ちーママ さん プロフィール

  •  
ちーママさん: ちーママとスペクトラムな息子との日記
ハンドル名ちーママ さん
ブログタイトルちーママとスペクトラムな息子との日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/chi-2006
サイト紹介文絵が得意な中1の息子。ママの私はうんざりしてやけっぱち。 デローザで遠くまで行きたい(^-^)
自由文(^-^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/12/08 12:21

ちーママ さんのブログ記事

  • 忙しいですよねっ、発達障害児ママは!
  • 私のスケジュールの過密さを心配してくださっている息子のカウンセラー。タイヘンですよ、実際。(ほぼ毎日)私の整形外科のリハビリ*中学の下校お迎え(・・・でも毎日は行けません)(毎週)*訪問看護受け入れ*移動支援業者さんの都合の悪い曜日、木曜日は中学へ送って行ってる。三男ちびちびの合気道送迎が2日(隔週)次男ちびちびのカウンセリング、PCIT。(毎月)中学の参観日*中学校との定期面談*病院の受診*息子のカウンセリング*私の [続きを読む]
  • 精神衛生上良くない
  • 息が出来なくなりそうなくらい背中が痛い。いくら前向きに考えようとブログで文字にしても参ってる!身体が痛い。あのアホーがやっぱりまた何かしている。。。ベランダの植物を世話して、膝まづいて小1時間何か観察している。毎日のように。・・・・・・すっごい嫌なんだけど!以前、朝顔の葉っぱの上に砂糖をまいて蟻を集めていた息子。冷凍庫から蟻が出て来たこともある。。。しかも生きてた!かなり無茶苦茶びっくりしたちーマ [続きを読む]
  • 私にしか出来ないものは何?
  • コンテストの作品集が届きました。今年の募集ポスターも。もう息子は応募できないけれど、ポスターや募集要項には息子の絵が使われていました。頭痛が取れない中、それを見て思う。神様って、どうしたいんだ?!私を参らせたり、励ましたり、・・・この起伏の激しさにやられているんですけど・・・。今朝、中学へ息子を送り届けている道中、わざわざ公園の木々の中を走る息子を見て、・・・コヤツどうしたらいいかなと。こんなヤツ [続きを読む]
  • 持って生まれたいいものを伸ばしたい!
  • 合気道を辞めた次男ちびちび。カウンセラーに「もっと自由な時間が欲しい。」と話していた事から、その言葉を受け止め残念ながら辞めさせたのです・・・。本当、残念。合気道の先生方も「"次男"は同世代の中でも一番動きがいい。大人と同じスピードで出来る。」と辞めるのを残念がってくださいました。国際研修生のアメリカ人の先生は腕を磨いて故郷に帰られました。道場を開く夢を叶えに。新学期に入り、新しい生徒も入り、警視庁 [続きを読む]
  • 逃げ出したくなるくらいもうもう終わりにしたい
  • なぜか立ち直れない。身体が素直に反応している。今まではおそらくショックを受けていてもそれにフタをしようとしていたのでしょう。それが素直に反応し始めた、・・・そう捉える事が出来ると思う。"引き受け先"センターの面談でカウンセラーにそう答える私。ここでは書き辛い事がしばしばあるのですが、息子の件でそれについては一応落ち着く事が出来た・・・。同時進行で起こっている事があとふたつ。息子の内申への対策と次男ち [続きを読む]
  • 困ったときに助けてくれる"引き受け先"センター
  • 困ったときに頼る、相談する先・・・。"引き受け先"センター。。。以前、私はそこのサポートステーションを見学して好感を持ったものの、それを信じていいのかよくわからなくなりました。そして、その事を"雰囲気ある医師"にも話しました。彼は"引き受け先"センターを訪れ、精神科女医ともお会いされていました。「穏やかな雰囲気の先生(精神科女医)ですよね。内容もご覧になったそのままだと思っていいです。お母さんがご心配され [続きを読む]
  • 授業受けたくないんだったら受けなくていいからね  
  • 先生にそう言われた息子。メガネを掛け始めたのですがそれをはめたり外したりブラブラさせたり、やる気がないような態度だったのです。本人に訊くと、授業を"聞いていた"そうで自分では受けたくないなんてことはなかったそう。・・・あのな、授業を受ける姿勢と言うのは、前を向いて先生のおっしゃることを聞く。ノートを取る。教科書を見る。このどれかなんだ!これ以外の事を一切するな!アタマを抱えていたり、机に寝そべるよう [続きを読む]
  • 息子からの母の日プレゼント
  • 今日は母の日?息子が週一で行っている放課後デイで作って来てくれた。アイフォンには付けるところがないのでキーホルダーに付ける。ありがとう。「いつもありがとう これからもがんばります」というメッセージ付き。息子は時々ちーママにお礼を言う。ありがとうって。その言葉はとても素直に聞こえる。これからもがんばります・・・これも息子らしい。彼はいつも頑張っている。頑張っているけど上手くいかない。怠けているように [続きを読む]
  • 内申で高校は行けるかどうかが決まってしまう・・・
  • 中学では友達とのやり取りを学べるといいなと思っていたちーママ。勉強は授業に出て耳から情報が入っている、と安心していた部分があったのですが、校長判断ということで別室で受け始めた。その別室では授業内容から掛け離れた内容と、抜けて遅れた授業の補填などは一切ない事も知る。次にその授業を受けるときは抜けたまま始まるのですがそれに対しての対応はない。友達とのやり取りも学校はそういう指導をするところではないとお [続きを読む]
  • 授業を受けなければ高校はない?!
  • N探しは飽きた、ということでやっと執着を変えた息子。もっと他のゲームにする、と「悪い言葉」しりとりを始めた。意味もわからず、自分が知っている限りの悪い言葉・・・それらを書き連ねる。猥褻な言葉も入っている。それらを質問すると意味はわからないけれど誰かが言っていた、言われたということで口にする。本当に幼稚園並み。中学になると思春期にもなるので周りも敏感になる。「悪い言葉」しりとりノートを机に広げたまま [続きを読む]
  • アタマがショート
  • あ〜あ、現実に引き戻されてしまった・・・。パソコン買い替えのため電器店へ行き、デパ地下で吉祥寺の人気店のドイツパンが来ていた!のであれこれ店員さんと話しながら買い、気分良く歩道橋の下に停めていた電動チャリで帰ろうとしたら!!!ない!!!私の自転車がない・・・いや、見間違いかも・・・と一度振り返ってまた見る。が、やっぱり私の電動チャリがない・・・どこかに移動されたのかと周辺を見て回るがない。訳がわか [続きを読む]
  • Huh!
  • ふわふわ気分が続いているちーママ。どっちが本当の世界なのかな?と思うほど。Meghan Trainor - No Excuses料理を作るときも音楽を聴きながら浮かれてる。ロードバイクで走ったのも景色もラーメンも人もホテルも快適に過ごせた。会津を満喫できた!会津の人はいい。主人も車の運転で一度も嫌な思いをしなかったと言う。そりゃああんな素晴らしい磐梯山や美しい海のような猪苗代湖をセットで見てたら心豊かな人になっちゃいます。 [続きを読む]
  • 初めてのゴールドライン
  • セブンイレブン磐梯インター店駐車場で、ロードバイクを組み立てる。そう、ホテルからでなくてもゴールドラインすぐのところから出発すればいい!と、先日の猪苗代湖1周のときの男性たちのように車を利用したのです。ゴールデンウィーク最後の日、欲張りなちーママはトレッキングもしたいので五色沼で主人たちと合流することにしたのです。そして、朝8時半頃セブンイレブンを出発。今日は天気で暑くなりそうで冬用から春秋用のジャ [続きを読む]
  • 3日目、猫の目のように
  • 磐梯山ゴールドライン(16.6キロ)、磐梯吾妻レークライン(13.1キロ)、磐梯吾妻スカイライン(28.7キロ)。それぞれのラインの間は、7.3キロ、14キロと離れているので、トータル79.7キロ。ロードバイクの上手い人はこれらの山道を行くんだろうなぁと憧れる。私には出来ないけれど、せめて「日本の道100選」にも選ばれているスカイラインを見たい。2日目に猪苗代湖1周したし、昨晩も雨が降り天気も良くないようなので今日は車で観光にし [続きを読む]
  • 朝ラーにさざえ堂
  • 元々、今回のゴールデンウィークの旅行は主人と子どもたちが行く予定でした。いつも私は行かない。毎年、私は身体の調子が悪かったり、参ったりしていることが多かったから。で、福島というと原発しか思い浮かばなかったのですが(ゴメンなさい!)、会津はロードバイクに適したところだとわかり、急遽私も追加で行くことに。要するに割り込み?!ただ、ロードバイクは天気に左右される。雨だったり、風が強いとダメだなと。天気と相 [続きを読む]
  • 猪苗代湖1周
  • あ〜もうまだふわふわ夢気分。この超初心者の私が夢にまで見たロードバイクの旅をするなんて!前日もわくわくしてほとんど眠れなかった。猪苗代湖1周60キロ。出来るだけ湖近くを走りたいので反時計周りに走ることにする。朝食をいっぱい摂って会津若松のホテルを家族と離れ、8時頃出発。曇り空のちょっと肌寒い日。冬のジャージにウィドージャケット。久々のロードバイクだけれど、そんな不安も"わくわく"には関係ない。が、七曲 [続きを読む]
  • わくわくが止まらない!
  • わくわくが止まらない!このゴールデンウィークは、とある湖ととある山を登るのです。ロードバイクで!今日は、リハビリで新人の先生に膝と足首の調整もしてもらい(←アスリートか?!)、輪行の練習もして備える。。。痛み止めにシップに・・・と、万全の態勢で?!初めての山登り!湖1周も!次男のPCITでカウンセラーの先生に色々質問されて答えていくうちに、このわくわくがあったので息子たちの不安も幾らか和らいでいる事が判 [続きを読む]
  • にこにこしているので嫌じゃあないと思います  by年配支援の先生
  • 「"息子"くんの方が仕掛けているんです。」とおっしゃる退職されて支援の先生となられている年配の先生。週に2日息子に付いてくださる。息子がジンジャードクターなど言われて嫌になっている件について相手方の名前を伝達したのでした。「友達になりそうなんです。にこにこしているので嫌じゃないと思います。関わり方を学ぶのにいい機会なので様子を見ているんですが、最近はエスカレートして来たのでその時はストップを掛けてい [続きを読む]
  • Charlie Puth - Done For Me (feat. Kehlani) [Official Video]
  • 毎日のリハビリが功を奏してか、身体を動かしたいほど良くなっている。イケメンの"壁ドン"先生は将来の独立を目指して職場を変えられました。短い間でしたが「頑張りましょうね!」と励ましていただいてかなり改善されたのです。性格良し、ルックス良し、腕良し、なので当然いちばん人気。辞められるのを聞いた年配の方々が、「あ、終わった・・・。生きがいがなくなった。」と脱力するのをイケメン先生たちと一緒に爆笑したちーマ [続きを読む]
  • ジンジャードクター
  • 複数のクラスメイトからそう言われていて、息子は意味がよくわからなかったと言う。。。私たち両親も初めて聞く言葉・・・しょうが?・・・いしゃ?・・・障害者。ジンジャードクター・・・ねぇ。誰が言ってる?中指立ててくるヤツ?時々蹴ってくるって?最初、息子は名前はわからない・・・と言っていたのが時間がたつと徐々に名簿を見て挙げ始めた。複数人いる。名前をメモしていくうち、段々むかつき始めるちーママ。地域的にも [続きを読む]
  • 記憶が残り続ける苦しさ③
  • 「エビデンスは確立されていませんが・・・、受け持っていた子で過去にこれで効果があった子がいました。副作用がほぼない少量の炭酸リチウムという薬を出します。まだトラウマまでにはなっていません。どうしても嫌な記憶が侵食してくるというようであれば使ってみてください。」"雰囲気ある医師"はそうおっしゃって処方してくださいました。この方は頭の回転が速く知的でいつも明るいので安心させられます。投薬に付いてもお任せ [続きを読む]
  • 歯の矯正③
  • インビザラインは適していません。インビザラインの苦手なところを集めた矯正になりますから。まず、奥歯を動かすこと、内向きの歯、そして歯をくいしばるクセのある歯。これらはインビザラインの苦手とするところ。と、おっしゃる。奥歯と内向きの件は、息子の矯正専門医も指摘されていた。けど、歯をくいしばるクセというのはないと思います。と、疑問を呈すと「これはどう見ても、グッと噛むクセのある歯です。自分で気付かない [続きを読む]
  • 歯の矯正②
  • "透明マウスピース"の矯正、インビザライン。海外ではジャスティンビーバーやトムクルーズやスーパーモデルたち、日本ではモデルの道端ジェシカさんが火付け役としてもう既に多くの人がやっているとか。ひとりひとりにカスタマイズされた"透明マウスピース"を歯にはめながら歯列を矯正していく。1〜2週間毎に替えて定位置に移動させて行くのですが、目立たなく取り外しが出来るので食事するときや歯を磨くときなど普通どおりに出来 [続きを読む]
  • 歯の矯正①
  • ちーママ、悩み多き年頃・・・っちゅうか、自分のことで悩むより子どもの事で悩まされる。息子が生まれたとき、自分の人生終わったと思っていたので(←いい意味で!)、自分のことはさておき息子第一に尽くしたのです。子どもは3人欲しいと思っていたのと、女の子が一人ぐらい生まれるだろうと期待していたのが・・・世の中の確率から外れて100%男子!という結果になったけれど。そして、その3人子どもを出産したことによって、問題 [続きを読む]
  • 記憶が残り続ける苦しさ②
  • 苦しい・・・どうしたらいいかわからない。Nが死んでくれたらいいのに!Nが死ぬまで苦しいんだ。"引き受け先"センターの担当者Nさん。そのNさん達に学校内でいきなり連れて行かれた息子。その記憶に苦しめられていたのです。普通のお子さんですら衝撃的で、いい人だとわかっても自分を拉致した相手だと思うと複雑な感情を持ってしまうという。もちろん、Nさんもそのフォローはしっかりされている。息子と友達のようなお兄さん [続きを読む]