kied0406 さん プロフィール

  •  
kied0406さん: Blog: Living Tropically
ハンドル名kied0406 さん
ブログタイトルBlog: Living Tropically
ブログURLhttps://tropically.exblog.jp/
サイト紹介文日本で熱帯暮らし。栽培している植物を中心に両生類爬虫類などの生き物や料理など。
自由文だいたい草です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/12/07 09:41

kied0406 さんのブログ記事

  • ベゴニアの1種 ‘ブルー’(マレー半島産) #2
  • Begonia sp. 'Blue'KN便 Peninsular Malaysia, MALAYSIA[シュウカイドウ科]先日紹介したサラワクの青い奴に雰囲気は似ているけれど、緑一色の何の変哲もない蔓性ベゴニア…と見せかけてジャーン!!!ラメの権化だ〜!!!!今はほとんど青くないけどもう少し暗い環境下で栽培すればまた青みが出てくるはず。ラメラメですね。やっぱりすっばらしい…。KN便... [続きを読む]
  • ベゴニア・ロセオプンクタータ #5
  • Begonia roseopunctataR1214-02b Pakan, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA[シュウカイドウ科]とてもとても強いロセオプンクタータ。うちの環境ではどうやったって死にそうな気がしない。さすがにうっかり水切れさせた状態がが続くと左下みたいに葉が傷むけど…。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Vo... [続きを読む]
  • ベゴニア・バリアビリス #10
  • Begonia variabilis[シュウカイドウ科/マレー半島 原産]春が近づいてきてずいぶん機嫌が良さげ。光源に近づいてきたせいか少し葉が丸まりそうな気配はあるけれど、やっぱりこのタイプは最高ですね。すばらしい…。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95) [続きを読む]
  • ベゴニアの1種(サラワク州産)
  • Begonia sp.Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA[シュウカイドウ科]Begonia lichenoraに似た雰囲気だけどふた周りくらい大きなサラワクの青い蔓性ベゴニア。こいつはめちゃめちゃ綺麗だぞ…!!!あまり暗くしなくてもこんだけ青くなるなんて。素晴らしいとしかいいようがない。角度による輝きの変化が素敵過ぎてずーっと見てしまいます。この宝石感よ。すっ... [続きを読む]
  • ラビシア属の1種(リンガ島産)
  • Labisia sp.KN便 Lingga Isl., INDONESIA[サクラソウ科]昨年のドームらん展のときにフォロワーさんからいただいた葉っぱ、ちゃんと苗になりました!まだまだ特徴はよくわからない大きさですが、今後の生長が楽しみですね〜。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95) [続きを読む]
  • ケンフェリア・エレガンス #6
  • Kaempferia elegans[ショウガ科/中国四川省〜インドシナ半島、ボルネオ島 原産]ぽこぽこと花をつけ続けるケンフェリア。すごく強健ですね。そしてそれなりにサイズのある花なのでよく目立ちますね。そして葉もきれい。やっぱり南東向きの窓際だとよく模様が出るな〜。日照時間自体は南西のベランダとそう変わらないはずなのに。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ CO... [続きを読む]
  • ミルメコディア・ツベローサ ‘ランフィー’ #3
  • Myrmecodia tuberosa 'rumphii' (Seedling)Pupuan, Tabanan, Bali Isl., INDONESIAバリメコの実生チャレンジ。にしても播種から1日で発芽ってマジか。あまりにも早くないですか?結局いくつ撒いたか数えてないんですが、この分だと発芽率は期待できそうです。ただ小さい種子については発芽するか怪しいところだなぁ。こちらは小さ... [続きを読む]
  • 10月〜3月上旬の酒と肴
  • ●梵 ゴールド 無濾過純米大吟醸(加藤吉平商店/福井)○ローストポーク○ミックスナッツとツナのペペロンチーノ●黒麹仕込 佐藤(佐藤酒造/鹿児島)○鹿肉のロースト○チリソースサーディンのパスタ○5種のキノコと牛蒡と豚の炒め物○むかごの塩炒り○しゃぶしゃぶ●奈良萬 純米生酒 おりがらみ(夢心酒造/福島)○タラ白子の昆布乗せホイル焼●ホットワイン○鹿肉とトマトとマッシュルーム... [続きを読む]
  • マコデス属の1種 #8
  • らん展2018購入品その⑨◎蘭であるMacodes sp. (Sold as Mac. limii)BORNEO[ラン科]赤いマコデスがあるとほいほい買ってしまう奇病。そうういや去年は赤いドッシニア買ってたな。あれはまだちゃんと生きていますがどうにもジュエルオーキッドの類が苦手ですね。生長が黄変に追いつけずに枯れていく、みたいなことを繰り返していました。最近少しずつコツが掴めてきたよ... [続きを読む]
  • マキシラリア・レイチェンヘイミアナ
  • らん展2018購入品その⑧◎蘭であるMaxillaria reichenheimiana[ラン科/コスタリカ 原産]ブースでやたら目立っていた模様葉マキシラリア。花はあまりパッとしないみたいだけど、葉がこんだけきれいならまぁいいでしょ。蘭らしくない模様だな、とも思ったりする。蘭の多様性ってすごいよな〜。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA V... [続きを読む]
  • サイコプシス・クラメリアナ
  • らん展2018購入品その⑦◎蘭であるPsychopsis krameriana[ラン科/コスタリカ〜ペルー 原産]去年は資金が尽きた後に発見して涙を飲んだ、サイコプシスのちゃんと葉模様がバチバチに入ってる子。今年も来てました!よかった!!正直サイコプシスってリミンヘイ以外ほとんど変わんないから葉に模様が入ってれば誰でもよかったんですけどね。他にも何種か来てましたが、この... [続きを読む]
  • アンスリウムの1種(bullatus)
  • Anthurium sp. (Sold as A. bullatus)[サトイモ科/産地不明]Anthurium bullatusという名前で購入したアンスリウムです。で、そんな名前の種は存在しないっていうね…。南米ガチャ、再び。というわけで調べてみました。まず、この個体を購入したEquaflor-Aではなく、EcuageneraでA. bullatus(ないしはA. ... [続きを読む]
  • アンスリウム・オバティフォリウム
  • らん展2018購入品その⑤×蘭じゃないAnthurium ovatifolium[サトイモ科/コロンビア、エクアドル、ペルー 原産]ぱっと見エキノドルスみたいなアンスリウム。葉は革質でかなり分厚いです。このおかげでだけど、なんとなく強健そう。葉はそんなに大きくないのに他の購入したアンスよりもやたら重くて、おかしいなーと思って包み紙を外してみたら直径5cmはあろうかという極太根茎が出て... [続きを読む]
  • アンスリウム・コルガータム
  • らん展2018購入品その④×蘭じゃないAnthurium corrugatum (Sold as A. aff. rugulosum)[サトイモ科/コロンビア〜エクアドル 原産]これも違う名前で入ってきた例。いや、昨年購入して夏まであんなに快調だったアンスのルグローサムですが、そのまま謎の食害によりSATSUGAIされてしまったんですよね。虫が憎い…憎いぞ…!というわ... [続きを読む]
  • アンスリウム・ルクスリアンス
  • らん展2018購入品その②×蘭じゃないAnthurium luxurians[サトイモ科/コロンビア 原産]カチカチでボッコボコのアンスリウム。その光沢のせいもあり、まるでプラスチック製かのようです。今のところはまだ小さめサイズではありますが、たぶん大きくなるはず。赤黒い新葉が出てくるようなので楽しみですね。ほんとにこれでプラスチック製じゃなければ、ですけど。(OL... [続きを読む]
  • アンスリウム・マルモラータム
  • らん展2018購入品その①×蘭じゃないAnthurium marmoratumECUADOR[サトイモ科]木に着生するタイプのアンスリウムです。葉の形はA. veitchiiみたいな感じですが、葉には凸凹はほとんどなく、また質感もビロード状でですね。本種によく似た種でA. angamarcanumというものもありますが、子株のうちでは違いもほとんどわからないそうなのでひと... [続きを読む]
  • 世界らん展日本大賞2018 #1
  • 今年も行ってきました、東京ドーム!写真は前回以上に少ないです。今回は当日の飛行機で東京入りしたため、現地到着が14時過ぎ。前日入りの弊害である睡眠不足に悩まされなかった代わりに、写真撮る暇がほとんどありませんでした。撮った写真は展示ブースでオッて思ったものをちょいちょい、そのくらいです。にしても今回の販売ブースは海外業者も増え、蘭以外の植物も増え、でとても楽しいものでした。ネペンのjam... [続きを読む]
  • ベゴニアの1種(サリケイ産) #3
  • Begonia sp. 'Sarikei'R1214-03a Sarikei, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA[シュウカイドウ科]そういやしばらく載せてなかった。最後に載せたの6月だったか…。施肥をしてないので生長はわりと地味めです。変化があるとするなら小さいときの新葉はピンクがかっていたんですが最近は緑な感じ。白い模様と赤脈は消えてないんですけどね〜... [続きを読む]
  • ベゴニア・アンフィオクサス #5
  • Begonia amphioxus[シュウカイドウ科/ボルネオ島サバ州 原産]そういえばアンフィの大型系統と小型系統の比較ってアップしてなかったので載せてみましょう。こちら立派な大型系統。海外の記事でよく見かけるのはこちらのタイプですね。いやーキモいね、最高だね。小型系統と同様にある程度まで生長するとばんばん脇芽を出し始めます。一歩でこちらが初めに手に入れた小型系統。これを育ててい... [続きを読む]
  • ベゴニアの1種 'ジュラウぼっち’
  • Begonia sp. 'Julau ぼっち'R1214-01b Julau, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA[シュウカイドウ科]プラントハンターRIOさんの採集した、とにかくヤバイ色のベゴニアです。何を考えてこんな色になったんだ…。ほぼ黒といっていいくらいの地色にベッタリと入ったマゼンタピンクの葉模様。そして栽培してて思いますが非常に丈夫。綺麗... [続きを読む]