Nyarnmaru さん プロフィール

  •  
Nyarnmaruさん: London Kyat Club
ハンドル名Nyarnmaru さん
ブログタイトルLondon Kyat Club
ブログURLhttps://kyatclub.wordpress.com/
サイト紹介文編み物&縫い物&猫が好き!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/12/03 21:19

Nyarnmaru さんのブログ記事

  • 付け襟、初挑戦
  • ここのところ、仕事の疲れが抜けなくてすっかり編み物からもご無沙汰しておりましたが、うちのフラットがある建物の別の階に住んでいらっしゃる日本人のKさんと先日町でばったりお会いして、編み物について相談したいと言われました。Kさんは私の影響で去年から編み物を始めました。翌日、Kさんのお宅にお邪魔してお話をうかがったところ、ネイビーがかった黒のドレスを買ったが首回りが開きすぎていて見た目が悪いから付け襟を編 [続きを読む]
  • 断捨離カーディガンその2、完成
  • 一週間ほど前に、断捨離カーディガンの2作目が完成しました。今度は長袖です。よく見ると、ヨークの部分が若干白さが増しているように見えると思います。ヨーク以外の白い部分はややクリームがかった極細の毛糸の2本どりで、ヨークの部分は並太の毛糸で編みました。着心地は前回と同じパターンですので、やや肩の部分から二の腕にかけて固定された感がありますが、それほどの違和感ではありません。思ったより軽くて、とても暖かい [続きを読む]
  • 思ったよりたっぷり
  • 英国ではザクロがフルーツとして一般的に出回っています。私はザクロに対してすっぱいイメージが強くて手を出していなかったのですが、社食のフルーツサラダに入っているのを食べてみたら甘くて、あら、おいしいと。先日、夫に柿を買ってきてほしいと頼んだら、柿がなかったのでザクロを買ってきてくれました。それで人生初、ザクロをむいてみることに。思ったより柔らかくて、手で割ることができました。中は赤い実(種?)がびっ [続きを読む]
  • うちの社食 その19
  • 本社のようなところの社食、12時半から昼食メニューに変わるのですが、その前の朝食メニューの時間でもなぜかデザートだけはしっかり準備されています。いつも3種類以上のケーキ類が。金曜日はブラック・フォレスト、エクレア、キャラメルチーズケーキの3種。キャラメルチーズケーキは以前試したことがあって、本体がチーズの味が全くしなくてゼラチンっぽくって全然おいしくなかったので、却下。今回はブラック・フォレストをチョ [続きを読む]
  • うちの社食 その18
  • 今週からしばらく本社のようなところで働くことになり、おいしい社食とはしばしのお別れです。ちなみに、こちらにも社食がありますが、たぶん、200席くらいある巨大な社食で、フードは「えさ」レベル。こちら、私の同僚が食べた水曜日のランチ。昼休憩がちょっと早かったので、まだ朝食メニューしかありませんでした。変な形のポーチドエッグ(小さな白いお椀がひっくり返っているように見えるのも卵)2個、ハッシュブラウン(ハッ [続きを読む]
  • うちの社食 その17
  • 先週の土曜日、ポーランド人シェフの姿はなく、先々週と同じくインド人のアシスタントの女性がシェフでした。こちらがランチA。ハニーマスタードのローストチキンとゆでジャガイモ、野菜サラダ。£1.45。これにオレンジジュース25P。多分、ポーランド人シェフのレシピで作ったと思うのですが、味がほんの少し違いました。特にゆでじゃがの風味付けが、あぁ、素人っぽいという感じ(生意気ですみません!)。でもこのシェフは、私が [続きを読む]
  • Knitting & Stitch showへ行ってきた
  • 毎年、春と秋に催されるKnitting & Stitch showへ行ってきました。秋に催されるショーのほうが断然大規模で、場所は北ロンドンのAlexandra Palace。Wood greenの駅から無料シャトルバスが出ているのでいつもそれを使っていっています。今回もLKCメンバーのMarikoさんとご一緒させていただきました。初日とあって、会場はものすごい熱気。人をよけながら歩かないと前へ進めません。いつも木曜の午後15時からのチケットが安いのでこ [続きを読む]
  • うちの社食 その16
  • 金曜日、ランチAはサーモンのなんちゃらかんちゃら。真ん中の、グレーっぽく写っているのがサーモンです。角度を変えてみると、こんな感じ。おしゃれな巻き巻きになってます。ディルがちょこっと顔を出していますね。食べてみたらしっかり冷やしてあって冷たかった!サーモンの冷製なんちゃらなんでしょうね。全体像の写真で、お皿の手前にあるオレンジ色のソースがとてもサーモンに合うソースでしたが、なにでどう作られたかは謎 [続きを読む]
  • うちの社食 その15
  • 土曜日、週末に働くポーランド人シェフの姿が見えないと思ったら、この日はたまにポーランド人シェフのアシスタントをしているインド人の女性だけが社食のキッチンで働いておりました。メニューボードを見ると、ランチAのメニューはチキンカレー。「辛くありません」と小さく書いてありました。その、辛くないチキンカレーがこちら。本社の社食とは真逆で、多すぎるよーと言いたくなるくらいチキンが入っています。ご飯にはクミン [続きを読む]
  • うちの社食 その14
  • 金曜日、ランチAはローストポークかラムの二択で、ラムを選択。ちょっと盛り付けが偏ってますけど、厚切りのローストラムと、野菜入りマッシュポテト、その上に炒めた(ローストかな?)野菜。味はおいしかったのですが、異物混入。といいますか、お肉を縛っていたヒモが入っていました・・・。こんな目立つ色、見落とすわけがないので、わざとだな。知ってたけど、気にしなーいという、チベット人シェフの意向だと思います。£1.4 [続きを読む]
  • 次に買うときのために
  • 最近、なんでもネットで買うほうが安い感じですよね。毛糸もそうなんです。でもネットショップのウェブサイトで見る色と実際の毛糸の色が違うということが多い。それに手触りを確かめられないという難点もあります。それでここ数年は、買った毛糸のサンプルを取っておくようにしました。毛糸のタグの裏に毛糸を張り付けて毛糸メーカーごとに分けて保存。まぁこうしてサンプルを取っていても、製造中止になることもあると思うんです [続きを読む]
  • 断捨離カーディガン、2つめ
  • すっかりの秋めいてきて、朝6時は真っ暗、朝の着替えもつらくなってきました。先日、断捨離カーディガンを作ったばかりですが、うちにはまだまだ毛糸がごっそり残っています。特に勢いで買ってしまった英国BradfordのHOLLING MILLの2Ply(極細)の白のウール100%毛糸の使い道には困っていました。それで、今度は長袖のカーディガンを作ってみることに。白だけでなく、並太サイズの毛糸も残っているので、白の毛糸は2Plyを2本ど [続きを読む]
  • うちの社食 その13
  • 火曜日、ランチの予約をしてくれるはずのスタッフが予約を忘れてしまいました。とりあえず社食に行ったら、ハンバーガーが2つ残っていて、これなら食べなくてもいいやと思ったら、チベット人シェフが頼む前に盛り付けてくれたので、食べることになったランチA。チベット人シェフのときに、こんなメニューのことはめずらしいんです。ハンバーガーって、がっくりメニューのトップなんです、私にとっては。一応、チーズやカリカリベー [続きを読む]
  • うちの社食 その12
  • 月曜日、ランチAはビーフシチュー、Bは野菜パスタ。ということで、ビーフシチューをチョイス。見た目はいまいちですが、とってもおいしいビーフシチューでした。社食にいた若い女性がチベット人シェフに「英国の伝統的なビーフシチューはほとんど肉が入っていないのよ。これはいっぱい入っていてうれしい」と言ってました。確かに、本社のほうの社食のビーフシチューは肉ゼロのことが多くてびっくり。冷凍のニンジン(形から推測) [続きを読む]
  • うちの社食 その11
  • 日曜日、ランチAはメインがチキン、Bはサーモンでしたので、サーモンをチョイス。そしてそれが大正解でした!サーモンは肉厚で、お皿に添えられたソース(ディルの風味が効いた、クリームとヨーグルトを混ぜたようなソース)と一緒に食べると絶品。キャベツ炒め、ローストパプリカ、ゆでジャガイモもハズレなくおいしかったです。£1.45.このレベルでこのお値段、本当に信じられません。この日もポーランド人シェフでした。にほん [続きを読む]
  • うちの社食 その10
  • 今月はずっと本社のようなところで仕事をしているのですが、土曜日、久しぶりにいつもの職場に仕事に行きました。こっちは仕事が楽です。忙しさが全然違いますので。さて、この日の社食はこちら。セージの風味が効いたミートボール、ローズマリー風味のゆでジャガイモ、キャベツの炒め物でした。この日はポーランド人の女性シェフ。£1.45。このシェフのゆでジャガイモはいつもとってもおいしいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 断捨離ガーディガン、完成
  • 最近ちょっと忙しくて、なかなかカーディガン制作に手が回らなかったのですが、やっと終わりました。結局4色では足りなくて、黒で補充し、こんな感じに仕上がりました。前立てのラインが歪んでいますね(笑)。他にも、老眼鏡をかけずに編んだ部分に若干間違いがあったようで、大きな写真ではお見せできない仕上がりになりました。でも着心地はいいです。思ったより重くありませんし、暖かい。デザイン的に、ヨークが大きくとってあ [続きを読む]
  • ハンガリー版フルーチェ?
  • 先日、同僚のハンガリー人にこちらの商品をいただきました。クノールってことはスープ!?それで同僚にこれはなにかと尋ねたところ「うーん、フルーツのスープみたいなもの」とのこと。やっぱりスープなの??ちょっと味が造像できず怖いわーと思いつつ、作り方を聞いたら、冷たい牛乳500mlを入れて混ぜて10分放置するだけとのこと。あら、冷たいままでいいのねということでちょっと安心。袋を開けると、昔懐かしい粉末ジュースの [続きを読む]
  • 同時進行
  • 靴下職人のHirokoさんから、靴下を編み始めた人にはSSS(Single Socks Syndrome)、つまり片足だけ編んで終わることが多いと聞きました。わかります、その気持ち。私も試作品の靴下は片足で放置して、現在はコットン糸で履き口にちょっとアクセントを加えたスパイラルソックスを編み始めました。ははは。でも細い糸の編み物は飽きてしまうので、同時進行で極太で編むカーディガンを編み始めました。うちにはこんな感じで半端な量の [続きを読む]
  • 高級ストロベリーチョコならこれがおいしいかも
  • 私はストロベリー味のものが好きです。でもジャム入りのものはあまり好きではありませんが。とにかく、そんなわけで友人や職場の同僚からもストロベリー味のものをいただくことが多いんですね。チョコレートもストロベリーのものをよくいただきます。日本では明治のストロベリーチョコが一番。それも板チョコタイプのもの。最近は一口サイズの箱入りが主流のようですね。最近では、お手軽価格なこちらの板チョコをメインに食べてい [続きを読む]
  • スパイラルソックス、試作品
  • スパイラルソックスの試作品が出来上がりました。今回はサイズ調整のための試作品なので、長さも短め。これだけ見るとなにこれ?という感じですね。履いてみるとこんな感じ。(一部お見苦しい極太大根が映り込んでおりますことをお詫び申し上げます)冬の室内履きとしてのフィット感はOK。若干かかとから足の甲にかけてだぶつきが出ますが、このデザインでは予測できたことで、不満はありません。私の足のサイズだと、本の通り、3 [続きを読む]
  • 編み物の本、借りられる図書館(予定)
  • 先日ご紹介した、日本語の本が借りられる図書館、St John’s Wood図書館に小説の文庫と、お菓子作りの本、そして編み物の本を寄贈してきました。火曜日に寄贈したので、来週か再来週には借りられるようになるのでは、と思います。ちなみに、日本語本のセールの棚は2週間前とほぼ同じ品ぞろえでした。前回寄贈した本は貸し出しの棚に行ったと思うのですが、確認してきませんでした。この日は、まぁ本社にあたるようなところ(ここの [続きを読む]
  • うちの社食 その9
  • 月曜日、仕事が長引いてお腹ペコペコで13時近くに社食に行って、こちらのランチAをいただきました。ローストチキン、ニンジン・ブロッコリー・カリフラワー・パースニップのロースト、マッシュポテト、ヨークシャープディング、そしてたっぷりのグレービーソース。£1.45。ローストチキンは胸の部分を選んだのですが、食べ応え十分でした。下味が程よくついておいしかった!ニンジンとパースニップのローストは大好きなのでうれ [続きを読む]
  • スパイラルソックスに挑戦
  • 一週間ほど前に、シェフィールド在住で美容院のためにロンドンに来たHirokoさんと、ロンドン郊外にお住いのEnglish daisyさん、そしてロンドン在住でいつもつるんでくれるMarikoさんとチャイナタウンで食事をしました。このレストラン、カモのローストで有名なんです。もう4回か5回来ているんですが、この日はなんだかサービスが良すぎて怖いくらいでした。10分おきくらいに入れ代わり立ち代わりスタッフが来て、お茶を注いでくれ [続きを読む]
  • ダーニング(Darning)、やってみた
  • 先日、ニット作家の野口光さんのことを調べていたら、野口さんが最近ダーニングのワークショップを日本でやっているという記事を見つけました。ダーニング?初めて聞く言葉でした。調べてみたらどうも、虫食いや摩擦などで穴の開いた衣類を補修する針仕事らしい。写真を見たら、おしゃれな継ぎはぎ風刺繍という感じ。これが今、日本でもはやり始めたらしいですね。(ダーニングのサンプル。上の写真はWebsiteから借用しました)ち [続きを読む]