ゆだぽん さん プロフィール

  •  
ゆだぽんさん: ゆだぽんの虹色オーラブログ
ハンドル名ゆだぽん さん
ブログタイトルゆだぽんの虹色オーラブログ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/furaaki/
サイト紹介文歴史や神社仏閣めぐり、オーラや不思議体験談などを書いています^ ^
自由文歴史や大好きな神社仏閣めぐりをメインに、オーラや不思議体験談などスピリチュアルなことも書いています^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供394回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2015/12/05 10:43

ゆだぽん さんのブログ記事

  • 亀戸香取神社
  • 今日は「スポーツの神様」として崇敬を集めているこちらの神社さんのご紹介です(^^)亀戸天神からは徒歩で5分くらいでしょうか『亀戸香取神社』ご祭神経津主神相殿武甕槌神 大己貴神ここ亀戸は元々亀の形に似た島であり、亀島あるいは亀津島と称されていたといいます天智天皇4年(665)、藤原鎌足が東国下向の際に、この亀島に船を寄せて旅の安全を祈願し香取大神を勧請、太刀一振を奉納したのが創建とされます。その後、平将門の [続きを読む]
  • 江東天祖神社
  • 亀戸天神で藤とクマバチに癒された後は、徒歩でこちらの神社さんへ『(江東)天祖神社』(旧称 砂原神明宮)ご祭神天照皇大御神天祖神社の創建は、約1400年前の推古天皇の御代で、厩戸皇子(聖徳太子)作のご神像を御神体としてお祀りします。永享年間に社殿が崩壊し、戦乱の世で修復が進まず、大永年間に下総に住む沙門良博が、主人である新田義興に相談し、天文10年に再建が叶うも、その後も安政・大正の大地震で社殿が崩壊。現社殿は [続きを読む]
  • 亀戸天神〜藤と優しいクマバチ〜
  • 亀戸餃子でお腹を満たした後は、数年ぶりに『亀戸天神社』の藤まつりを観に行きました亀戸天神にはほぼ毎年藤を観にきていたのですが、ここ2年ほどタイミングが合わず来れていませんでした桜をはじめ、今年は花々の開花がかなり早いですよね♪いつもGWの後半頃は終わりかけの藤ですが、今年の少し早いこの時期はどうでしょうか?まずは菅公へご挨拶撫で牛さんもお変わりなく何よりさてさて藤は。。。咲いてました当たり前ですが拝 [続きを読む]
  • 亀戸餃子
  • 昨日は予定が空いたので久しぶりの神社巡りへ向かったのは亀戸亀戸は参拝したことのない神社が何社かあって気になっていて(^^)亀戸駅に到着後はすぐに目的地へ…いや、その前にこちらで昼食です『亀戸餃子』噂には聞いていたのですが来たことはなかったので楽しみ♪到着したのはお昼前だったにもかかわらず、すでに何人かの列が出来ていました。営業時間は午前11時から売切れるまでだそうです。懐かしい雰囲気の店内。店内には有名 [続きを読む]
  • そこに何かいるよ…
  • 昨日の私の記事に「水を差す」というワードが出てきましたが、今日はその流れで(^^)これは私が何回か遭遇している体験談でもあるのですが。。。職場の飲み会や友達とのランチ会などなど♪少人数ではなくある程度の人がいる集まりの場で話が弾んでいるときにたま〜に…「あそこのカーテンの隅に誰かいる」などと言い出す人がいませんか?こんなことを言うのって、会話に入っていけないので皆の注目を何とか自分に向けたい、という人 [続きを読む]
  • いつかまたね?
  • 昨日はとある筋の歓送迎会でした(^^)居酒屋もお刺身も久しぶり?この時期は花粉という問題があり、例年は2月後半から薬を飲むため、お酒好きなわたくしですが、数ヶ月禁酒していますえっ薬飲んでるとお酒飲んじゃいけないの?とよく聞かれるのですが、個人的に薬とお酒は一緒にしないほうが良い(薬にもよります)という考えなのと、肝臓に負担をかけないためです。花粉症の場合、シーズンに入ると肝臓の数値も高くなりますし、薬に [続きを読む]
  • まいた種は自分でね
  • 二度寝したら寝坊した!しかも予約投稿にしたはずが、なっていなかったという…遅くなってしまいました失礼以前お付き合いのあったあるお方。その方は次々と人間関係を切るので知られている方で、私も今年早々にご縁が離れました(^^)私はそういう方だと分かってお付き合いをしておりましたので、いずれは必ず切られるだろうと思っておりました。そして切られた時にはああ、やっぱりな〜という気持ちでしたし、こちらも色々と限界に [続きを読む]
  • 自分で選んだ星の下
  • 先日、占星術のプロの方とお会いする機会がございまして(^^)その時に聞いたお話♪占星術や九星気学などの統計学私は統計学に関しては素人なので興味津々この人とはまさに運命的!というくらいご縁や相性が良いお相手がいるそうな?まず九星気学かなり昔の時代から活用されていますよねお見合いの多かった私達の親の世代は、お相手はほぼ九星気学で相性の良い人同士を選んでいたと、母から聞いたことがあります。実際に私の両親も、 [続きを読む]
  • 踊りって性格でるわ〜
  • 今日は久しぶりにフラの話題4月に入り新年度のフラがスタートしました♪といっても年度で区切っているわけではないのですが、いつもこの時期は一ヶ月ほどレッスンが空くんですよ(^^)なので久しぶりに踊ると腰が固まっているのがよく分かります(^^;;やっぱ違うものですね〜私はフラ歴10年ですが、上級コースの他にいまだに初級コースも受講しております。やっぱりベーシックは大事かなと(^^)初級コースは「初級」なので、体を動か [続きを読む]
  • 夕焼けだんだんと谷中銀座
  • 谷中銀座久しぶりーっこの日は無性に谷中へ行きたくなり諏方神社→夕焼けだんだん(谷中銀座)→田端八幡神社という順番で巡りましたお目当ての1つはウワサのこの店邪悪なハンコ屋しにものぐるいラインにもスタンプがあるようですので、ご存知の方も多いかな♪オフィスや日常に遊び心と個性を。。。ということで邪悪な?ハンコが勢揃い店内は広くはないですが、邪悪なハンコの見本がズラリと展示されていますデザインが載っているフ [続きを読む]
  • 田端八幡神社
  • 今日は意外に?まだ参拝できていなかったこちらの神社さんをご紹介いたします(^^)お隣の東覚寺・赤紙仁王尊には、谷中七福神めぐりなどで何度も行っているというのに、こちらはなかなか機会がございませんでした(^^;;ではでは奥へと参りましょうこちらも新緑が素晴らしいですね『田端八幡神社』ご祭神品陀和気命文治5年(1189)、源頼朝がこの地の豪族であった豊島氏とともに、奥州藤原氏を討伐(奥州合戦)した帰りに立ち寄り、鎌倉 [続きを読む]
  • 諏方神社(西日暮里)
  • 花まつりの昨日、久しぶりに都内の寺社へ参拝させていただきました(^^)向かったのは谷中?まずは西日暮里で降りてこちらの神社さんへ『諏方神社』 ご祭神建御名方神元久2年(1205)、この地の領主であった豊島左衛門尉経泰が、一族が崇敬する信州諏訪明神を勧請したのが創建とされます。諏方という書き方は古来表記のものだそうです。文安年間(1444〜1499)に、太田道灌が神領を寄進し、江戸時代には徳川家光が五石の朱印を与えてい [続きを読む]
  • 魂の確認作業
  • 先日ブログでもご紹介しましたくらげさん?なんとご感想の前世編を書いてくださいましたのでリブログいたします(^^)人と人とのご縁って前世(魂)によるものご先祖様(血)によるものと大きく2つに分けることが出来ると思います。この両方が絶妙に絡み合って、私たちは日々過ごしているのだなぁと、鑑定をさせていただくたびにしみじみと感じております。前世って、夢物語といえば確かにそうです確証なんてないですしねあくまでも前世 [続きを読む]
  • 時の彼方の縄文時代
  • 昨日は古代史メンバーさんたちとの、久しぶりのランチ会場所は池袋のWACCA内にある「イタリアン&ワインバル ビアージョ」いつものごとく古代史話から雑談まで、話が全く尽きませんでした(?>?時間があっという間メンバーさんたちとの話の中で「秦氏」が登場しましたので、少しご紹介します「秦氏はだうじ」とは。。。秦の始皇帝の末裔で、応神天皇の御代に百済から日本に帰化した「弓月君」を祖とする渡来系氏族です。養蚕と機織 [続きを読む]
  • トイレでのアピール?
  • 昨日に引き続き、今日も“事故的”な怪奇話第2弾です(^^)以前勤めていた会社の同僚に不思議な世界には全く興味がないのに、なぜかそういうモノと遭遇してしまうという男性がいました。(以下Tさんとします)彼は横浜のとある支店に異動になったのですが、そこは「怪奇現象多発地帯」の要注意支店でございまして場所は…言えません( ̄* ̄ )ある日曜日のこと。1人だけ休日出勤していたTさん。大声でガンダムの歌を歌いながら、トイ [続きを読む]
  • 貸切バス?の怪
  • 今日は最初に業務連絡ですオーラ鑑定のお問い合わせ、またお申し込みの方々全員に、日時のご提案等の返信メールをさせていただきましたが、ご連絡のない方がいらっしゃいます。こちらからのメールが届いていない、という方はお手数ですが再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。さてさて♪昨日の記事は、波長の高い低いにかかわらず、若い頃に霊感が冴えやすい、というお話でした(^^) 今日は体験談も交えながら事故的に霊 [続きを読む]
  • 若さゆえの霊感
  • 今日明日と、いわゆる“そっち系”の感覚について書いてみようと思います(^^)私にしては珍しいかな⁇たま〜にですが、お子さんが「何か視えたり、怖い体験をして不安定になっている」というご相談をお受けします。ほとんどの場合全く問題ナシです♪私は今現在は「未浄化な存在」とはほぼ繋がりませんし、以前からブログにてつながる方はそちらと波動が同じそしてそちらが大好きとお伝えしております。ですが小さいお子さんや、お年 [続きを読む]
  • お客様のご感想☆くらげさん〜なぜか女神様〜
  • ありがたいことに、先日鑑定させていただいたお客様からまたまたご感想が届きましたのでご紹介いたします〜(^^)まずはこちらをご覧ください2回にわたってご感想を書いてくださいました♪→ご感想その②とても慎重な方ですのに、お会いしたこともなかった私を信頼いただき、とても嬉しかったですご自分ではオーラがないと思われていたようですが、無かったらアチラの人になってしまいますので大丈夫!皆さんしっかりと光っていらっ [続きを読む]
  • ルイーダの酒場
  • 昨日ですが、六本木のとある場所にひっそりと佇む『ルイーダの酒場』へルイーダの酒場と聞いてすぐに分かる方、私同様あのゲームがお好きですね?店内へ入るとそこはあの世界一色でしたそう!『ドラクエ』でございます〜店内はそんなに広くはないのですが、スライムをはじめ、ドラクエでお馴染みのモンスターたちがたくさんBGMももちろん全てドラクエ懐かしいわくわく♪これは「スライム肉まん」一人でもなんなので、春休み中で暇 [続きを読む]
  • 終わりよければ始まりも良し♪
  • 今日から新年度のスタートですね(^^)3月は卒業・異動・離退任などなどで、涙した方も多いのではないでしょうか今年は開花が例年より早かった桜が、さらに切ない雰囲気を醸し出していたようなそろそろ見納めかな、名残惜しいな…という気持ちとどことなく似てる写真は川崎駅の線路沿い、ソリッドスクエアの桜です美しい桜のトンネル桜の時期は歓送迎会シーズンでもありますね3月4月は忙しいので、少し遅れてこれから送別会という [続きを読む]
  • 邪馬台国の会〜倭国大乱と卑弥呼〜
  • 3月25日(日)の邪馬台国の会の記事です(^^)今回のテーマは「邪馬台国登場前夜」主に中国・後漢末の動乱と倭国の大乱ついてのお話でした「倭国大乱」とは、弥生時代後期の2世紀後半に倭国(日本)で起こったとされる争乱で、中国の複数の史書に記述が見られます。倭国の地域は特定されていませんが、日本史上初の列島規模の戦争(内乱)だとする説もあり、卑弥呼の王即位に伴い終結を見たとされます。後漢によって金印を与えられた奴国 [続きを読む]
  • 来世に繋ぐご縁
  • 昨日からの流れで恋愛話お客様からのご質問で「結婚紹介所や知人からの紹介、コンパなどで知り合ったとしてもソウルメイトだったりするのでしょうか?」という内容がいくつかございました(^^)答えはもちろん「YES」です?たとえどんな出会い方だとしても、ご縁がある運命のお相手、といえます以前にも記事にしておりますが、この同じ時代に生きている全ての人同士がソウルメイトになります。そして同じ職場や共通の趣味などなど、 [続きを読む]
  • 最近の婚活事情⁈
  • 先日、婚活中の友人と会った際の会話私「最近婚活の調子はどう?」友人「最近ね〜お寺で婚活する寺コンっていうのに行ったんだよ」「お寺で?いいね〜雰囲気ありそう。で、どうだった⁇」「うん、いいなと思った人がいて、たまにメールのやり取りしてるよ。返事がマメじゃない私に対しても優しくてさ」「それは良かったっちゃ〜」「でもね、2回目に会った時に(あれ?こんな感じだったっけ?)って思ったんだよね」「どういうところ [続きを読む]
  • 桜満開?
  • 昨日は「夢見ヶ崎動物公園(加瀬山)」へ加瀬山はまさにさくら さくらの別世界桜の時期は遠くから加瀬山を眺めるとピンクの山となっています桜のつぼみ、かわゆし桜の神といえば「木花開耶姫このはなのさくやびめ」富士山の神、浅間神社のご祭神ですね桜の花のように美しかったことからその名がついた、といわれています木花開耶姫が富士山の頂上から桜の花びらをまき、日本国中に桜の木を広めた、という伝承もありますそしてまた、 [続きを読む]
  • お客様のご感想 mutsu-umiさん〜ムーミンが運ぶご縁〜
  • 先日オーラ鑑定をさせていただいたお客様より、ご感想が届きましたのでご紹介いたします(^^)過去世に積んだ徳って現世にも影響しているのだな〜と、あらためて感じましたでもそういう方って、ご本人には全く意識…というか(徳を積もう)という欲はなく、一生懸命生きてきたその結果として徳を積んでいる、という場合が多いです。そしてご自分を守っている存在や、前世の話をお伝えすると、涙を流される方もいらっしゃいます。それは [続きを読む]