小田博士 さん プロフィール

  •  
小田博士さん: 元記者の大和市議 小田博士のブログ
ハンドル名小田博士 さん
ブログタイトル元記者の大和市議 小田博士のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hiroshioda/
サイト紹介文産経新聞記者出身で大和市議の小田博士のブログです。活動報告のほか地方行政、国政等を発信します。
自由文日ごろ何をやっているのかわからない地方議員の日常がわかります。是非、ご一読ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/12/04 00:16

小田博士 さんのブログ記事

  • 師走の週末はスポーツイベントで
  •  この週末はスポーツ関係のイベントが相次ぎました。  16日(土)は、県立大和南高校の女子バレー部の壮行会に出席しました。強豪で知られる同校は、来年1月4日から8日まで開かれる全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)に13年連続14回目の出場を果たします。初戦は4日午後で、長野県代表の松商続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • フルマラソン4時間切りへ ある脳梗塞患者の挑戦
  •  7日は、フルマラソン4時間以内の完走を目指している脳梗塞患者の千葉豊さん(39)の講演会を聴くため東京・築地に足を運びました。  大型トラックの運転手だった千葉さんは34歳の時、勤務中に脳梗塞を発症。一時は「一生車椅子」と言われるなか、治療や懸命のリハビリ活動で回復しました。片麻痺や視覚障害の後遺症が残っているためにトラックの運転はあきらめましたが、「足を鍛えて自分の移動手段にしたい」と考えてマラソ [続きを読む]
  • 地粉うどん、チョコモナカ…夕飯は地産地消で満腹!!
  •  1日は大和市議会の厚生常任委員会を傍聴し、一般質問の準備作業をしました。週明けには、自分が所属する総務常任委員会と基地対策特別委員会が控えています。そちらの準備もしなければなりません。  さて、同日夜は、地元の上和田地域で収穫された小麦で作られた「地粉(じごな)うどん」に市販のメカブや卵をのっけて、メカブうどんを作ってみました。一見するとソバのような細麺ですが、うどんです。都合によりラーメン用の [続きを読む]
  • 「全国初」には長短あり 入念な検証が必要
  •  29日は大和市議会12月定例会の環境建設常任委員会を傍聴しました。地元の道路議案も委員会を通過しました。委員会審議は12月5日まで5日間にわたって行われます。  これに先立つ27日には12月定例会が開会。市は、今年度予算に3億3600万円を増額させる補正予算案を市議会に上程しました。増額の大半は、保育所の給付費が当初見込みより増えたことによります。  新規事業として、災害時にドローンを計12機整備する [続きを読む]
  • 12月議会へ議案勉強会 今季一番の冷え込みに近づく師走
  •  13日は南林間駅での朝立ちでスタートしました。今季一番の冷え込みが影響したのか、ビラの受け取りは低調でした。  その後は市議会へ。12月定例会の27日開会に先立って、議会運営委員会や議案勉強会などが開かれました。  夜は、横浜市内で開かれた「北方領土返還要求運動神奈川県民大会」に足を運び、NHKの山内聡彦解説委員の講演に耳を傾けました。北方領土交渉は事務方や大臣レベルでなく首脳同士でないと解決が難しく [続きを読む]
  • 朝鮮日報に衆院選分析コラム 「脱反日」の拡大期待
  •  週末もイベントがいろいろありました。18日はふれあい広場や大和市の青少年健全育成大会に、19日はグラウンドゴルフ大会や甘利明13区選挙対策本部の解散式にそれぞれ出席しました。  甘利選対の解散式で聞いた話ですが、韓国の大手紙「朝鮮日報」に、先の衆院選で自民党が勝利した要因としてアベノミクスを指摘するコラム「韓国社会の見方では説明できない安倍圧勝劇」(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017 [続きを読む]
  • 議会基本条例の今後を討議 議長会フォーラムが閉会
  •  16日は全国市議会議長会研究フォーラムの2日目です。議会運営の基盤となる議会基本条例の今後をテーマとした課題討議では、3市議会の議長や前議長が我がまちの取り組みを報告したり、議論したりしました。  福島県会津若松市議会では、市民に議会を理解して参加してもらうための「市議会白書」を独自に刊行しています。目黒章三郎議長は、議会基本条例に必須の3項目として①議長選挙で所信表明会②請願・陳情者の意見陳述 [続きを読む]
  • シリウス、認知症対策…若手市議の会で大和研修
  •  13日は、鶴間駅での朝立ちからスタート。午前は大和市心身障害児者福祉団体連合会の懇談会に出席しました。  午後は超党派団体、関東若手市議会議員の会の神奈川ブロック研修です。今回の開催地は大和市で、私はホスト役です。研修では文化複合施設シリウスを会場として、大和市政の最近のトピックとなっている(1)シリウス視察(2)徘徊高齢者への保険事業をはじめとした認知症対策−の2コマを学びました。  首都圏を [続きを読む]
  • 市南部の歴史を知るウォーキングで一汗
  •  11日(土)は、歩きながら市内の歴史に触れる「やまと歴史自然ウォーク」に参加しました。高座渋谷駅を出発し、西側エリアを巡回する南部コースです。  まず向かったのは、地元では「花のお寺」で知られる常泉寺(曹洞宗)です。安土桃山時代の天正16年(1588年)に創建したと伝わり、春のミツマタと秋の彼岸花が有名ということです。境内には入りませんでしたので現認はしていませんが、山門をくぐると明治7年(1874年)に [続きを読む]
  • 房総ぶらり 後援会バスツアーを初開催
  •  9日は、小田博士後援会の会員らを対象に初めて実施したバスツアーで、千葉県内を日帰りで廻りました。  南房総市の海女小屋で浜焼きを食べたり、鴨川市のカステラを試食したり、SNS上で話題となり君津市の景勝地となった「濃溝の滝」(本当の名前は「亀岩の洞窟」だそうですが…)を散策したり、袖ヶ浦市の東京ドイツ村でイルミネーションをみたり…という行程です。  当日続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表 [続きを読む]
  • 選挙プランナー三浦博史さんらの講演拝聴
  •  8日は、小田博士後援会の会員らを対象としたバスツアーの翌日開催に備えて、最終的な準備作業をしました。9日は東京ドイツ村など千葉県内をぶらりとまわる予定です。  これに先立つ7日は相模大塚駅での駅頭活動からスタート。市内で、家庭教育の研究者、丸山貴代さんの講演を聴きました。「○○しなさい」と叱責する「さいさい教育」は指示待ち人間を産むので、自立や自律を目指した家庭教育をしましょうといった話でした。 [続きを読む]
  • 日米首脳会談で「北圧力強化」 国益に資する緊密な連携
  •  6日は、神奈川県宅地建物取引業協会県央東支部が主催する「甘利明講演会」に足を運びました。  甘利代議士は北朝鮮への対応、アベノミクス、厚木基地の米空母艦載機の岩国移駐などの問題について講演しました。行政改革のあり方についても触れ、「予算を圧縮する『我慢の行革』ではなく、予算の生産性を上げるための『工夫の行革』が必要だ」と力説しました。そのうえで、中央省庁間で良い取り組みを共有する「ベストプラクテ [続きを読む]
  • やまと産業フェアに参加 シリウスが開業1周年
  •  4日は終日、大和駅周辺で行われたやまと産業フェアに参加しました。開催時間には雨も降らず、多くの人出がありました。宮久保凧あげ同好会の会員である私は出展者として加わり、竹細工の製作作業などを手伝いました。5日まで行われる予定です。  これに先立つ3日は、コミュニティセンター桜丘会館のコミセンまつりに参加しました。  その後は、自民党神奈川県第13選挙区支部青年局による街頭活動を大和、海老名の両駅で [続きを読む]
  • 座間の9遺体事件 急がれる全容解明、再発防止どうすれば?
  •  2日は、大和駅北口での朝立ちからスタートしました。普段通りに市議会レポートを配っていましたが、自転車の男性が車椅子の女性に衝突する事故を目撃しました。構内には歩行を促す表示板が取り付けられていますが、まさに表示板の目の前で起きた出来事でした。  車椅子が転倒してケガをするということはなく、幸いにも事なきを得ました。すぐ側に居合わせた警察官が事情聴取していましたが、マナーは大切です。私も気を付けた [続きを読む]
  • 人口急減社会の処方箋は?…「市長が語る大和市」
  •  衆院選が終わってから久々の投稿となります。生活は元通りとなりました。  澄み渡るような青空が広がった30日は、大和市が毎年実施しているイベント「市長が語る大和市」で、大木哲市長の講演を聴きました。テーマは人口減少や少子高齢化でしたが、色々と考えされられます。  増え続けてきた日本の人口は、2008年の1億2800万人をピークに減少に転じました。2060年には戦後と同程度の8600万人に減ると推計されています。私が [続きを読む]
  • 風は吹いた?…衆院選で思うこと
  •  24日は、甘利明元経済再生担当大臣の衆院選報告会に出席しました。選挙期間中に応援演説した中西健治参院議員も駆けつけました。これで衆院選は一区切りとなります。  さて、安倍晋三総理が衆院選後の記者会見で、謙虚さを強調しました。24日の初閣議後の各閣僚の記者会見でも、謙虚な発言が相次ぎました。とても良いことだと考えます。「小池バブル崩壊」の根底には小池百合子東京都知事の奢りもありました。安倍政権として [続きを読む]
  • 甘利氏、ダブルスコアの大勝で12選!!
  •  「残りの政治家人生を邁進できるエネルギーと志を得ることができた。開票と同時に当確をいただいた。本当に皆さんのおかげだ。頑張る」   12選を目指して衆院選に出馬した甘利明候補は投開票日となった22日夜、NHKの報道で当選確実が判明すると大和市内の選挙事務所に姿を見せ、当選の弁を述べました。事務所には多くの支援者が集まり、万歳を三唱して祝福しました。  振り返れば、安倍晋三総理が衆院解散を表明したのは [続きを読む]
  • 「経済運営託して」 甘利候補、圧勝目指して最後の訴え
  • 「アベノミクスの第2幕がこれから始まる。引き続き指揮をとるために何としても勝たなければならない。『さすが甘利明だ。日本の経済運営はコイツに託さなければダメだと選挙区中が思っている。それが日本の声だ』と皆さんの力で示していただけないか」  経済財政担当大臣当時、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の司令塔だった甘利明・衆院議員候補は21日夜、大和駅頭で最後の訴えを行い、完全復帰に向けて圧勝で [続きを読む]
  • 激戦の神奈川12区 星野剛士候補が奮戦
  •  東北地方での2泊3日の行政視察が21日、終了しました。帰りがけに藤沢駅に立ち寄ると、産経新聞政治部の先輩である自民党の星野剛士(ほしの・つよし)候補がちょうど握手作戦の最中でした。  この地域は衆院選では神奈川県第12区(藤沢市、寒川町)となりますが、星野候補は立憲民進党の阿部知子候補と大変熾烈な争いを展開しています。飛び入りではありますが、自民党の政策パンフレットの配布作業を手伝いました。  星野 [続きを読む]
  • キャッチフレーズよりホンモノの政治を
  • 22日投票の衆院選が終盤を迎えています。神奈川県第13選挙区から出馬している元経済再生担当大臣、甘利明候補の主張や分析がyoutube にあがっています。とっつきづらい経済政策や安全保障政策を的確に解説しています。動画を見る余裕がない方のために、私なりに要約しておきます。 今求められているのは、イメージ戦略を重視したキャッチコピーの政治ではなく、ホンモノの政治です。神奈川13区の代表として誰がふさわしい [続きを読む]
  • 選挙戦も終盤 期日前投票へ
  • 18日は大和駅南口での朝立ちに参加しました。10日の衆院選公示以降、連日の雨模様ですが、この日は珍しく清々しい晴天。晴れやかな気持ちになりました。朝、新聞を手に取ると選挙公報や証紙付きの法定ビラが折り込まれていました。選挙公報は神奈川県選管のホームページで参照できますので是非ご覧ください。 これから3日間、戦線を離脱します。終盤に心苦しいですが、公務の視察なので致し方ありません。 さて、ここ最 [続きを読む]
  • 闘病を笑い飛ばす 「コニタン」こと小西さん講演
  •  14日は、綾瀬市内で開かれた「第12回豊かな心を育む集い」(綾瀬、大和、海老名、座間の4市教委後援)に実行委員の一人として参加しました。講師は欽ちゃんファミリーの一員で「コニタン」の愛称がある俳優・小西博之さんです。小西さんは末期の腎臓ガンを患って「余命ゼロ」を宣告されたものの、腫瘍を摘出して完治。現在は命の大切さを訴える講演活動を精力的に行っています。  講演は壇上に上らず観客席に降りて肉声で話 [続きを読む]