  • 前回記事に続きまして、一関のコスガ酒店さんで買ってきたお酒です。作のインプレッションは、無濾過での槽場直汲みによる、一回火入れながら生酒のようなフレッシュ感や微発泡が特長のシリーズです。見ての通り目立ったラベルはありません。三重県の伝統工芸品 「伊勢木綿」 をモチーフにしたボトルは美しく、高級ワインにも負けないスタイリッシュさ。シリーズには「M:恵乃智」「G:玄乃智」「H:穂乃智」「N:雅乃智中取り」の [続きを読む]