モトボサツvol2 さん プロフィール

  •  
モトボサツvol2さん: モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2
ハンドル名モトボサツvol2 さん
ブログタイトルモトボサツ勝手にブログセブ島編vol2
ブログURLhttp://motobosa2.club/blog/
サイト紹介文モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2です。セブ島の灼熱ローカルな生活をご紹介します。
自由文セブ島在住孤独を愛する47歳。血液型AB。灼熱ローカルな七転八起生活をご紹介しますのでよかったらご覧ください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/12/08 10:34

モトボサツvol2 さんのブログ記事

  • 【印象】口がへの字になってるよ〜
  • 今回の帰国でふと思ったこと。ホント余計なお世話だが、日本人のおじさんの多くは口がへの字になっている。目の前の男性。年のころはそうさのぉ、63歳くらいか。見事なへの字口で麻生太郎氏を彷彿させるレベルだ。おそらく定年退職しているようだが、クールビズファッションからなかなか卒業できない様子。ティムが初めて日本へ行った時に真っ先に言ったことが、「なんか皆怒っているみたいで怖い」と言っていたのだが、実際本当 [続きを読む]
  • 【やらない決断】が人生を豊かにする
  • ある日とても嫌なことがあった時、たまたま宗教関係の冊子が目に入った。許すという言葉。一般的に「許し」はネガティブで敗北的イメージが強い。本当は損害を与えたり無礼な事をした奴に制裁を加えギャフンと言わせたいのだが、それが叶わないのでもうどうしようもない。。。つまり許しは諦めの意味として使われる。チャンスがあればいつでも相手をいてこましたい気持ちは残ったままだ。もし許すということを戦略的かつ技能として [続きを読む]
  • 【廃墟モール】俺は子連れ狼が集うBig Hop@印西牧の原が好きだ
  • 今回の日本帰国時の最後の宿は千葉の印西牧の原というところだった。メインで泊まった横浜の宿の都合により最終日はどこか別に宿を探さなければならなったので、とりあえずAirBnBで成田空港付近を探してみた。丁度良さそうな宿があったので申し込んでみたのだが、ID写真を求められ、パスポートの写真ページを送ってみたら見事に拒否されてしまった。私よりもティムの方がましだったのかもしれない。次回の参考にしよう。仕方なく [続きを読む]
  • ヤヤまた失踪。。。フィリピン人ってもう一体なんなの?
  • バコロドから来た19歳のヤヤ。今朝忽然と消えていた。厳しくすると直ぐ辞めるのは分かっていたので、プレッシャーを与えないようにカワイイちゃんの面倒だけ少しずつさせていた。外食する時も一緒に連れてよくある家畜状態は避けていたのだが、朝あっても挨拶はしないし、何かあげても「Salamat」と一度も言ったことがない。マクドに繋がれていた犬以下だ。セブからヤヤを雇うと直ぐ辞めたり盗みを働くのでほかの島から連れてくる [続きを読む]
  • 【超厳選】フィリピン移住者が日本でどうしても買いたい物
  • 日本で買った厳選アイテムフィリピンで生活する以上、フィリピンにある物を使ってなんとか生活をしたい。年に何度も日本とフィリピンを行ったり来たりしているセレブな方は別格として、一般的移住者はフィリピンの材料のみでなんとか生活してみようとするのが一般的だろう。しかし!衣食住すべて日本人が日本人らしく生活しようとすると、むしろ日本よりもオカニがかかってしまう。特にリタイヤメントで移住を試みた方は3年以内で [続きを読む]
  • 【逆転】父の日こそは父親が家族にステーキをふるまうべきだ
  • 今日は全世界的に父の日で、私の住むフィリピンでもそうだ。日本の一般的な感覚では父の日は母の日のおまけみたいなもん。「お父さんの下着と一緒に洗わないで」年頃の娘はある年齢になると父親を単なる家の中にいるオッサンとみなし始める。オッサンは仕方なく臭いし、娘世代に気に入られる話題やセンスもない。日本の場合、結婚して子供が生まれて暫くすると父親は義務の代名詞となる。子供が成人すると「ようやく手が離れます」 [続きを読む]
  • 【試練】19歳バージンのヤヤは既にやばい
  • 知り合いの日本人がセブで働き始めたころにつぶやいた。フィリピン人って限界が低いですよね。そういえば、まったく同じことを他でも聞いたことがあるな。つまり「限界が低い」とはどういう事かといえば、それは頑張らないということだ。失踪したゼルの後釜としてバコロドからやってきた19歳のジョイは生粋の田舎娘。昭和な言い方をすれば正真正銘のイモねーちゃん。【フィリピンのイモねーちゃんの特徴】1 挨拶しない2 言わな [続きを読む]
  • 【メスチーサの血統】フィリピンでソバカスはブランド
  • フィリピン人を容姿別に無理やり分けると4つに分かれる。1マレー2チノイ3スペイン4インド1と4は色が黒いのだが、2と3は基本的には色が白い。1から4までの血統の中でもっとも価値が高いのが3と言われる。スペインに支配された過去をなぜか誇りに思う変な国民だが、やはりここも西洋優勢主義が生きているようだ。ブランド価値の高いスペイン系は美の象徴とされ、真偽は別としても、こちらから全然聞いてもいないのに、自 [続きを読む]
  • 【無秩序】逆走ドカン@SMシティー立駐
  • 日本からセブへ戻ってきて思うのが、フィリピンは本当に自由の国だ。しかし、ここの自由には一切責任が伴わない。合理化と真反対ベクトルを突き進み、死ぬ自由も含まれると終いには悟ってしまう。日曜日にセブのSMシティーへ出かけたのだが、早速フィリピンらしい光景を目の当たりにした。立体駐車場のスロープを上がっていた時、突然白いハッチバック車が突然下ってきた。完全逆走だ!日本では老人が高速道路を逆走して困るとい [続きを読む]
  • 【想定内】日本から戻ってきたらヤヤが居なくなっていた
  • 数日間家を空けるとヤヤが居なくなるのは都市伝説ではなく本当の話だ。今回日本から戻ってきたら居るはずのヤヤが居ない。。。11人雇って分かったのだが、悪さしてクビになるか、休暇が明けて二度と戻ってこない。【新登場】11人目のヤヤはリゼル31歳子供5人10日も家を空ければどうせ居なくなっているんだろうという諦めがはっきりあったので、それ自体は全くショックではなかった。休暇で引かれる給料分を個人的に補填しよう [続きを読む]
  • 【フィリピン洗礼】スーツケースボコボコ事件
  • 3年前にティムを連れて日本へ一時帰国する際にセブで買ったスーツケースを今回も使用した。ティムはオレンジで私は青。私の青いスーツケースはセブの空港内を引っ張って歩いているうちにいつの間にか車輪が一か所潰れてしまっていた。なんで自分のだけ?購入時にはボディー部分が全く同じでデザインだったので単なる色違いかと思っていたが、よく見ると細部の作りが違った。ティムのオレンジのほうが車輪やハンドル部分の作りや素 [続きを読む]
  • 【悪用禁止】スマホのシャッター音を一発で消す方法
  • 日本のスマホで写真を撮ると「カシャ」というシャッター音が聞こえる。これはボリュームを最初にしても制御できないようだ。盗撮防止機能なのだろう。しかし普段私が使っているスマホはセブで買ったソニーのエスクぺリアで写真撮影時にシャッター音がしない。それはソニーに限らずフィリピンで売られているスマホはどれも最初からシャッター音がしないのが普通だ。私のスマホはシムフリーのデュアルシムで、スロット1にはグローブ [続きを読む]
  • 【戦闘力】日本に住む外国人vs外国に住む日本人
  • 人生はタイミングだ。ある日いきなり家族との離別し、それまで慣れ親しんだ名古屋から逃れるように流れてついた北九州は私にとって完全に異国だった。まず言葉。同じ九州でも長崎と北九州は全く言葉が違う。「パッチ」は長崎ではおっさんの履くステテコだが、北九州では「ちょっと」という意味だ。「パッチコンビニイッテクルケェ」それを初めて聞いたときに、ステテコ履いてコンビニに行ってくるおっさんのイメージが浮かんだも [続きを読む]
  • 【重要事項】男性トイレに貼ってあった理想の夫ありえない
  • 男性トイレの目線の位置に貼り付けてあった理想の夫の条件慈悲と真心を常に持ちあわせている夫無断で外泊せぬ夫時代の進歩に従うて進む夫親に孝行、目下に親切な夫なんとなく大きな感じのする夫快活で気品の高い夫男らしくって同情心に富んだ夫生活に不安を与えぬ夫言い出さぬうちから妻の心を察する夫仕事を楽しみ家庭の和案を図る夫ニコニコしながら締りのある夫どれくらい可能なのかおそらく女性のトイレには理想の妻の条件が書 [続きを読む]
  • 【勘違い】フィリピンのセブではPASMOの意味がやばい
  • フィリピンのセブではPASMOの意味がやばい11年もフィリピンに住めば日本こそが私にとって大冒険。「みるもの全てに怯えないで♪」と言われる方が無理だ。駅や自販機でとても気になったのがこれ。PASMO(パスモ)は疲労や体調不良を表す単語だ。特にフィリピン人は腹が減り過ぎると頭痛を引き起こす特異体質をしている。そんなときにパスモという便利なビサヤ語が頻繁に登場するのだ。あんたちゃんと時間通り飯食ってないからパスモ [続きを読む]
  • 【人手不足】長崎のコンビニはベトナム人だらけ
  • 成田空港のミニストップの中国人スタッフから始まり、福岡天神のバスターミナルのブラジル人女性、そして長崎でもほぼ私が遭遇したコンビニスタッフは殆ど外国人だった。長崎の宿での楽しみは朝のセブンイレブンのコーヒー。宿のすぐ隣がローソンだったが、コーヒーマシーンがあるセブンイレブンのほうが個人的に需要が高い。ジョギングを終えて一汗かいたあとローソンをパスして徒歩1分のセブンイレブンへ毎朝通った。朝7時、いつ [続きを読む]