西瓜 さん プロフィール

  •  
西瓜さん: 旅人生
ハンドル名西瓜 さん
ブログタイトル旅人生
ブログURLhttp://tabisuika.blog.jp/
サイト紹介文アジア中心に旅するおっさんパッカーの旅ブログです。
自由文モンゴル、中央アジア、中国、東南アジア
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/12/07 01:00

西瓜 さんのブログ記事

  • 2017年ユーラシア横断旅行記(89)くるくる回るメブラーナ
  • 9月30日(土)コンヤイスタンブールの宿をネットで検索するとなぜか評価が高いアゴラゲストハウスという宿があったので一度泊まってみようと思い予約した。どなんな宿なのか楽しみだ。さてコンヤを観光するか。おっと、その前に腹ごしらえ。せっかくコンヤまできたのでコンヤの名物料理のエトゥリ・エクメックを食う。15トルコリラ(4.2ドル 1トルコリラ=0.28ドル)味はというとまあ・・・まずくはないけど、感動す [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(88)アンカラからコンヤへ
  • 9月29日(金)アンカラ → コンヤ夜、ジョージアとの国境を抜けトルコへ入国。バイバイ、ジョージア!また会う日まで。メルハバ、トルキエ!というわけで国境を抜けクタイシから乗ってきたバスに引き続き乗りアンカラに向かう。バスの中でもwifiがあるけど、あまり早くないので席でトルコ語吹き替えのチンギスハーンの映画を見る。AM8時半頃にアンカラ到着。トルコのリラがクタイシで交換した分の少ししかなかったのでATMで [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(87)雨のバトゥーミ
  • 9月28日(木)バトゥーミ朝から雨が大量に降ったり小雨になったりを繰り返している。ネットでイスタンブールからハノイまでの便を予約した。よいよ旅も終わりに近づいたなぁと感慨にふける。昼前には雨が少し弱まってきたので宿をチェックアウトして、バスターミナルでトルコのアンカラ行きバスのチケットを購入。バスターミナルにはいろんな会社がトルコ方面のバスチケットを売っている。入り口のところに値段が表示してあるの [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(86)黒海はそれほど黒く無かった
  • 9月27日(水)クタイシ → バトゥーミ朝ごはんのヒンカリ。この日はグルジア正教の特別な日で肉を食べてはいけない日らしく、チーズのヒンカリが出た。他にもたくさん朝から豪華な食事だった。そして朝から酒を飲むスリコメディコ夫妻の夫のほうのスリコさん。僕も少し飲んで二度寝。昼前にスリコメディコ夫妻の妻のほうのメディコさんに見送られてバトゥミへ出発。歩いて坂を降りて行き、中心街のロータリーへ。そこからバス [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(85)カツキピラーへの道
  • 9月26日(日)クタイシ朝、たんまり出された朝食を食べたら眠くなってきてきて再びベッドに潜り込む。昨日ワインもたんまり飲んだのがまだ少し体に残っていて外の出るのがおっくうだ。 うむ、しかし残された時間もあまりない。やっぱり観光に行くことにする。どこかいいとこないかなぁと宿の情報ノートにカツキピラー(Katskhi Pillar)というところがあった。ネットでも調べて行き方はわかったけど帰りのマルシュートカは早く [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(82)トビリシ海観光
  • 9月23日(土)トビリシトビリシに海があった。宿から歩いていけるほど近くて、ビーチもあるようなので行ってみることにした。ちょっとした丘をこえて行くのだけど結構高くて歩いて行ったらきつかった。おお、見えたぞ!トビリシ海だ!海岸まで降りていくと謎の施設を発見。毒ガスがあるのか?ちょっと物騒だなぁ。浜辺まで降りてみると誰もいない。閑散としている。遠くのほうに人がいるみたいだけど海水浴をしているかどうかは [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(81)グルジア料理を食って満足
  • 9月22日(金)カズベキ → トビシリ朝すこし散歩。あの塔まで登ってみようと思う。うわうわやっぱあかん。とても登れん。落ちたら死ぬわ。諦めて帰ろうとしたらワンちゃんと目があった。目をそらした。てことでもうトビリシに帰る。じゃーね。来るときは途中の観光付きだったので15ラリだったけど帰りはどこにもよらず普通の便で帰るので10ラリ(4ドル 1ラリ=0.4ドル)だった。コンフォートプラスホステルに戻ると [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(79)トビリシふらふら
  • 9月20日(水)トビリシ朝、ホステルジョージアの近くの店でグルジアのチーズパン、ハチャプリを買って朝食。ホステルジョージアって朝食がつかなくて夕食がつくんだよね。朝ごはんを食べた後、チェックアウトして、コンフォートプラスホステルに向かう。ホステルジョージアでもよかったんだけど、まあ他の宿も見てみたいなあと思って。トビリシ駅から地下鉄に乗ってGuramishvili駅で降りて10分ほど歩く。坂道を登っていくので [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(76)ざくろワイン
  • 2月17日(日)エレワン朝、中庭から日本語が聞こえてくるので出てみたら、ビシュケクで会った夫婦が来ていた。トルクメニスタンのビザが結局とれずタジキスタンとか行ってたらしい。さて、アルメニア観光なのだが、実はアルメニアも昔来たことがあるのでエレワンの主要な観光地は大体行ったことがある。なので、今回は町をうろうろするだけにした。まあ、バスに乗って遠くに行ったりするのがおっくうなだけなんだけど。というわ [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(75)エレワン散歩
  • 9月16日(土)エレワンリダの家でのんびりした後、町を散歩。ヨーロッパに来たなぁという感じ。エレワンの中心にはおおきな教会がある。アルメニアはアルメニア正教。キリスト教にはカトリックやプロテスタント以外にもロシア正教とかいろいろあるみたいでその中のひとつらしい。あまりよく知らないがアルメニアは世界で一番最初にキリスト教を国教にした国ということである。中に入るとホールになっていた。よくわからないけど [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(74)エレワンでビール
  • 9月15日(金)国境 → エレワン前日の夜10時半すぎにタブリーズからエレワン行きのバスに乗りエレワンへ向かう。バスは翌日深夜2時にエレワン国境に到着。イラン側はまだ開いてなくて4時ごろまで待たされる。4時になってやっとイランを出国しアルメニア側まで橋を渡っていく。橋を渡ると左側にある免税店に明かりが灯っていたけど、チラ見してアルメニア側へ歩く。暗い・・・。ひたすら暗い中を歩いていく。あんまり暗い [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(72)タブリーズに到着
  • 9月14日(木) タブリーズ夜ケルマンシャーを発ち朝5時半頃タブリーズに到着。バスターミナルが大きかったので明るくなるまでベンチで仮眠し明るくなるまで待つ。大体イランのバスターミナルの公衆トイレは無料だったんだけどタブリーズのバスターミナルのトイレは有料だった5000リアル(0.15ドル 1リアル=0.00003ドル)。そういやケルマンシャーも有料だったかな?明るくなったのでバスに乗って市内へ。1 [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(70)パランガン村
  • 9月11日(月)ケルマンシャーパランガン村に行く。行き方がこれがまた面倒だ。まず長距離バスターミナルに行き、バスに乗ってカミヤランと言う町まで行って、そこから乗り合いタクシーでパランガン村まで行く。朝7時、市内バスに乗って長距離バスターミナルまで行く。5000リアル(0.15ドル 1リアル=0.00003ドル)そこからバスに乗りカミヤランという町に行くのだけど、バスのある場所は長距離バスの乗り場よ [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(91)
  • 10月2日(月)イスタンブールアゴラの朝食は最上階のレストランで食べる。景色は最高だ。でも期待したほどではなかった。まあこんなもんか。アゴラをチェックアウトして近くのスルタンホステルゲストハウスへ移動。こっちは朝食なしでドミトリー31トルコリラ(8.68ドル 1トルコリラ=0.28ドル)。 [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(68)ゴムのファーティマ廟
  • 9月9日(土)カーシャーン → ゴム → ケルマンシャー朝カーシャーンからゴムへ行く。バスターミナルまでタクシー30,000リアル(0.9ドル 1リアル=0.00003リアル)カーシャーンからゴムまで100、000リアル(3ドル)バスターミナルからファーティマ廟までタクシー、いくらかかったか忘れた。ゴムはシーア派の聖地のひとつで、十二イマーム派の第八代イマームのイマーム・レザーの妹ファーティマの廟 [続きを読む]
  • 2017年ユーラシア横断旅行記(67)カーシャーン
  • 9月8日(金)イスファハーン → カーシャーン12時にチェックアウトしバスターミナルに行きカーシャーン行きのバスに乗る。135、000リアル(4.05ドル 1リアル=0.00003リアル)。15時30分カシャーン着。宿までタクシーで40,0000リアル(1.2ドル)。宿は歩き方に載ってるゴルチェフレガーン、シングル素泊まり300,000リアル(9ドル)。カーシャーンを散策。バザールに行くが誰もいない、 [続きを読む]