ほぴぃ さん プロフィール

  •  
ほぴぃさん: 「※ただイケ」はある
ハンドル名ほぴぃ さん
ブログタイトル「※ただイケ」はある
ブログURLhttps://tadaike.com/
サイト紹介文30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語
自由文整形手術を受けるに至った過程や手術内容(主に輪郭整形・鼻整形)について詳しく説明します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/12/09 03:01

ほぴぃ さんのブログ記事

  • BNLS注射の嘘と真実
  • 僕は以前から「BNLS注射」の効果を疑っている。 知ってる人も多いとは思うんだけどBNLSとは「Brand New Liposculpting Solution」の略で顔や太もも、二の腕などを痩せさせる目的で使用する注射のことだ。 BNLSに含まれる成分は以下の通り。 1:チロシン(Tyr)2:アデノシン三リン酸(ATP)3:セイヨウトチノキ(マロニエ)4:オキナグサ(アネモネプルサティア)5:カラクサケマン6:ペルシアグルミ(α-リノレン酸・Arg・ [続きを読む]
  • 整形手術のビフォーアフター写真掲載禁止について
  • 先日、ネットニュースを読んでいて美容整形に関する重要な記事を見つけた。 「美容整形、手術前後のHP写真禁止…被害相次ぐ」http://news.livedoor.com/article/detail/13801434/ 簡単に言うと、脱毛や脂肪吸引などの美容医療を巡ってトラブルが相次いでいるので、整形手術前後の症例写真を医療機関のホームページに掲載することを原則として禁止する方針ですよ、ってこと。 美容整形の結果は個人によって異なるうえ、症例写真の [続きを読む]
  • ブログの移転に関しまして
  • こんばんは、ほぴぃです。 これまでずっとFC2にてブログを書いてきましたがこの度、ワードプレスに引越し致しました。 理由としてはFC2の無料ブログにはブログを運営していく上で多くの不都合な点があること、そして、過去の記事を埋もれさせずに残すにはワードプレスに移転することが最善の策であると考えたからです。 たかだか100程度の記事数ですが、移転作業は思っていたよりもずっと大変でした。 1000とか2000記事を保有して [続きを読む]
  • オルフェスの化粧品CMを考える
  • ロハス製薬のフェイスマスク「オルフェス」のCMが物議を醸しているとの記事がヤフーニュースにあったので興味本位で視聴してみた。 CMは「チャンス篇」と「ピンチ篇」の2種類がある。まず「チャンス篇」では女性が落としたリンゴをイケメン男性が拾ってあげるのだが、そのリンゴを落とした女性にではなく通りがかった別の美人の女性に渡そうとしてしまうという内容。 一方、「ピンチ篇」では女性が落としたリンゴをブサメン男性が [続きを読む]
  • 恋愛の話を「していい人」と「してはいけない人」
  • 同じ職場で働いている女の子の田中さん(仮名)はとても可愛い。彼女は現在、大学1年生なのだが、高校に入学して以降、彼氏がいない期間はほとんどないのだそうだ。 ある日の仕事の休憩中、僕は田中さんと話をしていた。話題は同僚の高橋さん(仮名)についてだ。 ふと彼女は言った。「あたし、高橋さんの前では恋愛の話を一切しないんです」 「えっ?」 「だって、高橋さんの前で恋愛の話なんて可哀そうでできないですよ」 高橋さ [続きを読む]
  • 小顔矯正および鼻を矯正する器具に関する話
  • こんばんは、ほぴぃです。 今回の記事ではヤフー知恵袋などの質問サイトにおいてよく見かける質問に僕がこのブログで勝手に回答していこうと思います^^(ちなみに自分はヤフー知恵袋でたまーに回答してたりします笑) <質問1>モデルみたいな小顔になりたいです!小顔矯正をやってみたいんですけどどう思いますか?<回答>巷の広告でよく見ますね。「人間の頭蓋骨は23枚の骨でできていて、その骨の縫合にはゆるみがある。その [続きを読む]
  • ブログのリニューアルに関して
  • お久しぶりです。 当ブログ『「※ただイケ」はある』の管理人「ほぴぃ」と申します。 最後にこのブログを更新したのが昨年の11月なので、もう10か月近く経ったことになりますね。 このブログを読んでくださっていた読者の方々のおかげで何とかラストまで書ききることができ僕としては完全燃焼した感がありました。 その後、時が経つにつれて整形は過去のことと感じるようになり「このブログの役目も終わったんじゃないかなぁ」って [続きを読む]
  • 終わりと始まりのプロローグ
  • 多くの人はきっとこう思うだろう。 30をとうに過ぎた男が高校を卒業したばかりの大学生と同じ教室で講義を受けていたら浮くのではないか、ぼっちになってしまうのではないか、と。 僕も最初はそう思っていた。 だが、そうはならなかった。 入学早々、僕は驚くべき体験をする。 「ねえねえ、教科書まだ買ってないから見せてもらってもいい?」「私のこと“ぱるる”って呼んでね」 なんと同じ学科の学生が男子、女子限らず、僕に“ [続きを読む]
  • Days after surgery
  • 「・・・時間だ」僕は緊張して震える手でマウスを し祈るような気持ちでその画面を見た「・・・あ、良かった・・・」整形後、半年が過ぎると僕の身のまわりに変化が [続きを読む]
  • Days after surgery
  • 「・・・時間だ」僕は緊張して震える手でマウスを し祈るような気持ちでその画面を見た。「・・・あ、良かった・・・」整形後、半年が過ぎると僕の身のまわりに変化 [続きを読む]
  • Days after surgery
  • 「・・・時間だ」 僕は緊張して震える手でマウスを し祈るような気持ちでその画面を見た。 「・・・あ、良かった・・・」 整形後、半年が過ぎると僕の身のまわりに変化が起こり始めた。 まず一番最初に感じた変化は「仕事がしやすくなった」ということだった。 僕は医療関係の仕事をしており、毎日多くの人と話をする。 そのため嫌な思いをすることも度々あった。多くの人と接していれば、さまざまな人間性を持った人と [続きを読む]
  • 韓国整形旅行(その3)(質疑応答編)
  • さて、今回も質問に答えていきたいと思います・・・ <質問7>シャドードクターについてどう思いますか?<回答>これはなかなか難しい問題ですね。。まず、シャドードクターが存在するのかどうかについては病院関係者でもない限りわからないはずです。僕たちのように、手術を受ける側は麻酔をかけられて意識を失ってしまうため手術室内の様子をリアルタイムで知り合いに見てもらうか、もしくは病院側に動画を撮影しておいてもらう [続きを読む]