まろ さん プロフィール

  •  
まろさん: エンカウンター〜多系統萎縮症患者の自己実現の日々
ハンドル名まろ さん
ブログタイトルエンカウンター〜多系統萎縮症患者の自己実現の日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/encounter747/
サイト紹介文多系統萎縮症患者の日々折々。病気を通じて多くの人々や新たな自分と出会い、私の自己実現は進んでいく。
自由文進行性神経難病(多系統萎縮症)と向き合う中で、多くの人や新たな自分と出会い(エンカウンター)私の自己実現の過程(こころの成長)は進んでいってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/12/12 02:55

まろ さんのブログ記事

  • 自己流多系統萎縮症の「治療」③〜からだの声に耳を傾ける
  • 人間は機械ではないので 健康な人でも 体調が悪い良い時もあれば 悪いときも あります 病人 の場合 その差が激しいです 私の場合 天候に多いに左右されます 特に気圧温度の変化に弱いです 天候が不順だと 痛みが強いです 痛みが強い と 眠気が強いです 朝は 目覚ましで 6時半に 起きるのですが その後 夕方の 入浴の時間まで寝ていることもあります起き上がれないのではないかと 不安になることもあります それでも 痛みで眠れな [続きを読む]
  • 自己流多系統萎縮症の「 治療」②〜楽しむ 
  •  前回 ドーパミンは 心や体が活性化した時 多く放出されると書きました  心や体が活性 する時とはどんな時でしょう それは 楽しいことを 考えたり したりするしてる時です 私の楽しみ 休職中は 海岸公園の散歩でした 最初は海を見て開放感に浸って いましたか その後 空を見上げるようになりました そして 雲に空想を馳せるようなりました 雲の間の 燃えろ太陽の光から 天国の存在を 感じるようになりました 休職中から続けて [続きを読む]
  • 多系統萎縮症とはどんな病気?
  • 多系統萎縮症(パーキンソン型)とは どんな病気なのでしょうか よく分かりません?? 主治医の説明は よく覚えています 多系統萎縮症 と診断された時 「なんじゃそれ!?」という私に対して 図をかいて わかりやすく丁寧に説明してくれました  それは 多系統萎縮症 パーキンソン型の 説明 でしたが それまで言われ続けた パーキンソン症候群と 比較して の話でした  「パーキンソンの場合 ドーパミンを 放出する 組織 が変質する。 [続きを読む]
  • 自己流多系統萎縮症の「治療」④〜ネガティブ思考からの脱却
  •  不調が続くと ドーパミンの量が減り ますます 不調になります 気持ちはだんだん ネガティブになってきます その時争って ポジティブに考えようとしても 無理です いつかは 脱することができること これまでやってこれた ことを思い出す そして今は 休養が必要な時間だと 思うようにしています  しかしネガティブ循環に 入り込むと そこから抜け出すのは容易ではありません そんな 時には 人に話を聞いてもらうことです アドバ [続きを読む]
  • 新車
  • 電動車椅子が 新車に なりました これまでと 変わったのは 操作盤です デジタル表示になったのと 操作盤の収納です 食事の時 など 操作盤が邪魔になって テーブルの 中に 電動車椅子が収まりきれません 今まで使っていたのは 操作盤を収納するのに 肘掛けを持ち上げる必要がありました 新車は 横にスライドするだけで 操作盤が 収納できます これなら自分一人でもでき ます 11月上旬に 米子に行った時 共友がのってるのを見て こ [続きを読む]
  • 共友④〜のブログに共通するもの・それは
  • 二人のブログの記事に共通するものは それは 人との出会い 関わり の記事が 多いということです 共友の ブログの 記事のテーマの半数以上は 人 そして食べ物 それだけで 人との関わりを大事にしてるということです そして食いしん坊 私はその上に 酒飲み??↓読まれた方は をお願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 共友③〜2人のブログに共通するもの
  •  読まれた方はお分かりだと思いますが 共友のブログ*はすっきりして 単純明快わかりやすい それに対して私のブログは 過去と現在と未来がいりくみ 時として想像の翼を広げ、自分の世界に入りこむのでわかりにくい (本人は村上春樹の小説を目指してるのですが・・・(^^))  しかし 二人のブログ記事には 大きな共通点があるのです さてそれは何でしょう???*カズ坊のCasaバンザイ https://ameblo.jp/kazubo-casa/↓読まれた方はク [続きを読む]
  • 共友②〜ライバル
  • 共友は良きライバルです11月上旬 約一週間 共友の住まいでであり まだ職場でもあるCassaNosa と言う 米子にある 難病 重度障害者向けの 住宅に お世話になりました 私が滞在していた約一週間 共有が 仕事をしている 姿を目にすることは ほとんど ありませんでした しかし 先週の 座談会で やってくれました ブログの紹介と 講演会の 案内の チラシ を持ち込んできたのです やられたくそ という気持ちと 先輩として これは負けてら [続きを読む]
  • 観劇してカンゲキ!
  • 今日は 神戸ドラマ倶楽部の 「黒いスーツのサンタクロース」 という劇を 見に行ってきました  神戸ドラマ倶楽部には 支援学校時代の 元同僚が 入団していて 毎回公園のたびに 招待券を いただくのですが いつも体調崩し 今まで一度も 見に行かせていただいたことがありません 今回は 同僚が 演出をされるということ で 是非とも 行きたいと思い 体調を整えてきました 万全とは言えません が 約2時間の公演は無理 だとしても 一 [続きを読む]
  • 共友①〜最大のエンカウンター
  •  共友 と 再会し 一緒に座談会 をしてから 一週間がたちました*「共友」ということばは「病気(多系統萎縮症)をともにする友」という意味の私の造語です。 私にとって 共友に出会ったこと は 病気になってから 最大の エンカウンター (出会い) だと思っています。 同じ病気 同い年 (病気との付き合いは 私の方が先輩ですが??) まるで タイプ の違う二人 (それは ブログ*を見ていただいても分かる通りですが) それだけに 大き [続きを読む]
  • 今日から12月
  • 今日から12月ですね 月日の経つのが 本当に早く感じます 今日は jr に乗って 大阪に行って きました街はクリスマス一色 人が多くて 電動車椅子て移動するのは 大変だけど やっぱ 街 はえぇなあ↓読まれた方は をお願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 物語る
  • 私はこれまで 多くの人と出会い お話を 聞いたり 一緒に遊んだりしてきましたその話 遊びは 一つの物語として 織りなされていくの 体験してきました また私自身も 教育分析* カウンセリング を通じて 私自身の 物語を創造してきました 今はブログという形で 多くの人と出会い 私の 個性化の過程を 進めています そしてこれからは 座談会という形で 少人数の人を対象に 自分自身を語り また 参加者に語っていただき 新たな物語を [続きを読む]
  • ノーアルコールデー
  • 昨日は 陽気に誘われ 住宅の隣のスーパーまで 買い物に行きました。 買ったものは パンと 非常用の 冷凍食品 そして 冷凍たこ焼きは ビールとの 相性バッチリ と書きました  買ったたこ焼きで ビールを一杯 と言う 光景を 想像 された 方 も いらっしゃると思いますが 実は 土曜日から下痢をしており 昨日は ノンアルコールだったのです  たぶん 土曜日の夜 座談会の打ち上げで行った 寿司屋での 食べ過ぎ飲み過ぎや 原因で [続きを読む]
  • 久しぶりの買物
  •  今日は朝からぽかぽかと良い天気ですね。日差しに誘われて、午前中の学習支援のあと、久しぶりに電動車椅子で買物に行ってきました。 買ったのは昼食用のパンと非常食用冷凍食品。「冷凍たこやき」これはもうビールのあてに最高なんです(^_-)-☆ ↓読まれた方は をお願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 座談会2〜4待つ
  •  いよいよ明日 共友、共友'との再会、そして座談会2 私はゆったりと構えて待つということができませんでした 全力で 動き回り 最後は疲れ果てて 倒れる というパターンを 病気まで繰り返してきました  病気を通じて学んだことは 最後には なるようになるさと 開き直る こと 動き回っても結果は一緒 自分一人で空回りしてるだけ それだけに 自分以外のところで どれだけ 人が援助してくれるてるのに 気づかないでいる 今は [続きを読む]
  • 座談会2〜 ③限定  
  •  座談会は最初 障害者住居内にある施設のスタッフ のみを対象としていました 対象を絞った方が 話しやすいかなと思ったからです ところが 開催日の 土曜日が 各施設の休業で 出勤されるスタッフが 少なく 参加者が集まらないのではないかと 不安になりました 各施設の事務所にだけ貼っていたポスターも 住居の 目立つところ にも はりました  その結果 住民の方から 申し込みがありました 色々な方から参加してくださるのが 多 [続きを読む]
  • 座談会2〜②準備
  • 先日書いたように 共友が こちらの方に出てくるので 私が住んでる 障害者住居で 座談会2を 開きます  準備といっても ポスターを張るくらい そのポスターも 米子で 開いていただいたとき 作ってくださった ものを ほとんど流用しています  今回は スタッフが対象ですが 出席者も スタッフ の皆様 が 休みはシフトを調整して 下さっています  私は待つだけ そして 当日に備えて 体調整える だけです↓読まれた方は をお [続きを読む]
  • 座談会2〜⑤ 再会 そして 座談会2
  • 座談会当日です そして 共有 共有, との再会の日です 朝 いつも通り6時半に起床 共有と フ 会える 楽しみに ワクワクしていました 30分ほど 出席者の名簿を作る 背中から腰までガチガチ その後リハビリがあったのは ラッキーでした 昼過ぎに 妻に 障害者住居の最寄り駅まで 迎えに行ってもらい 私は その間 ベッドで 横になって 休んでいました 座談会30分前に 共有と共有' 到着 簡単な打ち合わせをして14時から 座談会2の開始 [続きを読む]
  • 座談会2①
  • 共友が 来週末 受診のため 大阪にきます それを機会に 私の住んでいる 障害者住居で 「第2回 座談会」を 開くことになりました 対象は 住居内の各施設のスタッフの皆さん です ところが 設定した日は土曜日 各施設とも 休業日で ほとんどのスタッフが お休みです 一人も集まらなかったらどうしようと 不安にもなりましたが 施設長はじめ スタッフ の 方々が 調整をして 下さっていると聞いて 安心しました 私の第3の人生の 夢 [続きを読む]
  • 私の個性化の過程 6 〜第3の人生の 今後の行方
  • 第3の人生は 順調なスタートを切りました 特に 仕事 (学習支援活動 相談活動 )私の生きる活力となりました しかし 終のすみかとして 入居した 住居での生活は 最初のイメージとは 大きな ギャップが生じてきました また 最近急激に 症状が進んで 仕事が いつまで続けられるか 分からない状態です 自由度が高く 発展を期待していた住居が 当初の 期待を裏切ることとなり 仕事も 今後いつまで続けるか分からない状態。進行性の病 [続きを読む]
  • 私の個性化の過程5〜第3の人生
  • 第三の人生とは 退職後の人生です 体の動きが悪くなり これ以上 勤めるのは無理だと 言うことでの 退職だった ので 通常の 定年退職より 喪失感は 大きかったです そのため 第三の人生のスタートの前に 1年間の モラトリアムの 時間 すなわち休職を取りました その間に 第3の人生の 方向性を決めようと思ったのです 退職すれば 社会からは 切り離されます 私のような 中途障害者は 再就職の道 は 極めて厳しいです 自分の好きなこ [続きを読む]
  • 久しぶりのミニ旅行
  • 先週の金曜日 久しぶりに JR で ミニ旅行に行ってきました 天気予報では 寒くなるという予報でしたが ぽかぽか暖かく お出かけ日和でした 紅葉狩りも 考えましたが 無難に いつものコースにしました ミニ旅行は 約2か月ぶりです 米子旅行の ひとり旅が 大きな 自信となったことが 今回の ミニ旅行に 繋がっています 現在 ブログでは 米子旅行の 主に内面の 変化 成果について 書いていっていますが、 外的な 日常生活 においても [続きを読む]
  • 私の個性化の過程 3〜 節目
  • 個性化の過程には いくつかの 節目があり イニシエーション (通過儀礼) があります 私にとって 一つ目の 節目は 脳梗塞の発症でした 以前書いたように それは 「 死と再生の イニシエーション」 で した多系統萎縮症の 告知は 死と再生の インシュレーションの 途上で その最終段階 でした もちろん 私にとって大きな出来事 であり それまで わからなかった 病名が はっきりした という点では 人生の大きな 節目 です第3の 節 [続きを読む]
  • 私の 個性化の過程 2〜 encounter (出会い )と個性化の過程
  • 人はひとりでは 生きていくことはできません 同じように {個性化の過程} も 自分一人で なし得るものでもありません エンカウンター 即ち人と出会い 自分を発見する 中で 自身の成長があり 個性化( 自己実現)の過程は進んで 行きます 個性化の過程は 一生かけて 成し遂げ ものです キューブラーロス は「死は最後の成長段階 」だと述べています 私は 自分の病気を通じて そのことを 実感できるようになりました人によって 癒 [続きを読む]