西瓜 さん プロフィール

  •  
西瓜さん: 旅人生
ハンドル名西瓜 さん
ブログタイトル旅人生
ブログURLhttp://tabisuika.blog.jp/
サイト紹介文アジア中心に旅するおっさんパッカーの旅ブログです。
自由文モンゴル、中央アジア、中国、東南アジア
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/12/07 01:00

西瓜 さんのブログ記事

  • 2011年秋・台湾旅行(2)十分と九份
  • 11月4日十分と九份日帰り旅行へ出発。台北駅で列車に乗る。この列車で・・・じゃなくてローカル線に乗る。まずは瑞芳まで行きそこで十分行きの列車に乗り換える。瑞芳に到着。ここで昼食で駅弁を食う。台湾名物、排骨飯弁当。味はまあまあかな・・・列車に乗って十分へ。十分駅到着。駅を出るといろんな店がある。さっき弁当食べたのであんまりお腹がすいていないので何も買わず。なんか昔の雰囲気のある通りを歩く。線路沿いに [続きを読む]
  • トルコ語・Ceddin Deden(祖父も父も)
  • たぶん、ほとんどのひとが聞いたことがあるトルコの歌。ジェッディン デデン Ceddin Deden(祖父も父も)。 昔あったNHKのドラマ「阿修羅のごとく」で有名になりましたが、最近の人は知らないかな・・・。以前、僕はUTAUというボーカロイドもどきのフリーソフトにはまっていて、その歌を歌わせてみようかと思って動画を作ってみた。まあまあのできでコメントもトルコ人からちらほらついていて嬉しかったです。UTAUは [続きを読む]
  • 2011年秋・台湾旅行(1)烏来で温泉に入る
  • だんだん旅行ネタがつきてきたので今回は2011年の秋に行った台湾の話。もうすっかり秋も深まる11月2日、成田からチャイナ・エアラインを使って台北へ。夕方4時に出発して夜8時に到着。不気味な人形がお出迎え。予約していた台北駅に近いゲストハウスに投宿。台北は日本より暖かくて蚊がまだいた。朝食は路上で売っていたお粥を買って宿で食う。街に出てみると鬼太郎がいた。台湾でもあるんだ。さて今日は烏来(ウーライ) [続きを読む]
  • ウイグル語・猫を呼ぶとき
  • ウルムチでウイグル語を勉強しているとき先生がウイグル語で猫を呼ぶとき「ピシュピシュ」と呼ぶんだよ。と教えてくれた。しかし、ウイグル人が猫を呼ぶ瞬間に出会えず、自分で猫を呼ぶというシーンにも遭遇できず、いつの間にかその言葉を学んだことも忘れてしまっていた。そして十数年後、イランのタブリーズのゲストハウスに泊まったときのこと。中庭で休んでいると「ピシュピシュピシュ」と女性の声が聞こえる。うん?なんだ? [続きを読む]
  • 広東語・ヤッツァイ
  • こないだ見た池上彰の番組に香港の民主化運動の活動家アグネス・チョウさんが出ていた。彼女のことは初めてみたんだけど、あんなに若いのにすごいなぁと関心してしまいました。そんで、番組で彼女が演説している映像が流れていたんだけど、必死で何か聞き取れないか耳を傾けて聞いてみたけど僕の広東語能力ではまったく聞き取れず。でも、彼女が「ヤッツァイ、ヤッツァイ」と言っているのだけは聞き取れた。「ヤッツァイ」の意味は [続きを読む]
  • ウイグル語・数
  • 買い物に必要な言葉は?これ、いくら?5つください。安くしてよ!とかだけどやっぱり必要なのは数字ですな。というわけで数字を紹介。1 ビル2 イッキ(シッキ)3 ウチ4 トゥト5 ベシ6 アルトゥ7 イェッタ8 セッキズ9 トックズ10 オン11 オンビル12 オニキ13 オンウチ14 オントゥト15 オンベシ16 オンアルトゥ17 オンイェッタ18 オンセッキズ19 オントックズ20 イグルメ30  [続きを読む]
  • 2013年春節・新疆ウイグル自治区の旅(12)ウルムチ最終日
  • 2月17日ウルムチ最終日。ウルムチ市内をぶらつく。まずBRTで南門へ。南門の新華書店でウイグル語関連の本を買った後、歩いて大バザールへ。ここは二道橋バザールの正面にあるショッピングセンターで、ちょうど僕がウルムチに留学していた2002年頃に完成したショッピングセンターだ。僕がいたころあった日本人が経営していたカレー屋さんはもうなくなっていた。時の流れは行く川の流れの如し、諸行無常ですわな。二道橋付 [続きを読む]
  • 2013年春節・新疆ウイグル自治区の旅(10)カシュガル
  • 2月13日カシュガル。中央アジアの古くから続くシルクロード都市のひとつだ。カシュガル訪問は二回目、初めてきたのは2002年の冬だからちょうど10年ぶり。今はどんどん開発されていて高層ビルが建ちシルクロードっぽい風情が年々薄れていっている。とは言っても観光のために古い建物修復保存もしているようだ。でもカシュガルの魅力はだんだん無くなっていっているような気がする。これは住人の利便性とか快適性を無視した [続きを読む]
  • トルコ語 サーオルン
  • ありがとうは「テシェキュルエデリム」だけど、ちょっと言いにくい。そんなわけで「サーオルン」も同じような意味なので僕は大体簡単な「サーオルン」を使っています。みなさんもぜひ道を聞いて教えてもらったりしたときぜひ使ってみてください。サーオルン [続きを読む]
  • 2013年春節・新疆ウイグル自治区の旅(1)広州からウルムチへ
  • 1月27日僕は広州の駅にいた。春節の休みにどこに行こうか、まだ決めていなかった。雲南省に行くか?南寧からベトナムに行こうか?桂林なんかもいいかも!うーむ・・・とりあえず広州の駅に言ってみよう。昼過ぎ広州駅に来て見ると春節で故郷に帰ろうとする農民工がいっぱい。春節の混雑時の治安維持のための警察も大勢きていた。中には採用されたばっかりと思しき新人の女子警官もいて整列している警官の列の後方で不安そうにう [続きを読む]
  • トルコ語
  • トルコ語はウラルアルタイ語系の言語で日本語と文法が似ていて日本人にとって学びやすい言語です。文字もラテン文字を使用しているので読み書きも簡単です。通じる地域はトルコ、アゼルバイジャン、イラン(アゼルバイジャン州)、トルクメニスタン(通じるかもしれない)、あとモンゴル西部のバヤンウルギーにはトルコ語の学校があるのでそこの学生には通じるかも。興味のある方はぜひ勉強してみてください。とりあえずあいさつ。 [続きを読む]
  • 2013年夏東南アジア旅行(29)ホーチミン最終日観光
  • 8月1日今日は最終日、ホーチミンから関空へ飛ぶ。出発は夜の11時の便なので宿に荷物を預けて観光をする。まずはアイスコーヒーを飲む。ベトナムコーヒーは甘いなぁ。まずは戦争認跡博物館へ行く。米軍から鹵獲した兵器や米軍の枯葉作戦の影響で生まれた奇形児のホルマリン漬けなどちょっと目をそむけたくなるようなものも展示されていた。ジャングルを焼いた焼夷弾。戦闘機。まあ、どことなくプロパガンダっぽい博物館だったけ [続きを読む]
  • 2013年夏東南アジア旅行(27)ホーチミン(サイゴン)へ
  • 7月30日朝、プノンペンを発ち今回の旅での最後の目的地ベトナムのホーチミン(サイゴン)へ向かう。バスは宿のすぐ傍のキャピト・ルツーアでチケットを前日購入済み。乗り場もキャピトルゲストハウスを降りたところから乗れるから便利だ。バスも大型バスでなかなか快適。バスは時間通り出発してホーチミンへの道を順調に走る。が・・・しかし、行くてを阻むかのようにメコン川が横たわっていた。現在、メコン川には橋が架けられ [続きを読む]
  • 2013年夏東南アジア旅行(26)虐殺犯罪博物館で暗い気分になる
  • 7月29日プノンペン二日目。キャピトルゲストハウスのシングル部屋は窓がないので通路の踊り場から撮影。市場付近はなんとなくにぎやかだ。でもバンコクとかサイゴンのような賑わいはない。自転車をレンタルしてプノンペン探索。プノンペンの町の東側にはメコン川が流れている。ここを下っていけばベトナムだ。王宮が見える。カンボジアは王様のいる立憲君主制をとっている。ここはお寺なのか何か知らないけど入ったら駄目だった [続きを読む]