海野しぶき さん プロフィール

  •  
海野しぶきさん: 家族支援カウンセラー海野しぶきしくじり子育て脱出法
ハンドル名海野しぶき さん
ブログタイトル家族支援カウンセラー海野しぶきしくじり子育て脱出法
ブログURLhttp://kashimen-umino-shibuki.blog.jp/
サイト紹介文ADHDの娘は中学不登校、高校中退。脱ひきこもりを目指す17歳。親の心の持ちようを体験談から伝えます
自由文発達障害及びその周辺のグレーゾーンの人を、「ST(スペシャルタレント)気質」とし、障害ではなくユニークな特性を持つ人としてとらえています。我が家は夫と娘がSTですが、特性を理解してからとっても前向きに楽に生きられるようになりました。不登校、ひきこもりなど思春期ブルーもST気質の理解で乗り越えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/12/10 21:44

海野しぶき さんのブログ記事

  • 不登校、ひきこもりの子どもを「受容すること」について
  • 私は、不登校やひきこもりの子どもが元気を取り戻すためには、親が子どもを受容することがとても重要だと思っています。 娘が不登校だった中学生のころ、「受容すること」について、自分なりにいろいろ調べたり、実践してみた結果、子どもを動かそう、子どもを変えようとする前に、まず親の方が変わらなければならない、ということに気づかされたのでした。 続きを読む [続きを読む]
  • ひきこもり娘、また落ち込む
  • 半年ほど前、世間で新学期がスタートしたころ。 娘がSNSを通じて仲良くなった友人たちが、相次いで就活をスタートしたら、まんまと落ち込んでしまった娘のことを以前記事にしました。 あまりに大変だったので、シリーズで書いたんですよね〜。(その時の最初の記事がこちらになります→) 続きを読む [続きを読む]
  • 子どものおしゃべりを邪魔するお母さんは過干渉
  • 不登校の子どもへの対応を学んでいるお母さんは、親の過干渉な関わりは子どもにとってよくないことだとご存知だと思います。 親の価値観で何事も判断し、親の枠に入れようとしたり、子どもの前にレールを敷くことは、親の望み、願いを叶えさせる過干渉なこと。 それを排除するために、「黙る」「お口にチャック」とよく言われますね。 続きを読む [続きを読む]