ポップ さん プロフィール

  •  
ポップさん: 今こそ読書をしよう!
ハンドル名ポップ さん
ブログタイトル今こそ読書をしよう!
ブログURLhttp://migaku.blogspot.com/
サイト紹介文30代サラリーマン(福祉職)が人間磨き、読書などでの学習したことなどを綴る日記
自由文心理学、自己啓発、ビジネス、ホスピタリティなどを中心に学んでいきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/12/04 01:02

ポップ さんのブログ記事

  • 大好きなことをやって生きよう!① 本田健
  • 大好きなことをやって生きよう! 才能の見つけ方、育て方/本田健今、本田健さんのこの本を読んでいて、自分なりに得心したものがあります。それは、大好きなことをやらないで、苦労して生きることで自分にも周りにも良い影響を与えないということです。親からの刷り込みや子ども時代の無意識の生き方や在り方で自分で自分のやりたいを奪っていたのです。何で自分にも周りにも良い影響を与えないかをまとめてみました。①我慢して [続きを読む]
  • 頑張ることをやめる
  • 私は心屋シリーズ愛読です。心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話/心屋仁之助私は、頑張ることを生きがいとしてきた人。そう思っています!でも、思いっきり悩み苦しんできました。克服できたこともあるし、できないこともあるし。しかし、心屋さんの本を読んで、頑張らないことでも結果は変わらなかったり、むしろ上手く行くのであればその方が自分が楽になることだと確信しました。頑張るのは頑張らないと私は価値が [続きを読む]
  • 読むだけで幸運とつながる88の方法①
  • 私は読み切り型の本が好きですね。作詞家としても活躍する吉元由美さんの読むだけで幸運とつながる88の方法本の紹介1つ気にかかったことがあったのでネガティブな感情にふたをしないネガティブな感情は、どんな人でも湧くものと思いますが、その扱い方が、後に引きずらなかったり、それさえも自分のパワーにしてしまうということです。吉元さんのお話では、ネガティブな感情は抑圧すると自分の心底にこびりついてしまい、自分のチ [続きを読む]
  • ☆あなたは頑張っても報われない
  • 心屋仁之助さんのこの本を読んでからの雑感です。ぶっちゃけ自分は頑張ってしまう方です。子供の頃から、親から言われ、自分でも思いながら人と比べて劣っていることが多く頑張ることをライフワークにしてきました。もちろん頑張って報われことや達成、克服したこともありますがトータルで言えば上手く行かなかったことも多いと感じています。ようは、頑張らなければ認められない、価値がない、ダメなやつだという刷り込みが自分 [続きを読む]
  • なぜか「幸運を引き寄せる人」のちょっとした習慣①
  • 表紙を見ただけでワクワクしそうな本ですが、PHPスペシャルです。その中で精神科医の和田秀樹さんの「運」の上手な利用法  という執筆がありました。和田さんは著書をたくさん出しています。和田秀樹 著書医師の唱える「運」というのも新鮮ですね。ここを読んでみて、運のツキが良くなる方法で大きなところは、「自分は運がいいと思い込む」ことだと思いました。これは自分で決めてしまうことです。自分は運がいいと信じて行動 [続きを読む]
  • 私の思う介護の世界の接客観
  • 介護・リハビリの仕事に従事して、無論専門的なことを磨いていくことも大事ですが、私は介護の場面での雑用係・執事のような役割もしています。そういう仕事をしていると個々に合わせた支援も大事になります。それは手の痒いところにさり気なく、手を貸すサービス。サービスというよりはホスピタリティと言ったほうが明瞭でしょう。具体例を挙げれば、機械的な均一な対応は私は望みません。普段の利用者を観察し、普段からお茶を [続きを読む]
  • お金に対する不安
  • 同世代のブロガーさんで、「のんびり楽しく貯金」は楽しく読ませてもらっていますし、影響も受けています。どんなにお金が貯まってもベースが不安だと、いつまでも不安だった。↑今日の記事のリンクです。同世代ブロガーとはいえ、私などは単なるアマチュアですが。お金が溜まる=幸せではないということですね。仮にお金が溜まっても、苦労しながら貯めるより、楽しく貯めるほうがより幸せなんだとこの記事を読んでも分かります。 [続きを読む]
  • 自分への評価
  • 本日の心屋仁之助さんブログ「心が風になる」記事★自分が仕事出来ないことに気づいた。期待が多いとガッカリも多くなる。とても心がすっきりする記事でした。心屋さんのカウンセリングは、「自分は素晴らしい」と信じることですが、今回の記事では、ブログ読者の体験の中で、自分は素晴らしいが他人の評価は「あなたは出来ない」とう人もいれば、「あなたは素晴らしい」と違う評価をする人もいるということ。自分は素晴らしいと信 [続きを読む]
  • 「いい顏」で生きる3つの習慣 竹内一郎
  • PHPからの読書です。竹内さんは心理学を極めた方で、劇作家、演出家です。竹内一郎 著書いい顔について、私はひじょうに興味があります。私は福祉職人ですが、私のアイデンティティは「優しいこと」。優しくあるためには、いい顔は欠かせないと思うのです。(無愛想でも優しい人います(^^♪)竹内さんは、生まれつきのイケメンはいるが、それは若さで限界もあり、20〜50歳で「いい顏」を作り50歳から30年間「いい顔」でいきようと [続きを読む]
  • 逆境、失敗、誹謗中傷「それが何か?」
  • 逆境、失敗、誹謗中傷「それが何か?」――アパホテル元谷芙美子社長に見る“絶対不幸にならない人”のルール女の転職@siteより昨日の記事に重複してです。心屋さんが引用した、アパホテルの元谷社長のお話。自分を信じる気持ちに税金はゼロ!プラス思考って植えつけられるものではなくて、自分で勝手に作っていくもの。一見、自分にとってピンチだと思うことも事実を自分なりにプラスに勝手に捉えていく自由がある。思い込みとい [続きを読む]
  • 批判からは建設的なモノは生まれない
  • 本日3月3日付の心屋仁之助さんのブログをみてたいへん共感しました。★よく知らないまま、そこで批判してないで、会いに来ればいいのに(リンク)心屋さんのブログには、本人の考えやあり方、カウンセリングについて感謝のコメント以外に批判も多くあります。以前の心屋さんのFacebookもそうでした。このような方々は残念ですね。世の中を斜め上からしか見れなくなっているのだと思います。イヤなら読まなければいいのです。必要な [続きを読む]
  • イヤなことはやらくていい 小池龍之介
  • レジデント2017.12.4号から☆どうすれば悩みはなくなるのかイヤなことはやらなくていい小池氏は、東大卒の僧侶。葬儀や法事を執り行わない、瞑想や座禅を中心とした月読寺の住職。月読寺サイト小池龍之介 著書この小池氏へのインタビューを読んで自分なりに要点をまとめました。そして、さらに要約しながら話を進めていきます。(要約)・何かが不安になる時は今に集中する。⇒自己を客観視・将来、未来を不安に思うのは妄想であ [続きを読む]
  • 自分を好きになろう!
  • 本田晃一ブログ自分を好きになれないって人は、これ読んでねー自分の前提って変えられます。この前提って拘り、執着です。仏教でいえば手放していくもの。極めると執着は紙一重でなく、意味は全然違いますからね。人に合わせることは、好意的だ…。確かにそうかもしれません。でも、自分を殺すこと。自分の本質、良さを消すこと。周りにわせようと頑張っても嫌われる時は嫌われます。であれば、合わせようとする努力は水の泡です。 [続きを読む]
  • 職場での人間関係についてⅡ
  • 昨日の記事の続きを書きます。職場での人間関係について←昨日の記事私が思う、本を読んだり実践して思った人間関係で困らないには…です。③周りのヘルプを遠慮くなく使うこと  どうして周りのヘルプを使うかと言えば、自分の主観だけになってしまっていると苦しくなって、どうしようもなくなってしまうから。自分以外の人には、自分にない価値観や世界を持っています。それに触れられただけでも、遭難してしまっている自分がど [続きを読む]
  • 職場での人間関係について
  • 日曜日の夜、月曜日の朝は、会社にいくのがおっくうでいつも以上に憂鬱な気持ちになる人が多いのではないでしょうか??大概の現代の職場での悩みは、行きつくところは人間関係が多いと思います。だから「働き方改革」を声高に叫んでもそれ(人間関係)が解消されないと働く辛さも変わらないと思います。そこで、私自身もそのことについてさんざん悩んできましたが読んだ本の実践や思うところをまとめみますので何らかの参考になれ [続きを読む]
  • マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善!③
  • マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善②(前回記事)心屋仁之助著書超わがまま人間になろう!このわがまま人間になろうっていうことは、職場にも家庭にも言えると思います。会社の中で働いていると嫌な仕事もあるけれど、逆に得意なこともあります。そのツボっていうか、十人十色、百人百色!自分が苦手なことが相手が得意だったり、その逆もある。だから出来ないことや嫌なことは人に任せて、自分が出来ることは頑張 [続きを読む]
  • 努力が実る人VSムダに終わる人②
  • プレジデント2017.12.4号プレジデントオンラインスタンフォード大学の心理学者、ケニー・マグゴニガル先生がプレジデント読者にだけ向けたお話。前回記事↓努力が実る人VSムダに終わる人①呼吸の速度を遅くすれば、意志は劇的に強くなる!テンパっている時って呼吸は乱れています。(速い)呼吸がゆったりしているといことは気持ちに余裕ができるのだと思いますが、ケリー先生は1分間につき呼吸の回数が4~6回にするとよいと話して [続きを読む]
  • マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善!②
  • 前回の記事無駄遣いは良くない!無駄使いって言うのは何となく買ってしまうこと。ほんとに欲しいかどうか分からないけれど買ってしまう。意外と仕事帰りのコンビニやスーパーでは買いがちかもしれませんね。心屋さんは、持っている本も必要かどうかで整理したそうですが、それが自分にできるかな(笑)本当に欲しいものを買えば幸せに成り、充実感、充足感に満たされます。それは高いとか安い関係ないと思います。そういうお金の使 [続きを読む]
  • 努力が実る人VSムダに終わる人①
  • プレジデント2017.12.4号プレジデントオンラインスタンフォード大学の心理学者、ケニー・マグゴニガル先生がプレジデント読者にだけ向けたお話。脳科学を仕事に活かすという側面でたいへん勉強になりました。①自分に対して厳しいのはよくない 目標達成に向けて、失敗はつきもの!⇒自分を許してあげる 目の前の小さな出来事に囚われ長期的な目標や意義を忘れないこと 失敗しても、次に向けて必要な情報を取り入れたり、 他人 [続きを読む]
  • マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善!①
  • マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善!/心屋仁之助/横山裕二この本を読んでから変わったことがあります。財布のお金が減りにくくなった。貯金が出来るようになった。使っているのにお金が減りにくくなった。これが私の今の実感ですがまだまだ変わると思います!まず一つの前提として、お金を使う時に自分がそれを使って喜ぶかどうか、喜ぶなら進んで欲しいものを買いました。今まで何となくコンビニによって何となく [続きを読む]
  • イヤなことからしか人は学べない 中江有里
  • PHP2018-2月号特集・インタビュー イヤなことからしか人は学べない 中江有里を読んでの所感です。中江有里公式ホームページ標題の「イヤなことからしか人は学べない」という言葉は中江さんがラジオで共演した伊集院光さんが話している言葉だそうです。中江さんは中学時代に、荒れた学校でいじめを受けたり、両親の離婚を経験します。その状態を絶望という言葉が辞書で教えてくれたと言います。そんな絶望をどうやって乗り越えた [続きを読む]
  • ★キレやすいわたしを読んで 心屋仁之助
  • ★キレやすいわたし(本日の心屋さんブログです)うん、そうねぇ。この質問者は私と同じ部分があります。頭に来ても言えない、我慢してしまい、いい子ぶる⇒ストレスが溜まり爆発する(私も爆発経験あり)結果的に大爆発される方が周りに迷惑なんですよね。といいますか、誰もが迷惑を掛け合って生きているのが当たり前なんですが。怒らない人、言わない人がいい人って確かに自分のフィルターで見てしまっているところが私にもあり [続きを読む]