マリー さん プロフィール

  •  
マリーさん: 乳がん治療とフランス語
ハンドル名マリー さん
ブログタイトル乳がん治療とフランス語
ブログURLhttp://c-marie.blog.jp/
サイト紹介文フランス在住。2015年11月、48歳で乳がんを告知されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/06 22:45

マリー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 経過観察、地元の婦人科医へ。
  • 今週は、先日のマンモグラフィー、エコグラフィーの検査結果を持って地元の婦人科医を訪れました。経過観察をがんセンターでもらった指定の紙に記入してもらい、それを送り返さなければならないので(年に2回の経過観察が5年間続きます)。先生に会うのは去年乳がんを告知されてから一年ぶりです。手術が無事に済み、経過が良好なのを喜んでくださいました。手術跡を見て、先日の乳腺センターのお医者様と同じことを、乳頭・乳輪の [続きを読む]
  • 経過観察のマンモグラフィー、エコグラフィー
  • 2015年12月に左乳房全摘同時再建の手術をしました。電車で約1時間半、今日はパリまで出かけ、7区にある乳腺センター?(Centre de senologie)で、マンモグラフィー、エコグラフィーを受けてきました。マンモグラフィーは手術をしていない右側だけだと思ったら、シリコンの入っている左側もしました。こちらもちゃんと見ておかないといけないそうです。石灰化もみられず、経過は良好。念のためまた半年後にMRIをとりましょう [続きを読む]
  • 術後5カ月目の受診
  • 先日、12日木曜日に、1カ月ぶりにパリのキュリー研究所 Institu Curie へ受診に行きました。触診をしてもらい、手術痕は大きく残っていますが、特に問題は無く、今後は5年間の経過観察となります。その間の記録手帳(書類)をもらってきました。4−5カ月後に両胸のエコグラフィー、手術していない方のマンモグラフィーをとって、11月に地元の婦人科を受診、そしてパリの病院に来るのは来年の5月です。病院からは受診の3週間程前に受 [続きを読む]
  • J97 : 通院日。
  • 今日で術後97日となりました。昨日は通院日でしたが、縫合開口部の傷の上には皮膚が出来てきて、じくじくも収まりました。今後は、炎症を取り除くステロイド系軟膏、ディプロゾン Diproson を中止し、あとは毎日、 生理食塩水 Sérum physilogique で傷口を洗浄、油ガーゼ Urgotul をあて、コットンガーゼ Compresse と医療用テープ Micropore silicone でとめます(このブルーのマイクロポア・シリコンテープ、低刺激でずっと使い [続きを読む]
  • J91 : 傷が良くなってきた。
  • 術後91日目です。ディプロゾン Diprosone という炎症を取り除く軟膏を塗って一週間、ずいぶんよくなりました。ステーキの焼き加減で例えるなら、一週間前までは、傷口(バストトップに横10?幅1?)が血の滴るレア状態だったのが、一週間で出血もなくなり、色も赤からピンクに、ミディアムくらいの状態になった、という感じです。やっと終わりが見えてきたようですが、昨日の先生は、私のような、傷跡が大きくなかなか治らない例は今 [続きを読む]
  • J85 : 通院日。まだ傷口ふさがらず。
  • 術後85日となりました。相変わらず縫合開口部の傷口(10?x1?)がふさがらず 出血もしているので、訪問看護師さんの勧めで病院へ行ってきました。ディプロゾン Diprosone という炎症を取り除くステロイド系の軟膏を出してもらい、訪問看護師さんには2日1度から、毎日来てもらうことになりました。傷口を洗い、軟膏を塗り、油ガーゼをあてて、コットンガーゼとテープでとめます。次回の通院は来週水曜日です。早く全身シャワーが浴 [続きを読む]
  • J72 : 昨日は病院へ。
  • 術後72日です。昨日は、また傷跡のチェックで病院へ行ってきました。油ガーゼを外すと、まだ傷口からツーっと血が垂れる状態です。順調回復しているようですが、時間がかかります。次回の予約は3月18日です。  [続きを読む]
  • J65 : まだふさがらない傷口
  • 今日で術後65日目です。昨日は、予約してあった傷口のチェックでパリの病院へ行ってきました。再縫合も検討されていましたが、今回のチェックでそれはないとのこと。開いてしまった縫合部の傷口が塞がるまでにはまだ時間がかかりそうです。相変わらず2日ごとに看護師さんにガーゼを交換しに来てもらいます。次回の予約は来週木曜日です。  [続きを読む]
  • 手術後の国際線搭乗
  • 全摘再建後の傷跡がふさがっていないので少し不安でしたが、今回身内の不幸があり、数日間日本へ一時帰国していました。急きょインターネットでチケットを購入したので、座席は3席並びの真ん中の席しかとれなかったのですが、早めに空港へ出向き、窓口でのチェックインの際に座席を変更してもらいました。その際言ってよかったことは、"乳がんの手術をしたばかりで、まだ傷口がふさがっていないので、出来れば手術した方の側が人 [続きを読む]
  • 過去の記事 …