ゆだぽん さん プロフィール

  •  
ゆだぽんさん: ゆだぽんの虹色オーラブログ
ハンドル名ゆだぽん さん
ブログタイトルゆだぽんの虹色オーラブログ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/furaaki/
サイト紹介文歴史や神社仏閣めぐり、オーラや不思議体験談などを書いています^ ^
自由文歴史や大好きな神社仏閣めぐりをメインに、オーラや不思議体験談などスピリチュアルなことも書いています^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供390回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2015/12/05 10:43

ゆだぽん さんのブログ記事

  • ”自分大好き祭り〜セラピー編”
  • イベント告知開運プロデューサー文原由紀子さん主催『自分大好き祭り?セラピー編』12月12日(火) 13:30〜16:30横浜開港記念館(ジャックの塔)入場料無料↓セラピスト一覧はこちらこの度なんと!またまた「自分大好き祭り」に出店が決定いたしました会場はあの横浜開港記念館「ジャックの塔」と呼ばれる建物でございます横浜開港記念館は、横浜開港50周年を記念して、市民の寄付金により大正6年に創建されました。以来、横浜の代表 [続きを読む]
  • 誰かのスピリチュアル
  • わたくしはごくごく普通の一般人ですが、一方でオーラ視や神社ツアーなど、スピのお仕事もさせていただいております。初めましてのお客様にお会いすると「ブログの印象通りですね」と言っていただくことも多く、勝手に大変嬉しく受け止めております皆さんも日頃交流のあるブロ友さん、スピブログであればセッションを申し込まれたりして、実際にご本人とお会いしたことがある、という方も多いのではないでしょうか(^^)私も然り、こ [続きを読む]
  • 高石神社(川崎市麻生区)
  • 昨日ご紹介しました法雲寺から、徒歩で7〜8分ほどの所に神社があると知り、秘仏拝観の後に参拝いたしました(^^)『高石神社』ご祭神天照大御神高石神社は地頭の加々美金右衛門正吉が、承応3年(1654)にご神体を奉納して創建したといいます。大正11年に高石村内の熊野社・御嶽社・春日社・富士浅間社・八幡社等が合祀されました。江戸時代には「伊勢宮」と称され、周辺は「お伊勢の森」と呼ばれていました。明治6年に神明社と改称 [続きを読む]
  • 高石山法雲寺(川崎市麻生区)の秘仏
  • 先日のこと♪友人から、川崎市麻生区の寺院で、秘仏の木像阿弥陀如来が10月15日(日)まで公開中との話を聞き「明日までじゃん」と、急ぎ拝観してまいりました♪『高石山 法雲寺』曹洞宗寺院ご本尊 木造阿弥陀如来坐像開基 加々美正光高石山法雲寺は「新編風土記稿」によりますと、天正16年(1588)以前に加々美正光が開基となり、誉心によって開かれたそうです。寺伝では、後白河法皇の皇女である笹子姫が東国に隠遁した際に、後白 [続きを読む]
  • 第3回 事任八幡宮ツアー
  • 昨日は静岡県掛川市へ由紀子さん&ゆだぽんと行く事任八幡宮ツアーを開催いたしました雨の日の事任八幡宮は初めてです『事任(ことのまま)八幡宮』ご祭神己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)八幡大神(誉田別命)事任八幡宮にお祀りされている己等乃麻知比売命は、言の葉で事を取り結ぶ神様です「ことのままに願いが叶う」と古くから崇敬されていらっしゃいます☆むすびの神こちらにお祀りされているのは「むすびの神」で、二本 [続きを読む]
  • 何に重きを置くかは人それぞれ
  • 先日ですが、そんな話になりました(^^)何に重きを置くか=何にお金を遣うかもちろんペットを含めご家族がいらっしゃる方は、当たり前ですがそちらがメインになりますよね?今回はそういう生活費は別として。。。今年の初めに、長年フラを一緒にやってきたメンバーが、何人か辞めたという話を記事にしましたが、その中の何人かはこれから受験などで子どもにとてもお金がかかるので、自分の趣味にお金を遣う余裕がないという理由でし [続きを読む]
  • 諏訪神社(台東区駒形)
  • 浅草神社めぐり最後はこちらの神社さんです『諏訪神社』ご祭神健御名方神 八坂刀売神駒形諏訪神社の創建年代は不詳ですが、承久の乱(1221)の後、信濃国諏訪郡小日村の神官が、諏訪大社のご分霊をこの地に勧請したのが始まりといわれます。が…その他に、後冷泉天皇の御代(1045〜1068)に創建されたという説もあるようです。社殿前の狛犬さん?阿吽のうち、吽の狛犬さんは立て札に隠れてしまっていました(^^;;平安時代末期に、諏訪 [続きを読む]
  • 黒船神社
  • 浅草神社めぐり続きましては通りがけに発見した神社さんです(^^)その雰囲気と扁額に書いてある社名が気になり、参拝させていただきました♪『黒船神社』ご祭神倉稲魂神黒船神社は元々は「黒船三社稲荷社」と称し、天慶3年(940)に平貞盛が藤原秀郷と協力して、平将門の本拠地を攻めた後、黒船稲荷大明神を祀ったのが始まりで、藤原秀郷は財宝を積んだ黒船に白狐がいる霊夢を見て、隅田川の浜の石上にお稲荷様を勧請したといわれま [続きを読む]
  • 本社三島神社
  • 先日運慶展と深海を観に上野へ行ったのですが、その後浅草まで足を延ばし、三社ほど神社を参拝しております(^^)まずはこちらの神社さん 『本社三島神社』ご祭神大山祇命 伊佐那岐命相殿神和足彦命 身島姫命上津姫命 下津姫命元寇の弘安の役の際に、伊予水軍を率いた対馬守河野通有が伊予国大三島神社に必勝祈願し出陣。三島大明神の神使である白鷺の導きにより大きな戦功をあげました。その時に大山祇神のご神託を受け、上野山 [続きを読む]
  • 「徳」のある人
  • 皆さんは「徳のある人」と聞くと、どんな人を思い浮かべますか?おそらく一般的に多いのが優れた人格者だと思います(^^)ですが今日私が記事に書くのは、そちらとはまた別の“徳のある人”です。以前私の父が亡くなり、葬儀を終えて一段落した時に母がこんなことを言ったんです。母「しかし…お父さんって徳がある人だったよね〜あんなに問題ありなのに、なぜかみんなに好かれて色々良くしてもらってさ、臨終の際には皆んな駆けつけ [続きを読む]
  • 関内厳島神社(横浜弁天)
  • 昨日記事にした、天下一品ラーメンを食べに行く前に、関内の素敵な神社さんへ参拝しておりますので、今日はそちはの記事です(^^)『(関内)厳島神社』ご祭神宗像三女神市杵島姫尊 多紀理姫尊 多岐都姫尊関内厳島神社の創建は治承年間で、源頼朝が伊豆国土肥から勧請したと伝えられます。 伊豆国土肥とは、頼朝さんが島流しにあった地ですね。元々は洲干島(しゅうかんじま)と呼ばれる砂洲上の寒村であった横浜村の更に先端にあり、 [続きを読む]
  • 天下一品ラーメンと横浜散歩♪
  • 昨日は関内へ?先週に引き続き、神社ツアーでおなじみの開運プロデューサー文原由紀子さんと、天下一品ラーメンを食べに行きました私も由紀子さんも天下一品ラーメンは初めてです♪私は煮玉子、由紀子さんはメンマのこってりを注文こってりを頼んだらかなりこってりしてました。。。て当たり前か(^^;;味は濃いめなんですね「明日もお待ちしています」の文字が♪ごちそうさまでした!これで天下一品デビューを果たしました次はどこ [続きを読む]
  • 九頭龍&箱根元宮ツアー〈九頭龍神社とグルメ編〉
  • 天空から下界へ降りると天気が変わりました晴れ渡る空 そよぐ風を感じながら九頭龍神社まで歩きますこの日は不思議な雲に遭遇しました前回は大雨の時に参拝しましたので、今回はガラリと違った雰囲気を楽しむことが出来ました♪まずは白龍社へご挨拶?この日は前に来た時よりも、白龍さんの存在をとても近くに感じましたこちらの白龍さんは、優しくてあたたかいです例えていうなら龍なんだけど女神様という感じかな鳥居〜お社の上 [続きを読む]
  • 九頭龍&箱根元宮ツアー〈箱根元宮と富士山編〉
  • 一昨日の木曜日由紀子さん&ゆだぽんと行く『九頭龍神社&箱根元宮ツアー』を開催いたしました今回は2名のお客様がご参加くださいましたお客様と一緒に、またこの天空の別世界に来ることができるとは、夢のようです?『箱根元宮』ご祭神箱根大神前回の下見の時には、晴れていたのに全く見えなかった霊峰「富士山」ですが今回は絵に描いたような富士山を眺めることが出来ましたとても幻想的これまでにこの箱根は元より、何回かツア [続きを読む]
  • 白髭神社(川崎市高津区)
  • 今日ご紹介するのは、諏訪神社から徒歩で7分ほどのところに鎮座するこちらの神社さんです『白髭神社』ご祭神猿田彦命白髭神社は、慶長15年頃(1610)に、北見方総社として伊勢猿田彦神社よりご分霊し、創建されました。のご祭神である猿田彦命(=みちびきの神)その後、多摩川の水災により元文元年(1738)及び天保5〜6年(1834〜1835)に神殿・本殿を再建。昭和4年に奥殿の増築と拝殿の修復が行われましたが、長い年月と共に老朽化が [続きを読む]
  • 諏訪神社(川崎市高津区)
  • 昨日は長男の職場実習の事前面接で、二子新地まで行きましたので、いつものように近くの神社さんへ参拝させていただきました(^^)職場実習。。。前回の戸塚の企業はご縁がなく、採用にならなかったため、新しく二子新地の企業をご紹介いただき、11月に実習することが決定いたしました♪それはさておき、今回参拝したのは二社ですまずはこちら 『諏訪神社』ご祭神建御名方神 相殿神五十猛命 日本武尊大日孁尊 保食神諏訪神社は、こ [続きを読む]
  • 竹取物語の謎
  • 今日は十五夜それにちなんで「竹取物語」について記事にしてみました(^^)竹取物語といえば!光り輝く竹から産まれて、竹取の翁の夫婦に育てられた「かぐや姫」のお話9世紀後半の平安時代に作られたとされる、作者不詳の現存する日本最古の物語として知られていますなぜ作者不詳なのか?それは当時の権力者…つまり藤原氏を批判したものだから、ともいわれているんです。 竹取物語の登場人物に、かぐや姫に求婚し無理難題を突きつ [続きを読む]
  • ラーメン二郎と蒲田散歩
  • ある日のLINE開運プロデューサー文原由紀子さん「ゆだぽん♪ラーメン二郎に行きませんか?」私「ぜひぜひ♪一度行ってみたかったんです」ということで、日曜日に早速食べに行ってきました(早っ)川崎の二郎に行く予定でしたが、なんと休業調べたらお隣の蒲田にも二郎があるとのことで、そちらへ向かいました開店前に到着♪すでに列ができておりました由紀子さん「小ラーメントウガラシアブラニンニクヌキで」私「それと全く同じで♪ [続きを読む]
  • 特別展「運慶」
  • 土曜日は東京国立博物館で開催されている興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」へ日本で最も知られている仏師といえば!「運慶」をあげる方も多いいですよね(^^)平安時代〜鎌倉時代という動乱の時代に活躍した、輝かしい彫刻の時代の先駆者ともいえる運慶その名品の数々が上野の東京国立博物館へ集結。運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ、各地から集められたものと、運慶の父である康慶、実子の湛慶・康弁という親子3代の作品も展示 [続きを読む]
  • 深海2017
  • 昨日は上野へ?東博で「運慶展」の後、国立科学博物館で開催されている特別展「深海2017」最深研究でせまる生命と地球を観に行ってきました仏像と深海魚に大コーフン?行ったのは運慶展が先でしたが、深海展は今日までの開催ですので、そちらを先にご紹介します(^^)皆さまのご想像通り、非常に混雑しておりましたです(^^;;展示物は全て撮影禁止と思っていたら、映像以外はほとんどOKだということにしばらくしてから気がついたため [続きを読む]
  • 流浪の旅人 聖武天皇
  • 今日は、昨日ご紹介した光明子の旦那様?全国各地に国分寺や東大寺の盧遮那仏を建立したことは良く知られていますね(^^)『聖武天皇』幼名は首皇子おびとのみこ。文武天皇の第一皇子として生まれましたが、7歳の時に父と死別し、母の宮子(藤原不比等の娘)も心的障害に陥っていました。ですので文武天皇の母親である元明天皇(天智天皇皇女)が中継ぎの天皇として即位し、さらに中継ぎの中継ぎ?で、文武天皇の姉である元正天皇が皇位 [続きを読む]
  • 光り輝く光明子
  • 藤原不比等&県犬養三千代をご紹介しましたので、今日はその娘についても書かせていただきますね(^^)かぐや姫のモデルになったという説もあるほど、光り輝く美しい女性だったようです『藤原光明子』ふじわらのこうみょうし藤原不比等の三女で、母は県犬養三千代。分かりやすくいえば、藤原鎌足の孫ですね。幼い頃から大変聡明で美しかったといわれています。幼名は安宿媛あすかべひめ。昨日の記事の通り、文武天皇の妃である宮子( [続きを読む]
  • 女傑 県犬養三千代
  • さてさて?藤原不比等を記事にしたなら、とーぜんこの女性もご紹介しなければなりませんね(^^)絵が残されていないようなので、こちらの「伝橘夫人念持仏(法隆寺)」をお借りしました。『県犬養橘三千代』あがたいぬかいたちばなのみちよ県犬養橘三千代は橘氏の始祖であり、東大寺の大仏建立で有名な第45代聖武天皇の皇后「光明皇后」の母親にあたります。そして昨日ご紹介した藤原不比等の妻でもあります。三千代の出生時期は不明で [続きを読む]