小町 さん プロフィール

  •  
小町さん: 歳は取りたくなるものね
ハンドル名小町 さん
ブログタイトル歳は取りたくなるものね
ブログURLhttp://fanblogs.jp/timegoesby/
サイト紹介文スローライフを満喫した生活が、慌ただしくなってきました。インスリノーマの闘病記録も公開中。
自由文100万人に1.4人という割合のインスリノーマ(膵臓に低血糖を起こす腫瘍ができる病気)の闘病記録も公開中です。稀な病気の為、原因不明と悩み、病院を渡り歩きました。人間のインスリノーマについての記録は少ない為、同じ病気で悩んでおられる方のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/12/10 16:52

小町 さんのブログ記事

  • 春から夏にかけて〜親の入退院、老人ホームの体験〜
  • 春から夏にかけて、実の両親、義父の健康上で色々なことが起きた。義父の心筋梗塞、実父のボーエン病の手術、2人共入退院した。義父の心筋梗塞は幸いにして行きつけのクリニック内で発作を起こした為、即救急病院に搬送され手術に至った。その為後遺症も残らずに2週間少しで自分の足で歩いて退院できた。実父のボーエン病(皮膚の悪性腫瘍)は手と足の皮膚の腫瘍を切除する簡単な手術で、こちらも2週間で退院できた。両方の父の [続きを読む]
  • 中国語検定3月に4級合格!6月の3級試験は
  • ブログの更新を随分ご無沙汰してしまった。3月以降身の回りに色々な出来事があり、あっという間に春、夏、秋と季節をまたいで過ごした。この間の出来事については折を見てまた後日綴れればと思う。幸いにして両親、義父も現在は元気で、このまま健康的な生活が継続することを心から願う。ところでブログでの報告が大変遅くなったが、前々回の中国語検定でやっと4級に合格した!恥ずかしい話、4度目の挑戦だった。前回の記事で書 [続きを読む]
  • 中検4級4回目の挑戦
  • 3/26(日)に中国語検定4級の試験を受けた。試験会場は前回と同じく関西大学構内。小雨。恥ずかしながら、これで4回目の試験となる。中国語は2015年年末から勉強を始め、約1年3ヶ月になる。その間、毎回受験してきた。最初の1回目はともかく2回目からは、それなりに合格を目指して勉強した。特に3回目となる前回は合格できると思っていたが、ヒアリングが5点足らず筆記のみ合格点で終わった。前回の問題は全体的に難しく、合格基準 [続きを読む]
  • いよいよ春節。中国人の方と初めて会った時の挨拶は
  • いよいよ春節が始まる。今年は1月28日(土)が中国の旧正月の元旦にあたる。この28日の2〜3日前から中国では既に正月モード。28日から一週間は中国、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、モンゴルなどの東南アジアの国ではお正月。テレビのニュースでもやっていたが、中国では民族あげて大移動が始まっているようだ。人の多さといい、行動といい、エネルギッシュな国だ。私も今年の [続きを読む]
  • ラインを始めた
  • 昨年12月からラインを始めた。従妹にラインをやってくれと強く懇願されたのがきっかけだ。私は以前よりスマホのメールの返信が遅く、従妹が私と連絡を取る手段として選んだのがライン。過去に会社の後輩、友達らにラインをさんざん薦められてきたが、どうしてもする気になれなかった。よくニュースで聞く若い子達の既読マークや返事スルーなどの問題が取り上げられ、煩わしいイメージしか無かったからだ。そんな連絡ツール持ちたく [続きを読む]
  • 中検4級受験の結果
  • 中検の試験は11月27日(日)実施された。試験会場は紅葉が美しい関西大学。小雨で肌寒い中出かけた。ベストコンディションで臨んだにもかかわらず結果は、またもや不合格。・・試験後に体調を崩し、顔に大きなヘルペスができた。やっと回復し、こうしてブログを書いている。ヘルペスは疲れに加えて強いストレスがかかっても、発生するらしい。今回は受験後の疲れと精神的ダメージというところだろうか(笑)恥ずかしいが、私の試験 [続きを読む]
  • いよいよ明後日、中検4級試験
  • いよいよ明後日になった。中国語検定4級の試験。このところ書ききれないほど出来事や用事があり、ブログ更新もままならなかった。しかし中国語の勉強はNHKのラジオ講座やテレビで隙間を見つけてやってきたつもりだ。特にヒアリングは前回に比べるとレベルアップしたと思うが、本番でも力を発揮できるかどうか。とにかく今は勉強優先なので、試験が終わった後に感想を書こうと思う。受験される皆さん、お互いに体調を整えてベスト [続きを読む]
  • 2度あることは3度ある〜踏んだり蹴ったりの日〜
  • 先日「2度あることは3度ある」という諺を実感した。良い事も悪い事も、重なる時には重なるものだ。父の皮膚癌が発覚し、母が緊急入院し、私は足の爪を剥す怪我をした。全部一日での出来事。踏んだり蹴ったりとはこのことだ。両親の病気については、また後日まとめて話そうと思う。今日は一番軽い私の怪我の話を。私の怪我は母の付き添いで緊急外来の病室内でのことだ。病室のスチール椅子に足先をぶつけた。母に気がいき自分に無 [続きを読む]
  • どこからか、微かなお香の匂いがする・・
  • ここ2〜3週間ほど、自宅の周りから微かなお香の匂いがする・・。うちはマンションなので、隣のお宅からだろうか?窓の外から?お香なのか、香りの良いお線香の香りか・・決して悪い匂いではないけど、どこのお宅からだろう?それとも、うちの家の中の匂いなのかも?お香なんて焚いてないし、どこか焦げてでもいるのだろうか?・・カビか何かの匂いなのだろうか?・・全くわからない。うちの家が原因だとしても、旦那はこの匂いに [続きを読む]
  • 新たな病気
  • お盆に旦那と2人で義父に会いに行った。私は義父の家に到着すると、すぐに巨峰とおはぎのお供え物を義母の位牌に置いた。義父は既に自分で買ってきたおはぎを備えていた。家族はみんな同じような物を供えるものだな、と笑い合った。昨年から義父は耳が遠くなり、電話での意思の疎通はかなり難しくなっている。なので最近は義父の家に行く少し前に手紙を書き、訪問する日など重要な事を書いて知らせる。訪問日の前日に電話で明日行 [続きを読む]
  • 中検4級試験結果は・・
  • 7/13に6/26(日)に受けた第89回中国語検定の合否がネットで掲載された。結果は・・やはり不合格だった。答え合わせを試験当日にしてダメだと判っていても、やはりショックはショック。そして7/20(水)に合否通知がハガキで送られてきた。7/13に日本中国語検定協会のHPに「第89回試験合否通知を発送しました。」と掲載されてから、毎日ポストを見て、首を長くして待っていた。HPに掲載されてから郵便は約一週間かかると考えて [続きを読む]
  • 中国語で「とても疲れた」は何と言う?
  • 週一のペースで中国人の子達と一緒にアルバイトをしている。この仕事で一年で一番きついのはちょうど今、梅雨から夏だと実感する。昨日もアルバイトだったが湿度が高い上に雨が降り、くたくたになった。中国語で「くたくただ」とは、「累死了」と言う。「累死了」(lèi sǐ le) レイスウラ字の通り、「死ぬほど疲れた」「くたくただ」という意味。20代の子とこの季節、仕事中によく使っている(笑)しかしこの言葉、あまり綺麗で [続きを読む]
  • 中国語検定4級を受験してきた
  • 一昨日、第89回中国語検定の4級を受験してきた。受験会場は前と同じ関西大学構内。当日は構内でTOEICや他の言語の試験もしていた。美しく立派な校舎。構内はとても広い。正門から試験会場まで徒歩10分程かかると考えておいたほうが良い。ゆっくりと歩きたい緩やかな坂道。近所の人も散歩に来ているのではないかな?試験に来たのを忘れるほど寛げる空間。では試験の話をしよう。4級は午後1時30分〜3時25分。試験後1時 [続きを読む]
  • 海老蔵さんの記者会見を見て
  • 今日海老蔵さんの記者会見をテレビで見た。奥様の小林麻央さん癌の報道を受け、マスコミがご自宅に押しかけた対応だったようだ。海老蔵さんは記者会見を立派に気丈に乗り切られた。麻央さんの癌の進行度合いのステージは明かされなかったが、申告な状態のようだ。麻央さんご本人はもとより、海老蔵さん、小さなお子さん達の心情は如何なるものか。乳癌は手術後も抗がん剤治療が長く続き、せっかく元気になった体を痛めつけてしまう [続きを読む]
  • NHK「テレビで中国語」テキストのクイズで図書カードが当選
  • NHKの「テレビで中国語」のテキストにあったクイズに答えてハガキを送ったら当選した。賞品は500円の図書カード1枚だけど、すごく嬉しい。番組への意見なども色々と書いて出してみたが、抽選で10名なので期待してはなかった。初投稿で当たるとは。NHKのテキストは税込486円なので1ヶ月分のテキストがこれで買える(笑)今年4月から「テレビで中国語」の番組メンバーが新しくなった。3月までは壇蜜さんだったが、4月からは川島海荷 [続きを読む]
  • 中検4級合格を目指しヒアリング強化中
  • 6月26日に中国語検定4級の試験に申し込んだ。あと約1ヶ月。前回合格した準4級は超初心者向けのサービス的試験であった。リスニングでは、数字の数え方、簡単な挨拶程度の会話が登場する。問題は、すごくゆっくりなスピードで3回も繰り返され、とても聞き取りやすい。しかし4級からは勝手が違う。まずリスニングで、やられる。準4級とはリスニング問題のスピードとフレーズの長さは、全く違う。そんなに難しい内容を喋って [続きを読む]
  • 見苦しい会見など2つ
  • ブログのタイトルだけで、大半の人がああ、アレとアレだなと想像できると思う。お約束どおり、東京都知事の政治資金の私的流用疑惑とベッキーの不倫騒動だ。まずは、東京都の舛添要一知事の政治資金の私的流用疑惑。舛添知事は、公用・家族の使用の分でも領収書を貰っていた。領収書には名前を書かずに貰っており、公私混同してしまったという弁明だった。いかがなものか?一般企業の場合、多額の経費の領収書は必ず会社名を入れて [続きを読む]
  • 両陛下の公務が少し軽減されたこと
  • 両陛下は80歳を超えた今も年間270件以上国内外の要人と面会されているとネットの記事にあった。このうちの10件程度を取りやめ、一部は皇太子ご夫妻に引き継がれるというのだ。公務の見直しは、なんと2009年以来だという。天皇陛下は昭和8年のお生まれで現在82歳、皇后陛下は昭和9年のお生まれで81歳でおられる。自分の親も80代であり、自営業であったが仕事は10年以上前に引退した。今は2人でゆっくりとした生活を楽しんでいる。体 [続きを読む]
  • 中国語検定準4級、4級の合否通知が届いた
  • 3月に受けた第88回中国語検定試験の合否通知が届いた。準4級は合格、4級は不合格だった。試験直後に答え合わせをし自己判定後、HPで先に合否確認もしていたので、ドキドキ感は無かったが、印刷された文字を読むと合格を実感するものだ。「合格証明書」が得れたことも嬉しい。4級は不合格だったが、準4級だけは合格したかったので、ほっとした。これで中国語に入門ができたというところか。準4級はヒアリング、筆記合わせて6 [続きを読む]
  • LINEをしたくない
  • 先日学生時代の友人らと女子会をした。50歳を過ぎて「女子会」と呼んで良いのかわからないが、気持ちは高校生時代に戻ったようだったので「女子会」と呼ばせてほしい。持ち込みで料理もできる小さなお店を貸し切り、簡単な料理やスイーツで思う存分喋った。本当に楽しい一日だった。6人で集まったのだが、その内4人はLINEをしていた。残り2名、私ともう一人の子はLINEをしていない。便利なのでIDを登録しないかとかなり薦めら [続きを読む]
  • 50歳を過ぎたが中国語検定準4級・4級を受験した
  • 3月27日(日)に中国語検定試験の準4級と4級を受験した。受験会場は関西大学の千里山キャンパス。広々とした校内、格調高い校舎に豊富な緑、グラウンドと、豊かな学生生活を送れるゆきとどいたキャンパス。大学の敷地に入ったのは何十年ぶりだろう。各サークルやクラブの看板も学生っぽいくていい。新鮮さに目をとられながら案内看板に誘導されて試験会場へ。手入れのゆきとどいた木々や植木が美しい。昼休憩時に散歩したら、 [続きを読む]
  • 母からもらった金のネックレス
  • 先日実家に帰った時に母から金のネックレスをもらった。母がずっと前に父に大丸で買ってもらったものだ。母が嬉しそうに出かける時に付けていたのを覚えている。その金のネックレスは程よく重みがあり品の良いシンプルなデザインのものだ。母は心臓の手術後、ネックレスなどは身につけなくなった。入院、リハビリ中もだが、装飾品は治療の妨げになる。家で過ごすのにも重いネックレスは肩こりの原因にもなる。母は宝の持ち腐れの状 [続きを読む]
  • あれから5年
  • 東日本大震災から5年。ずいぶん前のような、つい最近のような感覚。震災当日、私はまだ会社員だった。営業所の企画担当をしていた私は、大阪市内の営業所の小さな会議室で2人の営業マンと打ち合わせをしていた。ふと、ゆらゆらと眩暈のような感覚に襲われた。以前あったこの感覚・・私は手術後だったので、また病気が再発したのかと疑った。ゆらゆら・・横揺れに似た感覚。打ち合わせをしている2人は何も言わない。私だけなのか [続きを読む]
  • NHKの中国語テキストで手作りの単語カードを作ってみた
  • 中国語の面白さにどっぷりハマる毎日。NHKの「テレビで中国語」のテキストはVTRで何度も復習したが、その月が終わったら本棚にしまうのも勿体ない気がした。1冊432円。字も大きく情報も豊富だし、何か再利用できないか・・と考えたのがコレ。必要なページを切り取り・・手作りで単語カードにしてみた。100均で買ったカードリングとパンチで穴を開け、各ページの長さが違うので同じく100均のマスキングテープでごまかす。ポップ [続きを読む]