mim さん プロフィール

  •  
mimさん: ミニマム&スロウ
ハンドル名mim さん
ブログタイトルミニマム&スロウ
ブログURLhttp://slowslow.hatenablog.com/
サイト紹介文ミニマリズムとスロウライフで自由に生きる事を目指すブログです。ミニマリストを目指してお片付け中。
自由文ミニマリスト修行中です。
ものは好きなので、基本的には売りながら手放しています。
ものを手放すだけではなく、なるべく手作りして、
生活のコストを下げるよう心がけています。
ミニマム&スロウな暮らしを目指して試行錯誤中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/12/05 21:21

mim さんのブログ記事

  • よーく、在庫を確認してから。
  • 麺つゆはもうあるのに、買ってしまった。あんまり使わないのに。2本もいらない…。この手のことが起こるときって、黄色信号。自分のことをよく分かってない、疲れてしまっているとき。新たな道に進む前に、家を、自分のキャリアや、思いの在庫整理をしよう。何を持ってる?何を持ってない?なんで仕事を辞めたの?何が嫌だったの?転職活動は、色んな人が色々言ってくるから、誰に何を言われても、まずは暖かな未来を信じ [続きを読む]
  • 仕事と居場所がくっついた場所。
  • そんな場所が、いくつかあったら、きっと楽しく生きれるかな〜とか思っている。隠居をしてみて、いろんな生き方を色々知ったけど、コミュニティがある場にはお金が発生しなかったり、仕事を辞めて家で1人過ごしたように、嫌なことがない代わりにひとりぼっちになったり、お金が集まる場所はギスギスしたり。馴染みのカフェに行くみたいに、バンドの練習に行くみたいに、そんな気持ちで行けるような、なんか副業バーみたい [続きを読む]
  • 必要なものは、目の前にちゃんと現れる。
  • 「現実の世界」に徐々に帰って行っている。仕事してた時の「おいおい…。」とか、「どうしようか…。」ってみんなで目線を下に向けてため息をこらえる感じとか。懐かしい。そして、私ちゃんと社会復帰できるじゃん!なんて事も思ったり。仕事仲間と「どーする…?」「…ねー…。」をつまみに飲むお酒も、ため息つきながら帰る夜道も、それすら懐かしい。まあ、これはこれで悪くないかななんて。「春になったら、私の人生は [続きを読む]
  • 服が欲しいんです。あと、オシャレどうしたもんか。
  • Fin(フィン) ラウンドトゥ ぺたんこバレエシューズ ブラック 23.0cmメディア: ウェア&シューズこの商品を含むブログを見る最近は、隠居の出口どうする?ってのと、転職しやすいのはギリギリ今かなってのがあって悶々とするのがお仕事兼、趣味みたいになっている。それも大切なのだけど、それより何より、服買いたい!オシャレしたい!という欲求がむくむくと大きくなっている。暮らしを小さくしたお陰で、わたしの人生は豊に変 [続きを読む]
  • 生き辛さの正体は。
  • 相変わらず独り身な上、また一つ歳を重ねてしまうし、お金無いのになんか忙しいし、気軽に買い物もできないし、定期的にイヤイヤな状態になりはするも、ん、今の自分って「リア充」ってやつじゃないか?と思うことがある。1年前の自分に、3年前の自分に、7年前の自分に、もっと楽しく好きなように生きて良かったのにといいたくなってしまう。でも、今が楽しいから、あの時の自分がこうしていれば今はもっと幸せなはずだった [続きを読む]
  • 働く事は、たのしい。
  • パソコンの前で9時間、みずから残業までしてしまい、もくもくと働いて、星野源の「化物」をエンドレンスで聞きながら散歩をして帰った。不満と不安でいっぱいだった20代の中盤は、とても素晴らしく、びっくりするくらいスペシャルな人に囲まれた青春だったことを思い出した。すねてないで、いつか、また会えるとよいな。魔法のフェイスブックでポチッとやってみるか、偶然に任せてみるか…。かつて苦い思いをしたあのビル [続きを読む]
  • イヤイヤの時。
  • 会社を辞めて、落ち着いて物事を見られるようになり、「イヤイヤの時」というのが自分に存在する事を理解した。お母さんになった友達とよく遊ぶようになり、子供と接することが多くなった。そこで目にするのは、ただをこねて何をしてもすねて泣き続ける子どもの姿。何をやってもご機嫌はなおらず、周りも疲弊して、ついには怒り出すお母さん。イヤイヤの時に起こるのは、多分こんなこと。会社、家族、彼氏、周りの人、社会 [続きを読む]
  • 楽しかった昨日の続きみたいな今日。
  • 先が決まらぬまま野に放たれた「就職できないダメな自分」実験が始まってしまった。なんと、結局、一社も応募していない????一応、自然の流れで働いてはいて、昨日の楽しい、大好きな人達に囲まれたフリーターと、何だかんだ続けている事に重きを置いた毎日を過ごしている。そんな中で思ったのは、働くのは楽しいという事。仕事は楽しい!ビックリです。働く事って楽しかったのか〜。好きはどんどん取り込んで、嫌は [続きを読む]
  • 棚卸し。
  • 服がないから買わないと!やりたい仕事が思いつかないから求人をたくさんみないと!お金がないから、仕事を詰め込まないと!と、ない、ない、ない、買わないと、情報仕入れないと、とせかせかし始めてしまったので、暮らしのほうぼうの棚卸しをしてみた。こういう時は、だいたい「ある」もしくは持ちすぎていたりすると過去の断捨離で学んだ為…。ざっと整理をして、在庫を確認して、持ち物を少しだけ買い足すことにした。 [続きを読む]
  • 一息ついて。
  • 次の生活の合間の、一呼吸の時間を取ることができました。疲れた…そしてすでにやるべき事が山盛りある。でも、ふと我に返って、なんて贅沢な時間なんだろうと思うことがある。これは、辛い生活を送っている場合には、けして無理に美化してはいけないことでもあるけど。どうせ独り身無職の30代女性…はあ…。すぐにこんな風に自分のことをおもってしまうけど、今、ただカフェでぼーっとコーヒーを飲んで、これから家に帰ろう [続きを読む]
  • いい青春だったじゃないか。
  • 学生時代によく行った街に、今日1人で行った。働いていたこともあるし、その街の近くでルームシェアしてた事もある。どちらも、ぱっと見キラキラリア充っぽい感じだったけど、上手くいかないかったり、モヤモヤしてた気がする。楽しい事もいっぱいあったけど、気持ち的にはもやもやしていた。若者が多いまちで、すれ違う10歳、15歳は若い人たちを見ながら、私はもう大人なんだなあなんて思いながら歩いた。何も夢を叶えら [続きを読む]
  • 挫折をした夢を、巻き戻し。
  • 東京にきたのは、憧れの職業につくためでした。憧れの職業にはつくことができたけど、挫折。18歳の私が目指した職業は、当時の本当にやりたかった事とは少しずれていたような。選んだ会社も自分の価値観ともずれていた。未来のために、今は我慢しよう。そんな気持ちでいたけど、周りにも自分にも失礼な選択だったと思う。そしてその思考ぐせは、自分で自分を呪う言葉として自分に染み付いてしまった。自分に染み付いた呪 [続きを読む]
  • 今日の嬉しいを明日へ引き継ぐ。
  • 時間があるんだかないんだか、よく分からない、賑やかな毎日がもうすぐ終わる。人が集まれば楽しいことも、嫌なこともやっぱりあるけど、1年前に比べると随分ポジティブな人生になったものだとしみじみ思う。ネガティヴまっしぐらだった頃に比べれば、キラキラの向こう側であったり、キラキラバリア的なものはちょっと身についた気がする。相変わらずすぐすねる、ダメな自分が見え隠れするけど、それでも、周りに愛してもら [続きを読む]
  • 面白いか、面白くないかで決める。
  • この先どうしようかなあ…と考える事が多いです。というよりも状況を考えるとすぐ行動しなきゃいけないレベル。でも、どうしたら良いか、いまいち分からない。悪くはないんだけど、「なんか違う、なんか違う」という思いばかりがちらつく。これまでのことを考えると「なんか違う」は素晴らしいサインのようです。なんか違うとか、なんか嫌だにはちゃんと理由があったりするからです。「理由が分からないけど、なんか違う」 [続きを読む]
  • やりたい事vsやりたい事
  • やっとひと段落がついて、泥のように眠った。やらなきゃいけない事が2つあるけど、果たして終わるのだろうか…。第2章は始まっているようで、仕事について、少々お誘いがありました。断ろうと思っていたのですが、蓋を開けてみるとびっくり、いつも遠巻きに見ていた方からのお誘いでした。少々無茶しても、これはやろうと決めました。そして、この波は多分、色んなところへ連れて行ってくれる波。どうなる事やら。今後の [続きを読む]
  • 社会復帰の道のり。
  • もうすぐ、一区切りだと言うのに、先の事はあまり決まっていない。最後までバタバタになりそうだから、思い切って転職活動は一区切りつくまで一切しない事にした。でも、不思議と落ち着いていられるのは、思い切り焦って、とことん自分の声を聞いて考え切ったからでしょうか。無職、ひとりぼっちになってしまうー!という恐怖があったけど、どうやらそうならないようです。引き続き勉強して、働きながら転職活動をすることに [続きを読む]
  • ベルトコンベアにのって…。
  • 1年前、1年間隠居しようと思い立って会社を辞めた。絶対にそうした方が良いという直感と、会社への憎しみと 笑、恋い焦がれた仕事が採用間近で宙ぶらりんになったり、体が悲鳴をあげたから…です。体調が崩れるのは、体からの大切なサインだと今は考えています。症状は敵ではなく、お知らせをしてくれているだけなんだと。職場にもよるけど、体調不良で休む事は、難色を示される事も多いから、自分でサインを大事にしてあ [続きを読む]
  • 強くてすてきな自分はもういらない。
  • 結局あの後、無理ですのお願いをしましたが、半年間のつもりつもった事が噴火してしまい、ちょっと怒ってしまいました。でも、そのお陰で、事態は良くなり、今後は悩まされる事もなさそうです。色々と無理がたたっている事を辞めたり、相談したりもして、だいぶクリアになって来ました。まあ、しょうがないのですが、ごめんねって思った人もいて、そうそう、こういうのが不幸の巻き込み事故なんだよなあ…と。私が我慢すれ [続きを読む]
  • おひとよしのつけ。
  • 大丈夫じゃないのに、全然大丈夫だよ、と言ったり、本当は大丈夫じゃない事を汲み取られないように明るく振舞ったり、嫌だけど、揉めるのが面倒だから引き取ったりしてしまう。普段あまり怒らない事もあったり、性格もあってか、相談事が続くことがあったりもする。私が話を聞くことで心が晴れたり、何か相手に道筋が開けたら、良かったなあ〜と思うのですが、中には困った人がいたりもします。変化しないことが目的で、延々 [続きを読む]
  • 実験の時間。
  • さて、そろそろ人生のボーナス期間は終わりです。ベルトコンベア式に社会にでる流れが来ています。ブログを始めた頃は、移住するとか、自営業とか、アフェリエイトで食べれないかなあとか極端な考えが浮かんでいましたが、会社員として働きやすい会社か、やってみたい仕事で頑張るか…というごくごく普通の選択をしようとしています。それが、今の私にとっては自然な事だから…が、1年間の大実験の答えです。私には極端なこ [続きを読む]
  • 幸せとは、多分おしゃべり。
  • 髪を切りに行って、あー、すっきり!まめにいきたいと思いつつ、ダラダラと先延ばしにしてしまっていた。美容院の何が苦手だったかというと、美容師さんとのおしゃべりだった。人が苦手と思っていたし、ネガティブ入ってた時代が長かったからか。お昼は1人、飲み会は極力出ないようにしていたし‥。あの環境ではしょうがなかったとも思うけど、基本的には、私が世界を拒絶していたから、優しい世界の人たちは私の意向を尊重 [続きを読む]
  • 自分に合ったお洒落。
  • 「流れ」が来るまで待つ!と決めたものの、気持ちは焦ってばかり。けれど、次々と風邪をひいて寝込んだおかげか、ぼーっとする。ほんと、焦らないで待てのサインなんだろうな、これ。とにかく、今目の前の事をやる。そして、整理整頓と自分のメンテナンスをする事にした。美容院に行くとか、メイクを見直すとか。ジャスト30歳の時に比べて、やはり見た目が歳重ねた感が出てきたような。流行りに乗ってみたけども濃いリッ [続きを読む]
  • 待機の時。
  • 気持ちばかりが焦るけど、今は、待機の時。のように思う。体調も崩してばかりだし、何をみてもときめかない。周りの人たちに取り残されてしまうような気持ちになる時もあるけれど、自分の棚卸をして、流れが来るのを待つ時期なのだと思う。と、いいつつも、ものすごく焦って、自分を責めているから、ご不満な状態になったりもします。でもそれって、相手をどうにかするというより、そうか、私は今こんな風に自分を責めている [続きを読む]
  • 先人に学んで。
  • 今日も良く笑い、一生の思い出にしたいくらいのいつも以上に楽しい日になった。楽しい、幸せ。みんなのことが大好き。昨年、夢を叶えた人や、憧れの生活をしている人にヒントをもらいにいった時に、みんなバラバラの暮らしをしているのに、共通したことを言っていた。「何となく、流れで…」「何となくこの人なら大丈夫だと思って…」「私にとっては凄く自然なことだったんだよね」と。私から見れば勇気のいる選択に見え [続きを読む]
  • 気がすむまで、挑戦してみれば…。
  • 家より落ち着く場所はないと長いこと思っていたけど、最近は休日になるといそいそと出かけてしまう。家にいるとつい作業をしてしまうから、カフェで読書とか、考え事をすることが息抜きになっている。大人という感じ。まあ、良い歳なのです。実際。最近の考え事は…どんな大好きな集団でも、周りに流されて、自分のゴールが分からなくなってしまう事があって、私のもともとの目標は何だったかなということ。ここ数ヶ月単位 [続きを読む]