はらばあ さん プロフィール

  •  
はらばあさん: はらばあの水彩画
ハンドル名はらばあ さん
ブログタイトルはらばあの水彩画
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/h047316
サイト紹介文千葉のあれこれを、水彩画で紹介。
自由文せわしない時代だから、心に潤いを与えるために、ゆっくり絵を描いちょるよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/12/08 22:25

はらばあ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 龍宮城と玉手箱
  • 木更津市にある「龍宮城ホテル三日月」は、温泉もプ―ルも絶景も楽しめて、ゆったり たっぷり のんびりじゃった。日帰りの利用もできるし、木更津駅から送迎バスも出ちょる。海ほたる(東京湾に浮かぶパーキングエリア)が近くに見える。 夏休み中は とても混雑しちょるが、とにかく広いのでレジャーシートを敷く場所には 困らない。たくさんのプールに 子供たちは大喜びじゃね。大人になると 感動が小さくなるから、はしゃ [続きを読む]
  • 富津岬展望台
  • 東京湾に面して突き出た 富津岬の先端に、展望台(明治百年記念展望塔)がある。対岸の三浦半島や 海上に浮かぶ海堡を見渡せる。海堡とは、砲台を設置するために造られた人工島。右が第一海堡、左が第二海堡。明治から大正時代にかけて造られたそうじゃ。第二海堡から黒煙が上がった。海上災害防止センターが、防災訓練所として利用しちょるらしい。一般の人の立入りは、禁止されちょる。展望台から見た富津岬。富津岬一帯は、第 [続きを読む]
  • 伏姫と八房
  • 滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」は、里見家の伏姫と 犬の八房の因縁によって結ばれた八犬士を 主人公としたフィクションじゃ。里見氏が実在の大名で、八犬伝ゆかりの地として 数多くの場所が存在するため、史実とフィクションを混同しそうになる。南房総市富山の中腹には、伏姫と八房が籠った「籠穴」がある。木々が生い茂る 幻想的な場所じゃよ。岩穴の中には、八つの玉。♪ 仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 いざとなったら玉 [続きを読む]
  • 都会のオアシス谷津干潟2
  • 谷津干潟の南側にある「谷津干潟自然観察センター」は、渡来鳥類の 観察拠点になっちょる。子供も楽しく過ごせるように鳥に変身できる帽子や たくさんのゲームが用意されちょるよ。館内は広く、干潟が一望できる。展示物も わかりやすい。餌をとっているのは、シギ。スタッフの方から オオバンの水かきの特徴を 教えてもろうた。カモの水かきとは異なる、不思議な形じゃね。水鳥は、泳げる。歩ける。飛べる。パスポートを持た [続きを読む]
  • 都会のオアシス谷津干潟1
  • 習志野市の谷津干潟は、埋め立てを免れ、渡り鳥の希少な生息地になっちょる。干潟の上には高架橋が横切り、JR線や自動車道が走っちょる。また周囲には、ららぽーとやイオンモールがあり、かなり喧騒な場所じゃが干潟の遊歩道に入ると、騒音は全く気にならない。遊歩道には、観察台が数か所ある。    コサギ    メダイチドリ     ユリカモメ    オオバン干潟と東京湾がつながる水路に アカエイがおった。カニや [続きを読む]
  • 日本一短い路線
  • 芝山鉄道線は、日本一短い路線だそうじゃ。駅は 芝山千代田と東成田の二駅で、路線の大部分は、成田国際空港の地下を走っちょる。芝山千代田のホームからは、飛行機の整備場や格納庫が見える。路線の利用者は とても少ないが、駅の入り口には古墳時代の人物の 顔出しパネルが設置されちょる。この辺りから 多数の埴輪が出土したらしい。途切れた高架が目立つね。東成田駅は、成田国際空港の敷地内にあるが、なんとも仄暗い駅じ [続きを読む]
  • 幕張の天空レストラン
  • アパホテル東京ベイ幕張にある「スカイクルーズマクハリ」で、ランチバイキングを楽しんだ。料理の種類もさることながら、大きなチョコレートの噴水(ファウンテン)や、デザートにときめいたよ。ついつい取りすぎてしもうた。およそ30分おきに、カランと鐘が鳴り タイムサービスが行われる。ローストビーフやスモークサーモンなどがサービスされるので、行列ができちょった。すっかり食べることに夢中になったが、ここは、最上 [続きを読む]
  • 舞浜に新星人
  • 浦安市の舞浜駅は、南側に東京ディズニーリゾートが広がっているため、休みの日はいつも混雑しちょる。正月明けのこと、不思議な いでたちの方々をお見かけした。新星人か?光か、闇か・・・実は、リゾート内の映画館で行われるイベントのための仮装だそうじゃ。舞浜駅のホームからは、夢と魔法の国のお城が見える。こちらは、ディズニーランドへ向かう新成人の方々。浦安市の成人式は、毎年ディズニーランドで行われる。新成人の [続きを読む]
  • フラワーミュージアム2
  • 稲毛海浜公園内にある三陽メディアフラワーミュージアム、館内では、「鶴の恩返し」をテーマにした花壇を楽しむことができた。(現在は別の展示)なんとも素敵な演出だったので、鶴女房を想像して描いてみた。館内の入口付近に 傷ついた鶴が一羽。その先には、美しい花に囲まれた家が一軒。中を覗いてみると・・・。健気にも、鶴が羽で布を織っちょる。「鶴の恩返し」の物語を 思い出しながら思った。自分は、他人から与えてもら [続きを読む]
  • フラワーミュージアム1
  • ここは、四季折々の花が楽しめる 三陽メディアフラワーミュージアム。中庭以外の庭は、無料で観覧できるので、犬を連れて散策しちょる方も多い。この辺りには、パセリ、ローズマリー、タイムなどのハーブが植えられちょった。軽く触れるだけで 香りが漂う。面白い植物を発見!葉茎からカレーの香りがして、たまげたよ。しかし、苦味が強いので食用に適さず、カレー粉の原料ではないそうじゃ。こちらは、真っ黒い唐辛子!展示棟の [続きを読む]
  • 梨の名産地
  • 千葉県は、日本一の梨の名産地。広域で梨の栽培が 盛んじゃよ。ふなっしーのおかげで、船橋市の梨は かなり知名度が高いね。しかし、いちばん栽培面積が広いのは、白井市なのじゃ。白井市役所の入口には、宣伝ののぼりが はためいちょる。市民の足として運行中の「ナッシー号」。デザインは、公式ゆるキャラの なし坊ファミリー。マンホールも梨。梨狩りができる 白井駅近くの果樹園。甘みも香りも たっぷりじゃった。  [続きを読む]
  • 志田下で東京五輪
  • 一宮町の「釣ヶ崎海岸」は、2020東京五輪のサーフィン競技会場となる。通称 志田下ポイントと呼ばれ、日ごろ多くのプロサーファーが練習し、国際大会も開催されちょる場所だそうじゃ。訪れた日は、予報より早く雨が降り出し、風も強かったが、たくさんのサーファーたちが、ハッスルしちょった。駐車場の車のナンバーは、東京や埼玉、神奈川のものもある。海岸に鳥居があるのは、ここが、1200年以上の歴史を持つ上総十二社 [続きを読む]
  • 嫁入り舟
  • 香取市にある「水郷佐原あやめパーク」では、あやめ祭りが開催されちょる。咲き乱れる花菖蒲は、ほんに華やか。嫁入り舟が現れると、園内は 更に華やかになり、祝福に包まれる。ご結婚おめでとうございます。お幸せに。昔 この辺りは、島で形成されちょった。そのため 農作業や買い物、お嫁さんをもらうのにも 舟が 必需品だったそうじゃ。来園者も 園内舟巡りを 楽しむことができる。船頭さんの操る舟に ゆられながら、あ [続きを読む]
  • 物語がはじまりそうな駅
  • 印西市にある 北総鉄道の「印旛日本医大駅」を初めて見た時は、たまげたよ。中世の教会か?バベルの塔か?今にも 物語がはじまりそうじゃ。乗降客は かなり少なく、駅前に 店も見当たらない。日本医科大学千葉北総病院が 近くにあるようで、その連絡バスがひっそりと、停車しちょった。改札の中の待合室。階段の上には 展望台があるらしいが、一般公開はされていない。改札の外は、ドーム天井になっちょる。天井から優しい光 [続きを読む]
  • 吉高の山桜
  • 一度は見ておきたかった 印西市吉高の大桜。ついに 見ることができたんじゃよ。樹齢300年を超えているという、ひときわ大きな山桜。生命力に満ち溢れている。吉高の大桜を守る会の方々が、肥料の散布や 下草の刈り取りをされちょるそうじゃ。山桜は、開花と同時に赤茶の若葉が出る。畑の中の わかりづらい場所にあるようで、たどり着けるか心配じゃったが、満開の時期に合わせて、駅から送迎バスが運行されちょった。道すが [続きを読む]
  • 矢切の渡しを口ずさみながら
  • 「矢切の渡し」は、千葉の矢切と東京の柴又を結ぶ渡し船。短い距離じゃが、船頭さんがゆっくりと漕いでくださるので、のんびりと江戸川の様子を眺めることができる。江戸時代から続く渡し場は、簡素な作り。川の向こうが、柴又方面。映画「男はつらいよ」で有名な帝釈天があり、天気の良い休日は、多くの観光客が、矢切の渡しにも訪れる。こちら側は、対岸の矢切。農地が広がり、のどかでええよ。乗船したら、口ずさみたくなるのは [続きを読む]
  • 北総大地の空中散歩
  • 先月に引き続き、千葉ニュータウン区域を散策。観覧車を見つけ 向かってみると、BIG HOPガーデンモール印西という、ショッピングモールがあった。観覧車の前には、恐竜がおって、口や目を動かしちょる。観覧車に乗ると、ブラキオサウルスの顔が、間近に迫ってくる。そして眺望絶佳。こりゃあ、楽しいねえ。プテラノドンらしき恐竜は、岩の上におる。周りには、大型遊具もあって、北風に負けない元気な子供たちが、大はしゃぎじゃ [続きを読む]
  • 冬日和の北総花の丘
  • 千葉ニュータウン中央駅の近くにある「北総花の丘公園」を訪れた。休日なのに人が少ない。広々とした芝生を 独り占めじゃ。春は桜、夏は蛍、秋は紅葉が楽しめる公園らしい。この辺り(印西市)は、東洋経済新報社が発表しちょる住みやすさランキングで、5年連続全国1位だそうじゃ。ニュータウン中央駅の前は、高層マンションや巨大な商業施設が立ち並ぶ。線路と並行して ずっと先まで続いちょる空地は、かつて新幹線用地じゃっ [続きを読む]
  • Nラインの流山線
  • 流山線は、松戸市の馬橋駅と流山市の流山駅を結ぶ鉄道で、今年開業百周年を迎えたんじゃよ。百周年 ほんにおめでとうございます。沿線には6つの駅がある。途中下車してみた。 幸谷駅。駅舎は集合住宅の一階にある。珍しい光景じゃね。小金城址駅。この沿線は、交通系ICカードの利用はできんので、自動改札機はない。冒頭の絵は、この駅周辺の橋を渡る電車。側面のNラインが特徴じゃよ。鰭ヶ崎駅。ひれがさきえきと、読むんじ [続きを読む]
  • 赤いキャップでお馴染み
  • ハロウィンのとき、こんなかわいい仮装を見つけたよ。赤いキャップでお馴染みの キッコーマン卓上醤油じゃね。先日、キッコーマンの工場見学に 行ってきたので、いっそう愛着を感じた。「キッコーマン野田工場」は、野田市駅のすぐ前にある。製造工程を見学した後は、場内のカフェで、しょうゆソフトクリームの味を満喫した。場内には、御用蔵という 宮内庁に納める醤油の醸造所がある。杉の木桶を使って、じっくりと発酵、熟成 [続きを読む]
  • 狸囃子
  • 木更津駅にほど近い 證誠寺の「狸囃子伝説」を知っちょるか?ある晩、お寺の庭で狸たちが、腹鼓を叩きながら踊っておった。それを見た和尚さんが お囃子を始めると、狸たちは、いっそう腹鼓を叩いたのじゃが、翌朝、腹を叩きすぎた狸は、死んでおった。和尚さんは、供養のため 狸塚を作ったそうじゃ。こちらが 證誠寺の庭にある 狸塚。この伝説を元に 作られたのが、童謡「しょうじょうじの狸囃子」ということじゃ。♪ しょ [続きを読む]
  • 柳と川と女船頭
  • 水郷の街 佐原は、いたるところに川が流れて のどかじゃった。小野川周辺には、江戸や明治に建てられた建造物が 保存され、川を女船頭さんの操る舟が ゆるりと行き交う。両岸の柳が風に吹かれて、ゆらり ゆらり。何やら にぎにぎしい音が近づいてきた・・・お囃子を演奏する舟(下座船)じゃった。休日 観光客のために 運航されちょるようじゃ。日本地図を完成させた伊能忠敬は、この地で事業家として成功したそうじゃ。小 [続きを読む]
  • 過去の記事 …