hokusai さん プロフィール

  •  
hokusaiさん: 美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ハンドル名hokusai さん
ブログタイトル美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ブログURLhttp://nmaisake.blog.fc2.com/
サイト紹介文購入した地酒の感想を中心に、仙台・宮城の酒屋や酒処等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/12/02 12:58

hokusai さんのブログ記事

  • 廣戸川 純米(にごり生酒)
  • オラのお気に入り銘柄「廣戸川」の純米にごり生酒。廣戸川のにごりをいただくのは初めてでした(^^;)ズキューンとくる甘みと麹の風味が、まるで甘酒のよう。にごり酒としては酸味はほどほどであって、柔らかな口当たり。炭酸も比較的穏やかで、フレッシュかつお米の旨味がジューシー(o^^o)なかなか、んまーい(*´∀`)廣戸川はやっぱりレベルが高い。これから出荷される生酒も、楽しみだなぁ(o^ω^o)購入先:和屋(大崎市)価格:1, [続きを読む]
  • 手取川 純米(生原酒しぼりたて)
  • すっかり新酒の季節。本日のお酒は「手取川 純米生原酒しぼりたて」。生酒のフレッシュな味わいを期待しての購入です(^^ )軽い吹き出しを伴っての開栓。麹を主体とした美しく澄んだ香りの中に、微かに柑橘を連想する香りも感じられます。含んでビビっときたっ!んまいっ(゚ω゚)!!透明感のある美しい甘味に、ジューシー感が溢れる瑞々しい味わい。酸が効いているかと思うと、実はそんなに酸っぱくない(゚ω゚)微発泡からなる酸味と爽 [続きを読む]
  • 而今 特別純米(にごりざけ生・2017BY)
  • 大人気「而今」の特別純米 にごりざけ生。今年も運良く手に入れることができました(*´∀`)最近はサッパリと飲めるにごり酒が多くなってきましたが、やはり而今は別格。リンゴとマスカットの合わさったような爽やかさに、クドさのない甘酸っぱが◎。豊富な炭酸が香りを華やかに立ち上げると共に、シュワッとした優しい刺激が杯を進めてくれます。んまい〜(*´∀`*)尸"昨年も書いたけど、やっぱコレ。「ファンタ米味」(^^ )夫婦で [続きを読む]
  • 田酒3酒(特別純米&生・純米吟醸 秋田酒こまち)
  • 最近、酒屋さんで田酒と遭遇する機会が多くありまして、スキな銘柄なもんですから、毎回購入しちゃうワケで(^^ )そんなこんなで、今回は連チャンで開けていった田酒を3つ紹介いたします。1. 田酒 特別純米2. 田酒 特別純米 生3. 田酒 純米吟醸 秋田酒こまち1. 田酒 特別純米おなじみ田酒の特純。最近オラの辺りでは初雪が降りまして、朝晩はもう、めっきり寒さが厳しくなってきたワケでして。そろそろ熱燗飲もうかな〜(●´∀`● [続きを読む]
  • 美丈夫 純米大吟醸(舞)
  • 高知の人気銘酒、美丈夫の純米大吟醸「舞」を開けました。実のところ、美丈夫を頂くのは久しぶり。評判だけはよく見聞きしていたので、開栓を楽しみにしていた一本で(^^ )清涼感のある、柑橘のような香りが立ちます。クリアでほんのりした甘みの中に、適度な酸味、若干の辛味・渋みを伴って、飲み込むとスッキリとしたキレ。なかなかんまいー(*´∀`)軽やかなフルーティーさが、女子ウケしそうな味わいでした(゚∀゚)購入先:大山酒 [続きを読む]
  • 新政 ラピス(2016 別誂 中取り)
  • 厳かに包装されているのは新政 ラピス 別誂中取り。搾りにおいて最も品質が高いと言われる「中取り」部分の商品のため、通常品よりも価格が上乗せされております。包装を剥けば通常のボトルが登場。「不知火」と書かれた木のタグがかけられており、ロット番号なのでしょうか。とにかくお洒落ですな(^^ )グラスに鼻を寄せると、華やかな香りに包まれます。中取りのためか、透き通るような甘さと鮮やかな酸味、上品なマスカット調の [続きを読む]
  • 黒龍 純米吟醸(純吟三十八号)
  • 黒龍の純吟三十八号を開けました。山田錦を使用した純米吟醸の秋上がりということで、この季節の限定商品です。香りは極めて穏やか。お酒らしい、爽やかな麹の香りが上品に感じられます。適度な熟成感に、滑らかな口当たり。透明感のあるキレイな甘みと旨味、そして辛みが口腔に広がります。んまいなっす(●´∀`●)レギュラー品で使用される五百万石と比べてふくよかな甘みが感じられるのは、やはり山田錦によるところなのでしょ [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 山廃 & 百四拾(紅葉ラベル)
  • すっかり秋ですね。田酒の吟醸を2種に入れまして、ゆっくりと飲み比べてみました。・田酒 純米吟醸 山廃・田酒 純米吟醸 百四拾(紅葉ラベル)山廃は、酸味の効いた辛口。冷涼なリンゴ様の香りにすっきりとしたテイスト。それでいて味はシッカリとしていて、飲み応えもある。室温程度に温めてみると、味・香り共に花開くと思います。真っ赤な紅葉ラベルが百四拾(華想い)。春に出荷された桜ラベルに続いて、ピカピカのどハデなラ [続きを読む]
  • 一歩己 純米吟醸
  • 今回は一歩己の純米吟醸をご紹介o(^o^)o一歩己は何度か購入してきましたが、吟醸は初めて。深いグリーンのラベルがカッコイイっすね(゚∀゚)香りは穏やか。過度な果実感ではなく、爽やかな麹の香りが主体です。滑らかな口当たりに、すっきりとして美しい甘み。穏やかな辛み・酸味とのバランスがよく、キレも秀逸です。純米酒と同じく飲み飽きのしない味わい。んまい(●´ω`●)裏書きには「農家の努力と作り手の挑戦が醸し出す最高 [続きを読む]
  • 廣戸川 純米(秋あがり)
  • すっかり秋めいてまいりました。各蔵から「ひやおろし」が出荷され、売り場を占めているところではないでしょうか(^^ )今回開けましたのは、お気に入り「廣戸川」の純米 秋あがり。茶色のラベルが秋らしくシックな装いです。純米酒らしく、穏やかでしっとりした麹の香り。含むとお米の甘み・旨味がどっしりと口に広がります。お、これは(゚ω゚)特別純米とはひと味違うクラシカルなテイストっ口当たりは滑らかで雑味も少なく、飲み込 [続きを読む]
  • 山形正宗 純米吟醸(酒未来)
  • 馴染みの居酒屋でしこたま飲んだ後、帰り際にマスターからお酒を頂いてしまいました(^^ )山形正宗 純米吟醸 酒未来十四代の高木酒造が長い年月をかけて開発した酒米「酒未来」を使用した吟醸で、オラ的に一番注目している酒米なもんですから、ホンとありがたーいお土産です。マスターに感謝!m(__)m生酒ですが吹き上がりもなく、上立香は穏やか。飲んでみると、ベリーのような甘酸っぱい味わいと香りが第一印象を占めます。甘酸っ [続きを読む]
  • 赤武 純米吟醸(結の香)
  • 東京出張の帰りには、新幹線でお酒を飲みながら仙台へ戻るのがオラの流儀。東京駅の改札内にははせがわ酒店が入っており、3勺くらいのプラカップも無料で頂けるもんですから、ホンと毎回お世話になっております(^^;)今回求めたのは赤武 純米吟醸 結の香。「結の香」は、山田錦に匹敵する酒米を育てたいとの想いから「華想い」と「山田錦」の掛け合わせにより生まれた岩手県の酒造好適米だそうで、岩手の酒造関係者の期待の星とのこ [続きを読む]
  • 作 純米大吟醸(雅乃智中取り)
  • 人気の「作」から、純米大吟醸 雅乃智・中取りを購入しました。ラインナップが豊富な「作」の中でも、雅乃智はオラのお気に入り。人気のためか、酒屋でお見かけすることが少なくなったもんで、ウチで頂くのはしばらくぶり(^^ )予想通りの華やかな上立香。マスカットのような爽やかな香りに、雑味のない美しい甘さが滑らかに口に広がります。適度な酸味が上品に味をまとめ、飲み込むとすっとキレる。や、は、り、、、んまいっ!(*´ [続きを読む]
  • 会津中将 純米吟醸(夢の香・28BY)
  • 今や地酒大国の福島県。先の全国新酒鑑評会では金賞受賞蔵数が5年連続の全国一位だそうで、蔵の多さだけでなく、各々のレベルの高さが裏付けされております。もちろんオラのお気に入り蔵も多く、今回はその一つ「会津中将」から純米吟醸 夢の香を開けました。過度な果実感に頼らず、麹を主体とした爽やな香りに好感。甘み・酸味が程々に抑えられており、辛みも含めてバランスの良い食中酒。オラが会津中将を好きな理由は正にココ。 [続きを読む]
  • 九郎左衛門 雅山流 純米大吟醸 極月 
  • 最近何度かお外でいただいて、そのたびに美味しいなぁと感じている雅山流。山形県米沢市の進藤酒造店で作られているお酒です。今回は純米大吟醸の「極月」を選んでみました。 メロン系の爽やかな香りが強く立ちます。含むと、美しく柔らかな甘みが、滑らかに舌に広がるように感じれます。程よい酸味が味わいを上品に締めて、自然と杯がススム。あっ!という間に飲んでしまう系だ。。。(^^;)やはり、んまい(●´∀`●)山形の酒米「 [続きを読む]
  • 而今 純米吟醸(千本錦火入・2016BY)
  • 人気の而今を開けました。今回は千本錦を使用した純米吟醸の火入れです。上立香は穏やか。含んで舌で転がして、ゴックン。程よい辛みと甘酸っぱさが舌を刺激。ベリー系の香りが爽やかに広がります。でも、、、ん、んん〜っ(´・ω・`)?なんか杯が進まない。。。後に残る辛みと若干の苦味が、ちょっとスキくない。。。こんな時は2日目だっ(・∀・)と残してみましたところ、若干味わいは落ち着いて、口当たりも円やかになりましたが、 [続きを読む]
  • 一歩己 純米
  • 地元で花火大会がありまして、持ち込みましたのがコチラのお酒。一歩己(いぶき) 純米酒今年二月にご紹介したものと同じお酒ですが、前回は無濾過生原酒でして、今回は火入れ品になります。屋外での飲みですが、そこも管理を怠らないオラ(^^ )保冷のしっかりとしたクーラーで持ち込み、プラコップではありますが小さい日本酒仕様を用意。透明感のあるキレイな甘味。酸味はほどほどながら、華やかな香りが爽やかさを感じさせます。 [続きを読む]
  • 酒屋紹介④ 大山酒店(宮城県塩竈市)
  • オラが仕入れに伺っているお酒屋さんを紹介します。四回目となる今回は、塩竈市の大山酒店さんです。 市民図書館などが入るビル「壱番館」側から鹽竈神社の登り口に向かうと、八百屋さんのお向かいに小綺麗な白壁に歴史ある看板を掲げた店舗が見つかると思います。中に入ると、照明は酒屋らしくやや暗め。ガラスのショーケースが店内左右に配置され、右手が一升瓶、左手に四合瓶が並べられております。ハイクラスの酒箱が並べられ [続きを読む]
  • 冩樂 純米吟醸(酒未来・H28BY)
  • 楽しみにしていたお酒が来ました!冩樂 純米吟醸 酒未来昨年頂いた吟醸クラスの中でも、トップ3に入るお気に入りの一本です。酒米「酒未来」については前回記事をご参照頂くとして、今年の出来はどうか(゚ω゚)ワイングラスで頂きます。上立香は穏やかで固めの洋梨のよう。すっきりと美しい、透明感のある甘味。柑橘様の爽やかさの中に、ベリー系の甘酸っぱさ(^^)素晴らしい味のバランス。んまいー(*´∀`*)尸"開栓直後はレモンピ [続きを読む]
  • 浦霞 純米
  • 地元みやぎのお酒、浦霞の純米酒を開けました。実はコレ、先日の利き酒選手権大会(本戦)の参加賞でして(^^;)上立香は控えめ。含んでは、麹とお米の旨味がシッカリとした、クラシカルでキレのよい味わい。単独で飲むと、やや酸が強いかな(゚ω゚)?とも思うんですが、食事と合わせてみると適度に口を潤して飲み飽きのしない、正に食中酒。みやぎの純米酒には綿屋や伯楽星の他にも、料理を引き立てるんまい食中酒がたくさんあります [続きを読む]
  • 作 純米大吟醸(朝日米)
  • 先日のSAKE CONPETITION 2017において各部門の上位を総なめにした「作」。様々な酒米・造りを行い、多彩な商品ラインナップを展開しつつも、いずれの商品も大人気ということです。「作」そのものが、時代が求める味わいとして受け入れられているということなのかしら(゚ω゚)さて、今回いただいたのは岡山県産朝日米を全量使用した五割磨きの純米大吟醸。朝日米といえば「東の亀の尾、西の朝日」と言われるほどの現代酒米のルーツで [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸(古城乃錦)
  • 薄山吹色の瓶に紫色のラベルで、見た目がエグカッコよい「田酒 純米吟醸 古城乃錦」。西田酒造店のホームページによると、酒米「古城錦」は「五百万石」と青森県産米「青系50号」の交配により昭和40年代に開発された品種で、あまり酒造米として使用されずに生産が廃れたとのこと。その後、西田酒造店がタネ籾を探し出し、特定の農家に栽培を依頼することで生産を復活させ、平成3年の造りから仕込みを開始したと紹介されております [続きを読む]
  • 廣戸川 純米大吟醸
  • オラのイチ推し銘柄「廣戸川」の純米大吟醸を開けました。純米吟醸と同様に落ち着いたリンゴ系の上立香ですが、より強く、気品に溢れております。含んで直感。んまいっ(●´∀`●)舌触りはややトロリ。雑味の無い美しいお米の甘味と共に、心地の良い吟醸香が広がります。リンゴ系の中に、白桃〜バナナ香も微かに感じられる気がします。アルコールの刺激はほとんど感じられず、酸味も極めて丁度良いレベルに留められて、素晴らしい [続きを読む]
  • 3M勢揃い(魔王・森伊蔵・村尾)
  • 焼酎も好きなオラ。人気銘柄も欲しくなって、これまでしばらく抽選予約に申し込んできました。ホンでこの度ようやく、憧れの3M(魔王・森伊蔵・村尾)をわが家に揃えることができましたっ\(^^ )/お味の方はゆっくりと堪能してから改めてご紹介するとして、今回は購入の仕方とかかった時間などを参考にお知らせしようと思います(゚∀゚)① 魔王購入先:玉利商店(鹿児島県鹿屋市)価格:3,086円(一升・税込)送料等:1,985円(東 [続きを読む]