羽村びおら さん プロフィール

  •  
羽村びおらさん: ツイ恋−twitterと電子書籍でもBL小説なブログ−
ハンドル名羽村びおら さん
ブログタイトルツイ恋−twitterと電子書籍でもBL小説なブログ−
ブログURLhttps://ameblo.jp/hamurabiora8/
サイト紹介文18禁BL(90年代)日本のロック小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」連載。男性もドウゾ
自由文18禁BLロック小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」を連載中。
…美貌と才能のロックギタリスト・遠藤麻也(まや)。彼はその美貌と才能から過酷な運命に翻弄され…運命の恋人・日向 諒(ひゅうが・りょう)との甘い生活、それから…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供492回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2015/12/10 13:15

羽村びおら さんのブログ記事

  • ●風邪?は治りましたが…ブログの更新が…
  • いつもお世話になっております。羽村びおらです。 さて、体調は、おかげさまで軽い風邪だったらしく、治りましたが… それ以外の諸々の事情が出てきまして、ブログの方は、申し訳ございませんが、毎日更新と言うわけにはいかなくなりそうです。本当に申し訳ございません。本当の不定期になりそうです。 連投の日もあれば(あまりない気もしますが…)、断りもなくお休みになる日もあるかも…お許しください。約束と言うものができ [続きを読む]
  • ●小説のご愛読をありがとうございます。でも…
  • 本日もBLロック王子小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」をお読みいただきまして、本当にありがとうございます。 ↓本日更新はコチラ★麻也王子との今後に悩む諒→小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」19-46 …でも、少し前までは、この作品が最後かな、とか思ってました。 理由は、あまり詳しくはお話しできないのですが、  脳みそが年を取ったみたいだから〜 自分でも嫌になるのですが、何か、これまでの私と違 [続きを読む]
  • ★麻也王子との今後に悩む諒→小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」19-46
  •  それで諒は急いで、「いや、俺は、その…僕はその件は…」すると、関村も困ったように一瞬黙ってしまったが、言いづらそうに繰り返し、「まぁ、病院は…」それは、うちの女房を抱く訳ではないのだから…という言葉を飲み込んだように諒には思えて、何も言えなくなった。 やはり彼も響子のわがままに本当に納得できているわけではないのだろう。愛があれば当然だと、諒も自分の身に引き比べれば分かる。麻也が他の人間と子供を [続きを読む]
  • ★麻也王子の大変な背中?→小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」19-44
  •  それも、彼女の後ろの御一行様まで入ろうとしたのを、響子のすぐ後ろの男が、これは前室ではないと気づいて立ち止まり、引き返したのに、響子だけはそれを無視して諒目がけて飛んできたということなのだ。「…諒くん、元気だった?! 」抱きつきかねない勢いの響子を落ち着かせようとして、諒はとびきりの笑顔を作り、彼女の両肩に両手を置いた。「元気ですよぉ、響子先輩をご招待した日ですからね。」それを聞いた響子はたち [続きを読む]
  • ★励みまくり明けの麻也王子←小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」19-42
  •  まさか3日間ベッドルームに籠もりきりで、諒と励んだとは言えない。 そして、最後にはあの諒も、いや、自分もびっくりで、「…仕事のためヤりすぎには注意しましょう…」と白旗を揚げられたとも言えない… すると、当の本人の諒がフォローすべく、「えっ、何か…」しかし、 真樹は押し黙って、ジロっと二人を見てくる。バレたらしい…「…まぁそれだけ体力があれば兄貴も安心だよ…おいっ!… 」「あたた…」そこで麻也は何 [続きを読む]
  • ★麻也王子も愛の嵐?←小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」19-41
  • イチゴジャムの瓶を見て思い出した。 「諒…」「ん? 」「映画みたいって思って。このジャム見て思い出した。タイトル、<愛の嵐>だったよね? 」それはその頃のおしゃれピープル必見のように言われていた映画だった。カップルの女の方が2人のベッドの中で、最後の食料になってしまったジャムを手ですくってぺろっと食べてしまうシーンがショッキングだった。ラストはもっと衝撃的だったけれど。すると、それを聞いた諒はちょ [続きを読む]
  • ●ブログのテンプレ変えました←4/10の羽村びおら
  • 羽村です。こんばんは。今日は少し元気になり、どーにか必須の外出を済ませてきました。昨日はご不便をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした…小説は…どうするのだろう…...( = =) トオイメ目冷静に見てみると、諒にのぼせ上っているかわいそうだが強引な女性・響子に関するところが進まないので(笑)小説が進まないことが発覚。私より10歳くらい下の女性だし、モデルが何人もいるのに…とはいうものの、やっぱり小説書 [続きを読む]
  • ●筆が走る?いえ、スベってる?(?_?)←4/8の羽村びおら
  • こんにちは。羽村びおらです。まあ、小説の更新に関しましては熟考しつつも、小説の下書きは進み始めました。 万年筆が本当に書きやすくて〜(#^^#)↓コレ使ってますパイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸672円Amazon ↓以前、知人が使っていたのはコレ。プラチナ プレピー万年筆 ブルーブラック 中字200円Amazon 万年筆生活を送っていると聞き、いいなあ、とは思ったのだけど、その時は踏み切れず。 最近にな [続きを読む]
  • ●今、すごく悩んでます(4/7)
  • …今後の小説の更新のことです。 PCに向かうのがつらい日も無くならず…家庭の事情も変化せず… 4/14を目途に、みなさまに今後の更新についてご案内したいのに… 今、自分の中で決めていることは、 小説「ディスティニー・アンダーグラウンド」を完成させて、ネットに最後までアップする。 これだけです。 あと、 まずはこのアメブロで完成を目指す。 もあります。他のサイトでは後ほど、と。 最悪、「手書きの原稿の写真で更新」 [続きを読む]
  • ●睡眠不足でつらいです〜(ToT)←4/6の羽村びおら
  • 今日は手書き入力です。スマホから。で、仕上げPCです。昨夜は雑用で遅くなってしまって。主婦はつらいっす。気分転換に、スマホの読み上げアプリを使って、「青空文庫」で偶然見つけた「源氏物語」(与謝野晶子訳)を聴いてました。やっぱり、王子(皇子)の恋愛長編小説はいい( ^o^)王子が2人ならなおさら。たとえその片方がもう片方の下僕だったとしても…(笑)そして、王子は「禁断の恋にかぎる」なあ…(しみじみ…)やっぱり [続きを読む]
  • ●残念なことに言葉が出ない…(+o+)←4/5の羽村びおら
  • ずっと学生の頃から小説の口述筆記に憧れていました。それでスマホを使って音声入力をやってみたんですが…アイデアはちゃんとあるし、設計図はちゃんとあるんですが、 肝心の言葉が出ない( ;∀;)何度やっても同じです。私の頭ではまだ紙に書きながら考えたり確認するとか、紙の上で推敲するとかそういうことの方が合っているみたいです。かなりガッカリなチャレンジでした。とほほ…でも、この雑談記事はこの口述筆記、というか [続きを読む]
  • ●書く手が止まって動かない?←4/4の羽村びおら
  • …小説の下書きをする時間は、家族とのテレビの時間に食い込んでしまうのですが…まあ、有名作家のアドバイスを読んで以来、テレビは時代の鏡とも思って見ております。ながら作業は脳の活性化にもいいですし…しかーし、最近そんな私の手を唯一止める男性が…いえ、某スーパーロックバンド・イ〇モンは4人ですから違いますよ。それは、テレビ朝日の番組「陸海空・地球征服するなんて」のナスDです。夫ともども、彼のバイタリティ [続きを読む]
  • ●今度は何だか時間がない(T_T)←4/3の羽村びおら
  • おかげさまで、昨夜はスランプから脱出し(たような)気がしたのですが… 今日になって、家族のスケジュールがきつくなったことが発覚! 当然付き添う私も忙しくなったわけでして… 作業の短縮化をますます考えるはめに… …だったらこんな雑文書いてないでさっさと小説書きなさいよ(水曜どうでしょうの藤村D風)、なんですが。 …そうですね。 早くPCを止めて、部屋を涼しくして、万年筆で小説の下書きをすることにします(T_T) [続きを読む]